FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

かしわの味噌鍋 「楽」

名古屋で晩飯を食うなんて考えたことも無かった。タモリじゃあないけれど、心の奥のどこかに、名古屋人をバカにしたところがあったのは事実です。
だって、ヘンなものばっかり食ってんだもん。「あんかけスパゲッティ」なんて言うから「中華味なのかなあ?」なんて思っていたら、スパゲッティの上につぶあんが載ってたりするし、、おまけに、そのまた上には生クリームとイチゴが、、、、グエッ!!
ペットボトルの中にプリンが入っていて、そのままじゃあ食べられないからおもいきりボトルを振って、グチャグチャにしてから飲むとか、、、、人間のやる仕業じゃあないですよね?
ですから、地元の人にこの店に案内されたときも、どこから何が出てくるか分からないからと、まるでお化け屋敷の中を歩いているような気分でした。建物自体はかなり年季の入った町屋で、錦町という名古屋の繁華街でもいまや珍しいそうです。1931年創業と聞いてちょっと安心。
ご馳走してもらったのは、この店の名物「楽鍋」と言う鶏肉の味噌鍋だったのですが、さすがに、名古屋コーチン+八丁味噌という組み合わせは絶妙なコンビネーションでした。最後のきしめんまできれいにたいらげました。満足、満足。
ただ、給仕をしてくれたオバサンがねえ、、、、オバサンなんて言ったらゼッタイ返事しないし、「オネエサン!」と言ってやっと返事をする始末。しかも、焼酎を頼んでも「手が空いてからね。」なんて言い返してくるし。
私、分かったことがあるんです。それは、名古屋の食べ物は悪くないと言うことなんです。おいしいものは確実にあるんです。悪いのはそれを出して来る「名古屋人」本人だと言うことなんです。でも、料理の味を変えるより、人間性を変えるほうがよっぽど難しいでしょうけどね。


名古屋市中区錦三丁目九-二十九
Tel(052)951-1125

◎どこと言って特徴の無い「つき出し」
DSCF2059.jpg

◎ささ身の湯引き。ネットリとした柔らかさが新鮮でした。
DSCF2060.jpg

◎鳥皮とレバーの焼き物。出てきたときは、すでに冷えていた。
DSCF2061.jpg

◎ねぎ味噌。さすがに、このねぎは下仁田産だそうです。でも、うまかった。
DSCF2062.jpg

◎「楽鍋」全景。この鍋も古くてよい味を出していましたね。
DSCF2065.jpg

◎名古屋コーチンってもっと硬いと思っていたんですけど、そうでもなかったです。
DSCF2066.jpg

◎最後にきしめん投入。最初はちょっと甘く感じた八丁味噌が、この時間になるとうまくきしめんにあうように変化。
DSCF2067.jpg

スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2006-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!