FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

そば処 すけほり -手打ち?それとも機械打?

私が麺食い星人だということは、このブログを読んでいただいている皆様はとっくにご存知のはずですよね。
私自身も、この世の最後の食事は、善通寺の宮川のかけうどんだと心に決めているほどです。

ですから、贔屓のお店をグルグルと訪問して、美味しいうどんやそばで満足していたんですよ。
でも、そんな私に「お前なあ、ちょっとは新しい店を紹介しろよな。」なんてことを言う人もいるんです。

ですから、京都駅前のヨドバシカメラからの帰り道、知らないお店を発見したときに、意を決して飛び込んでみることにしたんです。
そこはね、、、

◎東洞院松原にある”そば処 すけほり”さんです。外見は至極普通のお蕎麦屋さんの雰囲気。
200707r10.jpg

◎でも、席に座ってメニューを見てびっくり!このお店では、手打ちと機械打の二種類の打ち方の麺を提供されているようです。
 これは珍しいことですねえ。

 冷たいお蕎麦は基本的に手打ち。温かいお蕎麦は機械打と使い分けられているようですね。
 その理由は、、、何なんだろう?
200707r2.jpg

200707r3.jpg

200707r4.jpg

◎まあ、混乱した頭を落ち着かせるためには、こんな薬が必要ですよね。
200707r1.jpg

◎悩み続けていると、私が注文した”天ざるそば”が着弾です。
200707r5.jpg

◎もちろん、私は手打ちでお願いしましたよ。その麺はこんな。
 少し縮れ感のあるきれいなお蕎麦ですね。蕎麦の香りはそれほど感じませんが、表面のザラザラした感触がお出汁によく絡みそうです。

 ただ、そのためか、つるつると啜りにくいのも確かですね。
200707r6.jpg

◎天ぷらは野菜三種と海老天ですね。からりと揚がってサクサクしてます。
200707r7.jpg

◎添えられたお塩で食べるのが、天ぷらにはよく合っていました。
200707r8.jpg

◎もちろん、最後はそば湯で〆ましょう。「ここがすごいでえ!」というようなところは発見できませんでしたが、近所にあれば重宝しそうなお店です。
 次回は、手打ちと機械打の食べ比べをしてみましょうかねえ。それとも、無理やり温かい手打ちのお蕎麦を頼んでみようかしら?←絶対に嫌われるわ
200707r9.jpg
スポンサーサイト



フラッと、通しあげ そば鶴 -蕎麦前が充実してます-

北白川一乗寺の”通しあげ そば鶴”さんへ。ラーメン屋さんが密集している場所にポツンとあるお蕎麦屋さんです。
このお店の特徴は、なんと言っても品数が豊富なところ。

蕎麦前なんか、一体何を頼んだら良いのか迷っちゃいます。
休日の昼下がり、フラッとお店に飛び込んで蕎麦前で一献。サラリとせいろを片付けて、風のように去る、、、

粋だねえ。

◎段々と、風格を感じるようになった外観です。
200622r1.jpg

◎常連さんがいつもカウンターに座っているのが、地域密着型ということなんでしょうか?
200622r3.jpg

◎今日の蕎麦前はタコ。八海山でイッてみましょう。
200622r2.jpg

◎お蕎麦は、、、地鶏せいろなんかどうですか?
200622r4.jpg

◎鴨汁ではない地鶏汁。どんな味なんだろうなあ?
200622r5.jpg

◎一口お出汁をすすってみると、かなり濃い鰹風味。
200622r7.jpg

◎お蕎麦は二八でしょうね。手打ちではないと思うのですが、清らかなのどごしが気持ち良いです。
200622r6.jpg

◎そして地鶏ですが、、、かなりのボリュームが入っています。皮目にカリッと火が入っていて、そのパリパリ感が面白い。
 鴨とはまた違った食感が楽しめますよ。

 蕎麦湯が出てこなかったので、お会計のときに聞いてみたら「リクエストが有れば出します。」とのこと。
 次回は、忘れずに注文しようっと。
200622r8.jpg

手打ちそば 花もも -すだちそばの季節-

コロナ、コロナと騒いでいる間に、もう6月ですねえ。
世の中も少し落ち着いてきたようで、このまま終わってくれたら、、、良いんですけどねえ。

まあ、そんなことにお構いなく、マイペースで仕事をこなしているのがこのお店。花ももさんです。
今回も様子伺いに訪れたのですが、店主の百瀬くんは、相変わらずの仕事ぶりでしたよ。

ただ、メニューの中に”すだちそば”と言う言葉を見つけたら、、、もう口の中はあの酸っぱさが蘇ってくるんですよ。
もうそんな季節なんだあ、、、

◎午後4時頃という中途半端な時間帯は、お客さんも少なくて狙い目です。
200601r5.jpg

◎お店も、ゆったりと営業中ですよ。
200601r4.jpg

◎まずは、泡から。お決まりですよね。
200601r1.jpg

◎そして、今日のそばまえは”にしんの棒煮”。お酒は福島の”天明”でいってみましょう。
 無骨と言っても良い(褒め言葉のつもり)日本酒に、このお出汁の染みたにしんはよく合いますねえ。
200601r3.jpg

◎メニューにこんな言葉を見つけて、、、思わず笑顔になりました。
200601r2.jpg

◎約一年ぶりの”すだちそば”です。きりっと冷たいそば出汁が夏を感じさせます。
200601r6.jpg

◎細めの二八がスルスルと喉を通っていきます。清涼感、、というものも気持ちが良いものですねえ。
 ああ、もう夏だわ。←その前に梅雨が来るけどね
200601r7.jpg

讃岐うどん行脚八軒目 -宮川製麺所で〆です-

山越うどんのゆったりとした半屋外のベンチでうどんを啜っていると、ターニーから「そろそろギブアップしても良いですか?」との声が。
どうやら、もうお腹が満杯状態だということです。

「だからあ! 天ぷらとかおでんとかに手を出したらアカンでって言うてんのに(怒)!!」
「でも、あれを避けて通るのは無理ですわ。」
「『俺は15件はいけるな!』って言うてたんは誰や(怒)!!??」

彼の言葉で、私の頭の中には、その15件のうどん屋さんは完璧にリストアップされていたのですよ。それを、ここで終わるのは辛いなあ、でも、、、
「よっしゃ! それなら最後の1件に行こか? この前来たときに、なっちゃんがその前に満腹になっちゃって食べれなくって泣いてた店や。」

ということで、善通寺の”宮川製麺所”へ。ちょうど、時間もお昼前ということで良いタイミングではありますね。

◎移動に時間がかかり、お昼時間にかかっちゃったので店内は完全な三密状態。うどんをもらったら外に出ましょう。

 今日の私のうどんは、ぬくいかけうどん(冷たい麺に温かい出汁)とちくわ天です。
 お出汁の入ったお鍋の底には、いつものいりこが沈んでいます。これをすくいだすことをサルベージと言います。

 このお出汁ですが、典型的な讃岐の味ですね。強烈ないりこの香りが鼻をくすぐります。
 それに、少し固めに留まっているうどんの噛み締め具合が好きやわあ。
200518r1.jpg

◎みんなも大満足のようで、今回のうどん行脚を企画した私としては一安心。

 コサーカはまだ余裕のようですなあ。
 なっちゃんも、ようやくここのうどんが食べられましたね。
 あれっ!? カイトくん、君のブーツやけど、ひどく泥で汚れてるねえ。なにかしたん?
200518r21.jpg


◎帰り道に偶然見かけた看板ですが、たこ焼き屋のアイドルが”すみちゃん”ですか、、、
 これは、タコの墨のことなのか、お店の屋号が”住吉”だからなのか???

 なにか気になって、、、眠れなくなりそうです。
200518r3.jpg

◎帰り道に立ち寄った瀬戸大橋の与島パーキングエリア。一応、ここは、まだ香川県ですよ。
200518r4.jpg

◎気をつけなくてはいけないのは、この展望台への上り道。

 この”足元注意”のマークに気をつけ過ぎていると、、、天井が急に低くなっているので頭を打ってしまいますよ。
 私は何回も痛い目にあっています。
200518r5.jpg

讃岐うどん行脚七軒目 -元祖”かまたま”の聖地へ-

今ではどこのうどん店でも名前が出てくる”かまたま”(釜あげしたうどんに、卵を乗せて醤油で食べるヤツね)ですが、実は、この食べ方の元祖は、この”山越うどん”です。
基本的に”釜揚げうどん”でなくてはいけませんから、自家製麺をしていないお店では作れないんですよねえ。
でも、最近どの街にでもあるような感覚になってしまっている”丸亀製麺”(本社は兵庫県。これっておかしくないかい?)が、その名前を広めてくれたんでしょうねえ。

以前にも書いたことはありますが、私が山越うどんに通い始めたのは40年以上も前のこと。その当時は、向かいの駐在所(今はありません)のおまわりさんが、うどん鉢を持ってうどん玉を買いに来ていましたねえ、、、(遠い目)

それが今では、飛ぶ鳥を落とす勢いで、お店は拡張に次ぐ拡張。とってもゆったりとした半オープンの環境で、うどんをすすれるんですから、、、これはこれで嬉しいことではありますね。

◎なんと立派なエントランスが道に向かって広げられていました。大びっくり!!
200513r5.jpg

◎でも、うどんを受け取るにはここから入ってはいけません。右の路地からお店に入りましょう。
 そこでうどんを注文して、天ぷらなんかもよろしければ、どうぞ。
200513r1.jpg

◎今日の私はプチ贅沢。いつもの”かまたま”ではなく、一つグレードの高い”かまたま山”でいってみましょう。
 この専用のかけ出汁のキャラクターは、いつもうどんを手渡ししてくれるおばちゃんとよく似ていますね。今回は、マスクをしてはったのでよく比較はできませんが、、、
200513r2.jpg

◎このお出汁、結構濃いんです。注意しながら回しかけます。これでおわかりですよね。”かまたま山”の”山”は”山芋”のことなんですよ。
200513r3.jpg

◎グルグルかき回すと、山芋がまるで淡雪のようにふわふわに膨らんできます。そこに卵を絡めて一気に啜ると、、、
 ああ、ここまで来た甲斐があったと言うもんですわ。
200513r4.jpg

 | HOME |  »

Calendar

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!