まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

中国最新事情 12/17 -杭州白塔公園 もしかしたら鉄っちゃんの聖地?-

もう観光雑誌では紹介しつくされた感のある杭州ですが、まだまだ日本人が知らないところはあるのですよ。
そんなところを、今回はご紹介いたしましょう。杭州白塔公園です、

杭州で塔と言えば、六和塔が一番有名ですよね。ちょうど現在でも幹線道路のそばにあって、その美しさは抜きんでています。
ところが、そんなところとは比較にならないほど有名ではないんですけど、かわいい塔があるんですよ。

それが”杭州白塔”なんです。

基本的に言うと、銭塘江沿いに建つ塔はすべて灯台の代わり。行き来する船の安全のために建てられていたわけですが、この白塔は歴史が古い。
五代と言うと”呉越同舟”ということわざができた時代ですが、その時にはすでにこの地に建っていたと言います。

さらに、近代では杭州に最初に建てられた駅舎もこの地だそうです。ここから杭州の鉄道の歴史は始まったんですね。
日本で言えば新橋でしょうか?

今でも、何本もの線路が集まっていて、物資の集積地の役割は変わらないようです。
かなり地味な存在ではありますが、もし杭州に来られたら、ぜひともお立ち寄りくださいね。

◎日本には知られていませんが、中国では有名なようです。
171221g 584

◎この白塔がランドマークなんです。
171221g 583

171221g 587

◎博物館もあって、歴史勉強はしっかりできますよ。
171221g 588

◎今でも現役の蒸気機関車が観光目的で走っています。乗車すれば往復で20分の大陸鉄道の体験もできますよ。
171221g 585
スポンサーサイト

中国最新事情 12/17 -杭州での常宿の朝食は、、、いつものおばちゃんの麺です-

杭州市内の定宿に帰ってきました。もう古いホテルで、付き合いも10年以上になるのですが、やはりホッコリします。
「帰ってきた~!」と言う言葉が当てはまるんですよね。

そして、朝はいつもの麺で決まりです!おばちゃんに「おはよ!」っと挨拶してから湯がいてもらいましょう。
今日は市内を中心に仕事で走り回ることになりますから、しっかりと食べておかなくっちゃあね。←昼飯抜きでやりぬく気持ち

◎今日もおばちゃんは元気。いつもの麺コーナーで、ビシバシ湯がいてますねえ。
171221g 606

◎最近のシステムは、こんなザルに湯がいてもらう具を自分で取ります。それをおばちゃんに渡して湯がいてもらいましょう。
 これでは、ちょっとボリュームが小さいかなあ?
171221g 665

◎おばちゃんも少ないと思ったようで、勝手にトッピングをプラス。サービス、エエなあ。
 ついでに、サラダも食べておかなくては、、、
171221g 667

◎このゆで卵はホテルのではなくて、前日の田舎旅行で買ってきた烏骨鶏の卵です。
 おばちゃんに頼んでゆでてもらいました。色が独特ですね。味は普通やったけど、、、
171221g 668

◎おばちゃんの湯がき具合は文句なし。これで今日も一日がんばれまっす!
171221g 670

中国最新事情 12/17 -都会的美食@杭州萬象城-

小旅行から帰ってきた私たちは、そのまま杭州市の新都心とも呼ばれている新商圏地区のショッピングセンターへ。
”杭州萬象城”です。

わずか車で2時間しか離れていないというのに、この環境の違いはいったい何なんでしょうね。
ある人は「中国にはアフリカとヨーロッパが混在している。」と言いましたが、アフリカに対する失礼な言い方には同意できないものの、きわめて大きな格差が生まれている社会であることは確かだと思います。

ショッピングセンターの中は暖房が効いていて暑いくらい。確かに住みやすいけれど、周りの人の多さには疲れます。
たまの田舎旅行でリフレッシュするのは、良いことなんだとも感じました。

実は、このショッピングセンターの最上階にある高級レストランは、私の20年来の友人である税理士のMさんの行きつけの店。以前に一度、このブログでもご紹介したことがあるのですが、そこに杭州の友人たちが私のために集まってくれているのですよ。
しかも、このMさんは大の酒好き。今回も、なかなか珍品のお酒を用意してくれているようで、私は胃袋をパンパンに膨らませて乗り込んだのでした。

それにしても、楽しい友人との会食ってアッと言う間に終わるんですねえ。次回は、私が日本からお酒を持ち込んで開催させていただきますよ。
それまでちょっと待っててね。

◎巨大なクリスマスツリーがお出迎えの杭州萬象城です。
171221g 615

◎少し時間が遅くなっちゃいましたが、まだ人はたくさんいますねえ。
171221g 616

171221g 617

◎大急ぎで、最上階の”唐宮”へ。高級中華料理の名店です。
171221g 664

◎Mさんが用意してくれていたのは、こんな白酒。
 常州でよく見る”梦之藍”の中でも最高級のM6です。いやあ、初めて現物を見るわあ。
171221g 623

◎さらに、こんな正体不明のワインまで。”デンマーク”や”シュール・リー”という文字は読めるけど全くわからん。
 陰干しブドウ系なのかなあ?
171221g 626

◎ここからは、写真館でお料理をお楽しみください。食通のMさんのことですから、高級食材をこれでもか!と使ったさすがに手の込んだお皿の数々。田舎料理とは全く違う存在感です。とっても美味しい。
 でも、こればっかり食べているわけにもいきませんよねえ。しばらくしたら、また田舎料理が恋しくなるんだろうなあ。

 本当に、人間てややこしい生き物ですねえ。
171221g 619

171221g 620

171221g 621

171221g 627

171221g 632

171221g 633

171221g 634

171221g 636

171221g 646

171221g 649

171221g 651

171221g 654

171221g 657

171221g 658

171221g 659

◎さすがに群を抜いた美味しさだったM6。これに対抗できるのはナニが良いかなあ、、、”百年の孤独”はどうだろう?
171221g 643

中国最新事情 12/17 -旅の終着点 先鋒云夕図書館-

さあ、今回の旅もいよいよ大詰めです。旅の終着点へ向かいましょう。
その終着点とは”先鋒云夕図書館”です。この図書館のことは、こちらの人民日報の記事でどうぞ。

南京市に”先鋒図書館”と言うユニークな図書館があるそうで、そのオーナーがこんな山村に作った図書館に「一度、行ってみたかったの。」、、、と言うのが、彼女が私を誘った理由だったそうです。
「一人で行ってつまらなかったら寂しいじゃない?」←わざわざ日本から来た俺はどうなんねん?

まあ、南京にある本店はすごく面白くて、人気があるそうですが(その記事はこちら)、この山奥の図書館はねえ、、、
人気が出るだろうという先読みで、いろいろな資本が先行投資(何件ものホテル)をしているようですが、果たして一年後にはどうなっていることやら?中国では、廃墟と化した施設は山ほどありますからねえ。

まずもって、彼女の記憶に来年まで残っているのかどうかすら怪しいなあ、、、

◎図書館は古い建物をリノベーションしています。この外観のイメージはなにか記憶にありませんか?
171221g 516

◎もう一度、私たちが泊まったホテルの外観をどうぞ。
 そうなんですよ。このホテルも図書館のオーナーが建設したものだったのですよ。
171221g 464

◎図書館のエントランスはこんな感じで、左右の建物がそれぞれ図書館になっています。
171221g 519

◎中にはグッズの販売コーナーもあるし、、、
171221g 548

◎壁にぎっしりと蔵書が並んでいるのは壮観です。←どうやって一番上段の本を取るんやろか?梯子も無いのに、、、
171221g 556

◎二階にはソファもあってゆったりとしたスペースです。でも、私たち以外にお客さんはいません。
 中国人が静かに本を読む、、、印象が私には無いんですけど?←スマホつかんで叫んでるイメージ

 果たして、高邁な南京のオーナーの気持ちが実現するのかどうかは、、、日本人の皆さん、一度訪れてみてはいかがでしょうか?
171221g 550

171221g 549

171221g 552

171221g 551

171221g 554

◎村にはレストランのようなものが全くなかったので、もう一度ホテルへ帰って簡単な昼食です。
 この二日でこの地方の田舎料理を食べ続けたわけですが、同じ食材の味付けを変えるのって、なかなか大変みたいですねえ。

 ちょっと飽きちゃったよ。
171221g 570

171221g 571

171221g 572

171221g 574

171221g 577

171221g 578

中国最新事情 12/17 -戴家山村散策-

ホテルを出て、川沿いにしばらく行くと見えてきたのが戴家山村。本当に小さな村です。
でも、中国の山奥にしてはきれいなホテルが建ち並んでいるのが少し不思議。

村の中を少し歩いてみましょう。

◎川の横には、こんな地図看板が置かれていました。
171221g 508

◎地図に沿って川上を目指しましょう。途中には、こんなかわいい石橋もありましたよ。
171221g 504

◎川沿いには段々畑が。何かの野菜が植えられていましたが、まだ芽を出したばかりですね。
171221g 511

◎歩くこと40分。すると見えてきたのが戴家山村です。
171221g 509

◎よく見ると、田舎風にはなっていますが、どの建物も真新しくてきれい。
 これは何かおかしい。
171221g 503

◎村の中に入っていくと、こんな普通の家に交じって、、、
171221g 501

◎この窓の木枠がきれいですねえ。
171221g 500

◎こんなホテルが何件も。このホテルなんか、建ったばかりで来週オープンだそうです。
 やっぱり、何かおかしい。
171221g 558

◎村のメインストリートを歩いていくと、おっちゃんが道端で栗の皮むきをしていました。
 こういう素朴な雰囲気が好き。
171221g 512

◎さらに、こんな光景も発見。かなり大きな豚ですなあ。思わずよだれが、、、
171221g 526

171221g 534

◎どうやら、ここが村で唯一のお店のようです。
171221g 536

◎中を覗いてみると、何やら怪しげなものも。
171221g 528

◎店の前では、これまた大きな川魚をおろしています。
171221g 533

◎魚は2階の窓で干されています。保存食にするんやろか?
171221g 537

◎こんな光景を見た彼女の購買意欲が火を噴いてしまいました。
 豚肉に、烏骨鶏の卵、春雨、干し野菜などを次々とお買い上げ。
171221g 543

171221g 547

171221g 562

171221g 563

◎私は私で地酒を発見。米の発泡酒ですが、少しロゼシャンパンのイメージもあって、口当たりも柔らか。
171221g 529

◎彼女がお買い物をしている間は、私はこんな椅子に座って待っていましたが、、、
171221g 531

◎この椅子、下に炭が入るようになっていて、お尻が温かいんですよ。なんかエエわあ。
171221g 530

◎ついでにこのお酒も買って帰りましょう。おっちゃんに3リッターほどペットボトルに入れてもらったのですが、その保管場所はこんな階段の下の瓶でした。
171221g 538

◎階段を上り下りする間に、土や埃がどんどん落ちてきて瓶の中に入ってしまうんじゃあないかと一瞬たじろいだのですが、まあ、それも味の内だと自分を無理矢理納得させました。日本男児たるもの、もう後には引けません。
171221g 539

171221g 541

◎この瓶の底に沈んでいる澱を使って料理をするんだと、彼女がおっちゃんに無理を言って分けてもらってました。あくなき食欲やね。
171221g 545

 | HOME |  »

Calendar

« | 2018-02 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad