まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

シャンパンづくし -ちょっと、調子に乗りすぎました-

先週は、岩田君の全日本ソムリエコンクール優勝という快挙を目の当たりにし、私自身も調子に乗りすぎました。
なにしろ、泡物の抜栓頻度が高すぎた。

そのせいなのかどうなのか、、、先週末はお腹の調子が悪くて、、、
やっぱり”歳相応”と言う言葉を理解する年代になったということなんでしょうね。

今週は、ちょっと自重しよう。←できるかな?

◎優勝の報告を聞いた瞬間に抜栓したのは、、やはりクリュッグ。←大阪のリーガにて
170413g 049

◎京都に帰ってケラーで飲み直し。その時、西田さんが手に持って現れたのは”サロン2002”と”DRCモンラッシェ1987”。
 どっちも私のストックから。
170413g 092

◎このモンラッシェ。DRC独特の少し焼けたニュアンスが強め。でも、強烈な個性は相変わらずですね。
 優勝した本人不在で、こんなことしてもエエんかいな?
170413g 095

◎そして、本人が帰京してからみんなで祝ったのは、これまたクリュッグ。
 でも、わたくし秘蔵のダブルマグナムでございます。カーヴにいた全員で「おめでとう~!!」

 ああ、当分シャンパンは見たくないわ。
DSC_1062.jpg
スポンサーサイト

おめでと~!! 岩田渉! -全日本ソムリエコンクール優勝でっす!!-

今週の11日に準決勝、12日に決勝を迎えた全日本ソムリエコンクール。
私は決勝の応援に行きたかったのですが、残念ながら抜けられないお仕事。

それに対して、この日はカーヴ・ド・Kのみんなはお店を休んで応援に。
でも、一緒に行けなかった私のために、午前の順位やら午後の雰囲気などをメールで送り続けてくれました。

そして運命の午後6時55分、田端店長から「日本一になりました~!!」との感激の報告が、、、
その一瞬、私は絶句、そして涙、涙、、、、

わたる~!! 頑張ったねえ~!! 君の頑張りを見て私もできる限りのことをしようと考えて応援させてもらいましたけど、なにか少しでも役に立ったのなら、これほど嬉しいことはありませんよ。
君は有言実行の塊だし、「日本一になる!」と言う意思を強く持ち続けた結果だよね。

でも、こうなったら、夢はもっともっと大きく持とうぜ!!
これで来年の”アジア・オセアニアソムリエコンクール”の代表に決まったのだから、そこでも真ん中に立とうや。

そして、2019年の世界ソムリエコンクールだよ。そこで世界一になって、そこから世界に旅立とう。
いやあ、そんなことを考えていると、私も何か熱くなってきましたよ。

でも、そうなったら、君はもう私なんか相手にしてくれなくなるだろうなあ。
それが、ちょっと寂しいなあ、、、でも、それで良いんです、、、

◎現地の田端店長から送られてきた画像です。リアルですねえ。
IMG_1641.jpg

◎カーヴでブラインドテイスティングをやって、舌を鍛えたワインの一部です。
 今となっては良い思い出になりましたね。
170405c 010

170406g 117

170406g 153

170406g 155

170413g 002

ブラインドテイスティング -最後の追い込み-

カーヴ・ド・Kの岩田渉君が全日本ソムリエコンクールの第一次予選を突破したのは、まあ彼の実力からすれば当然だと思っていますが、いよいよ来週に迫ってきた第二次予選、本選となると、かなりの強豪が日本各地から集結するのは必至。

彼自身が頑張って研鑽を積まなければいけないことはアタリマエのこととして、不肖まなゆうとしてもなんとか側面支援をしたいと考えました。
そこで思いついたことは、お店に預けている私のストックから誰にも銘柄を見せずに田端店長にセレクトしてもらって、そのワインのブラインドテイスティングをして、彼の舌を鍛えること。

自慢ではありませんが、私はかなり重度ののアルチューハイマーですから、いくら自分自身が買ったワインであっても、もうすでに何を買ったかなんて覚えているはずがありません。
ですから、私もそのブラインドテイスティングに参加しても全然問題はないのです。

