まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

蛯名三奈さんとの出会い@麦家 -コンペティション優勝者のジンに酔う-

九州男児と言えば、イメージは豪放磊落な酒豪。なにしろ、九州のどこに行っても美味しいお酒が出てきますからねえ。
ところが不思議な事に、我が社の現地社員は下戸揃い。一体どうしてなんでしょう?

仕方がないので、私が九州に出張した時は一人で飲み歩くことにしています。知らない街を彷徨いながら、新しい出会いを期待した一人飲みも悪くはないですよ。
「寂しくないか?」って? 案外、私は孤独を愛する男なんです。←単なる強がりやな

でも、私が食事を終えてまず初めにすることは、、、リーガ大阪の古澤くんに電話をすることなんです。
彼のコネクションは全国津々浦々にまで行き渡っていますから、私がその町の名前を言っただけで「ああ、それなら***がお薦めですよ。」と、必ず返事を返してくれるのですよ。

この宮崎でも対応は一緒。「橘通西3丁目の”Wine&Bar 麦家”へ行って、蛯名と言う女性バーテンダーに挨拶をしてこい。」
では、さっそくそこへ向かいましょう。

そしてそこで、私は素晴らしい人とジンに引き合わされたのです。こんな出会い、、、私は大好きです。
古澤くん、、、感謝しま~す!!

◎商業ビルの2階にある”Wine&Bar 麦家” カウンターは7席くらい。他にはテーブル席が4卓くらいの小さなお店です。
170510g 058

◎そこで私を迎えてくれたのが蛯名三奈さんです。古澤くんが連絡を入れてくれていたので、こんな見ず知らずのおっさんにもこの笑顔。
 一瞬で惚れました。
170510g 061

◎まずはお手並み拝見ということで、ハーパーのハイボールをダブルで。
170510g 059

◎古澤くんとのお互いの出会いなんかを酒の肴にして会話は弾んでいたのですが、カウンターにおいてあったこんな記事を見つけてしまいました。
 なになに、、、BOTANISTと言うジンメーカー主催のカクテルコンペで優勝したんですかあ。

 公式ページはこちら。彼女が作るカクテルの動画も見れますよ。
170510g 060

◎早速、そのジンでジントニックを作ってもらいました。う~ん、美味しい。和風を感じるジンだと言えばよいのでしょうか?
 柚子の香りが鼻をくすぐります。さらに、ボトルの底に沈んでいるのは、、、、おっと、これ以上は言えませんね。

 どうぞ、ここ宮崎に来て、彼女に作ってもらってくださいませ。そうすれば「おおっ!? これかあ!!」と感激することを請け合いますよ。
170510g 063

◎お店は蛯名さんと、もうひとりの女性バーテンダー緒方唯さんが皆さんをお待ちしていますよ。
 こんなツートップの女性バーテンダーがいるお店なんて、、なかなかないですよね。是非どうぞ。
170510g 066
スポンサーサイト

みやざき料理 わおん -宮崎地鶏は宮崎焼酎にピッタシ-

鹿児島で二件の得意先訪問のあと、宮崎市へ強行移動です。次の日の行動を楽にするためですわ。
宮崎市、、、私にとっては13年ぶりの訪問になりますね。←空港からゴルフ場への直行は結構あるんですけど、、、

少し遅いチェックインになったので、荷物を部屋に放り込んですぐに市内へ。目指すは一番街です。
飲食店が集まっているのはこの周辺だそうですよ。

お目当ての有名店は定休日ということでおやすみ。仕方がないので、その周辺を散策すると、あるわあるわ”宮崎郷土料理”の看板を掲げたお店が軒を連ねています。
未知の土地でのお店選び、、、こうなったら、自分の嗅覚を信じるしかありませんね。

結局選んだお店は、定休日で休みだった有名店の真向かいのお店。有名店に対抗しているかのような店構えにちょっと惹かれたもので、、、
ここで、宮崎名物の宮崎地鶏をいただきましょう。

◎一番街にはたくさんの鯉のぼりがかかっていました。なかなかきれいですね。
170510g 017

◎”みやざき料理 わおん”というのがそのお店の名前です。なかなかの大箱でしたよ。
170510g 049

◎とりあえずは、いつもの一杯。K君、長時間の運転、お疲れ様でした。←アンタは横で寝てばっかりやったな
170510g 019

◎付き出しで出てきたのは、こんな小鉢と”メヒカリの天ぷら”と”トマト”。
 トマトにマヨネーズって、我が家では絶対にない組み合わせですが、九州では当たり前だそうです。
170510g 020

170510g 022

170510g 023

◎最初は”宮崎牛のたたき”。流石に美味しいですね。でも、今日は地鶏の方に興味が、、、
170510g 025

◎”地鶏の刺身 三種” ささみ、肝、胸肉です。正直言って「これは!!」と言う特徴なし。新鮮でしたけどね。
170510g 039

◎まずは定番の”地鶏の炭火焼” 硬さが凄い!思い切り噛み締めなくては、、、でも、そこから出てくる滋味は”名物”と名乗るのに不足はありませんね。
170510g 029

◎こうなったら地元の焼酎を。黒木本店の”山猿”をお湯割りで。
 同じ黒木本店の麦焼酎”中々”よりも一段濃く感じますね。美味いわあ。
170510g 032

◎ここで”チキン南蛮”登場。同じ鶏とは思えない柔らかさ。この素材はいろいろな顔を持っているようですね。
170510g 026

◎”地鶏のももたたき” あっさりとした味が意外です。柚子胡椒が好相性。
170510g 034

◎”地鶏のせせり炭火焼き” せせりのコリコリ感が好きやわあ。首ってかなり運動してるんですねえ。
 それにしても、焼酎に合うような味の作り方、、、さすがに九州ですね。
170510g 036

◎〆には、これまた宮崎名物料理の”冷や汁”。冷たい味噌汁をご飯にかけるなんて、、、ねこまんまやんかあ!
170510g 043

◎ところが、これが予想外に美味しいんですわ。少し味も濃いところが特徴かな?
 それに、胡瓜が良い仕事をしてますねえ。この青臭さがやみつきになりますわ。
170510g 047

御用づとめで九州へ -鹿児島までひとっ飛び-

ゴールデンウィークが終わったと思ったら早速の出張命令が。今回は南九州です。

伊丹空港から鹿児島空港へはたったの70分。
東京へ行くよりも早く移動できるのが飛行機の利点です。今回もANAのマイルを貯めるために全日空で。

◎鹿児島ではすぐに客先訪問ですから、搭乗前のアルコールは御法度。
 それなら、ビール以外に大したものがないANAラウンジよりはスタパのほうがよっぽどマシです。

 最近の出張で使っている軽量タブレットでニュースを読みながら、カウンターでコーヒーを一杯。
170510g 008

◎機材はB737-500。”スーパードルフィン”の愛称がある機体ですね。
170510g 011

◎ANAは今日も定時運行。これも理解ある乗客のおかげ、、、のはず。
170510g 012

◎この機材では10番のシート列が狙い目ですよ。非常口の横なので、他のシートよりは足元のピッチが広いのですよ。
 私にとっては、この足が伸ばせるのがありがたいんですよね。
170510g 072

◎今日の搭乗率は80%位かな?殆どがビジネスマンです。
170510g 016

◎デコポンジュースを飲みながら、今日の仕事のシミュレーション。
 ドジを踏まないようにしなくっちゃあ。
170510g 014

中国最新事情 02/17 -帰り便 NH952-

さて、いつものように慌ただしかった今回の出張も予定終了。出来具合は、、、イマイチだったなあ、、、
帰ったら、我が本部長様にどやしつけられるだろうなあ、、、でも、ベストは尽くしたから自分的にはOKです。

帰り便はいつものように杭州→関空のNH952便。乗り慣れた機材です。
定席の非常口前座席に陣取って、脚を伸ばしてゆったりとしながら、明日からの日常業務に備えましょうか。

◎杭州空港のラウンジでちょっとほっこり。軽くビールを飲みながら、メールチェックや日本のニュースを読んでみたり、、、
170303c 219

◎それにしても、中国では自分のPCへのファイヤーウォールは完璧にしていなくてはいけませんね。
 このラウンジでも市内のホテルでも、いろんな攻撃がビシバシ飛んできますから。

 この地では、自分を守るのは自分しかいないんですよ。←PCだけじゃあないけどね
170303c 218

◎さあ、機材の用意もできたようだし、そろそろかなあ?、、、なんて思っていたら40分のディレイのアナウンスが。
 航空管制からの待機指示だそうです。北京-上海の空はいつも大混雑のようですね。
170303c 222

◎ようやくテイクオフ。ANAの地上職員の皆さん、今日もお仕事ご苦労さまです。
170303c 228

◎姿勢が安定してからの機内サービスはこんな内容でした。
170303c 230

◎麺類のうどんがついているのは嬉しいんですが、これが美味しくないのがちょっと問題だよなあ。
 以前のように、素麺にしても良いと思いますよ。
170303c 234

170303c 236

170303c 235

170303c 243

170303c 237

170303c 238

◎機内の混み具合は85%かな?週末便はやはり搭乗率は高いようですね。
170303c 248

中国最新事情 02/17 -携帯決済 花盛り-

最近ではあまり聞かなくなりましたが、中国は偽札大国です。まあ、パッチモン、、、いわゆるコピー品がどこにでも横行していますから、お札のコピー品があることも、ある意味ではアタリマエのことなんでしょうけどね。

そんな中国で、若者を中心にどんどん広がっているのが”携帯決済”です。スマホでサラッと支払っちゃうやつですわ。
日本ではアップルが”Apple Pay”を始めましたし、”楽天PAY”、”LINE Pay”も出現していますよね。

これなら現金を触ることがないので、根本的に偽札問題とは無関係でいられます。小銭を持ち歩く必要もないのでお財布も軽く済みますよね。
更に、中国での最高額紙幣は100元。日本円で1600円ですから、ある程度のお金を持ち歩こうとすればすごくかさばるんですよ。

今回の出張で、高速鉄道の列車待ちにケンタッキーでコーヒーを飲んだのですが、同行してくれた中国スタッフもサラッと”WeChat Pay”でお支払い。
あまりにも簡単そうに見えたので、次回は私もチャレンジしてみることにしようかなあ?

◎一見、日本にもあるようなKFCに見えますが、、、、
161211c 165

◎こんな看板に注目です。この左端のLINEぽいマークが「WeChat Pay使えます。」の印。
161211c 166

◎スマホでかんたん決済。なかなか便利で安全です。特に中国ではね。
161211c 164

◎ああ、あと30分。コーヒーでも飲みながら待つことにしましょうか。
161211c 167

 | HOME |  »

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad