FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

ブルゴーニュ・ブラン クーバン・デ・ジャコバン 2004

この前受けた「人間ドック」の結果が送られてきました。まあ、それまでの社内検診と同じだろう、、と思っていたのですが、今まで見たことの無い文字がたくさん追加されていました。
その中でも一番ショッキングだったのは「肝硬変」。この文字を見たときは「やっちゃったぁ~!」と言う気持ちだったのです。でもまあ、これだけお酒を飲んでいればねえ。
今まで、肝臓の数値は悪いことが無かったので、ちょっと安心していたのですが、TTTとZTTがこれだけ高いとは思いませんでした。反省、、、してももう遅いかな?
次回の個人面談の時には、かなり意見されることを覚悟しなければいけません。でも、意見されたとしても、今までの生活習慣を変えるつもりは無いんですけどね。

それと言うのも、今回も確認できたことなんですけど、血液中の白血球数がドンドン減ってきています。2年前までは、「経過観察」レベルだったんですが、今回の数値は、ついに「危険領域」に突入。
これも、個人面談の時に、骨髄検査を言い渡されるでしょう。肝硬変よりも、こっちのほうが勝負は早いような気がするんで、肝硬変なんかは、たいしたことじゃあないんです。
尿沈でも、赤血球が陽性になってきており、精密検査をしなければなんとも言えませんが、骨髄あたりにガンの病巣があるか、はたまた白血病か、敗血症か、どっちかじゃあないでしょうか?←素人意見ですけど、、

なんて、他人事のように、のんきなことを言っている訳は、私自身に、自分の命に対する執着が無いからなんです。「せっかく親からもらった命を粗末にするな。」と、怒られるかもしれませんし、生きようと懸命にがんばっている病気や怪我の人もいるのですから、私のような心は不謹慎かもしれません。
でも、私の命なんですから、私の好きにさせて欲しいんです。この世で生きていても、楽しいこともなさそうだし、、、、

もう助からないとわかっている人に、「延命治療」と称して、無理やり心臓を機械で動かし続けることに何の意味があるのか? 私は、自分の意思で、自分の人生の最後を決めることが「自分を生ききる」と言うことなんじゃあないかと思うんですけど、どうでしょうか?(モチロン、生きている間は、一生懸命生きなければダメだけど、、自殺は論外ですよ)
そのためには、自分の意識がある間に、自分の意思をまわりにはっきりと伝えておくことが必要ですけどね。
そろそろ、その準備をしておこうかなあ?  なんて言ってみるけど、いざとなって身体が痛くなると、「助けてくれ~!」なんて、情けない声を出すんだろうなあ。
「どのように死ぬか」と言うテーマは、難しいモンですねえ。


今日のワインは、これもブルゴーニュの安全パイ、ルイ・ジャドです。それも、ネゴシアン物の中でも、シャルドネ種のワインとしては一番安いクラスです。(それでも、いまや2000円に迫る価格ですけど、、、)
ワインの味って言うものは、完全な、階層的なヒエラルキーが存在していて、確かに高いワイン(手のかかっっているワインと言うべきか)は複雑で味わい深いワインになっています。
後は、受け取る側が、その違いを、ちゃんと理解できるかどうかなんですけど、このことが、一番難しいんじゃあないかと思うんです。
正直言って、私はあんまり自信が無いなあ。例えば、このワインを飲んだ後で、最高峰のモンラッシェをご馳走されたら、ちゃんとその違いをわかるだろうか?
それくらい、このワインの満足度は高いわけで、さすがにジャドの名前と、このラベルは、信頼してしまっても損は無いと思うんですよ。
それなら、ここで満足すればよいものを、そうしないのがややこしいところで、その時その時で、人間なんて味覚は変化するだろうからなあ、、、そんな不安感を持ちながらも、いろいろなワインを飲んでみたい気持ちは捨て去れないんですよねえ、、、。

色は、一見するとソービニヨンのような、緑が入った若草色。コルクは、さすがに再生コルク。ヒエラルキーが見えますなあ。
香りは、抜栓直後は樽から来るバニラクリーム満載。ちょっと甘すぎて、辟易するほどです。しばらく放置してからは、バナナ、枇杷の香りも。
飲んでみると、結構、骨のある酸が甘さを引き締めています。まあ、そのおかげで飲めるんですけどね。飲んでいる時点での温度は、14度なんですけど、これは10度くらいまで冷やしたほうが良いみたい。
印象も変わると思います。

確かに、この価格でこの味。CP値はかなり高いです。ただ、時期を選ぶのも確かで、できれば秋まで取って置きたいですね。(C)

生産者-ルイ・ジャド
生産国-フランス
購入店-リカーマウンテン
購入価格-1780円

◎ラベルは定番です。このバッカスマークも、最初は気持ちが悪かったんだけど、最近はかわいく見えてきちゃった。
ワインの味わいの不安定感と同じ様な印象の変化ですなあ。
20070614071509.jpg

スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2007-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!