FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

シャトー・クーアン ブラン 2004

北海道は酪農王国。特に道東は牧場だらけ。ところが、日本では、牛乳の消費が右肩下がりなんだそうです。
そうかなあ?我が家では、牛乳を良く飲むけどなあ。私なんか、朝の牛乳のおかげで、毎朝快便ですもんね。

でも、北海道では、かなりの牛乳が生産過剰なんだそうです。中には、牧場内で捨てているところもあるとか、、、、
その牛乳の消費を促進するために、北海道にはかなりの数のチーズ工房があるそうです。

今回買ってみたのも、そんな工房の中でも有名な「十勝野フロマージュ」のウォッシュタイプ。
バーボンで洗ってあるので、ちょっと癖はありますが、臭いものが大好きな私としては、ワインよりも、アイリッシュウイスキーのつまみとして楽しんでいます。

十勝野フロマージュ
北海道河西郡中札内村西2条南7丁目2番地
tel0155-63-5070

◎中札内の道の駅の側にある小さな工房。ちょっとメルヘンチックなので、オヤジは入りにくいなあ。
20070622062516.jpg

◎何種類も試食した結果、選んだのが、このバーボンのウォッシュチーズ。フランスばっかりじゃあなくて、こんな日本のチーズも捨てがたいおいしさがありますよ。
20070622062546.jpg

20070622062628.jpg

今日のワインは、ボルドー地方、ペサック・レオニャン地区の白ワインです。この地域の白ワインは、ボルドーの白ワインとしては、最良だと思います。
私の好みも、ここに偏りがち。ですから、この新発見したワインも、期待が大きいのです。

色は、かなり薄い若草色。典型的な、ソービニヨン・ブラン種の色ですね。セミヨン種が15パーセント混ざっているようです。
香りは、期待に反して、樽を感じない、ピュアで清涼感のある青りんご。ちょっと、猫のオシッコもあります。
飲んでみると、さわやかな酸味で、口の中が洗われるよう。ただ、厚みと言うものは無いですねえ。このワイン独自の味わいと言うものが、何にも思い浮かびません。
ちょっと、私の好みからはずれているなあ。

この価格(4480円)からのCPと言う点からも、この味は納得がいきません。1000円クラスだったら、何にも言わないんだけれど、、、
営利を目的にしていない研究所だからこうなるのでしょうか?でも、この地区のその他の白ワインとも、かなりイメージが違うんですけど、それってやっぱりおかしいんじゃあないのかなあ?(D)

生産者-フランス農学研究所(INRA)
生産国-フランス
購入店-ヴェリタス
購入価格-4480円

◎味とともに、すぐに忘れ去られそうなラベル。まあ、目立つ必要も無いのかなあ?
20070622062533.jpg

スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2007-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!