まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

手打ちそば 花もも -これがホントの年越しそば-

うどんのことばっかり書いている私ですが、年末には年越しそばも食べているんですよ。
お店は御所南の”手打ちそば 花もも”さん。

このお店は通し営業をされていますので、ねらい目は午後4時くらいかな?
開店直後から満員のお店ですが、その時間帯は、何とか席にありつけそうなんです。

この日も、そんな時間帯に訪問です。そして、チャッチャっとそば前とおろしそばを堪能。
本当のそば通は店に長居は禁物。あっと言う間にお店をあとにするもんですわ。←ナニを偉そうに

ご主人の百瀬さんのおそばを食べて、一年をうまく終えられますように。

◎愛車のフェラーリで師走の市内散策。その後向かったのは、、、
171110g 207

◎御所南の裁判所のおとなり”手打ちそば 花もも”さんです。
171110g 208

◎まずは”そば前”を。そば味噌に合わせたのは広島の純米酒”亀齢”。
 私、このお酒大好きなんです。
171110g 212

◎そして、今年最後に選んだおそばは”おろしそば”。950円なり。
171110g 215

◎大根は辛味大根。長野かなあ?
171110g 219

◎さらに大盛(+250円)でいってみましょう。
 二八の正統派のおそばですね。
171110g 220

◎越前そば風にぶっかけでいただきました。
 おそばの香りが満開ですね。美味しいわあ。
171110g 221

◎そば湯を堪能して完食です。来年は、また百瀬さんとも一緒に釣りができますように。
171110g 225
スポンサーサイト

北山 権兵衛 -熟女とのデート-

最近、女性にモテモテのまなゆうです。 女性と言っても、私よりもお歳が上の方々ですが、、、

この夜も、そんな方からのお誘いを受けて北山へ。本当は”通しあげ そば鶴”さんを考えていたのですが、あいにく定休日だったものでデートの場所を急遽変更。
北山通りにある”北山 権兵衛”さんに集合です。

お店が移転する前には何回か来たことがあるのですが、この新しいお店への訪問は今回が初めて。
以前の和風の雰囲気に対して、新しいお店は結構モダンですね。

ただし、来られているお客さんは年季の入った方ばかり。常連さんに好かれているお店だということが良くわかります。

最初は「一緒にお蕎麦でも食べようか?」ということから始まったデートなんですが、蓋を開けてみれば彼女が予約していたのは”うどんすき”。
まあ、、、美味しければなんでもエエかなあ?

◎新しいお店は当然ながらピカピカ。気持ちは良いものですね。
171005g 055

◎彼女よりも一足早く着いちゃったので、ビールと板わさでほっこりです。
171005g 057

171005g 062

◎ようやく合流。天気が悪いと、なかなかタクシーもつかまらないようです。
 彼女が予約してくれていたのはこんなお鍋。蕎麦とちゃうやんか!!
171005g 056

◎基本的にはお蕎麦のお店ですから”蕎麦まえ”はそろっています。
 穴子焼きに、、、
171005g 063

◎玉子巻き、、、
171005g 064

◎それに焼き鳥まで。
171005g 070

◎さて、お鍋の用意もできたようです。なかなか豪勢な中身やなあ。
171005g 059

◎早速投入。どんどん行きましょう。
171005g 068

◎具も美味しいし、、、
171005g 071

◎うどんも京風の滑らかなのど越し。
171005g 073

◎お出汁も結構でございました。久しぶりのはんなりとした、うどんならぬ”おうどん”を堪能しました。
 Kさん、今度はどこ行こかな?
171005g 075

糸井シェフのフレンチ弁当 -新しいステージへ-

去年まで舞鶴のほのぼの屋さんで腕を振るっていた糸井シェフが自身の年齢が古希を迎えられたのを境に退任されました。
「まだまだ引退する歳でもないのになあ。」なんて、その後のことをちょっと心配していたのですが、全く予想もできない形で復活です。

その形とは”駅弁”。こう来るとは思わなかったなあ。でも、私としては大歓迎ですよ。
売っている場所は京都駅の新幹線のコンコース内の売店です。

皆さんも、新幹線で移動されるときには、ぜひこの駅弁を車内で楽しんでいただきたい。
よろしくお願いいたします。

◎コンコース内には何カ所かの売店がありますが、売っているのは在来線との接続口横の”古都みやび”です。
180111g 112

◎たくさん並んでいるお弁当の中から、フランス国旗風のパッケージを見つけてくださいね。
180111g 114

◎この絵は、、、正直言ってもうすこし男前ですよ、、、現物の糸井シェフは。お値段は1080円なり。
180111g 027

◎糸井シェフの紹介文もありますね。シェフの歴史が簡単に紹介されていますよ。
 私はミレイユ時代からの付き合いですから、、、もう30年以上になるのねえ。私も歳を取ったもんだわさ。
180111g 029

◎それでは、さっそくいただいてみましょう。サントリーの角ハイ”濃いめ”がお供です。
 できればワインの方がよくマッチするとは思うのですが、気に入った銘柄が構内では売っていないんでねえ。次回からは、家からワインをペットボトルに入れて持ち込みますわ。
180111g 041

◎メニューはこんな。ボリュームはそれほどでもありませんので、ブランチ感覚でちょっと摘まんでみる、、、ような雰囲気でどうぞ。
180111g 030

◎パスタグラタン オーソドックスな味です。少し海の香りがするのが糸井流?
180111g 036

◎キャロットラペ シャキシャキ感が歯に心地よい。適度な甘さがあってグッドです。
180111g 037

◎野菜のキッシュ これまたオーソドックス。万人受けのする味ですね。
180111g 039

◎鶏肉と野菜のトマト煮 ゴロンと鶏肉が入っていてボリュームがあります。
180111g 035

◎サンドイッチ、ピクルス添え 軽食感覚で摘まめます。ピクルスの酸っぱさが刺激的。
180111g 038

山元麺蔵 -年越しうどん-

普通は年越しと言えば”蕎麦”なんでしょうが、私の場合はそれがうどんに代わります。
やっぱり四国の人間なもので、、、

そして、京都でうどんと言えば、やっぱりココ。麺蔵君へ少し遅めの突入です。
私の場合、お店の行列の長さでタイミングを計るのですが、年末の忙しい時期はそんなことは言ってられませんよね。

大体30分の待ち時間だったかなあ?一人客だと優先的にカウンターへ通してもらえるので、案外早く席につけるんですよ。

麺蔵君をはじめ、スタッフの良く知った連中にもご挨拶をして私が選んだ”鶏ささみ天みぞれうどん”を堪能しました。
今年は訪問回数は伸ばせなかったけれど、来年はもう少し積極的に顔を出すようにしますわ。

また、うどん談議に花を咲かせましょうね。

◎愛車のフェラーリと麺蔵君の巨大提灯とのツーショット。
 この提灯も、だいぶくたびれてきたな。
171221g 075

◎ここのスタッフのキビキビ感は、お客にエネルギーを注入してくれますね。
171221g 077

◎麺蔵君は鍋の前から動かず。(忙しくて動けず?)くるりとこちらを向いてあいさつをくれました。
 また少し、粉の中身をいじっているそうですよ。
171221g 090

◎ビール(中瓶)を飲みながら待つことしばし、、、(この間が楽しい麺蔵君との話の時間)
171221g 078

◎私の”鶏ささみ天みぞれうどん”が着丼です! 冬の名物”みぞれうどん”はやっぱり外せませんわ。
171221g 080

◎まずはお出汁を、、、う~ん、かつお出汁の香りとコクがたまらんなあ。
171221g 081

◎麺は温かくてもグミ感たっぷり。少し細めが最近の流れですね。
 大根が絡んで、ホカホカと身体が温かくなっていくのを感じます。カイロを飲んでいるみたい。
171221g 086

◎大ぶりのささみ天はすごいボリューム。優しいスタッフ君からは「お持ち帰りもできますよ。」と言われましたが、エ~イ、ここは四国男児、頑張って完食です。
171221g 082

◎最後はこれまたお決まりのひとくち杏仁豆腐。 
 この冬の間の観光客が少ない時間帯がねらい目やね。でも、外国人比率がますます高くなっているなあ。

 それはそれで、日本の食文化を知ってもらう良い機会だし、麺蔵君ならそんな役目もばっちりとやってくれると思いますよ。
171221g 091

大みそかの平安神宮 -チーム西田大活躍-

大みそかのカウントダウンにやって来たのは平安神宮。我が家から歩いて5分です。

でも、本当の目的はそれじゃあないんです。今年から、K6のマスターの西田さんが甘酒を売るというもので、そちらを冷やかしに。
正直言って、甘酒は苦手です。あんなに甘いものって、、、しかも、酒とは言いながら全然アルコールも無いし、、、

ところが、境内の左側にある甘酒売り場に行ってみると、チケット売り場にも、配膳にも、裏の大鍋周りにもK6のスタッフやお客さんがいて万全の態勢。
みんなボランティアだそうですが、大みそかだというのに、何か他にやることはなかったのでしょうか? みんな、暇なんやなあ。

かく言う私も、よく似たものなんですけどね。

◎夜の平安神宮です。なぜかピントが来てませんが、、、
180104g 0011

◎この看板が目的地です。
180104g 007

◎チケット売り場には美人の売り娘や、、、それにファビオまでいますやん。
180102g 066

◎西田さんと多麻さんのまさみさんという最強コンビから甘酒を受け取ります。
180102g 065

◎そして、そのまま裏の調理場へ。そこには小坂君が鍋当番をしています。
180102g 069

◎さて、その甘酒ですが、、、
180102g 068

◎こんなもので酒精強化。これで美味しくなる、、、はずはないなあ。
 こりゃあ、カウントダウンまで待ってられん。どこかで飲み直しやなあ。
180102g 070

 | HOME |  »

Calendar

« | 2018-02 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad