まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

ROKU GIN by SUNTORY -ROKUはK6で?-

去年に行ったヨーロッパも、目的はジンのお勉強だったのですが、いまや日本はクラフトジンの生産が大流行になって来ています。
京都でも、”季の美”と言うジンが作られています。

そんな流れをトップウイスキーメーカーのサントリーが指を咥えて見ているはずはないですよね。

きっちりと日本固有のボタニカル(ハーブ、スパイス)を6種類選び出して作ってきたのが、この”ROKU”なんですと。
それを教えてくれたのはバー・K6の長谷川君なんですが、お店の名前の”K6”とジンの名前の”ROKU”が被るので、それを売り文句にしているそうです。

まあ、なにはともあれ飲んでみましょうか。

◎ボトルも凝ってますよ。6種類のボタニカルがエッチングのように浮き上がっています。
180111g 011

◎”桜の花””柚子皮””煎茶””山椒””桜の葉””玉露”という6種類のボタニカルなんで”ROKU”なんだそうです。
 まあ、そのどれもが日本的なのは確かですが、飲んだ味は優しすぎるというような、、、はっきり言ってインパクトに欠けますな。
180111g 012

◎やっぱり、私はこのヘンドリックスがええなあ。特徴は、この胡瓜の香り。
 胡瓜のスティックも入れてもらって、私のベストジンはこいつで決まりでしょう!!
180111g 013
スポンサーサイト

行く年、来る年 2017 -ドメーヌ・ビゾー メーカーズディナー-

少し気が早いとは思うのですが、ここからは今年の備忘録として夏以降の出来事をアップしていきたいと思います。
なにしろ、ちょっと記事が溜まりすぎてしまったもので、、、、

第一発目は、真夏に開催されたドメーヌ・ビゾーのワイン会から。
私もよく飲んではいる作りてですが、当の本人との初めての出会いだったのですよ。理論派の作りてからはこういうワインができるんだ、、、と言う方程式の典型でしたね。

◎カーヴ・ド・Kを昼から貸し切りです。
170808g 066

◎なかなかブルゴーニュの生産者は日本に来てくれないので、こんな機会は貴重ですよね。
170808g 070

◎しかも、ご本人のジャン・イヴ・ビゾーさん本人が目の前に。
 通訳の方を通してですが、いろいろなお話を伺いました。
170808g 078

◎さて、ワインです。最初はこんな泡から始まったのですが、、、
170808g 068

◎当然ながら、ドメーヌのベースのヴォーヌ・ロマネ村のワインがコレでもかぁ!!!!????です。

 私にとってのヴォーヌ・ロマネは、、、”儚さ”、、、言い換えれば”はがくれ”。
 「武士道とは死ぬことと見つけたり」のイメージなんです。細かな説明はやめておきますが、、、、
 
 生産者の口からも出てくる言葉は「自然に。」「シンプルに。」というようなものばかり。
 あまりにも科学的に、化学的になりすぎた現代の製法に反逆しているかのようです。

 飲んでみればわかるのですが、派手な部分はまったくありません。極めて”真当”なピノ・ノワールがあるだけですね。
170808g 080

170808g 091

170808g 100

170808g 104

170808g 105

◎日本ナンバーワンソムリエの岩田くんも、貫禄というか、雰囲気ができてきましたねえ。
 狙おうぜ!! 世界!!
170808g 085

◎途中では、参加された皆さんからの質問にも気持ちよく答えてくれて、、、
 ビゾーさん、、精神的には疲れたやろなあ、、、
170808g 116

170808g 126

◎さて、その日の料理です。
 シェフとパティシエの彼女が頑張ってくれましたよ。
170808g 072

170808g 081

170808g 086

170808g 093

170808g 097

170808g 107

170808g 113

170808g 119

170808g 122

◎この出来栄えにはビゾーさんも感激したようで、わざわざシェフを呼び出して感謝のコメント。
 シェフは照れくさくってたまんなかったでしょうけどね。
170808g 124

◎いつものツーショットです。これで、ブルゴーニュで行けるドメーヌがもう一つ増えましたわ。
 ヒヒヒヒ、後悔してもしらんでえ、、、、
170808g 125

西野嘉高的ワインセミナー@銭屋サロン -パッソピッシャーロをお勉強する-

イタリアワインの伝道師を自認する西野嘉高さんから「俺にとっては、初めてのワインセミナーをするし、賑やかしに来てえな。」との連絡が。
「これはおもろそうやなあ、、」と、いそいそと天王寺区の”銭屋サロン本舗”の4Fの会場へ。

そこには大きなスクリーンが用意されており、生産者の輸出マネージャーのレティツィアさんとワインエージェントの林さんが待ち構えていましたよ。
セミナーそのものは、情熱的な林さんのしゃべくりで終始。エトナの自然環境や、そこで造られるパッソピッシャーロの5ヶ所の区画のワインを飲み比べるという豪華版でした。

そして、セミナー後は近所の”たま鮨”さんの和食を堪能して参加者の皆さんとの親交を深めることができました。
西野さん、、、アンタ、やればできる子なんやねえ。

◎近鉄の上本町の近くにある”銭屋サロン本舗”。4Fは貸しスペースのようですね。
170614g 150

◎会場は、予想に反して極めてアカデミックな雰囲気。大学の講義を聞きに来た心境になります。←ある意味、西野的ではない
170614g 092

170614g 101

◎西野さんの挨拶で講義開始です。今回は、アンタ、、楽やろなあ。
170614g 110

◎そして、レティツィアさんと林さんの講義はまったく止まることなくヒートアップしまくり。
 特に、通訳の林さんのしゃべくりは圧倒的な迫力でしたね。
170614g 114

170614g 117

170614g 122

170614g 124

170614g 125

◎講義は、実際にワインを飲み比べながら続きます。こういう試飲は比較が直接にできるので理解は早いですね。(1本のボトルを写真撮り忘れ。ゴメンチャイ!)
 コントラーダシリーズ、、、非常に面白い考え方です。アンドレア・フランケッティって、ある意味では天才ですね。←変人奇人とも言われるが、、、
170614g 103

170614g 106

170614g 107

170614g 108

170614g 109

◎その一方で、”たま鮨”主人の木村さんの仕込みがスタート。
170614g 093

◎そして、セミナーが終了してからはお食事タイムがスタート。今回はモトックスのスタッフもお手伝いをしてくださったようで、感謝です。
170614g 119

170614g 126

170614g 129

170614g 132

170614g 136

170614g 137

170614g 140

170614g 146

◎食事に合わせて、こんなワインたちも乱入。大歓迎ですがな。
170614g 143

170614g 145

◎いやあ、、、よく飲んで、よく食べました。さすが、食い道楽の街、大阪やねえ。
 それと、エトナのワインが和食(特に醤油)と好相性なのを知って驚きました。ネレッロ・マスカレーゼ、、、恐るべし、、、
170614g 149

◎もちろん、レティツィアさんにもいつもの常套句「今度、ワイナリーに行ってもエエ?」
 「もちろん、オーナーのフランケッティはほとんどいないけど、私に連絡してね。」ですと。

 そんなこと言うてからに、、、ホンマに行くでえ。
170614g 142

夜な夜なワイン会@花洛庵 -怖いワイン特集-

台風一過、今日は朝から良い天気になりました。近畿直撃の割には、我が家の傷は浅くて済んだのですが、カメ太郎の日陰を作っているテントの支柱がポキリ。
どうやって直そうかなあ?

さて、初夏前のある日、夜な夜なワイン会の主宰であるN氏より入電。
「家にある怖いワインを持って、我が家に集まれ~!!」

もうすでに、このブログで何回も記事にしているN氏主催のワイン会。
”美味しいワイン”はまったく望まれていません。できるだけ”変なワイン”がお好み。

「こりゃあ、困ったなあ、、、、」なんてブツブツ言いながらセラー内を物色してみると、、、
いやあ、あるもんですねえ。「これなら合格やろ。」と言うブツが3本ほど出てきたので、その3本ともエントリー。

でも、上には上があるというのか、、、私のワインなんか消し飛んでしまうようなワインたちが集まっていました。
メンバーの皆さん、、、アンタらは完全な”変態”でっせ~!!

今回は、グラスの中の液体の色に注意しながらご覧ください。
一言言えば「飲めないワインはなかった。」と言うことなんですが、、、、

◎会場はいつものN氏邸”花洛庵”です。
170610g 037

◎今回のワインリストはこんな。”底たまり?”、”コルク落ち”、”ワイン・スキャンダル”、”サイドボードに放置”、、、、
 怖いでしょう?
170610g 038

◎そんなワインたちはこんな顔ぶれです。よく見れば、、、やっぱり怖いわあ。
170610g 040

◎口開けは、唯一まともなこの一本から。この色を覚えておいてくださいよ。
170610g 042

◎こんなフランス土産のお菓子をパリパリやりながらスタートです。
170610g 043

◎ここからはシャンパン3連発です。モエはこんな色目。
170610g 044

170610g 046

◎いつもの、主宰とI氏との共同作業。うまく抜いてくださいね。
170610g 048

◎ランソンはこんな。この独特なボトルは知らなかったなあ。
170610g 049

170610g 052

◎ドンペリ85です。こんな色のドンペリは初めて。熱劣化が予想されますね。
 でも、不思議と飲めるんですよ。シャンパンって、予想以上に強そうです。
170610g 056

170610g 058

◎次は”底たまり?”のバタールです。コルクが劣化してしまって、中身がほとんど流れ去ってしまっていました。
170610g 059

◎”茶こし”が登場です。
170610g 061

◎むむむ、、流石にこれは、、、もはや水ですね。
170610g 063

◎更に”コルク落ち”。瓶内に落ちちゃったコルクを救い出している絵です。
170610g 067

◎それでも、キャップシールのお陰で流失は防がれていました。
 う~ん、さすがに果実味は微塵もありませんなあ。
170610g 068

◎シェリーでお口直し。
170610g 071

◎さて、最高齢のワインに取り掛かります。おおっ! コルクはなんとか生きているようだが、、、
170610g 073

◎私よりも、更に高齢ナノにもかかわらず、コルクはこんな状態。まさに奇蹟です。
170610g 079

◎ワインの色も健全です。しかも果実の甘さも残っているし、何よりも酸がしっかりしています。
 こんなワインがあるんですねえ。
170610g 080

◎ここからのワインたちは全員元気でしたね。私的には、45のボルドーで満足しちゃったので印象が薄いのが申し訳ありませんでしたが、、、
 日本のビンテージワインも面白かったですね。もしかしたら、今の作りてよりももっと真剣に作ろうという強い意志を感じました。

 主宰のNさん、メンバーの変態の皆さん、大変お世話になりました。すごく貴重な経験をさせていただいて感謝します。
 また、よろしくおねがいしますね。
170610g 083

170610g 085

170610g 086

170610g 088

170610g 090

170610g 091

シャンパンづくし -ちょっと、調子に乗りすぎました-

先週は、岩田君の全日本ソムリエコンクール優勝という快挙を目の当たりにし、私自身も調子に乗りすぎました。
なにしろ、泡物の抜栓頻度が高すぎた。

そのせいなのかどうなのか、、、先週末はお腹の調子が悪くて、、、
やっぱり”歳相応”と言う言葉を理解する年代になったということなんでしょうね。

今週は、ちょっと自重しよう。←できるかな?

◎優勝の報告を聞いた瞬間に抜栓したのは、、やはりクリュッグ。←大阪のリーガにて
170413g 049

◎京都に帰ってケラーで飲み直し。その時、西田さんが手に持って現れたのは”サロン2002”と”DRCモンラッシェ1987”。
 どっちも私のストックから。
170413g 092

◎このモンラッシェ。DRC独特の少し焼けたニュアンスが強め。でも、強烈な個性は相変わらずですね。
 優勝した本人不在で、こんなことしてもエエんかいな?
170413g 095

◎そして、本人が帰京してからみんなで祝ったのは、これまたクリュッグ。
 でも、わたくし秘蔵のダブルマグナムでございます。カーヴにいた全員で「おめでとう~!!」

 ああ、当分シャンパンは見たくないわ。
DSC_1062.jpg

 | HOME |  »

Calendar

« | 2018-02 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad