まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

セリエ・デ・ドーファン・プレステージ 2002

今年の梅雨は雨が降りません。京都は、先週にチラッと降っただけです。まあ、まだしばらくは梅雨時期ですから、後半にまとまって降るつもりなんでしょうか?
例年、京都の梅雨はホントにうっとおしいです。シトシトと雨が降るだけなら良いのですが、湿度が高くなるので、ジメジメ、ジュクジュクとかび臭くなるんですよ。
そんな時期ではあるんですが、この時期ならではの楽しみもあります。それは「蛍狩り」です。
私の家の近くには銀閣寺があるんですが、そこから南の南禅寺に続く「哲学の道」沿いには、小さな小川が流れています。そこに、この時期には蛍が飛び交うのです。
明るくなったり、暗くなったり、上がったり、下がったり、フワフワと漂う灯りを見ていると、何かさびしくなったり、心が落ち着いたりして、日常を忘れさせてくれるものがあります。
最近では、この道の周辺も明るくなって、昔のように、真っ暗闇の中で蛍を見ることができなくなってしまいました。
そこで、最近の数年は、私は取って置きの場所で蛍を鑑賞することにしています。
そこは、哲学の道からもっと南の永観堂から南禅寺へ抜ける道の途中に「野村美術館」と言う小さな美術館があるのですが、その横の小道のことなのです。
女性が一人では通り抜けるのを躊躇するくらい暗い道です。ここにも小川が流れているのですが、結構水量が多く、ゴオゴオと、音を立てて流れています。
その小川の上を、フワリフワリと漂う蛍。幽玄の世界とはこんなことなのかなあ、、、と、思ってしまうほどです。
ただし、あんまりじっと物思いにふけっていると、通りかかった人にビックリされますから気をつけなくてはいけません。それほどまわりは真っ暗ですから。
くれぐれも、痴漢などに間違われませんように。

今日のワインはローヌの赤なんですけど、まずもって、ボトルの形が普通じゃあありません。ずんぐりしていて、まるでブランデーのボトルみたいです。
ラベルもとても立派。お客さん用にしても充分ですね。しかもボトル自身に作り手の紋章が浮き上がっています。この価格とは思えない外観です。
問題は、中身ですが、、、、、
色はかなり透明感の高い赤。色から見ても、グルナッシュなんだなあ、、と、想像できます。でも、裏ラベルを読むと、シラーも入っているらしい。
香りは、樽香が強いですね。そのあとは、やはり黒系の果実、干し葡萄、乾いた藁。アルコール度も高そうで、少し揮発香がします。
酸味はほどほど、渋みは結構強烈です。甘みは弱いのですが、ローヌの定番の「スパイシー」と、言っても良いのでしょうか?
少し違う気がしますね。でも、特徴は良く出ていると思います。
サントリーもやればできるじゃない。がんばって、良いつくり手を捜してくださいね。

生産者-セリエ・デ・ドーファン
生産国-フランス
購入店-タカムラ
購入価格-830円(6本セットで4980円)

20050604215727.jpg

スポンサーサイト

サンジョベーゼ・ウンブリア 2003

スポーツショップへ水泳パンツを買いに行きました。ほとんど毎日、1000メートルは泳ぐようにしているのですが、そのおかげで、パンツがすぐにうす~くなって、スケスケになってしまうのです。
大体、一枚で4000円くらいはしますから、そうしょっちゅうだと財布にも痛いのです。
ところが、、今日は、水着のコーナーで最適なものを見つけました。
ナントッ! 「トレーニングパンツ」 と言う名前の水泳パンツです。「トレーニングパンツ」と言えば、普通は、赤ちゃんがオムツから卒業するときにはくパンツのことですよね。
ところが、水泳用のトレーニングパンツはれっきとした大人用です。説明書を読んでみると、このパンツは水を吸って重たくなるのだそうです。ですから、水中では抵抗になって、よりがんばって泳がなければ前に進まないんだそうです。
しかも、生地が分厚いので、耐久性もバツグン!! と、書いてあります。触ってみると、確かに、今まではいていた競泳用のパンツの5倍くらい分厚い気がします。
価格も3000円台でリーズナブル。 早速購入しました。ひとつだけお願いがあるとすれば、名前をもうちょっとましなものに変えてもらえませんかねえ?

今日のワインはイタリアのサンジョベーゼです。産地はウンブリア。この前にも同じ産地のワインがありましたね。
サンジョベーゼは、隣のエミリア・ロマーニャ州でもハウスワインとしてよく造られているようですが、やはり、キャンティやブルネッロなどが有名ですね。
若いときには少しまとまりがないことが多いんですけど、このワインの場合は果実味がかなり強くて、葡萄のジュースのようです。
色は、若いからか、黒いくらいの赤紫色です。
アルコール度も高いようで、やはり荒っぽいですね。酸味はそれほどではないけれど、渋みがほっぺたの中にへばりついています。甘みはかなり強くて、それがだんだんと苦痛に、、、、
こればっかり飲むのは疲れますねエ。飽きると言うよりは疲れる感じですね。
それにしても、イタリアのワインはラベルもカッコ良いですねえ。実際の価格よりも、よっぽど高級なワインの雰囲気があります。
ちょっと人が来たときなんかに出してきてもオッケーですね。

生産者-ルイジ・ビッジ
生産国-イタリア
購入店-タカムラ
購入価格-830円(6本セットで4980円)

20050611203958.jpg

パピオ カベルネ・ソービニヨン 2002

「アペリティフの日」って、ご存知ですか?フランス農業省の発案で、毎年6月の第一木曜日がそう呼ばれるようになったそうです。
そして、世界中で、いろいろなイベントがフランス食品振興会の主催で行われるそうです。
私の住んでいる京都でも、京都大学の隣にある関西日仏学館で催されると言うニュースを、あるワインやさんのメルマガでキャッチしたので行って来ました。
前売り券は2000円しますから、少なくともこれだけの元を取るだけは飲み食いをしなければいけません。
残念ながら、当日は雨。どうしても建物の中に集まりますから結構混んでいましたが、「プロヴァンスワインセミナー」があるとのことなので、そっちに参加してみました。
プロヴァンスワイン委員会からも人が来ていて、熱心さが伝わりました。その説明によると、コート・ド・プロヴァンスでは、8割がロゼワインであるとのことで、あとは赤と白が少しだけ造られているそうです。
土壌の説明から、各地区の天候まで、簡潔に、しかもわかりやすく説明してもらいました。白、赤、ロゼと試飲も合ったのですが、私がビックリしたことは、赤ワインがすごく力強いことです。
シラーやグルナッシュなどの品種ですが、ローヌよりはスッド・ウエストのような「濃さ」を感じました。今度、ネットで探してみようと思います。
それ以外はどうだったかと言うと、、、、まあ、2000円も出した割にはたいしたことはなかったかなあ?

今日のワインはカリフォルニアのカベルネです。アメリカのワインは正直に言うと、ほとんど飲んだことがないです。それは、特徴が良くわからないからです。それに、古酒ってないでしょう?
このワインはネットショップのセット販売に入っていた一本ですが、まず最初に、ラベルが面白いですよね。三匹の尾長サルが楽器を使っている、何かしらアフリカを連想させる雰囲気があります。
色も茶色が主体で、なにかアフリカの大地の色のような気がしませんか?(アフリカには行ったことがありませんが)
色は、少し青っぽさを感じる赤紫。粘性はあまり高くありません。香りはピーマン、チョコレート。アルコール度は高そうです。
味は、摘みたての葡萄、チェリーの甘さが際立っています。酸味、渋みはきわめて弱いですね。
どうも、カベルネ・ソーヴィニヨンと言うよりは、テンプラニーリョのように感じます。まあ、安ウマ系のワインではありますが、フランスのものよりは、はるかに太陽が一杯な感じがして、陽気にガヤガヤと仲間と飲むワインだと思いました。

生産者-パピオ
生産国-アメリカ
購入店-タカムラ
購入価格-830円(6本セットで4980円)

20050604215600.jpg

 | HOME | 

Calendar

« | 2005-06 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad