FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

ブルゴーニュ ピノ・ノアール 2002

この週末は完全な予定狂いに終始しました。だいたい、週の初めに身内の不幸が、、、、このあたりから体内時計がおかしくなり始めていたんですが、それらを片付けた週末には、わが愛機ドカまで変調。
せっかく土曜日にはブルルンと篠山まで行く予定が、コンピュータートラブルで全く動かず。最近の車もそうですが、これだけCPUでコントロールされるシステムになっちゃうと、トラブッた時にどうしようもありません。
まあ、わが愛機は女性だから、ご機嫌を取るのはなかなか難しいんですよ。

そんなこんなで、土曜日の夜は八坂神社まで夜桜を求めて行ってみたのですが、人手の多さのわりには、あの有名な枝垂桜はまだ見ごろじゃあありませんね。
また出直さなければならないのね。次回の週末までには何とか見れる絵を撮らなきゃあなあ。

その代わりにと言ってはナンですが、美味しいうどんを食べて帰ってきました。
桜がうどんに化けちゃったんだけど、「花より団子」と言うじゃない。私の場合は「花よりうどん」なんだけど、、、、

◎祇園会館横の「京めん」で鶏なんばうどん。相変わらず美味しいなあ。
080301 052

◎夜になって急に寒くなったせいか、お客は満杯でした。
080301 053

今日のワインは、ブルゴーニュのベーシックライン、ACブルです。「たいしたこと無いじゃない。」なんて言わないでくださいね。
そりゃあ、このドメーヌのトップレンジを飲んではみたいですよ。でも、その前に順番、、と言うものがあるじゃあないですか。実は、私にとって、この作り手はこのワインがはじめて。これで、様子を見させてもらおうという魂胆です。
それに、ブルゴーニュはなんと言っても作り手しだい。期待してます。ラベルを見ると、シャンボール・ミュージニーの名前がありますから、この村の畑の葡萄を使っているのでしょうか?

色は、透明感が抜群のルビーレッド。エッジには退色も見られて、6年の年月を感じさせてくれます。
香りは、イチゴ、レッドベリー、プラム、フランボワーズ。赤い果実満載ですね。それに比べて、獣臭は全く感じず。しばらくすれば出てくるんでしょうか?
飲んでみると、ブルゴーニュ独特のシャープな酸が際立っていますが、けっして尖ってはいないし、タンニンの出方も突出してはいません。しばらく経つと、ますます丸くなって、球体になったようです。
果実味は柔らかいあたり口で、スムーズです。ただ、全体的なトーンはけっして高くないところが、このクラスの立場を表しているようですね。
私的には、あんまりブルゴーニュ(特に赤)は馴染みがないのですが、そんな私でも「これはブルゴーニュのピノ・ノアールやなあ。」とわかるだけの明快な方向性を持っているのは確かですね。

ACブルで3K。でも、6年熟成を考慮して、CPは妥当だと言いましょう。美味しくいただきました。(C)

生産者-アラン ユドノ=ノエラ 
生産国-フランス
購入店-あるこほりっく・あるまじろ
購入価格-3000円

◎HとNが表された葡萄のつるに囲まれた紋章の表記は鍵と鎌。果たしてこの意味は????
字体も独特で、バランス感覚は抜群のラベルです。コレクションしたくなるほどのレベルですね。
0803282 004
スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2008-03 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!