まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

ムジナ(アナグマ)@イル・レオーネ -異能の天才シェフ現る-

大阪でイタリアワインの伝道師を自認する西野さんから「アナグマ、、、食べへん?」。
なんとまあ! 魅力的なお誘いではありませんか!! 当然ながら、尻尾を振り振り指定のお店へ。

そのお店とは京阪沿線の千林駅の近くにある”イル・レオーネ”さん。私にとっては未知の空間です。
夜の7時過ぎの千林駅前なんて、、、もうゴーストタウンみたいですぜ。なんか、墓地の中を歩いている雰囲気。

でも、なんとかたどり着いたお店で私を迎えてくれたのはお店のオーナーシェフ城越さんです。
まあ、この人の風貌が凄い! シェフとは思えないほど頭髪は爆発。でも、その目つきは異様に鋭い。

「なんか、怖い人かなあ?」なんて思っていたのですが、話しぶりは優しくてすぐに打ち解けました。
また、話を聞き進めるに従って料理に対する真剣さがひしひしと伝わってきましたね。

いやあ、そのこだわりは凄いですね。西野さんがムジナの調理を任せた理由が良~くわかりましたから。
そして、繰り出された料理の数々は、私の予想を遥かに超える素晴らしさ。

正直言って、こんな千林みたいなところ(千林住人の皆さん、ゴメン)にいたらアカンのではないでしょうか?
料理会の宝石、、、、ここにありますよ。

◎西野さんから送られてきたのは、こんな写真。もう見ただけで、ヨダレがジュルジュルですがな!!
1489744577398.jpeg

◎京阪千林駅から歩くこと10分弱。到着です。 でも、おもったよりも小さなお店やなあ。
170405c 153

◎迎えてくれたのは、オーナーの城越シェフ。いやあ、このキャラ、、、立ってますよねえ。
170405c 157

◎歩き疲れたので、まずはこの一杯から。
170405c 156

◎さあ、ここからは写真館を中心に、シェフからもらったメニューを解説に見ていただきましょう。
 ワインは全て西野さんからの提供です。いつもいつもアザッス!!

 ・富士山サーモンのミ キュイ ケッパーベリー 人参達 白いソース
 ・黒鶏ムネ肉の低温調理 ソース・ベアルネーズ 香草パン粉
 ・土佐香美トマトのスープ クランベリーのピュレ

 この一皿で私の眼が覚めました。城越シェフって、外見よりはかなり繊細な人のようですね。
 盛り付けがすごくきれいですやん。
170405c 161

◎西野さんからの一本目。
 やはり北イタリアから来ましたか。ポイエル・エ・サンドリのロゼ。
 ピノ・ネロとシャルドネのバランスが独特ですね。
170405c 171

◎・富士山サーモンの皮
 パリパリ。
170405c 172

◎フルッティ ディ マーレ
 ・桃取産 牡蠣のソット オーリオ、パンチェッタ
 ・道内産 真ツブ
 ・箕島産 真鯒
 ・淡路産 天然 平目
 ・ホタテ貝柱 焼きホワイトアスパラガス 菜種油
 ・道内産 生ウニ 金美人参のピュレ コンソメのジュレ

 海からの一皿ですか、、、どれもこれも手の込んだ仕事がなされています。もちろん美味しい。
 多分一人でやっているんでしょうが、ここまでやるとはねえ、、、
170405c 175

◎西野さんからの二本目。
 最近の西野さんの好み、ここはフランチャコルタ。このあっさり感が最近は好きになってきてます。
170405c 181

◎・エノキ茸のフォン グァンチャーレ

 エノキでここまでのお出汁が取れるとは、、、何か秘策があるのかなあ?

 ここからの四品もまったく手抜きなし。どれも充分メインとして通用する内容です。
 本当に参りました。
170405c 185

◎・カニコロッケ ホタテ貝柱のクリームコロッケ
170405c 190

170405c 192

◎・豚肉のマスタード煮 季節野菜
170405c 195

◎・猪肉のロースト 赤ピーマン ハーブオイル にスモークの香り
170405c 199

◎西野さんからの三本目。
 ジャコモの88年ボトル。私の好みを熟知している西野さんからの愛を感じます。
170405c 205

◎・鹿肉のロースト カーボロ ネロとパンチェッタ アフミカータ ブラックカラントのソース トマトパウダー 胡椒
 と、パースニップ 黄ビーツ 菊菜のソース 卵黄 辛味あるマスタード

 血の塊を食べているかのようなナマモノ感。火は入っているんですが、それを感じないんですよ。
 それに絡まる独特のソースの味わいが絶妙です。
170405c 216

170405c 220

170405c 221

◎ここで、調理前のムジナのプレゼンです。美味そうやんかあ!!
 思ったよりも小さいなあ。
170405c 223

170405c 233

◎・その鹿肉のコンソメ ベーコンと白菜
170405c 228

170405c 231

◎西野さんからの四本目。
 もう、言うことはありません。ガヤの71年。アンジェロのお父さん時代のバルベーラなんて、、、
 少しオリが舞っていましたが、それも味のうち。歴史を感じるこの味わいはつべこべ言う必要はありませんね。
 しばし、黙祷です。
170405c 253

◎・ムジナ(アナグマ)のロースト 焼き茄子のピュレ 原木椎茸 菊芋のパウダー
 と、ネック、レッグのソテ、スパイスの効いたスピエディーニ

 中国でハクビシンは食べたことはあるけれど、その時は煮物だった。
 それとはまったく異なる食感です。野生を食べる、、、と言うよりは”齧りつく”と言う言葉のほうがふさわしいですね。

 各部位ごとの違いはあまり感じず。無心にむしゃぶりつくのみです。
170405c 240

170405c 236

170405c 237

170405c 239

◎結局、骨まで愛してしまいましたがな。←城卓矢かいな
170405c 245

◎・そのムジナ汁(ブロード)クレソン 胡椒
170405c 243

◎・佐賀牛 イチボの低温ロースト 白トリュフのペーストを挟んだグラタン ドフィノワ

 さらっと、ムジナのあとでこんなものが出てくるところがなんともはや。
 まあ、お口直しのようなものだと考えればよいのかな?
170405c 248

◎・ラクレット シェーブル等のチーズ
170405c 259

◎私は甘いものはパスをして、こんな胃薬を。

 城越シェフの料理の特徴は、あくまでも素材の良さを引き出すところでしょうか。
 ですから、味付けはそれほど強くありません。それでいて”噛みしめるほど旨さが口の中に広がる”という至福の感覚を楽しむことができます。

 これは、私が今は亡きベルナール・ロワゾーから「噛むんだ。噛んで自分で味を引き出すんだ。」と聞いたことと重なります。
 実は、この言葉をしばらく忘れていたんですが、城越シェフが思い出させてくれました。

 ただ、千林は京都から通うのが遠いなあ。もう少し近くに来てくれへんやろか?

 もちろん、ムジナとこんなお店を教えてくれた西野さんには ほんとうに感謝です。
 そして、これからもよろしくお願いします。
170405c 261
スポンサーサイト

酒処 奴 -瞬殺 クジラ三昧-

大阪へは阪急電車がほとんどです。JRは高いし、京阪は揺れるので気分が悪くなるし、、、
でも実は、本当の理由は、、、梅田には”新梅田食道街”があるから。

100件近くある食堂街のお店の中でも、私の一番は”酒処 奴”。
以前にも、このブログでご紹介したことがありましたよね。

立ち飲みの小さなお店ですが、そのコストパフォーマンスには脱帽です。
しかも、そこで飲んでる常連さんが結構面白いんですよねえ。

この日も、人との待ち合わせの時間が迫っているというのに、どうしてもお店の前を素通りできずにイン!
そのかわり、大阪でイタリアワインの伝道師を自認する西野さんからの情報の”クジラ三種盛り”だけで我慢することに。

生ビール二杯、そしてクジラ、、、お店にいた時間はわずかに数分でしたね。
それでも、充分満足できてしまうのが、このお店の素晴らしさなんでしょう。

◎おおっ! 今日はカウンターのセンターが空いてますがな!! 当然、突入です。
170413g 023

◎こんな大将出演のポスター作ってたんかいな。ほな、ビールにしまひょか。
170413g 017

◎ビールなら、このあと人に会っても臭わへんやろ?←そんなことありません
170413g 013

◎クジラ三種盛り登場です。これで700円!?
170413g 016

◎くじらベーコン
170413g 018

◎さえずり
170413g 019

◎赤身、、、まあ、今日はこれくらいにしといたるわ。←ホントはもっと居たいくせに
170413g 022

おでん 万ん卯 -お店移転-

ミシュランで★を取ったこともあるという”かが万”グループのおでんの店”万ん卯”。
以前は北新地のお店へ行ったことがありました。←ブログでも紹介済み、、のはず

そのお店が移転したとのことで、今回は”かが万”の本店があるビルへ。
あの美味しいおでんはそのままのことを祈りながら、、、

結果としては、私の心配はまったくの杞憂に終わりました。
丁寧に味を整えられたおでんの具の奥深さ、、、健在でした。←安心したあ!!

◎初めてお店への訪問はいつも不安と期待が半分半分。
170210c 032

◎店内の状況がわからないので、まずは時間稼ぎにビールから。突き出しも三種同時配膳で手を抜きませんね。
170210c 036

◎更に、軽くサラダをお願いしました。ちょっと喉が乾いていたんですよね。
170210c 041

◎さあ心も落ち着いたので、本日のメイン、おでんにいってみましょうか。目の前では大鍋がスタンバイ完了!
170210c 059

◎品数はかなりあります。それを一皿ごとに味を整えて出してくれるスタイルは独特のものですね。
170210c 057

◎まずは”さえずり” 最近では希少ですよね。
170210c 048

◎クジラを食べない民族って、なにか信用できないような気がします。目の前にあるものは、とりあえず口に入れてみる行為って、至極自然だと思うんですよ。
 そして、それが美味しければ食べ続けても良いじゃない? 各国独自の食文化、、、大切にしましょうよ。
170210c 054

◎やはり、このおでんには日本酒だということで、メニューの右から順番に一杯ずつお願いしました。
 ビジュアル的には変わらないので、画像はこれだけですが、、、
170210c 038

170210c 051

◎豆腐、、、味がシュンでるのに、色は真っ白。
170210c 063

◎クジラつながりで”ころ”。アキレスっぽいんですけど噛めば柔らかい。これは皮ですよね。
170210c 064

◎お客さんからの注文にいちいち一皿づつ対応しますから、お店は大忙しです。
170210c 060

◎しゅうまい、、、美味い!
170210c 069

◎飲める”糸こんにゃく”
170210c 072

◎ホロリと崩れる”小芋”
170210c 074

◎こちらが”すじ”でした。流石に噛み締めます。
170210c 076

◎店長さんとの会話の中ではマグロ釣りの話も。釣り人つながり、、、やはり良いものですね。
170210c 078

◎あっさり”わかめ”。これも良い味ですね。
170210c 079

◎〆は昼の人気メニュー”親子丼”。味は濃いのにサラリと食べれる、、、玉子の質かなあ? 参りました。
170210c 082

◎口直しのイチゴは九州から。何故か懐かしい味だったなあ。子供の頃を思い出しちゃったよ。
170210c 086

◎ああ、全てが美味しかったああ!! 帰り際にはお店の皆さんからお見送りを頂いて、、、またよろしくお願い致しますね。
170210c 088

嬉しかったシリーズ 2016 その五 -キャプテン(の奥様)お誕生日、おめでとうございます-

ANAの元名物機長、山形さんから招集がかかったので、我が本部長様と神戸の三宮へ。
坂道がセレブっぽい街ですねえ。我々のようなおっさん二人には似合いませんわ。

集合場所は”KOMATSU DAINING” 本場フランスでオーベルジュまで経営しておられた小松ご夫妻が、ひっそりとしながら濃いフレンチを提供しておられる空間です。

まあ、元キャプテンの地元でもありますからその後の展開はおわかりですよね?
素晴らしいワンマンショーを見せていただきました。

それにしても、我が本部長様はお好きですねえ。私は神戸まできてキャプテンとの濃いおつきあいは、、、精神的にツライです。

◎マンションの3階にある不思議な空間の”KOMATSU DAINING”さんです。
161219c 005

◎店内はすでに元キャプテンの世界が満開状態。皆さん大笑いです。
161219c 007

◎今回の主役はキャプテンではなくて奥様。お誕生日、おめでとうございます。
 我が本部長様からは出張帰りの中国茶、私からは同じく出張帰りのイタリアンなストールをお贈りしました。
161219c 037

◎ご子息ご夫妻と。キャプテン、奥様、いつまでもお元気で、、、←こんなこと言う必要はないけどね
161219c 045

◎さて、小松さんのお料理です。さすがに本場を知っておられる。
 どのお皿もパリの香りがしてきますね。
161219c 009

161219c 015

◎途中で小松シェフのご挨拶も。奥様も素敵な方ですね。
161219c 013

161219c 017

161219c 018

161219c 023

161219c 027

◎小松シェフの真骨頂はこんなソースに出てきますね。
 奥の深さ、重さ、、、本物のフレンチはここに現れます。
161219c 034

161219c 031

161219c 053

◎会の最後には、キャプテンの夢飛行。今回はパリの散歩道でございました。
 みなさん、眼を閉じて山形ワールドに浸ってます。←新興宗教かい?
161219c 057

◎こうなれば、小松シェフご夫妻も入信ですね。
161219c 060

◎外に出れば結構な雨です。
161219c 062

◎〆は近くのワインバーで。ベルタ、、、どこで飲んでも美味しいですね。
161219c 063

161219c 066

備長炭火焼き 鳥敬 -ジャズが流れる焼き鳥屋-

東京出張で泊まる宿は新橋界隈と決めています。なにしろ、新橋は”サラリーマンの聖地”ですからね。
アフターファイブに行く店を考えただけで、簡単に20件位の名前がスラスラと出てきますわ。

でも、この日はちょっとお疲れモード。まずはホテルでシャワーを浴びたい気持ちが強かったのであらゆる誘惑を振り切ってチェックイン。
ところが、一旦チェックインしてしまうと、わざわざまた新橋駅前に戻るのが面倒くさくなっちゃった。

でもなあ、このホテルの周辺は食べ物屋なんかないからなあ、、、なんて思いながら近くのファミマに買い出しに行く途中で見つけたのが、この”備長炭火焼き 鳥敬”なんですよ。
お店の前を通りながら店内の気配を探ってみると、カウンターには客は無し。奥の座敷には何人かいるみたいだけどそれほど忙しくなさそうだったので突入決定です。

最初のお店では時間稼ぎをするために「生ビールください。」その後、じっくりと店内観察ですね。
それにしても、流れてくる音楽がジャズだなんて、、、渋いんじゃない?

カウンター内はご主人と思しき人と若い女性の二人構成。このご主人はかなり寡黙な雰囲気でこちらから声をかけない限りは一言も喋りそうにありません。
「ちょっとまずい店に入っちゃったかなあ?」なんて思いながらメニューと首っ引きです。

まあ、結論から言いますと、なかなか美味しい焼き鳥でしたよ。ご主人が、それこそつきっきりで焼いてくれるからか、焼き加減もバッチリでしたしね。
ただ、地元民ならいざしらず、地方から出てきた人間にはアウェー感が半端ないですねえ。

特に一人だけでこの店で食事するのは、ランチ時ならいざしらず、夜のまったりとした時間を楽しみたい場合はかなり辛いものがあります。
ジャズのリズムに没入する、、という手もありますが私には無理。次回は誰かと一緒に来なければ、間が持ちませんわ。

◎新橋駅とイタリア街の中間くらいにポツンとあるお店です。
160912c 108

160912c 109

◎とりあえずはビールで状況観察です。
160912c 121

◎メニューはこんなにシンプル。8本コースを頼んでみました。
160912c 112

◎それ以外には、枝豆を。
160912c 113

160912c 117

◎ささみ
160912c 122

◎なかなか唸らせてくれる焼き加減です。ツカミとしては申し分なし。
160912c 124

◎今夜は焼酎かな? ”佐藤 麦”でいってみましょう。
160912c 114

160912c 134

◎レバー
160912c 132

◎こちらもかなりレアー。 美味いです。
160912c 136

◎ご主人は寡黙。真剣に焼いてくれてる感がありあり。それにしても、お店の中はいろんなものが雑然と置かれていて、雰囲気は下町ですな。
160912c 128

◎ズリ
160912c 139

◎うずら卵
160912c 141

◎ねぎま
160912c 142

◎つくね
160912c 150

◎ネック
160912c 154

◎ハート

 これだけで充分お腹がいっぱいになりました。串のボリュームも大きいですしね。
 ご主人にはいろいろな話を振ってみたのですが、どうもしっくりこなかったですねえ。
 「こんな店、いつまであるかわからないですから。」なんて言われると、どう返してよいのかわからないじゃあありませんか?
160912c 157

 | HOME |  »

Calendar

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad