FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

そばと酒 樹庵 -あの酒豪女性社長様も贔屓だそうです-

こう暑いと食欲もわきませんよね。ついつい冷たいものを飲みすぎてお腹がゲロピーになってしまったりします。
そんなときには、冷たい麺類は絶好のお相手になってくれそうです。

今回も、以前にご紹介した”そばと酒 樹庵”さんへ。
実は、ご主人と話をして知ったのですが、このお店からも遠くない、京都のワイン店の老舗”ワイングロッサリー”の社長”ま★きこ”さんも、ご主人が勧める純米酒を求めて足げしく通っているとか。

後でそちらに顔を出して聞いてみたのですが、ワインを売っているくせに、家にストックしているのはほとんど日本酒だということが判明しました。
まあ、プライベートでナニをしても、、、自由ですけどね。

そんな樹庵さんで、頂いたものはこんな、、、

◎今日も”やってる”を見て一安心です。
190821r1.jpg

◎さっそくそば前を選びましょう。
190821r3.jpg

◎まずは”ししとうの焼きびたし”なんかエエんじゃない?ビールにぴったしカンカン!
190821r2.jpg

◎そして、酒肴では最高値の”だし巻き玉子”を。 これがふっくらホクホクで美味しいんですわ。どっちかといえば、お酒やね。
190821r6.jpg

◎というわけで、今日もご主人におまかせで純米酒を二種類ほど。せっかく銘柄を聞いたのに、その夜の宴会のせいで記憶がなくなってしまいました。
 すんまそん。
190821r5.jpg

190821r7.jpg

◎当然、主役のおそばは外せませんね。こちらもおそばの最高値”鴨と葱のつけそば”をいってみましょう。
 ただ、思ったよりもだし巻きのボリュームがあったので、大盛りはパスで。
190821r4.jpg

◎しばらくして着弾です。
190821r10.jpg

◎そばは更科系でも信州系でもない、この店オリジナルの打ち方ですね。でも、どちらかといえば噛み締め系かな?
190821r8.jpg

◎つけ汁の表面に浮いている鴨の脂がギラギラしていて、、、美味しいこと間違いなしです。
190821r9.jpg

◎めちゃくちゃ濃厚なそば湯を頂いて、完食、完飲。 今回も大満足でした。

 相変わらずの昭和感満載のBGM、しばしのタイムトリップもハマってます。
190821r11.jpg
スポンサーサイト



山元麺蔵 -お持ち帰り処 オープンです!-

相変わらず大人気の山元麺蔵くん。整理券制度になったと言うのに、今でも行列は絶えません。
どうしてなんだろ?

でも、最近気がついたのですが、お店のランドマークの巨大提灯が2つになっていますよ。

不思議に思って、新しい提灯のあるところに行ってみると、、、持ち帰り用のうどんを売るお店ができていました。
なかなかやるやん!! 麺蔵君、、、、、

◎いつものお店の、二件あけて右側にあるのが、そのお店ですよ。
190808g6.jpg

◎このお店では、新たにつけ麺も持ち帰れます。早速、メニューの中でも大人気の”牛と土牛蒡のつけ麺”をゲット!
190808g1.jpg

◎説明書もついていますので、自宅での調理も簡単です。お湯を沸かせば、それでオッケー!!
190808g2.jpg

◎たっぷりの牛肉と牛蒡のつけ出汁は絶品ですね。
190808g3.jpg

◎本当は太麺を選びたかったんだけど、細麺しか在庫がなかったので、それで我慢。
 でも、それがかえってよかったんじゃあないのかなあ?出汁とのからみが非常に良かったんですよ。

 私としては、麺蔵くんとのやり取りはぜひともしたいところではありますが、忙しいときにそんなことで彼の仕事の邪魔をするのも気が引けます。
 そんなときは、、、このお持ち帰りで、我慢する、、、のも、、、、大人じゃあないのかなあ?←お前はいつまで経っても子供やけどな

 ここで、業務連絡です。
 またまた、我が本部長様からの無茶振りで、明日からのお盆期間は、ずっと中国出張となりました。←抗議のメールは我が本部長様まで
 しばらく、更新が止まりますが、ご容赦くださいませ。←抗議のメールは我が本部長様まで
 ちなみに、、、帰国日程はなんにも言われていません。←抗議のメールは我が本部長様まで
190808g4.jpg

そばと酒 樹庵 -そば前と昭和歌謡と-

四条壬生川を少し南に下って、線路を渡った右側にあるお蕎麦の店”樹庵”。
私より一周りは若いであろうご主人が、本格的石臼挽きの十割手打ちそばを出してくれるお店です。

私は”ゆっくりとそば前を楽しみたい派”なので、いつも訪問する時間帯は2時前後。そうすれば、いつもBGMでかかっている懐かしの昭和歌謡を口ずさみながら、ご主人が勧めてくれる日本各地の純米酒を楽しめると言うもんですわ。

◎この”やってる”という看板を見ると、ホッとしてしまいますね。
190725g14.jpg

◎眼の前に広がる純米酒のボトルの数々。でも、私が頼むのはご主人の隠し酒です。
190725g6.jpg

◎肝心のお蕎麦は”十割そば”だというこだわりようです。今は長野産の蕎麦のようですね。
190725g7.jpg

◎メニューはこんな。この中から、そば前には”なすの煮びたし”を。
190725g1.jpg

190725g2.jpg

◎メニューはこんな。この中から、そば前には”なすの煮びたし”を。
190725g4.jpg

◎お酒はお任せで三種。どれがどれだったのかを忘れてしまったのですが、田酒、東北泉、豊杯だったと思います。
 東北地方の純米酒って、どれも自己主張があって面白いですねえ。
190725g3.jpg

190725g5.jpg

190725g8.jpg

◎さて、お蕎麦です。今日は、冷たい”芋かけそば”に決定。
190725g9.jpg

◎挽きぐるみの十割蕎麦。エエ色してますねえ。
190725g10.jpg

◎それに、山芋をドバっと。
190725g11.jpg

◎更に、かけ出汁をかけて一気に行きます。←かき混ぜた写真は少しグロいので省略
190725g12.jpg

◎残しておいたお出汁とそば湯(もはやシチューの濃さ)でごちそうさまでした。
190725g13.jpg

おがわ -ミシュランなんて関係ないし-

「京都で一番のおすすめの蕎麦屋さんは?」と聞かれると、、、、ほかのお店には申し訳ないんですけど、このお店の名前が出てしまいます。
そんな”おがわ”に久々の訪問です。

開店直後ですでに満席。しばらく待っての着席ですが、そこからは20分の我慢。
でも、ここの蕎麦を食わねば、、、

ブログ上では、良し悪しの評価が見られますが、私のように10年以上食べ続けている人間から言わせてもらえるなら「お店の大将も人間なんや。気分の良い時も、悪い時もあって当然やんけ。だからずっと見守るんが重要なんじゃ!!」
ですかね?

ですから、今日もしっかりと”今日のお蕎麦”を楽しませていただきましたよ。いつも通りの心遣い、ありがとうございました。

◎なんとか着席させていただいて外を見ると、、、どんどんお客さんが集まってきているのが見えます。
 なんか、、、恐ろしいものを見ているような気持が、、、ミシュラン、、、恐るべし、、、
190623g2.jpg

◎当然ながら、店内は完璧に満席状態です。でも、皆さんの顔の笑顔を見れば、、、うれしいですねえ。←オマエには関係ないやろ!?
190623g3.jpg

◎うどん屋さんと蕎麦屋さんの決定的な違いは、お酒のレベル。メニューを見ればわかりますよね。
 今日は、これとこれで、、、決まりやなあ。
190623g1.jpg

◎エビスに〆張鶴に、、、アテは”ふくのこ”でいってみましょう。
190623g4.jpg

◎こいつがお酒を呼ぶんですわ。
190623g5.jpg

◎メインは”鴨せいろ”で。お値段はかなりのものですが、それだけの値打ちがあると、私が保証しますよ。
190623g6.jpg

190623g7.jpg

◎この鴨肉で、、、
190623g8.jpg

◎このお蕎麦ですからねえ。緑色が残るし、、短いし、、、
 これって、本物の証ですよ。
190623g9.jpg

◎最後は濃~いそば湯で。ああ、美味しかったあ!! 次回はいつ?
190623g10.jpg

またまた、出張命令が我が本部長様から下されてしまいました。←あの人は鬼です
少なくとも(帰任命令が出るまで?)一週間はお会いできませんが、また再開できますように、、、、

山元麵蔵 -整理券制になって少しは楽かも?-

一週間のご無沙汰でした。今回の中国出張記事はもう少し後で書かせていただきます。
まずは、ブログ再開のリハビリを兼ねてショートバージョンから。

お店の前の行列がハンパない状態になって、とても近寄れる雰囲気ではなくなった”山元麵蔵”さんですが、ある時から整理券制度が導入されて少しは気持ち的に楽にはなりました。
そんなある日、どうしてもうどんを食べたい禁断症状が現れたので、お店に突入です。

少しスタッフの顔ぶれは変わりましたが、ハキハキと元気いっぱいの掛け声は同じ。
先頭に立って動き回る麺蔵君も相変わらずで、彼の手から繰り出されるうどんも言うことなし。

ある意味で、彼のうどんは完成されたのかもわかりませんね。
次のステージではどんなチャレンジをしていくんだろう? これからも、ますます目が離せないお店ではありますね。

◎新しくなった巨大提灯も見慣れましたね。190611g1.jpg

◎うどんが出てくるのに少し時間がかかりますから、このお店では泡ものは必須ですね。
190611g2.jpg

◎すると、麺蔵君からスペシャルなアテの差し入れが、、、いつもおおきにね。
190611g4.jpg

◎しばらく待つと、麺蔵君が茹で上がった麺を冷水で締め始めました。そろそろやな。
190611g3.jpg

◎まずは、鶏ささみ天がドドンと登場です。すごいボリュームやん!!
190611g5.jpg

◎そして私のざるうどんが、、、、最近の麺は少し細めになりましたね。でも、うどんの芯にある塩気をギュッと噛み締めるのが好きです。
 讃岐スタイルでもない、、京風でもない、、彼の唯我独尊の世界を堪能しました。それにしても、、本当にウマい!!
190611g6.jpg

 | HOME |  »

Calendar

« | 2019-08 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!