FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

ブルゴーニュ ロゼ 2005

日曜日の朝6時に鳴り響く電話のベル。こんな時間の電話に、ロクなものは無いことはわかっているんだけど、かといって出ないわけに無いかないし、、、

いやな予感は的中、雨が降っていると言うのに、ゴルフの呼び出しです。仕方が無いので、急遽ゴルフ場に集合。一ヶ月以上ぶりのラウンドをやってきました。
スコアは、、、、まあ、しばらくのブランクのわりには、良かったほうかなあ?でも、とても人に言えるレベルでは無かったですがね。

帰宅してから、録画しておいたF-1の日本グランプリを観戦。イヤア、今日は、私もズブ濡れになったんですけど、F-1の世界もドボドボに濡れていましたねえ。
あんな水しぶきで、全く前が見えない中を、フルスロットルで飛んで行くのって、どんな神経してんだろ? むしろ、神経が無い、、と、言った方が正しいのかも?

せっかくの30年ぶりの富士サーキットでのグランプリと言うのに、雨が降って残念だったのですが、普通ではない分だけ、レースはある意味で、大変面白かったです。
コンピューターを駆使して高度な作戦を立てても、自然の前には全く無力だ、、、と言う事が良くわかりました。それに、人間と言う、ファジーの塊のような動物が絡むから、ますます面白いんですね。

マッサも、最後の最後でクビカを抜いて意地を見せたし、良いところのひとつも無かったフェラーリですが、上海では、がんばって欲しいですね。

思い出してみれば、私も富士で開催されたF-1グランプリを見に行ったことがあるんですよ。あれは、もう何年前になるのかなあ?
31年前かあ、、、、、歳を取ったもんだなあ。

今日のワインは、ブルゴーニュのロゼです。なにかしら、透明感のあるボトルで涼しそうだった、、、と言う、単純な理由からです。
もうそろそろ、白よりも赤のワインボトルに手が伸びる時候になってきましたが、今日は、その中間のロゼと、言うことで、、、どうでしょうか?

色は、きれいなイチゴ色。ロゼとしては、「清廉潔白」なイメージがありますね。どんな意味かわかります?
香りは、最初のアタックは、まるで日本酒。穀類を噛んだようなジターッとしたイメージ。アルコールは少し強め。(表示は12.5度なんだけど)
飲んでみても、印象は変わらず。これって、冷酒?しかも、すごく磨かれた。

このワインは、お鮨屋さんでも、懐石でも、どこでもOKだと思います。どうして、こういうワインを、和食の店では置かないんだろう?
それは、ショップのプレゼンが足らないから? それとも、お店のほうで、ワインは和食に合わない、と思っているから?
違うでしょう? こんなワインがあることも知っておくべきだと思いますよ。自ら、ワインであることを捨ててしまうようなワイン、、、私は、この清さに惚れました。(C)

生産者-ドメーヌ ドルーアン・ラローズ 
生産国-フランス
購入店-リカーランド・コモリ
購入価格-2730円

◎透明瓶に合わせた、透明ベースの白色のラベル。中のロゼ色のワインのバックで、すばらしいコントラストではないですか?
20070930200951.jpg

スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2007-09 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!