FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

サン・ジョセフ 2004

この正月から我が家の台所に加わった新兵器。 アサヒ軽金属の”活力なべ”です。
我が家には年寄りもいますから、できるだけ柔らかい料理を作る必要があるときがあるのですが、今まで使っていた貰い物の圧力鍋では、満足するところまで行けなかったのです。

ちょうど、年末の新聞折り込み広告で”世界最高圧!”なんて書いてあったものだから興味を持って、さっそくクチコミサイトで評判をチェック。
総じて肯定的なコメントが並んでいましたから、思い切って購入。ガラスの蓋や蒸し籠もつけて、総額2万円以上のお買い物になりました。

そして1週間後に本品が到着。料理本が4冊も付いてきて、メーカーのやる気を感じましたねえ。

ちょうど年末に、テールシチューを作る予定があったので、その料理で筆おろし。作ってみると、、、、、

味的には、何の問題も無し。おいしくできました。 でも、それまでの圧力鍋の要領で煮込んだものですから、せっかくのテール肉が骨から離れて完全分解。
あの、ゴロンとしたボリューム感を感じることもできず、骨についた肉をチュルチュルすする醍醐味も味わえず、単にスープのようになったシチューを飲むのみ。
ばあちゃんは喜ぶだろうけれど、息子たちは不満だろうなあ。(私だって不満です)

確かに”世界最高圧”なんでしょうけれど、「過ぎたるは、なお及ばざるが如し」になってしまいました。
使いこなすまでには、あとしばらくはかかるでしょうねえ。

◎5.5Lの大容量ですから、カレーなども15人分くらいは余裕で作れます。
収納場所には苦労しますけどね。
0108 002

今日のワインは、ローヌ地方、ジゴンダス村に本拠地を置くサン・コムの赤ワインです。
サン・ジョセフはローヌでも北の村ですが、シラー種の、けっこう厚みのあるワインを産するので、私の好みでは在ります。
ただし、長期熟成と言うことになると、、、、経験が無いのが正直なところです。一度、出会ってみたいですね。

色は、これこそローヌ、これこそシラー、と言うような黒紫。粘度もバッチシです。
香りは、ボリュームのある果実の甘味が主体的。葡萄ジャムです。でも、シラー種に独特のスパイス香がちゃんと存在するところが、オーストラリアなどとは違うところ。
飲んでみると、最初こそおとなしかったものの、次から次へと湧き上がってくるベリーの甘味と、苦味。木質系の渋みもあって、かなり重厚な味わいに変化しました。
こりゃあエエわあ!さすがにお値段だけのことはある。「大魔王様お勧め」だけのことはありますね。(C)

生産者-サン・コム 
生産国-フランス
購入店-カーヴ・ド・リラックス
購入価格-3500円

◎羅針盤?が描かれているラベル。それ以外は、いたってマトモ。
0102 001
スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2008-01 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!