FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

鯛ラバフィッシング -真鯛を食べ尽くそう! 後編-

さあ、それでは後編です。真鯛をどんな調理で堪能したのか、、、
御覧ください。

◎”塩締め”以外に、柔らかい身を締める方法は”昆布締め”もありますよ。
 今回は”がごめ昆布”で半日ほど締めてみましたが、昆布から出てくるトロトロした粘りが面白いですね。

 皮付きも、身が崩れなくて良いものです。
191205r1.jpg

◎”塩締め”しなかった半身の一部は”カルパッチョ”で。少し強めにビネガーを効かせれば、それだけで身が締まってくるのがわかります。
 白身魚全般に使える調理法ですね。これはワインがススムくん。
191204r12.jpg

◎さて、”塩締め”した本来の目的は、、、やっぱり”お刺身”
 どうです? このテカリ具合、、、 前編での”宇和島鯛めし”とは脂の出方が違うんですよ!

 刺身醤油とボルドーのアルカッションから持ち帰った赤ワイン風味の海塩で食べてみましたが、このボルドー海塩、、、なかなかエエ仕事しまっせ。
 この味なら、明石鯛にも負けないかも????←菊乃井さんと勝負してみるか?
191204r13.jpg

◎ここらで焼き物もご紹介しましょう。”鯛のグリル ヴェルデソース”です。
 しばらくオリーブオイルに漬けておいてから焼いてみましたが、失敗しなくて私のような素人は助かります。

 また、このヴェルデソースですが、庭に生えていたバジルやイタリアンパセリを使った自家製です。
 松の実の代わりに中国から持ち帰った山栗を使ってみたのですが、これも悪くないですね。
191204r14.jpg

◎鯛のお頭は”酒蒸し”と”兜煮”にしてみましたが、これは甲乙つけがたい出来栄えでしたよ。
 特に目の周りは、、、ジュルジュルと啜ってしまいますね。

 今回、兜煮に添えたのは丹波産の”大黒しめじ”ですが、これが良いんですよ。
 まさに”香り松茸、味しめじ”ですねえ。
191204r15.jpg

191204r18.jpg

◎鯛のアラは”塩ゆで”に。昆布を一片入れるのがコツかなあ?
191204r9.jpg

◎もちろん、骨の周りもしゃぶり尽くしますよ。
191204r10.jpg

◎〆には、やはり”鯛飯”でしょう。じっくりと土鍋で炊き上げます。
191204r16.jpg

◎う~ん、これには言葉が出ませんね。今回、いろいろな料理をやってみましたが、やはり、この”鯛飯”がベストかなあ?
191204r17.jpg

◎おまけです、、、ある日の朝食は”鯛の醤油漬け丼”です。結構日持ちもするので、こんな調理法もありですよね。

 こうやって、一匹の鯛を、鱗と骨と鰓以外は食べつくしましたよ。これこそ釣り人の特権、、、みなさんも是非どうぞ。
191204r19.jpg

スポンサーサイト



鯛ラバフィッシング -真鯛を食べ尽くそう! 前編-

しばらく海が荒れて出られなかったのですが、とうとう堪忍袋の緒が切れて会社を休んでまで日本海に行ってきました。
もちろん、乗せていただく船は西舞鶴の”トップス ジャパン”さん。

マイボートは23ftのプレジャーなので、、冬の日本海は厳しいですし、森船長はディープ鯛ラバというジャンルを開拓したパイオニアでもあります。
頼っちゃっても良いと思いますよ。

幸いなことに、当日は結構楽しく釣りができました。私も4匹の真鯛をキャッチです。
さあ、これを食べ尽くさねば、、、←釣った魚は食べる、、というのが私の基本です。

◎かなりコンディションの良い真鯛がどんどん釣れましたよ。
191204r21.jpg

◎流石に4匹全部は食べ切れないので、3匹はお嫁に行ってもらいました。
 我が家には、少し小ぶりの調理しやすい個体を確保です。
191204r3.jpg

◎まずは”肝の甘煮” 湯通しをした内臓を、すき焼きのタレを使って甘く仕上げます。
 日本酒にぴったし!!
191204r4.jpg

◎次に”皮の湯引きポン酢”とっても簡単で、しかも美味しいんですよ。
191204r11.jpg

◎主食は”宇和島鯛めし” 玉子を溶いたお出しを回しかけて、ワシワシと掻き込みます。
 海藻サラダとすり胡麻がポイントですね。
191204r1.jpg

191204r2.jpg

◎カマの部分は”潮汁”に。 程よい油が浮いてきて美味しいなあ。
 できるだけ薄味に仕上げるのが私の好みです。
191204r7.jpg

◎ただ、少し身が水っぽく感じたので”塩締め”をやってみました。
 半身を適当な濃さの塩水につけること数時間。
191204r5.jpg

◎使ったお塩は、先日沖縄でゲットしてきたこんなお塩です。
 サラサラとすぐに溶けてくれるのが嬉しいですね。
191204r8.jpg

◎その後は、ラップもせずに冷蔵庫で乾燥させます。
 その後、ラップでくるんで2日ほど寝かしましょう

 さあ、これがどうなるのか、、、楽しみだなあ。
191204r6.jpg

夏の思ひ出 2019 -K6釣り部 例会-

もう時系列がむちゃくちゃになっているブログ記事ですが、この夏の思ひ出を。

毎年の夏に開催しているK6釣り部の例会ですが、今年は”夏の夜遊び”として人気の高いイカ釣りに行ってきました。←7月のことです
毎年波乱があるこの例会ですが、果たしてこのときにはどんなことが起きたのでしょうか?

お世話になったのは、西舞鶴から出船しているトップスジャパンさん。私がいつも釣りを教えてもらう森船長の船です。
TOPSJAPANせんちょのブログはこちら

◎今回のメンバーはこんな顔ぶれです。この中で、二人が初参加。
191008r1.jpg

◎マスターの西田さんは早速自前のキッチンで調理開始。私達に酒のおつまみをササッと作ってくれましたよ。
191008r2.jpg

◎早速、みんなで宴会、開始です。
191008r3.jpg

◎誰もが一回はやってみたいタイタニック。でもねえ、、、男同士でねえ、、、
191008r4.jpg

◎前回の釣りで、最初から最後まで撒き餌をしていたK君ですが、今回はどうかな?
 出船前はこんな。
191008r5.jpg

◎途中ではこんな状態に。
191008r6.jpg

◎そして、とうとうこうなって、、、←これ、全てヤラセですからご心配なく。前回の再現をしてもらいました。
191008r7.jpg

◎西田さんが鍋の用意をはじめましたよ。
191008r8.jpg

◎隣では、焼き鳥も始まったようです。
191008r9.jpg

191008r10.jpg

◎そうこうしている間に日も暮れてきて良い雰囲気に。波もなく、これなら船酔いの心配もなさそうです。
191008r11.jpg

◎よ~し、スタートフィッシング!!
191008r16.jpg

◎初参加のIくん。釣りそのものが初めてということで、最初は戸惑っていたようですが、すぐにこんな笑顔に。
191008r12.jpg

◎こちらも初参加のSさん。船長からは「安モンの雨具やなあ。」なんて冷やかされながらも、こんなダブルもあったりして、釣果はそこそこあがってましたね。
191008r13.jpg

◎私はもっぱら皆さんの世話係を。西田さん謹製の煮込みうどんが美味しかったなあ。しかも、釣れたイカを速攻で捌いて具に入っているんですよ。
191008r14.jpg

◎船上のウイスキー。格別です!!
191008r15.jpg


◎結局、西田さんは全くこの場から動かず。〆の焼き飯までずっとフライパンを振ってはりました。
 この人は、心底”飲食の人”なんですねえ。

 そんな西田さんの横には、必ずウイスキーのマイボトルが付き添っていたのは言うまでもありません。
191008r17.jpg

午後の曳航 -久しぶりに小浜の海へ-

”午後の曳航”と言えば、三島由紀夫の小説ですよね。私も、感受性が豊かだった中学生のころに読んで、なんとなくわだかまっていた心の鎖が切れたような気がしたものです。
「こういうことを考えるのって、俺だけやないんや。」なんてね。

でも、今回は全く違って実際にマイボートで海に出てみました。ほとんど1年ぶりなんですけどね。
それというのも、いつもお世話になっている遊漁船のエンジンが壊れてしまって、しばらくはその船に乗れなくなってしまったんですよ。

その間は、オンボロのマイボートに鞭を入れて釣行を敢行しなくては、、、、

船体の点検、整備に午前中いっぱいを使い、昼からはちょこっと小浜湾周辺を遊覧です。久しぶりでしたから楽しかったですよ。
それよりも、釣果はどうだったかって? まあ、、、また機会があればお話しいたしましょう。

◎船検も新しく取り直して、気分一新です。
190527g8.jpg

◎久しぶりに、マリーナからテイクオフ。1年ぶりの火入れなのにエンジンは至極快調です。
190527g1.jpg

◎一路、目指すは湾口ですね。
190527g2.jpg

◎左手に見えてきたのは大井の原子力発電所です。
190527g3.jpg

◎ここが稼働しているのかいないのかによって、この周辺の釣果が変わるとか、変わらないとか。
190527g4.jpg

◎湾を出たら右にターン。観光名所の”蘇洞門(そとも)”を目指しましょう。
 ここが一番有名な”大門、小門”ですね。
190527g6.jpg

◎ちょうど人が潜り抜けられるように門ができているんですよ。ここはなかなかの見所です。
190527g7.jpg

◎近くには”白糸の滝”もあって、結構アトラクティブに楽しめます。
 皆さんも、ぜひ遊覧船で楽しんでみてください。クルーズのHPはこちら
190527g5.jpg

フィッシングショー大阪 2019 -今年のトレンドは”もっと重く、もっと大きく”かな?

ちょうど大阪に仕事があったので、それを少し早上がりにしてインテックス大阪へ。
毎年覗きに行くフィッシングショーの業者日だったんですよ。

私もひょんなことから、この業界に片足を突っ込んじゃったものですから、今年の業界の流れも知っておきたかったんですよね。

リールやロッドなどの主要パーツには手が出ないので、個人的にはあえてパス。
主に、ルアーやジグヘッドなどを見て回りました。

その中で感じたことは、ジグやヘッドはどんどん重たくなってきているということです。つまり”もっと深場へ、もっと遠くへ”を目指しているんでしょうね。
これは決して良いことだと思わない理由は、逆に浅場では魚が釣れなくなってきている、、ということなんですよね。

ホビーとして釣りを楽しむ人達が釣る魚の総数なんて、1隻の巻き上げ船が一度に巻き上げる数の1%にも満たないでしょうから環境に対する影響は微々たるものだと思うのですが、やはりこの事実だけは心においておくべきだとは思いますね。

また、ルアーに関して言えば、どんどん大きくなってきているということです。
しかも、スイムベイトとかジョイントベイトとかいうクネクネ曲がりながら泳ぐタイプが爆発的に増加しています。

動画を見ても凄くリアルです。こういうやり方で魚を騙す作戦もありなんだなあ、、、なんて感心してしまいました。

こういうトレンドを感じて、私はこれからナニをどうするべきなのか、、、、ちょっと考えてみましょうかねえ。

◎いつもの立て看板。パターンは全然代わっていませんね。
190220g1.jpg

◎業者日ということなので、人もそう多くはないです。これが一般日だったら歩けなくなるんですよ。
190220g2.jpg

◎相変わらず、シマノとダイワの両巨頭のブースには人だかりが、、、
190220g3.jpg

190220g13.jpg

◎職業柄(?)一番気になる鯛ラバヘッドを見て回りましたが、各社とも200gオーバーを出すようですねえ。
 やはり、ディープ鯛ラバがこれからの流れのようです。
190220g5.jpg

190220g4.jpg

◎その鯛ラバのフックにつけるトレーラー(ソフトワーム)もどんどん大きくなってきていますね。
190220g9.jpg

190220g10.jpg

◎そして、今回一番目立ったスイムベイト(ジョイントベイト)です。どれもこれも大型かつ凄くリアルな塗装で、動きも艶めかしいくらいリアル。
 今は淡水のバスフィッシング用のものがほとんどですが、いずれは海用も出てくるでしょうね。

 これでマグロを釣る時代が来るのかも?
190220g7.jpg

190220g11.jpg

190220g12.jpg

◎他には、どんどん鮮やかになってきているイカ釣り用のエギ達。
190220g6.jpg

◎こんな釣り専用の車を持つのも良いよなあ。どこに置いとくかが問題ですが、、、
190220g14.jpg

◎ハードジグに、まるで手が生えているようにソフトルアーを差し込んだ”変態系”もありましたね。
 みんな、いろいろ考えているんだなあ。 俺もなんかひねり出さないとなあ。
190220g8.jpg

 | HOME |  »

Calendar

« | 2020-01 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!