FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

闘病記 -11月6日の食事-

◎朝食 パン、クリームスープ、チーズ、イチゴジャム、牛乳
DSCF2401.jpg

◎昼食 ご飯、もも肉のアーモンドソース茹で野菜添え、炒り豆腐、フルーツ缶詰
DSCF2404.jpg

◎夕食 ご飯、魚のムリエル、ポテトサラダ、中華風卵スープ

DSCF2405.jpg

スポンサーサイト



闘病記 -ご苦労さん、アームスリング-

今日で、このアームスリングともお別れです。 たった2週間の付き合いだったけれど、よくぞ、私の左腕を支えてくれました。
今回は骨折したわけではないので、こんなメッシュのスリングだったんですが、時期が涼しくなってくる時で助かりました。
真夏などの汗をかくときだったらもっと大変だったと思います。

何しろ、肩の筋肉に力を入れることを禁止されているので、自分で動かせるのは、指先くらいのものです。しかも、その指先も、手術のあと3日間はずっと痺れが残っていましたから思い通りには動かせませんでした。
常に、ダラ~ンと力を抜いて、このアームスリングにもたれかからせて置かなければいけなかったわけです。
困ったのは反射的に手が反応しようとするときで、物を落としたときなんか、頭が命令するよりも速く、左手が無意識に、それを取りに行こうとするわけで「あっ」と思ったときには左肩に激痛が走ってしまうのです。

最近はロボットが大流行で、走ったり、踊ったり、サッカーをしたりする人間型のロボットが出てきていますが、この人間の反射神経のような動きができるようになるとはとても思えないですね。
そう考えると、人間の身体って、ホントにうまくできているし、こんな身体を作った生命の神秘ってすばらしいと思います。創造の神様と言う存在を信じたくもなりますね。

さて、これからのリハビリは肩の筋肉に実際に力を入れていく運動に変わります。第二段階になるのですが、いよいよ、私も泣きながらベルトを引っ張ることになりそうです。
なんか、心が暗くなるなあ。

◎軽くて、通気性が良くて、なかなか快適でしたよ。
DSCF2409.jpg

 | HOME | 

Calendar

« | 2006-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!