FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

渉くんとの再会 その2 -長堀の豚足屋さんにGO!!-

ガソリンが入って調子が出てきた西野さんは「もう一軒、行こか?!」
我々は従うのみです。

連れて行かれたのは長堀橋近くの”とん足 びーちゃん”。豚足専門店なのだとか。
実は、ある祇園のお姉さまも常連だそうで、その名声は聞いていたんですけどね。

実際に経験してみると、このお店は一回や二回の訪問では済まされない奥の深さがありそうです。
絶対に、再訪は確約ですね。

◎どうやってここに到達したのかはわかりません。西野さんのお尻についていっただけなので、、、
190806g1.jpg

◎お店はカウンター中心。こんなかわいいブタちゃんが出迎えてくれますよ。
190806g2.jpg

◎メニューを見て、眼が点になりました。すごい品数です。豚足だけでも16種ですよ!!
190806g3.jpg

◎とりあえずはジントニックで様子をうかがいます。
190806g4.jpg

◎落ち着いてきてからはむぎ焼酎に。この突き出しの冷奴がなかなかのものですよ。
190806g7.jpg

◎そして、定番の”名物とん足”を。茹で豚足を、注文が入ってから焼き上げるスタイルです。
 この皮目がパリパリで、中はほっこり。うまいがなあ!!
190806g8.jpg

◎ここいらで、西野さん、壊れる。
190806g5.jpg

◎ちょっとした一品にも、何かの一工夫がされているのが良いですねえ。
190806g9.jpg

◎渉くんも大満足のようで、良かった良かった。
190806g6.jpg

◎我々を送り出してくれた大将も、人柄が良くて楽しかったです。また、必ず来ますからね。

 さて、壊れた西野さんをどうするべきか、、、、
190806g10.jpg
スポンサーサイト



渉くんとの再会 その1 -鶴橋の魔界にGO!!-

しばらく会っていなかった岩田渉くんですが、久しぶりに大阪で再会です。彼もサントリーワインのブランドアンバサダーに就任して、忙しい毎日を過ごしているようです。

この機会を作ってくれたのは、大阪でイタリアワインの伝道師を自認する西野さん。彼の目論見は、自分の地元の鶴橋の魔界に彼を誘い込むことだったようです。
この企みにあっさりと乗ってしまった私達は、深くて暗くてすごく濃い一晩を過ごしたのでした。

◎岩田くんのセミナーは梅田であるということで、待ち合わせ場所は”新梅田食堂街”にある樽酒で有名な”金杯”で。
190804g2.jpg

◎久しぶりの再会ですが、彼はすごく元気そう。まあ、隣に西野さんがいたら子供に見えちゃうけど、、、
190804g1.jpg

◎早速、西野さんの案内で鶴橋の魔界へ引きずり込まれます。
190804g3.jpg

◎彼のおすすめ”大門”です。
190804g11.jpg

◎今日は、怖い大将は居ないみたい。ちょっと安心したわ。
190804g9.jpg

◎鶴橋と言えばホルモンですわな。
190804g4.jpg

◎ここで、久しぶりの再会にカンパ~イ!!
190804g5.jpg

◎コブクロ、生セン、豚足、串の数々、、、美味いやんかあ!!
190804g6.jpg

190804g7.jpg

190804g8.jpg

190804g10.jpg

かどや -やっぱり、ここに帰るのね-

再びミナミ、しかも豚足の”かどや”でございます。やっぱり、、、ここに帰ってしまうんですよねえ。

今回は、大阪のイタリアワイン伝道師を自認する西野よしたかさんと、京都のイタリアンソムリエナンバーワンを(本人は言っていないけど)周りが認める池ちゃんとのコラボでございます。
これ以上、濃くはなりえません。

ここはエエですよねえ。もともとミナミは好きなんですが、このあたり前感がぴったし来ますねえ。
まるで、私の家がすぐ隣りにあるみたいに感じてしまいますもん。

先日亡くなられた山田スミ子さんが、ふらっと入ってきはるような気がして、、、、入り口を気にしてしまいますが、、、

◎よしたかくん、、、突入です。
190308g1.jpg

◎入り口の角テーブルで、、、やっぱり豚足からやね。
190308g2.jpg

◎コラーゲンの塊ですわ。
190308g3.jpg

◎今日は、生センマイもいきます。
190308g4.jpg

◎鮮度バッチシです!!
190308g5.jpg

◎酒は日本酒の燗酒で決まりやね!
190308g6.jpg

◎こうなったら、串焼きをイットコか!
190308g8.jpg

◎これも、飲めますわな。
190308g7.jpg

◎よしたかくんが頼んでくれた豚足を茹でたスープ。これがうまいねんで!!
190308g9.jpg

◎酒はアカンけど、ご飯の持ち込みはOKらしい。でも、、、ここにご飯持ってくる奴って、、、いるんやろか?

 明日から、約10日間、ヨーロッパへ行ってきます。目的は、もちろんこれ!!
 皆さんの応援、よろしくお願いします!!

 わたのさん、、あなたの思い、必ず届けますからね!!
190308g10.jpg

にしのよしたか的ミナミの過ごし方 -カステラで一献?-

昼過ぎまで大阪でお仕事。このまま京都に帰るのも寂しかったので、にしのよしたかさんにミナミを案内してもらいました。

いやあ、やっぱりミナミはよろしいなあ。酒飲みにはたまらんお店がゴロゴロしてますがな。
そんな中でも、面白いところを二軒、ご紹介しましょう。

◎なぜか、待ち合わせはこんなところ。この写真を見て「新梅田食堂街の奴やんけ。」という人は、立派な昼酒飲みです。
190115g1.jpg

◎そして、一気に難波まで南下して”豚足 かどや”へ。思い返してみれば、以前にも紹介していましたよね。
190115g4.jpg

◎焼鳥や串焼きもありますが、やっぱりここではコラーゲン。お肌にも、よろしくってよ。
190115g2.jpg

◎「おさけ。」と言えば出てくる燗の二級酒。これがまた渋くて、胃袋に染み込むんですわ。
190115g3.jpg

◎次に向かったのが”正宗屋”さん。何軒か同じ名前のお店があるんでしょうか?”相生橋の正宗屋”だそうです。
 私にとっては初めてのお店だったのですが、にしのさんは常連なのか、ズシズシと巨体を店の奥のカウンターへ。
190115g5.jpg

◎「ここで頼まなアカンのは”カステラ”や!」いやあ、参ったなあ。俺が甘いもんは全然だめなのを知っているでしょうが!?
 ところが出てきた”カステラ”を見て「おやっ!? なんか違うぞ。」

 ナント!! これがまた飲めるんですわ。麦焼酎のロックにピッタシカンカン!!
 下の本体は鯛の子。上の黒いところは蟹味噌ですわ。これには参ったなあ。
190115g6.jpg

◎更に、グツグツと言っている”ドテ”を。
190115g7.jpg

◎まあ、お値段は「安いっ!」と言うほどではないですが、雰囲気も味も文句のつけようがありまへん。
 正しい酒飲みのための、正しい居酒屋です!!
190115g11.jpg

190115g8.jpg

◎特に感じ入ったのは、このお店の女将さんであろうこの人。
 酒番をしながら周りに目を配るその目は、まさに猛禽類そのもの。いぶし銀のような凄みがあって、、、素晴らしいと思いましたね。
190115g9.jpg

◎正宗屋さん、、、今度また寄らせてもらいますさかいに、、、よろしゅう頼んまっさ!
190115g10.jpg

酒処 奴 -滞在時間15分-

梅田に来たら必ずと行ってよいほど覗いてしまう”酒処 奴”。
ちょうどよい中途半端な時間帯だったので、客数は少なく、スルリとイン。

生ビール二杯と麦のオンザロックをやっつけるのにかかった時間は15分ほど。

そして、まるで何事も無かったかのように去っていく私なのでした。

◎大将がこんな笑顔を見せるのは生では知らんなあ。
180807g6.jpg

◎好みの右端に滑り込んで、まずは一杯。
180807g2.jpg

◎眼の前の大皿に盛られたつぶ貝を肴にね。
180807g1.jpg

◎うまい!!
180807g3.jpg

◎鱧があるらしいので、それもいっちゃいましょう。
180807g4.jpg

◎さらに馬刺しも。きれいな霜降りやなあ。にんにく醤油でいただきます。
180807g5.jpg
 
◎無駄口はほとんど叩かず、飲んで食うのみ。それでも味わう満足感。
 エエわあ、、、、、
180807g7.jpg

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!