FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

小腹がすいたらポルケッタ(子豚の丸焼き)

お祭りで歩き回っていると、案外お腹が減るものです。日本のお祭りでも、何か食べるものを買ってしまいますよね。そんな時に、イタリアの場合はこれです。

◎かわいいお顔。これが中国の場合は何かをくわえているんだけどなあ。
DSCF1993.jpg

◎おじさんは、お尻のほうから削ぎ切りしていきます。
DSCF1997.jpg

◎それをホットドッグのパンのようなパニーニにはさんでパニーニ・コン・ポッルケッタの出来上がり。豚の皮がパリパリでクリスピーです。これだけでけっこうなボリュームですよ。
DSCF1998.jpg

スポンサーサイト



サンタ・マリアの祭り

今日は、ミケーレの住んでいる町サンジョバンニ・ロトンドのサンタ・マリア・デ・レ・グラツィエ教会(レオナルドの最後の晩餐があるミラノの教会と同名)のお祭りの日です。町のメインストリートにはいろんな夜店が出て「この町にはこんなに人がいたのか!?」と驚くくらいの人でごった返しています。
もともと、この町には、パードレ・ピオと言うキリスト教界では知らない人がいないくらい有名な神父さんの教会があるのですが、それとは別に、このような町の小さな教会のお祭りも風情があって良いものです。

◎メインストリートはルミナリエでとってもきれい。日本では、神戸のルミナリエが有名ですが、それもイタリアの技術者が指導してやっているようです。そう考えると、こっちのほうが「本家」ですね。
DSCF1982.jpg

◎厳かな隊列が静かに進んでいきます。この人たちは町の名士の人たちだそうですが、残念ながら、私の知り合いはいません。(あたりまえか)
DSCF1983.jpg

◎隊列の最後に運ばれる、サンタ・マリアと幼子イエスの木彫りの画。
DSCF1987.jpg

◎教会の中のイエス像。不思議なことに、教会の中にはイエスと私だけでした。ちょっと神に近づいたような気がした、神秘的な瞬間でした。
DSCF1990.jpg

◎夜店の雑踏。売り手はインド系、アジア系、アフリカ系が多く、東欧の人も案外多くいます。
DSCF1978.jpg

 | HOME | 

Calendar

« | 2006-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!