FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

BIN777 セミヨン・ソービニヨンブラン 2004

今日は以前から約束していたゴルフのお付き合いです。何しろ相手は某信用金庫のお偉い方ですからどっちかと言うとこちらは揉み手をしなければいけないわけで「何でこんな正月に!!(--〆)」なんて言ってられないわけです。
それにしても今年は寒い!! スタート前からお神酒をいただいて身体を温めないことにはどうしようもありません。
でも、そのおかげで、スコアは横においておいてスゴク楽しい時間を過ごさせたいただきました。アリガトウございました。
数年前と比べてゴルフ場にも余裕が出てきたのか、あまり見なくなった巨大な門松も拝めました。クラブに所属の某プロにスイングのアドバイスを受けたために、そのあとのラウンドは***だったのはいつものとおりです。
数多くのクラブメンバーの方とも新年のご挨拶ができました。今年もスコアに関係なく、お付き合いをお願いいたします。
帰りの道はすごく混んでいて、私の家は平安神宮の近くなのですが、いつもの倍くらいの時間がかかりました。
皆さん、初詣ご苦労様です。 毎年ですが、泣かされています。

今年最初に開けた赤ワインがすごく強くて、おせち料理のような和風の味に合わないので、急遽白ワインを開けました。
オーストラリアのセミヨンとソービニヨンブランのワインです。
最近増えてきたスクリューキャップですが、これってカジュアルで良いですね。飲み残してもそのままおいて置けますから。
ただ、高級感は無いですね。レストランでソムリエはどう振舞えばよいんでしょうか?人事ながら心配になってしまいます。
色は薄い若草色。緑が少し強いですね。シャバシャバした感じはあるんですが、香りはお漬物の酸っぱさがド~ンときます。青いみかんとレモンのような酸味が支配的です。
口に含むと、、、、香りと同じでレモンを噛んだような酸っぱさです。あとはシトラスですね。要するにスッパイレモンを噛んで、そこにアルコールがプラスされたと思えばよいでしょう。
普通なら「ちょっとこれは、、」と言うべきなんでしょうが、今日のような状況ならこれもOKです。
このあたりが嗜好品の難しさで、その立場で評価が変わるんですね。今はこのスッキリ感がとても好ましいのですよ。サラダにかけたい位です。(それはやりすぎやろう)

生産者-ウインダムエステート 
生産国-オーストラリア
購入店-カーヴ・ド・リラックス
購入価格-1554円
DSCF0749.jpg

スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2006-01 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!