FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

ブーツ グルナッシュ 2000

先日の、バーテンダー競技会の試飲会場で見つけた、缶入りワイン「バロークス」

「気軽に、何処へでも持って出かけられます。飲みきりサイズですから、かばんの中へ入れておいてもお洒落ですよ~。」なんて言うセールストークでしたが、どうなんでしょうか?
チューハイならイザ知らず、駅のプラットホームで、おもむろにグビッと、、、、いきますかねえ?

なにはともあれ、中身が問題ですから、ためしに赤ワインをもらって飲んでみました。
「・・・・、これって、赤玉ポートワインやなあ。」「それ、、、何です?」

最近の若い営業は、あの、赤玉ポートワインを知らんのかいな!? 小さいころに、風呂上りに一杯、よくもらって飲んでたなあ。(そのころから、すでにワインに目覚めていたのかな?)←遠い目

まあ、買ってまで飲もうとは思わない品物ではありますが、案外、女性に受けるかもしれない、、、、様な気がしますね。
女性って、コルクを抜くのが、苦手な人が多いからねえ。

バロークスのHPもあります。

◎スパークリングが3種類。スティルタイプが2種類、あります。どっちかと言うと、スパークリングのほうがオススメですね。
080211 046

今日のワインは、「なぜ、これがここにあるのかわからない」オーストラリアの赤ワインです。多分、ネットショップで購入したセット物のワインの中に入っていたんでしょうけれど、全く記憶なし。
それにしても、名前からして変わっていますよね。「ブーツ」だなんて。しかも、ビンテージの表記が靴のサイズだなんて、、、
これで、中身も泥靴だったらどうしてくれるんだろう?

色は、あきらかな浅い褐色。エッジの透明度も高く、年を経たグルナッシュらしい、色調です。ちょっと、期待しちゃいますね。
香りは、ウスターソース。干したイチジク。すこし漬物や酢昆布のような熟成香も。
飲んでみると、まず、凝縮感のあるジャムのような果実の甘さがやってきて、それを暴れさせない酸が、後ろをガードしています。思わずパンに塗りたくなりますね。
タンニンも、過不足ないくらいの存在感を示していますから、全体のバランスはとてもよく、歳のわりには、元気じゃあない?!

ニュージーランドとは違って、オーストラリアのワインは、その濃さの点で、あんまり好きではないのですが、少なくとも、このワインに関しては、熟成によって、うまく大人になってくれたようです。
こういうワインがあるから、危険なことはわかっていても、また、オージーワインに手を出してしまうんですよねえ。(C)


生産者-トレバー・ジョーンズ 
生産国-オーストラリア
購入店-失念
購入価格-不明

◎靴箱のデザインのラベル。生産者、葡萄品種、ビンテージ。面白く遊んでいますよね。
080202 004
スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2008-02 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!