まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

嬉しかったシリーズ 2016 その八 -ちょっとグロいですが、、、喜蛋と毛蛋-

以前にもこのブログで記事にしたことがあったはずなんですが、12月の中国出張で中国人スタッフにお願いして買って来てもらった喜蛋(シータン)と毛蛋(マオタン)。
いわゆる有精卵で、産み落とされてから10日前後の卵を喜蛋と言い、20日前後の卵を毛蛋と言いますね。

どちらも滋養強壮に良いとされ、あまりにも精がつきすぎるために子供は食べてはいけないと言われています。
でも、私のようなおじいちゃんには強い味方になってくれるんです。

我が本部長様は敬遠しておられましたが、あの方にもいずれは必要な時が来るでしょう。そのときにいくら欲しがっても、、、絶対にあげませんからね。

◎喜蛋です。すでに頭ができてきてますね。つぶらな瞳が可愛いわあ。思わずヨダレが、、、
DSC_0853.jpg

◎毛蛋はその字の通り毛が生えています。この毛は丁寧にむしり取りましょう。
 そうすれば、、、
DSC_0857.jpg

◎もう立派な雛鳥になっていますね。でも、骨はまだまだ柔らかいので、このままガブリといっちゃいましょう。←ソフトシェルクラブのようなもんやね
161211c 234
スポンサーサイト

コメント

気持ち悪いけど…

こ、怖すぎます!
でも、まなゆうさんのブログファンなので拍手を…。

味が心配です…

ももさん、、、マイドです。コメントありがとうございます。

あちゃ~!! そう言えば、味のことをまったく書いていませんでしたねえ。
これは失礼いたしました。

喜蛋はまだまだゆで卵感が強いですね。その中に、血を思わせる鉄分を感じさせます。
食べるときは、モンゴルの羊料理のようなクミンやコリアンダーのスパイスをつけますが、これがまた美味しいんですよ。

毛蛋は、もうすでに鶏肉です。こちらは、塩コショウで食べましたが、案外鍋に入れてスープと一緒に食べても良いんじゃあないでしょうか?

次回は、そんな調理法を試してみたいです。意欲満々。

ももさんも、怖がらずに是非どうぞ。

ありがとうございます!

突然現れたのに、まなゆうさんからお返事いただけるとは!

驚きと感謝です。


単なる京都やグルメ好きで、まなゆうさんのブログにたどり着きました。

今回は映像が凄すぎて、いつもは覗くだけですが思わずコメントを…。

毎日楽しみにしています。


これからもよろしくお願いします!

ももさん、、、マイドです。コメント、、、ありがとうございます。

こちらこそ感謝です。こんなブログにお付き合い頂いて、、、

まあ、これからもおバカ路線で行きますので、よろしくお願い致します。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2883-48e7720b

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad