まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

露庵 菊乃井 -ある意味での備忘録-

もう、何の言葉も出てきません。コメントの書きようがないのです。
その理由は、もう二か月以上も前のことだから。←記憶が飛んじゃってるのね

ただ、以前にも書いていますが、菊乃井さんの料理は眼でも充分味わっていただけると思います。
どうぞ、写真館でお楽しみくださいませ。←苦しい、言い訳

◎東京のお客さんが「鮎、食べたいんだよね。」と言って、お越しになった時期のことです。
180720g1.jpg

180720g2.jpg

180720g3.jpg

180720g4.jpg

180720g5.jpg

180720g6.jpg

180720g7.jpg

180720g9.jpg

180720g10.jpg

180720g11.jpg

180720g8.jpg

180720g12.jpg

180720g13.jpg

180720g14.jpg

180720g15.jpg

180720g17.jpg

180720g16.jpg

180720g18.jpg

180720g19.jpg

180720g20.jpg

180720g21.jpg

180720g22.jpg

180720g23.jpg

180720g24.jpg

180720g26.jpg

180720g25.jpg

180720g27.jpg

◎最後は、いつものバーでホワイトレディ。 満腹、パンパンでございました。
180720g28.jpg
スポンサーサイト

手打蕎麦 みながわ -あのお店の支店?-

通勤経路である御池通。いつものように車で走っていると”酒”と書かれた大きな提灯を発見。
意識しているつもりはないのですが、やはりこの字には素早く反応してしまいます。

しかも、その提灯には”蕎麦”の文字も。これは早速探検隊を派遣しなくてはいけませんね。
ただ、残念なことに、この時期は隊員たちは全員出張中。仕方がない、、、私自らが出向いてみましょう。

お店について店名を見て二度びっくり。”みながわ”って、あの北白川にあるお蕎麦屋さんと同じ名前じゃあないですか。
どうやら、あの場所だけでは気に入らなくて、都会に出てきたんでしょうかね?

早速店内に突入してみましたが、まだオープンして日がないせいかオペレーションが甘いねえ。
でも、店員の若いオネーチャンの笑顔でそんな気持ちも和らぎます。

蕎麦前をいただいてお蕎麦も。良いお店を見つけたような満足感を後に、さっそうと私は次の飲み屋に向かうのでした。←やっぱりかよ

◎訪問時期は4月後半。今から思えば、オープンカウンターで気持ちの良い時期でしたねえ。
180428g 015

◎早速メニューを。内容は北白川のお店と被りますねえ。
180428g 003

180428g 004

◎お酒は山形の銘酒”住吉”。かなりの辛口です。
180428g 001

◎樽酒なので枡でいただきます。
180428g 002

◎酒肴は”紀州鴨みそ きゅうり添え”
180428g 006

◎さすがに飲ます手口は熟知していますねえ。この味噌、、、酒を呼びますわ。
180428g 007

◎さあ、肝心のお蕎麦ですが、こんなものもあるようですねえ。これでいってみましょう。←限定の文字には弱いもんな
180428g 008

◎清いスタイルで登場ですね。美味しいオーラが出まくりです。
180428g 011

◎蕎麦は引きぐるみの野趣あふれる香り。のど越しも良くてスルスルいける口です。
180428g 012

◎蕎麦湯も濃厚。あえて一言いえば、つけ出汁をもう少しカツオっぽくしていただきたい。
180428g 013

◎まだオペレーションはかみ合っていないようですが、そんなものは一か月もたてば問題なくなるでしょう。
 そんな時に、また再訪してみたいお店です。休日や週末は通し営業だそうなので、散歩の途中にフラリと立ちよるのも良いかもしれませんね。
180428g 009

魚彩ダイニング まったく -会社近所の貴重な和食処ー

私が勤めている会社は京都の南区。祇園などの繁華街からは遥かに離れています。
まあ、だからこそ今まで大過なく勤めてこれたんですけどね。

そんな街の外れにも良いお店はあるものですね。前回もご紹介したことがある”まったく”さんに久々の訪問です。

大将とは釣り友でもあるんですけど、しばらくは一緒に釣行できてないなあ。
次回こそは時間が合えばうれしいんですけどねえ、でも、こればっかりは私が決めることはできないし、、、

我が本部長様や我が総経理様の目を盗んで、、、、コッソリと行くしかないんだよなあ。
これが辛いところではありますねえ。←二人ともすぐ怒るからなあ

◎吉祥院の171号線沿いにあるお店です。 20周年、、、知らなかった。 でも、おめでとうございます。
180419g 001

◎今日の黒板はこんな内容です。種類が多くて迷うわあ!!
180419g 004

◎まあ、まず最初はいつもの、、、
180419g 003

◎つき出しはホタルイカやね。身がプリプリしてる。
 近所のスーパーで買うのとは中身が全然違うねえ。
180419g 005

◎そして、トラフグ、、、二連発。
180419g 006

180419g 007

◎金目中心のお刺身で、、、
180419g 008

◎途中にはこんな大将釣り物の鱈のフライもはさみながら、、、
180419g 020

◎先ほどのお刺身の金目はこんなお姿で再登場。
180419g 021

◎マグロのタルタルはカルパッチョ風で、、、
180419g 022

◎そして〆には焼きおにぎりで。 ああ、美味しさ満点、大ハナマル!!
180419g 033

◎そうそう、まったくさんはお酒にも力を入れているのはご存知ですよね?
 今回もこんなお酒をいただきましたよ。いやあ、こんなに知らないお酒がどんどん出てきて辛いなあ、、、←ナニが?
180419g 011

180419g 013

180419g 017

180419g 023

180419g 027

◎こんな自家製のホタルイカのしょうゆ漬けもいただきながらジュルジュルと長居してしまいました。
 ダラダラしている私ですが、これに懲りずにまた次回もお願いしますね。

 今日の夜からヨーロッパ出張です。ドイツ、オランダ、イギリスと今までのイタリア、フランスとは違った環境で仕事してみます。
 ネットの問題はないと思うので、現地からもできるだけ更新しようとは思いますが、なにしろ初めてといっても良いようなアウェーですからどうなることやら。

 もしかしたら、これが最後の更新になるかもわかりませんが、今度皆さんにお会いできることを心に込めながら、、、行ってきます!
180419g 031

春の陽気に誘われて -桜、桜、、そして越前そば-

今年の桜の時期は少し早かったですが、気候には恵まれて市内でもきれいな桜を堪能できましたね。
そして気温も結構上がって、、、こうなったらひとっ走りしてこないわけにはいきません。

グルっと、丹後半島を一回りして小浜経由で朽木を抜けて鯖街道から帰還。
エエ運動になりました。

◎自宅近くの疎水の桜も満開です。
180404g 080

◎ソメイヨシノの淡いピンク色、、、本当に日本を代表する花ですね。
180404g 078

◎丹後半島の公園で、我がドカと桜のツーショット。♪か~たは古いがしけにはぁ強い~♪♪
 なぜか”兄弟船”が口をついて出てきます。それほど頼もしい相棒なんです。
180404g 086

◎小浜の加斗にある”五郎兵衛”さん。ここではいつもの、、、、
180404g 088

◎”辛味おろしそば”です。いわゆる越前そばですね。
180404g 090

◎この大根がすごく辛い!! でも、この色って桜色に見えるのはこの時期だから?
180404g 091

◎もちろん、お蕎麦も美味しいですよ。この日はもう売り切れ直前で大盛を頼めなかったのが少し残念でしたが、、、
180404g 092

◎越前の様式でぶっかけ。さあ、ワシワシいきましょうか。
180404g 094

露庵 菊乃井 -こちらは抜群の安定感-

これからもまだまだ伸びしろがあるイタリアンのヴェーナさんに対しまして、伝統的な京料理の中心的な役割をしているのが菊乃井さん。
親方の村田さんのキャラクターもあるんですが、こちらはどっしりとした横綱相撲を見せてくれます。

ただ、丸山公園にある本店はさすがに敷居が高い。私としては、どうしても少しカジュアルな露庵さんに行ってしまいます。
カウンターでお店の人との話を楽しみながら美味しい京料理を味わえるのですから、どこに文句がありましょう?

この日は少し遅くからの予約だったので、残念ながらカウンター席は満席、少し離れた小上がりで料理を楽しませていただきました。
まあ、これだけ回数をかけて訪問していますから、たいていのことは理解できるということもありますしね。

◎いつものように、村田さんは満面の笑みで迎えてくださいます。その瞬間から”菊乃井ワールド”に誘い込まれてしまうんですよね。
180312g 044

◎それでは、ここからは写真館でお楽しみください。味はもちろんのこと、料理のコントラストも素晴らしいものがあります。
 そして、何回も書いていますが、起承転結の流れが一点の曇りもなく繰り広げられます。これこそ、老舗の実力でしょうね。

 時期は早春。もうすぐ桜が咲こうという平日のことでした。
180312g 011

180312g 013

180312g 016

180312g 017

180312g 018

180312g 021

180312g 024

180312g 027

180312g 028

180312g 030

180312g 031

180312g 034

180312g 038

180312g 039

180312g 040

180312g 045

 | HOME |  »

Calendar

« | 2018-07 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad