FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

フラッとカーヴ -本日のキッシュと国産シャンピニオン-

今日も今日とて、フラッとカーヴへ。どうも、このパターンがハマったみたいです。
ここで楽しめるのは、マグナムボトルのシャンパーニュとワインやシェフの美味しいプレート。

サラッといってみましょう。

◎井口ソムリエからのおすすめシャンパーニュは”クリストフ・ミニョン エクストラ・ブリュット”
 ピノ・ムニエ100%というセパージュですが、甘さに流れることなくシャキンとした筋の良さ。ドサージュがほとんどなされていないんでしょうね。

 そんなシャンパーニュに合わせたのはシェフご謹製のピクルスです。こちらも酸味の強さはハンパありませんよ。
200330r1.jpg

◎そして”本日のキッシュ”はほうれん草とベーコンです。
200330r2.jpg

◎やはりそうなると赤ワインですね。ジャンジャック・コンフュロンの”コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ・レ・ヴィニョット2014”
 少し若さが出ているものの果実味の豊かさと伸びやかなタンニンがうまくカバーしてくれています。
200330r3.jpg

◎更に、シェフから国産シャンピニオンのお勧めが。そのフライは新鮮だからなのかサクサクと歯ごたえもよく、美味しい一品に仕上がっています。
 名古屋近辺の生産なのだそうですが、今度は八丁味噌ででも試してみたいですね。
200330r4.jpg

◎これに合わせるワインと言えば、、ピエール・イヴ・コラン・モレの”サントーバン・ラ・シャトニエール プルミエ・クリュ2017”
 あのマルク・コランの息子がつくる白ワインです。
 最初に感じるのはやはりビオ臭。若いブルゴーニュ人は、一度はこの病にかかるんでしょうね。バトナージュもやらないそうですが、少し薄っぺらい印象はそのせいでしょうか?

 こうやって、ワインを飲みながら首をひねるのが、ここの良いところなんですよね。
 またワインのお勉強、、、再開しようかなあ?
200330r5.jpg

スポンサーサイト



舞妓さんデビュー@祇園 多麻 -頑張っておくれやす-

いつもお世話になっている祇園のお茶屋さん”多麻”ですが、ある日私に呼び出しがかかりました。
その理由とは「今度お店だしをすることになった娘がいるので、一度その娘達の舞を見てほしい。」ということです。

”お店だし”というのは、舞妓になるために修行した娘が花街にデビューする事を言います。
お茶屋のおかあさんが「これなら大丈夫。」と確信してはじめて実現することです。

◎さっそく四条花見小路を南へ。通いなれた道ですが、今回はお役目がお役目だけに、少し緊張して参りましょう。
200329r6.jpg

◎さあ、いよいよ最後の試験ですね。おかあさんが見守る中、祇園のテーマ舞いとも言うべき”祇園小唄”が始まります。
200329r5.jpg

◎おかあさんから合格の言葉をいただき、ホッとした二人の新人舞妓です。
200329r1.jpg

◎源氏名は”柚子葉”と”櫻千鶴(はるちづ)”と申します。これからも、よろしゅうおたの申します。
200329r3.jpg

◎柚子葉は黒紋付姿だったのですが、これは祇園町では正装を表しています。ですから、その髪型も独特なんです。
 めったに見られないんですよ。
200329r2.jpg

◎さあ、いよいよ花街にデビューですね。お姉さん芸姑の”恵里葉”と地方の”ます穂”にもこれからはますますお世話になりますが、おきばりやす。
200329r4.jpg

K36@THE HOTEL SEIRYU -西田さんプロデュースの新しいバー-

西田さんが手掛ける新しいバーは清水寺直ぐ側のTHE HOTEL SEIRYUにあります。
そのバーが完成するまでに、ちょっと潜入捜査をしてみましたよ。

◎コロナの影響でオープニングセレモニーは行われないとか。こんなチラシだけがオープン告知だそうです。
 これは寂しいですねえ。西田さんを励ますためにも(邪魔するためにも)オープン前がどんな感じなのか覗いてみましょう。
200327r14.jpg

◎ホテルの入口は封鎖されていましたが、こんなことで躊躇する私ではありません。
200327r1.jpg

◎バリケードを乗り越えてホテル内に潜入成功。エントランスには八坂の五重塔がスッキリと見えています。これは良いランドマークですね。
200327r2.jpg

◎この建物は清水小学校という学校をリノベーションしたそうなのですが、バーへの通路も学校の廊下の雰囲気です。
200327r3.jpg

◎エレベーターで4階へ。お目当てのルーフトップバーへ出てみましょう。
200327r7.jpg

◎おおっ!! この景色は素晴らしい!!東山がきれいに見えます。あれは霊山観音ですね。
200327r5.jpg

◎八坂の五重塔にも手が届きそうです。
200327r4.jpg

◎思わず、私もじっくりと鑑賞させていただきました。こういうシーンに私って似合うんですよねえ。
200327r6.jpg

◎こうやって見ると、学校をリノベーションしたことでホテルっぽくないこの建物も悪くないですねえ。
 すでにレトロな雰囲気が出ています。
200327r8.jpg

200327r9.jpg

200327r10.jpg

◎室内のバーカウンターでは、西田さんが最後の打ち合わせ中。
200327r11.jpg

◎このバーのお酒は、ほとんどが西田さんの私物を持ち込んだものだとか。その中でも圧巻なのがこのセット。
 グレンファークラスの1954年からの50本セットです。2000万円でキープできますよ。
 どなたか、いかがですか?
200327r12.jpg

◎このバーがオープンしたら、ぜひともこのルーフトップのバーカウンターで、西山に沈む夕日を眺めながらシャンパーニュをいただきたいものです。
 絶対、来るぞ~!!
200327r13.jpg

肉専科 はふう -家族使いに丁度良い-

久しぶりに、家族で一緒に晩御飯でも食べようかと訪れたのは、京大病院横の”肉専科 はふう 本店”さん。
私が小さな頃は”ひろめ会”というお肉屋さんで、番頭さんがよく御用聞きに来てくれていたものです。

今では、お肉の小売も続けておられるようですが、レストランのほうが主体なのかなあ?
お店の雰囲気は、ステーキハウスと言うよりは”街の洋食屋さん”と言ったほうが似合っているかも?

◎聖護院八ツ橋さんの隣のビルです。
200326r1.jpg

◎まずは、泡物でカンパ~イ!
200326r4.jpg

◎家族は各自好き好きに注文。まあ、若い人はお肉のダブルヘッダーをするみたいですが、私は可愛く、こんなアミューズから。
 ”湯葉と赤カブの一口マリネ”です。
200326r2.jpg

◎前菜は”ビワマスのカルパッチョ”。最近は、ビワマスもあちこちでよく見ますね。養殖でもしてるのかな?
200326r3.jpg

◎今日のスープは”蕪のポタージュ” ここ聖護院は京野菜の一つ”聖護院かぶら”の原産地でもあるのですよ。
200326r5.jpg

◎底に沈んでいるのはシャンピニオンですね。
200326r6.jpg

◎ワインは当然ながらの赤です。メルシャンの”長野メルロー2016”。
 メルシャンは私が認めている数少ない国内優良生産者の一つですが、このワインもメルローらしさがあって好きですねえ。
 あともう少し、果実の甘味が出てくればもっと良いのになあ。
200326r7.jpg

◎私のメイン”タンシチュー”が登場です。ホロホロに口の中で崩れるタンが美味しいですねえ。
200326r9.jpg

◎付け合わせのサラダとともに。
200326r8.jpg

◎最後のデザートは、こんなおしゃれなプレートで。こんなガラスのプレート、欲しいなあ。
 
 はふうさん、、、まあ言えば、写真から感じる通りの味わいですね。こういうのを”予定調和”というのでしょうか?
 いつも、安心して来ることができるお店ですね。
200326r10.jpg

聖護院 嵐まる -大将の釣り物を求めて-

最近では、一週間に二回は海に出ているんじゃあないかと思うくらい釣りにドップリの大将です。
まあ、商売が商売ですから、釣りとは言わずに”仕入れ”と言っても良いんですけどね。←これなら家族も反対できない

そんな大将は大阪湾、舞鶴湾、伊勢湾へと出向き、どんな魚を調達してきたのでしょうか?
早速突入です。

◎自宅からバスなら5分で到着です。
200323r1.jpg

◎すぐに出される”お通し三種盛り”。そういえば、梅が咲き誇る頃でしたねえ。
200323r2.jpg

◎早速メニューをチェック。”釣り”という字を探しましょう。
200323r6.jpg

◎”釣りたて明石蛸うす造り”からスタートです。
200323r5.jpg

◎さらに”くもこ”
200323r7.jpg

◎”しまあじ”でお刺身系は完成ですね。どれもめっちゃ美味しいです。新鮮さがビシビシ伝わってきますね。
200323r8.jpg

◎間には”ポテサラ”なんかをつまみつつ、、、
200323r3.jpg

◎お酒は焼酎のお湯割りを。
200323r4.jpg

◎眼の前に、こんな瓶があるもんだから、この二種類を交互に飲み比べです。
200323r9.jpg

◎焼き物系では”タチウオ三つ編み焼き”。これは上手いことできてますねえ。
 小型のタチウオも、こうすれば楽しく食べられます。
200323r12.jpg

◎実は、この日は職場の同僚と一緒だったので、まだまだ行きます。
”バイ貝煮”
200323r10.jpg

◎”和牛すじ煮込み”
200323r11.jpg

◎”えび芋の蟹あんかけ”でお腹がパンパン。相変わらずの大満足。
 これからはますます釣り物も種類が増えてきますから、大将の腕前に期待しましょう。←自身が釣れなくっても調達だけはしてね
200323r13.jpg

 | HOME |  »

Calendar

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!