それにしても、ブラインドでワインの銘柄を当てるということは一種のクイズです。クイズですが、一生懸命「ああだ、こうだ。」と産地や品種、年代なんかを考えていると全然酔いませんね。
ある種の緊張感と意識の覚醒がなかなか楽しいものです。

なにか、癖になってしまいそうな予感もしますね。いつの間にか、岩田君のことなんか頭のなかから消えてしまっていたりなんかして、、、

◎この夜も、田端店長がセラーから出してきたのはこのワイン。外観は布に覆われていてなんにもわからず。
170216c 002

◎色調は、深いガーネット。葡萄の熟度が高いのか、果実味が前面に強くでてきます。それに比べて酸はおとなしめ。
 カリフォルニアかなあ?それにしては樽香が弱いなあ。

 私が出した答えはカルフォルニアのジンファンデル。年は2002。
170216c 011

◎ある程度の確証があったので、突き出しで出してもらったチョリソでも摘んで結果発表を待ちましょう。
170216c 012

◎正解はスペイン、リオハの2011でした。私、、、大ハズレです。
 もしかしたら、田端店長がさり気なく出してくれたチョリソがヒントだったのかもしれませんね。

 まあ、私はソムリエではないですから、、、←本音は悔しいくせに
170216c 013

ザ・ライブラリーバー@ANAクラウンプラザホテル大阪 -程よい距離感-

ホテルのバーが好きです。ですから、出張をしたときなんか、その街の比較的名前の通ったホテルのバーにフラッと行ってみるんですよ。
もし行くところに迷ったら?? すぐにリーガロイヤルホテル中之島の古澤くんに電話して現地情報をゲットします。

この嗜好は、やはり若い頃に読んだレイモンド・チャンドラーの小説に出てくる私立探偵フィリップ・マーロウに大いに影響されています。
小説の中で、マーロウは必ずと言ってよいほどバーでかっこよく酒を飲むのですが、その姿に自分を重ね合わせたいんですね。

もちろん、私の地元、京都の行きつけのバーは大好きですよ。でも、通い慣れたバーでは緊張感がなくなってしまうんですよね。
「いらっしゃいませ。」と言われるのではなく、「おかえりなさい。」と言われるような感覚かなあ?

それに対して、自分の知らない土地でのバーのドアを初めて開けるときなんかは心臓バクバクですよ。
もちろん、迎えてくれるバーテンダーさんも「こいつ、よそもんやな?」と気にするでしょうけどね。

そんな二人の間の会話もスタートは至極当たり障りのないものから。それがどこまで発展するのかは、、、、
やっぱりお互いの相性が合うかどうかでしょうかねえ? これはやってみなければわからないことでもありますよね。だから、、、今日もドアを開けるのです。

◎フィッシングショーで歩き疲れた身体を休ませるために選んだバーはANAクラウンプラザホテル大阪のメインバー”ザ・ライブラリーバー”
170210c 024

◎まずはお決まりの”ジン・トニック” 最近の世界的なジンのブームの話を振ると、速攻でリアクションバイト。
 へへへ、最近のバーではこの作戦はたいてい成功するね。そりゃあ、バーテンダーさんもブームには敏感やろうからねえ。
170210c 022

◎でも、最初から話の深入りをするのは危険です。話の中身は程々に。このあたりの距離感を図るのも、まなゆう的にはバーでの楽しみの一つなんですよ。
 ここで、スッとバーボンへチェンジ。ジャック・ダニエルのソーダ割りです。
170210c 026

◎バーテンダーさんはジンの話に戻りたそうなんですが、私は構わずバーボンの話を一方的に。
 更に、今度はカナディアンのC.C.に飛びます。俺って意地悪な性格やなあ。

 バーテンダーさん、今度は京都のドライジン”季の美”も飲んでみてね。
170210c 030

皇室献上蟹を食す会@下鴨茶寮 -この俺が福井県食大使補佐?-

ある機会で親しくなった東京の有名フレンチ”オテル・ドゥ・ミクニ”の三國清三さんから突然の電話。
「今度、京都で献上蟹を食べる会をやるから顔を出せ。」

話を詳しく聞けば、北海道増毛出身の三國さんのご先祖は福井県三国のご出身だそうです。
そんなつながりで、現在は福井県の”食大使”を努めておられて、福井の食のピーアールをされています。

