FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

シャトー クロワ・ド・ローミュール 1996

「灯台下暗し」とでも言うのかなあ?今までは、ワインはネットで買うものだと思い込んでいたのですが、自宅からそれほど遠くないところにワインショップを見つけたんです。その名前はカーヴ・ド・エビナ
外観はあんまり冴えません。ショーケースにはワインの空き瓶が並べられていますけど、かなり時代物というか、、、でも、中に入るとびっくり、2000年以降のワインはむしろ少なくて、1980~1990年代のワインがゴロゴロしています。
店内をうろうろしていると、奥から店主の「エビナ・キンゾー」さんがニコニコしながら現れます。最初の一言は「お車ですか?」ここで「はい。」と言うと、非常に残念な顔をするんですが、それは試飲用のワインがちゃんと用意されているからなんです。
京都で試飲をした後でワインを選ぶ店はここしか知りませんね。(ほかにもあったら教えてください。)まあ、1分間キンゾーさんと話をすれば、この人の情熱が伝わってきます。伝わりすぎて困ることもありますけど。
私の好みに合っていることは「ワインは飲みごろを選ばないとダメ」と言う考えです。ですから10~20年経ったワインがお勧めなんですね。(その代わりに白ワインはあんまりありませんが)
試飲をさせてもらったあと「おいしいですね。」と言ったら、キンゾーさんが「いいえ、トッテモおいしいです。」と言い直されたことからも、この人の気持ちの入り方がわかると思いませんか?

(有)海老名商店
   京都市中京区丸太町通寺町西入
   Tel 075-231-1808

今日はボルドーの右岸、サンテミリオンの赤ワインです。そのキンゾーさんのお勧めの一本です。
色はエッジに褐色が少し入った程度、かなり透明度の高いクリアーな赤です。香りは上品でおとなしく、湿った木、カシス、ブルーベリー、ワカメ。口に含むと、果実の甘味が主体で、酸、タンニンともに落ち着いています。メルローっぽいと言えば良いのでしょうか?
まあ、今年で10年経ったわけですから、これくらいの落ち着きはほしいのですが、これからやっと熟成に入るのかなあ?という感じですね。ただ、いまでもすでにアタックは強くないのに、このまま熟成されちゃうとパワーが無くなってしまうんじゃあないかなあ?と心配してしまいますけど。
案外、今が一番よいのかも?(C)
追伸-開けてから一日たってからのコメントです。開けた直後はすこしキリキリしていたので待つことにしました。

生産者-シャトー ローミュール 
生産国-フランス
購入店-カーヴ・ド・エビナ
購入価格-3000円

◎あんまり目立たない店構えです。
DSCF0840.jpg

◎でも、店内は飲み頃ワインでいっぱい。
DSCF0841.jpg

◎そして、今日のワインはこちら。
DSCF0834.jpg

スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2006-02 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!