FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

ナポレオンも訪れたレストラン

デュッセルドルフの旧市街の端っこに、1628年から続いていると言う「Zum Schiffchen」と言うレストランに行ってきました。
このレストランの売り文句は、典型的なドイツ料理とナポレオンが座ったと言う椅子です。なんでも、ナポレオンがここまで遠征してきたときに立ち寄ったんだそうですが、これって、フランスに侵略された証でもありますから、プライドの高いドイツ人にとっては屈辱の歴史みたいなものではないでしょうか?
実際に見せてもらうと、椅子と言うよりは、壁際にしつらえられた作り付けの長いすの一番端がその「ポジション」だそうで、私としては、玉座のような立派な椅子が飾られているのかと思っていたのに大ハズレ。
店員に「あんな端っこに座っていたの?」と聞くと「だって、あいつはドイツ人の子供より小さかったからさ。」なんて言われてしまいました。
やっぱり、こいつもプライド満々のドイツ人だわ。

Zum Schiffchen
Hafenstraβe 5
Dusseldorf-Altstadt
tel (0211)13 24 21/22

◎あまり派手さはない外観ですが、歴史を感じさせる重さはあります。
DSCF1681.jpg

◎この日本人は無視してください。ちょうど角の席がナポレオンの席です。一応、胸像と旗が飾られています。
DSCF1678.jpg

◎ドイツ料理といえばアイスバイン・ザウワークラウトとマッシュポテト添え。味と言うよりは、そのボリュームに脱帽です。
DSCF1677.jpg

◎牛肉の煮込み料理、ザウワーブラーテン。付けあわせが、すりおろしリンゴ、紫キャベツの酸い甘いサラダ、チーズポテト。全体的に甘めの味付けで、アルトビールに良く合います。
DSCF1674.jpg

◎お決まりのアルトビール。銘柄はフランケンハイムでした。
DSCF1673.jpg

スポンサーサイト



ケルン大聖堂

ドイツの教会は、天に突き刺さりそうなくらい高くて尖ったものが多いのですが、このケルンの大聖堂はトップクラスですね。
イタリアのミラノにあるドゥオモとどっちがすごいかというと、、、、わたしはミラノのほうが好きですね。
やはり、デザイン力という点ではイタリア人のほうが数段上手だと思います。装飾に飾られている聖人たちの表情の豊かさが違いますから。
その代わり、聖堂内から見上げた天井の高さははるかかなたで、建築技術力はたしかにすばらしいと思います。
面白いのは、写真撮影が自由なことで、あっちでパチパチ、こっちでパチリ、フラッシュがひかりまくっていることで、イタリアでは考えられないことです。
おかげで、わたしも何枚かの写真を撮ることができましたけれど、、、、

◎後ろ側から撮った全体写真。さすがに巨大です。宗教に対する畏怖の心がこんなものを作らせたんですね。宗教って、、、すごいけれど恐ろしい。
DSCF1660.jpg


◎すばらしいステンドガラス。昔は明かりと言うものもなかったでしょうから、暗い室内から見るこのステンドガラスの美しさは信仰心を高めるのに役立ったでしょうね。
DSCF1663.jpg

 | HOME | 

Calendar

« | 2006-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!