その三国は、皇室に年に一度献上するズワイガニ、、いわゆる”献上蟹”の水揚げ港。
ここの蟹しか、この名前を名乗ってはいけないんだとか。

そんな蟹を食べることができるなんて、、、、こんな機会を逃すような私じゃあございません。
期待で胃袋をパンパンに膨らませながら下鴨へ、、、、

会は、発起人の三國さんと下鴨茶寮オーナーの小山薫堂さん、福井県知事、テレビでおなじみの服部幸應さん、などなどの錚々たる顔ぶれ。
私なんかが参加できる会じゃあなかったです。でも、三國さんが「俺の補佐をしてもらいたいから、、、」なんて言うもんで、、、

会そのものはまったく素晴らしいものでした。蟹でこれだけお腹が膨れたのも久しぶり。
その蟹も、福井市にある有名料亭”開花亭”の料理人さんが調理してくれるという豪華版なので言うことなし。

ああ、これで三國さんが私に無茶振りをしてこなければ良いんですけどねえ、、、
何か、この揺り返しがありそうな予感がヒシヒシとしてきます。

◎1月のある日、大雪が降り積もる市内を下鴨へ。
170115c 017

◎待合にあった和紙で作られた屏風。これは志摩観光ホテルでも見たアノ人の作品ですね。
170115c 021

◎食い入るように見つめてしまいました。この中に宇宙があるような気もします。素晴らしい。
170115c 019

◎二階の会場から見る外の景色は真っ白。またまた雪が降り始めました。越前の冬の風景と重なります。←会にふさわしいと言うべきか
170115c 024

◎さあ、みなさんも集まられたので、会が始まります。
170115c 027

170115c 026

◎最初は発起人のご挨拶。小山薫堂さんからは、あの有名テレビ番組”料理の鉄人”で三國さんから出演拒否をされたエピソードなんかも語られました。
 それに対して三國さんは「あれは一生の不覚だった。」と悔いているそうです。
170115c 051

◎福井県知事からのご挨拶もありました。聞けば、あの有名なコシヒカリを作ったのは福井県なのだとか。知らなかった。
 今度、それに勝るお米の開発をされているそうですから楽しみですねえ。
170115c 054

◎また、来賓を代表して服部幸應さんからも。この人の名刺は肩書だけで13ありますよ。
170115c 059

◎さあ、御献立を見てみましょう。下鴨茶寮と開花亭のコラボの組み合わせ。食材はすべて福井県産。
 それに福井の銘酒”黒龍””九頭竜”をあわせます。もうすでに、私の口の周りはヨダレでジュルジュル。
170115c 052

◎それでは、写真館でお料理をお楽しみください。はっきり言って、今回が最初で最後の出会いなんでしょうね。
170115c 066

170115c 074

170115c 086

170115c 092

170115c 100

170115c 109

170115c 113

170115c 117

170115c 119

170115c 127

170115c 133

170115c 134

170115c 142

170115c 143

170115c 149

◎途中で、開花亭の社長の開発(かいほつ)さんが料理の説明をしてくださいます。
 私が抱いていた料理法とかなり違うこともわかって、目からウロコでした。
170115c 090

◎こちらはお酒のラインナップ。
 ”垂れ口”は乾杯酒として。ホントに少量の貴重なお酒ですよね。
170115c 067

◎そして、黒龍の銘酒三連発。どれもワイングラスでいただきます。どうやら、これがこれからのトレンドになりそうですね。
 私の好みは”しずく”かなあ?
170115c 069

170115c 083

170115c 105

170115c 108

◎そして最後は”九頭竜”を温燗で。やっぱり雪見酒は燗酒ですねえ。ほっこりと、、まったりと。
 これで隣に割烹着が似合う女将でもいて、優しくお酌をしてくれたら言うことは更に無いんですけど、、、←そんなことを思いながらふと隣を見てみれば、、、三國さんやったな
170115c 124

170115c 151

 | HOME |  »

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad