FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

ブルゴーニュ オート・コート・ド・ニュイ 2002

いったい、どうやったらストップをかけられるのか? タイガー・ウッズ。

彼にとっての今年の初戦、ビュイック・インビテーショナルがサンディエゴで開催されましたが、2位に8打差と言う圧倒的な差で楽勝。
最終日は、一時期11打差にまで広がり、終盤では緊張感が切れたのか、3連続ボギーを叩いても、勝敗には全く関係なし。
相変わらずの「一人旅」を続けていました。

それにしても、今回のタイガーのパッティングは凄かった。6~8mのロングパットを、あれだけスポスポ入れられたら、競争相手はかえって焦ってしまって自滅しても仕方がないよ。
現に、スチュアート・シンクは、ショットこそタイガーに負けていなかったのに、タイガーより短いパットを、ほとんど外していたんだから。

子供も生まれて、新しい家庭を持ったタイガーだから「シーズン開幕戦で、どんなプレーをするんやろう?」と、興味津々だったのですが、この調子では、今年もタイガーのワンマンショーに終始する可能性大。
他の皆さん、がんばってください。

◎トレードマークの赤いシャツですが、今回は最終日だけでなく、3日目も着ていましたね。
にっこり笑ったのは、表彰式と、パットのラインを読み間違えた時の苦笑いくらい。ますます”凄み”を増しているような気がします。
im20080128SSXKB00362801200813.jpg

◎この試合で、タイガーに次ぐ単独2位になったのは今田竜二。今年で4年目ですが、着実に実力を上げています。
「飛ばない」彼でも、こんなに長いコースで上位に入れるのは、これまた凄い!
今年は、このコースで全米オープンが開催されますから、そっちの期待も膨らみます。
p_imada.jpg

今日のワインは、ブルゴーニュの中でも本家筋。ボーヌ・ロマネ村の作り手の赤ワインです。
なにしろ、周りの畑は、ロマネ・コンティやラ・ターシュにロマネ・サンヴィヴァン。そのどれもが、今ではとても手が出ない価格になってしまいました。
このワインで、その片鱗が味わえればなあ、、、、(そんな訳無いよね)

色は、透明感の高いガーネット。ああ、ブルゴーニュだなあ。こういうピノを見ると、やっぱりこの品種はフランスの宝だ、、と、思ってしまうよ。
香りは、これも、お決まりの獣系。長いコルクを引き抜くと、フワッと立ち上がってくるのはフランボワーズのようなスッパそうな木苺、革靴に鼻を突っ込んだような臭さ。(靴下の匂いじゃあないよ)
飲んでみると、柔らかな甘味がまだ残っています。それと丸くなった酸とタンニンが、うまいバランスを取っていて、すごくスムーズ。

これは美味しいなあ。ここまで、私の期待にストレートに答えてくれるワインは久しぶり。
「これこそ、ブルゴーニュだあ!!」と、叫びたくなる気持ちです。色は薄いが、味わいのボリュームはかなりのもの。
このワインは、クラスとしてはけっして上級ではないんだけど、これで大満足しているオレって、幸せ者だなあ。
でも、もし、このオレがロマコンなんて飲んだりしたら、一気に昇天してしまうかもね?(C)

生産者-ドメーヌ フランソワ・ラマルシュ 
生産国-フランス
購入店-ヴェリタス
購入価格-2480円

◎特徴のある赤色の使い方です。このラベルも見つけやすくてグッド。
080129 002
スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2008-01 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!