FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

モドゥス 1999

今年の天候はやっぱり変ですね。先週の土曜日は雪が降っていたと思うのに、今日は暖かい雨が降っています。なんでも3月下旬くらいの気温だそうです。山間では雪崩の危険があると、テレビのニュースでは繰り返しています。
こうなると、人間なんてホントに小さな存在だということが思い知らされますね。一応生物の間では地球を支配する存在になってはいるのですけど、昔に栄華を極めたあと突然に絶滅した恐竜のような運命をたどらないと言う保障は何にもありませんからね。
日本だけで考えても、東南海地震というものは100年以内に必ず発生すると言われているのですから、それが明日起きたとしても不思議ではないわけで、そのための用意はしているのか?と聞かれても、別にこれといったことは何にもしていません。
でも、日本海側の大雪で陸の孤島になった地域の人たちが一時期だけ通行可能になって、食料の買出しに出かけているのをテレビで見ていると、何か自分も対策を立てないといけないのかなあ?なんて思ってしまいます。
とりあえず、まず最初に私がしなければいけないことは、無造作に積み上げてあるワインのストックをどうするかということでしょうね。かりに、今地震が来たら何本のワインが割れることやら。
この前にうっかりして芋焼酎の一升瓶を倒して割ってしまってどれだけ非難を浴びたかを考えると、何か手を打っておかなければ我が身にまで災難が降りかかることになりかねません。(芋焼酎の匂いよりワインの匂いのほうがまだましでしょうか?)

今日はイタリアの赤ワインです。
なんといってもラベルがカッコ良い~。こういうデザインはイタリアならではですね。なんか高級そうです。でも、ちょっとルーチェを意識しているんでしょうか?ちょっと似ているような気がするなあ。
色はほとんど黒だといってもよいくらいの濃さです。粘性はそれほどでもないんですけど、、、香りはド~ンと樽香。インク、墨、ブラックベリー、ドライフルーツ、昆布の煮込み。サンジョベーゼが主体で、カベルネとメルロが入っていると言う、いわゆる「スーパートスカーナ」ですが、若いサンジョベーゼの香りの特徴が強く出ています。
何しろ香りのインスピレーションはいっぱい出てきます。口に含むと、ブドウのフレッシュな果実味がありますが、それを圧倒するくらいのタンニンのシブシブが暴れます。とてもじゃあないがまとまりなんて無いです。酸味はおとなしく、その代わりにアルコール度が高くワインというより焼酎ぽいところもあります。
変なワインだなあ。確かにこれだけで飲んでいても十分楽しいのですが、このワインを晩御飯に出そうとしたらどうしたらよいのでしょうか?
ビーフシチューのような濃い煮込み料理でしょうかねえ?私はテイスティングの時には何も食べたりしないのですが、ワインによっては「どんな料理に合うんだろう?」と、考えるときもあるんですけど、このワインにはせいぜいチーズとパンくらいしか思いつきません。
私が元気なら問題ないけど、疲れているときにこのワインはこたえますね。(C)

生産者-ルフィーノ
生産国-イタリア
購入店-セラー専科
購入価格-3315円
◎この色使いがイタリアンですね。このマークは月の満ち欠けを表しているのでしょうか?
20060113222046.jpg

スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2006-01 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!