FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

毛利バー@K6 -毎年のお楽しみ-

昨年の記事ですが、銀座のバーの重鎮、というよりは日本のトップバーテンダーの毛利さんが京都にやってきてくださいました。
不肖の弟子である西田さんに「ちゃんと生きとるか?」と、確認するためにです。

まあ、西田さんに関しては、私が重々注意しながら矯正していますので、なんとかここまではまっとうな生き方をしていると思います。
そのことを毛利さんにご報告するためにも、今回も”その日”にK6へ。

◎昨年までは、一階のバー・ケラーが会場だったのですが、今回は「もっと多くに人に出会いたい。」という毛利さんの希望で、席数の多いK6の西側のカウンターが会場になりました。
200116r9.jpg

◎まずは、西田さんが開会の辞を。
200116r4.jpg

◎毛利さんの前では、流石に西田さんもいつものヘラヘラ感を押し殺しています。
 そういえば、澤さんなんか孫弟子になるのかなあ?
200116r1.jpg

◎手慣れた手付きで、毛利さんがお得意のマティーニを作ってくださいます。
200116r2.jpg

◎これが、かの有名な”毛利マティーニ”です。二杯飲んだら倒れますぜ。めちゃくちゃ強烈です。
 でも、スルスルと喉を通っていく時の快感は一体どうして???
200116r3.jpg

◎ベースのジンは京都で生まれた”季の美”です。しかも毛利さんのためにだけに作られた特別ボトルですぜ!
200116r7.jpg

◎次に作っていただくのは”ハバナ・マティーニ”。毛利さんオリジナルの逸品です。
200116r5.jpg

◎ラム酒とシェリーの混ざり具合が絶妙ですね。ステアの回数がポイントでしょうか?
200116r6.jpg

◎どちらのマティーニも充分すぎるくらい堪能させていただきました。合計で何杯飲んだことやら?
 何という贅沢でしょうか!

 ちょっと余興で、違ったジンでももう一杯。私、このあとで倒れるかもわかりません。まあ、その時はその時だよなあ。
200116r8.jpg
スポンサーサイト



ボッカ・デル・ヴィーノ -今年の御節-

新年を祝う気のないまなゆう家ですが、息子夫婦たちが勝手に帰省してくるのでお相手をしないわけにはいきません。
そのために、毎年お願いしているのが”ボッカ・デル・ヴィーノ”さんの野宮シェフご謹製の御節です。

大晦日の31日に貰いに行ってくるのですが、今回もあい変わらずの盛りだくさん。
1リッターのオリーブオイル缶まで付いてくるのですから、その重さも半端やないです。

でも、そんな御節も、息子たちにかかると一瞬で消えてしまうんですから恐ろしいですね。
ああ、、俺も若い頃はああだったんだなあ。←今や、うどん一杯で満足してしまう私が情けない

◎木屋町団栗橋を少し南に下ったところにある”ボッカ・デル・ヴィーノ”さんにやってきました。
200110r1.jpg

◎少し早く着いちゃったので、お店の中で待機。野宮シェフからは、こんな素晴らしい泡まで頂いてしまいましたよ。しめしめ、、、
200110r2.jpg

◎持ち帰った御節はこんな感じです。
200110r3.jpg

◎内容はこのとおり。素晴らしく手のこんだ内容です。これが一瞬でなくなる光景、、、思わずハイエナを連想しちゃいますよ。
 数に限りがあるそうですが、みなさんも、機会があれば是非どうぞ。
200110r4.jpg

200110r6.jpg

200110r5.jpg

200110r7.jpg

200110r10.jpg


200110r8.jpg

200110r9.jpg

謹賀新年 2020 -少し早めの年越しそば-

皆様、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

ただ、我が家は新年のお祝い行事ははるか昔に廃止。いつもと同じような生活を続けております。
そんな私をバカにしたように、世間様が正月休みというのが、ちょっと気に入らんのですけど、、、

年末の中国出張が我が本部長様から言い渡されていましたので、その出張前に年越しそばを食べようと”手打ちそば 花もも”さんへ。
大将の百瀬さんの安定のお蕎麦を食べて、一人で年末気分に浸ってきました。

◎流石に、暗くなるのが早くなりましたねえ。
191231r6.jpg

◎まずは、ビールと”自家製なめこおろし”からスタートです。
191231r1.jpg

◎続いてはそば焼酎(帰山)のそば湯割りと”焼みそ”でホッコリと”蕎麦前”を楽しみましょう。
 今年を振り返って、、、辛いことや悲しいことが多かった年ですねえ。でも、最後の最後に大ヒットも出ましたけど。
191231r2.jpg

◎今年の私の年越しそばは、大好きな”田舎そば”。十割の太そばです。噛み締めごたえが良いのよねえ。
191231r3.jpg

◎この無骨なルックスも好きな理由です。
191231r4.jpg

◎蕎麦湯を飲んで、、、ああ、今年も終わったなあ、、、←まだまだ終わってへんぞ
191231r5.jpg

聖護院 嵐まる -恒例のクリスマスツリー-

この時期になると必ず飾られるクリスマスツリー。嵐まるさんの場合は蟹ツリーですが、、、
そんなツリーに引き寄せられるように訪問です!!

◎これを見るとクリスマス、、、じゃあなくって蟹のシーズンを感じてしまいますねえ。
191216r1.jpg

◎いつもの付き出し三種盛り。
191216r3.jpg

◎まずはビールをグビッといきます。
191216r2.jpg

◎メニューはこんな。いやあ、もう冬だなあ。
191216r8.jpg

◎この日はお腹はそれほど空いていなかったので、こんなものとか、、
191216r10.jpg

◎こんなものをつまみながら、、、
191216r9.jpg

◎避けては通れないお刺身の五種盛り合わせ。
191216r6.jpg

◎当然ながら、お酒はまつもとの守破離。
191216r4.jpg

◎コッペガニには、、、
191216r5.jpg

◎私の定番、百年の孤独。
191216r11.jpg

◎”殻付き牡蠣グラタン”なんか、、、言うこと無いじゃあないですか!!
 いつもいつも、満足度100%のお店です。

 この冬の時期は、特にお魚が美味しいのでお薦めですよ。
191216r7.jpg

アフィナージュ -久しぶりの訪問-

祇園白川のほとりにあるビルの一階にある”アフィナージュ”さん。最近は、トンと祇園に足を運ばなくなっていたのですが、この夜はたまたま近くで会合があったので、その帰り道にフラッと立ち寄ってみました。

マスターの小嶋さんは相変わらずのジェントルな物腰。クープ時代から腕を磨いたキッシュも完成形になっていましたね。
「もう少し、頻繁に顔を出さなくてはいけないなあ、、、」なんて思ってしまった夜でした。

◎ピントが、、、
191215r1.jpg

◎小嶋さんは女性客にモテモテですね。
191215r2.jpg

◎こんな付き出しを出してもらったので、、、
191215r4.jpg

◎まずは、ブルゴーニュのパストゥグランから。
191215r3.jpg

◎注文しないわけには行かないキッシュにはジブレイ・シャンベルタン。
191215r6.jpg

◎今日のキッシュは”ほうれん草とベーコン”でございました。
 ほんわりと柔らかい食感は、まさに小嶋さんそのものですね。
191215r5.jpg

 | HOME |  »

Calendar

« | 2020-01 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!