FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

台湾マンゴー到着 -今年もありがとうございます-

毎年、この時期になると台湾から届けられるマンゴーが今年も到着。
いつもいつも大変有り難うございます。

そのまま食べるのが一番美味しいのでしょうが、私としてはカーヴ・ド・Kに持ち込んでフルーツカクテルを作ってもらうのも大好きなんです。
早速、木屋町二条にレッツらゴー!!

正月にカーヴを卒業した岩田弥くんの後任としてK6から移動してきたE君にお願いしてみると、う~んと頭を絞ってからカクテルに取り掛かってくれましたよ。
彼は若いけれどシェーカーの振り方もしっかりしているし、何しろ真剣味にあふれています。

そして、完成したのはウォッカベースのマンゴーカクテル。こりゃあ美味いわ。E君、ありがとね。

◎台湾からやってきたマンゴーです。少し小ぶりだけれど、甘さは抜群です。
190729g1.jpg

◎E君のボストンシェーカーのさばき方


◎いやあ、大満足の味でしたよ。
190729g2.jpg

スポンサーサイト



丹波松茸様 ご到着 -今年は豊作の予感-

昨年は一週間くらいしか流通期間がなかった丹波産の松茸ですが、今年は10月の最初から”とり市老舗”さんの店頭に並び始めました。
お店の人に聞いてみたら、今年は大雨のおかげで早くからたくさん採れているようです。

「え~なあ、、、美味しいやろなあ、、、でも高いなあ、、、」なんて思いながらお店の前を通り過ぎていたのですが、そんな私を不憫に思った神様が、よりによってそのとり市さんの松茸を家に届けてくださいました。

神様!! これからはあなたのことを罵ったり、謗ったりしないことを誓います!!
亀岡に足を向けて寝ることは止めます!!

◎とり市さんの松茸です。もちろん、本物の丹波産!!
181015g1.jpg

◎う~ん、なんて美しいルックスなんでしょうか!!神々しく輝いているようにも見えますね。
181015g2.jpg

◎早速、松茸ご飯や、、、
181015g3.jpg

◎鱧と松茸のお吸い物でアッという間に家人達の胃の中へ。

 神様、もう一回送ってくれてもエエですよ。
181015g4.jpg

生落花生 -いただきもの生活-

私にとっては初めての生の落花生を送っていただきました。 約得役得。

そのまま殻を割って食べてみると、乾き物の落花生とはぜんぜん違うしっとりとした食感が新鮮です。
ただ、少しピリッとしたエグみもあって、これを食べ続けるのはちょっと辛い。

グリルで少し熱を加えて、ホカホカした焼き栗っぽいイメージにしてみると、「これは美味い!!」
作戦大成功でした。

大阪のNさん、アザッス!!

◎生の落花生なんて見るのも初めてですよ。
171005g 044

◎生の状態はこんな。少しエグみが強いかなあ?
171005g 046

◎グリルでこれぐらいこんがりと焼いてみました。
171010g 001

◎水分がとんで、少し身は小さくなるけれど、逆に甘さが強くなるように感じました。
171005g 051

熊本八代産 ひのしずく -このひと粒がショートケーキ-

一年のうちでイチゴが美味しい季節になってきましたね。
イチゴと言えば、やはり思い浮かぶのが”東西対決”の図式。

日本で一番生産量が多いのが栃木県で、その次が福岡県と言われています。
東の”とちおとめ”に対しては、西の”あまおう”でしょうか?

でも、最近ではその図式も少し変わってきたようで、各県の農業試験場から次々と”ご当地イチゴ”生まれているようです。
よく考えてみれば、現在の栽培用イチゴが生まれたのはオランダの農業試験場で、その時の元の品種はアメリカとチリの野生種の掛け合わせだったそうですから、新品種の開発はやりやすい植物なのかもわかりませんね。←私、一応農学部卒業です

そして先日、ある御方からいただいたのが、熊本県のJAやつしろの”ひのしずく”。
これまた熊本の”ご当地イチゴ”ですね。最近では高級レストランのデザートとしてメニューで目にするようになりましたが、なかなか食べる機会はありませんでした。

さっそく、そのままガブリ!!といってみましたが、その強烈な甘さとクリームのようなバニラ香にびっくりしました。
もう、これだけで立派なショートケーキになっています。

いやあ、これには脱帽です。パッケージには熊本が誇るゆるキャラのくまモンも描かれていますが、彼に頼る必要もないほどのインパクトです。
多分、高級果物店に行けば買えるんでしょうけれど、、、パッケージに付けられている値札を見るのが、、、ちょっと怖いなあ。

◎このパッケージの色使いにビビッときました。黒のバックに白抜きの輪郭で黒いくまモン。それにイチゴの赤。
 派手な色を使わずに目を引きつける技術。凄いです。
170225c 070

◎ひと粒づつに丁寧にわけられた包装です。いかにも高級そうなイメージを演出していますね。
170225c 071

◎ひと粒の大きさはかなりのものです。私の手は世間的には大きい方なのですが、その手のひらと比較してもこんな感じ。
 ゴルフボールの1.5倍くらいかなあ? 食べごたえは充分ですね。
170225c 075

嬉しかったシリーズ 2016 その八 -ちょっとグロいですが、、、喜蛋と毛蛋-

以前にもこのブログで記事にしたことがあったはずなんですが、12月の中国出張で中国人スタッフにお願いして買って来てもらった喜蛋(シータン)と毛蛋(マオタン)。
いわゆる有精卵で、産み落とされてから10日前後の卵を喜蛋と言い、20日前後の卵を毛蛋と言いますね。

どちらも滋養強壮に良いとされ、あまりにも精がつきすぎるために子供は食べてはいけないと言われています。
でも、私のようなおじいちゃんには強い味方になってくれるんです。

我が本部長様は敬遠しておられましたが、あの方にもいずれは必要な時が来るでしょう。そのときにいくら欲しがっても、、、絶対にあげませんからね。

◎喜蛋です。すでに頭ができてきてますね。つぶらな瞳が可愛いわあ。思わずヨダレが、、、
DSC_0853.jpg

◎毛蛋はその字の通り毛が生えています。この毛は丁寧にむしり取りましょう。
 そうすれば、、、
DSC_0857.jpg

◎もう立派な雛鳥になっていますね。でも、骨はまだまだ柔らかいので、このままガブリといっちゃいましょう。←ソフトシェルクラブのようなもんやね
161211c 234

 | HOME |  »

Calendar

« | 2019-08 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!