FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

エノテカ・バール レプロット -ストレスのはけぐち-

よくテレビのダイエット番組で、太った(ふくよかな、と言うべきか?)お姉さんが「仕事のストレスで、ついつい食べてしまうんですぅ。」なんていっているのを見て「バカじゃないの?」なんて思っていたんですが、どうやら私自身も同じみたいです。こんなに家から離れないGWも記憶が無いくらいなのですが、せっかく予定していた週末のツーリングも予報では雨。
「ストレスが溜まるよなあ。」なんて思っていたら、なぜかおいしいものが無性に食べたくなるんですね。ああ、バカにしていた人と同類だったなんて情けない。
「どこか良い食べもの屋は無いものか?」なんて考えていたら、よく読ませていただく、てつんどさんのHPで紹介されていたイタリアンのレストランを思い出し、行ってみることにしました。
一人で行くのは面白くないので、休日でホッコリしている知人を無理やり引きずり出して行きました。
場所は四条烏丸の交差点から北西の方向で、室町の呉服の問屋街の一角。昔は京都の中心地だったんですけど、最近はマンションが多く建つ生活圏になってきていますね。
レストラン自体はそれほどキャパの大きくない造りで、シェフとサービスの計二名。ホントはカウンターでシェフの動きを見たかったんですけど奥のテーブルに案内されてしまいました。やはり初めてのレストランではおとなしくなってしまいます。(これが行きつけの店だったりすると傍若無人な振る舞いになるんですけど)
一応、泡物のプロセッコに始まり白、赤とワインを一通りいただきましたが、それにあわせた料理も派手さは無いんですが丁寧な作りこみが見られて好い味わいでした。男にとっては少しポーションが小さいかなあ?とは思いましたが、それは私がストレスによる異常食欲を感じていたからでしょう。
サービスをしてくれた娘も私のリクエストに答えたワインを選んでくれたり「スピネッタが好きやねん。」と言うと何本ものボトルを抱えて見せに来てくれたりとか、気持ちのこもった相手をしてくれました。それにしても、たしかに「エノテカ・バール」と名前をつけるだけのことはある。良いワインをそろえていますね。(スピネッタのスタルデリ、飲みたかった)
食後に、少しシェフとも話ができましたが、イタリアの食材のことでいろいろと意見交換ができて楽しかったし、店を出るときには見送りに店先に出てきていただいたりとか、帰る時には、溜まったストレスもきれいさっぱりおいしい料理とともにお腹の中に消えていきました。ホントにてつんどさんは良い店を知ってはるわ。 

エノテカ・バール レプロット
京都市中京区蛸薬師新町東 エチカビル1F
tel075-213-3985

◎飲んだ白ワインはこれ。ポスタ・アリニャーノ2003。ボンビーノ・ビアンコ50パーセントにトレビアーノ、ヴェルディカが入っています。色、味わいともに「ジンジャーエール」とは知人の弁。確かに当たっています。
DSCF1206.jpg

◎赤ワインはこれ。スピネッタがトスカーナで作るサンジョヴェーゼ。セツァーナ2001。パワフルです。でも、サンジョヴェーゼ100パーセントでも充分おいしいワインになると言うことは、昔と比べて醸造技術が進歩した証なんでしょうね。キャンティができた時代には白ワイン用のブドウをを混ぜていたんですから。
DSCF1211.jpg

◎アンティパストはエスカルゴ。
DSCF1207.jpg

◎パスタその一。名前も「絶望の一歩手前」
DSCF1208.jpg

◎パスタその二。からすみのスパゲティ。
DSCF1209.jpg

◎メインは魚のグリル。バルサミコを丁寧に皮目に塗りこんで焼き上げてあります。
DSCF1215.jpg

スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2006-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!