FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

ドイツ出張日記 -今回の機内食は韓国尽くし-

さて、アッと言う間に時間は過ぎて(食べ続けやから)インチョン→フランクフルト便への搭乗の時間です。
45番ゲートで待っていたのはB777-200。アジア系の航空会社にはこの機材が多いように思うんだけど、やはりこれはアメリカとの力関係なのかなあ?

機内ではさっそく”氷の微笑み”のCAがお出迎え。この航空会社が大好きで、わざわざ私に推薦までしてくださった本部長様はこの微笑が大好きなんですとさ。
あの「口元は微笑んでいるんだけれど、目はけっして笑っていない」内面の冷たさにゾクッとするそうです。どうやら、私とは違った世界に住んでおられるみたいですな。

それはさておき、これも決まったようなことなんですが、機内でのリポートと言えば、これまた機内食の話ばかりです。
ドイツに着くころには3キロくらい太っているんと違うやろか?「まあ、日本に帰ってからはスイミングで痩せるから。」なんて、今頃から言い訳をしている自分が情けない、、、 

今回は見たかった映画があったので2本ばかり連続で見てしまいました。でも、この機材はオンデマンドじゃあないようです。
この点は少し遅れているようですね。(機材もかなり古そうではあります)

◎大韓航空の薄い水色に対して、アシアナは薄い黄土色がコーポレートカラー。色目自体が目立たないので尾翼はこんな風に目立たしてみました。
091108c 047

091108c 048

◎機内ではさっそく”氷の微笑がお出迎え”
091108c 049

◎今回はシャンパンが出てきました。チャールズ・エドシックのブリュット・リゼルブです。 こんなグラスでも泡の出方がスゴイ!
 飲んでも、たしかなイースト、ピノ・ノアールの深みをシッカリ感じます。私はこれだけで良い旅の予感がしますね。
 そういう点では、このウェルカムドリンクって重要だと思うんですよ。←単なる酒飲みのたわごとか?
091108c 050

◎シート自体は、いわゆるビジネスの一般的なシートでした。でも、このシートでも腰痛が発症。やっぱりシート自体の出来具合は違うものなんですねえ。
 9月の中国国際航空でのシートでは何も問題がおきなかったのになあ。 結果的に睡眠することができませんでした。
 この痛みを和らげるためには、、、、お酒を飲むしかないじゃあないですか!! ねえ、、、、
091108c 051

◎今回の機内食はすべてコリアンディッシュを選択することに決めました。理由は、、、お腹が一杯だったから。
 アジア系の食事のほうがお腹には優しいですからねえ。その代わりに、ワインのコメントは書けません。舌がおかしくなっているから、、、

 まずはアペリティフ。貝柱のトマトソース煮込みです。これからしてピリ辛ですわ。でも、こういう風にスタートするのも良いですねえ。
091108c 063

091108c 064

◎私が選んだお皿は”サアン・バップ”じつは、前回のアメリカ出張でも食べたことがある料理です。
 野菜にプルコギやお味噌やキムチとご飯を巻いて食べる料理ですが、これがかなり楽しいのです。
 ”自分で味を作れる”と言う面白さがあるのですよ。

 ただ、注意しなければいけないことは、あちこちに隠れている辛いアイテムを避けること。
 失敗すれば地雷を踏みます。私も何回か踏んじゃって、あわてて味噌汁を飲んだのですが、底に隠れていた唐辛子に咽かえってしまいました。
 韓国料理をなめたらイカンぜよ!!
091108c 067

091108c 074

091108c 071

091108c 068

091108c 075

091108c 076

◎チーズとポルトも楽しめました。カマンベール、ブルー、エメンタールと、チーズの種類もそろっています。
091108c 080

◎お腹に余裕があったので、ついでに甘いものにも手を出してしまいました。クランベリーのケーキですが、このあたりに来てようやく口からホット感が消えてくれました。
091108c 083

◎飲んだワインはこんな赤白。この02年のボルドーは美味しかったですねえ。
 じつは、この食事の後で映画を見ていたらCAがどんどんワインを注ぎに来てくれて、多分このボルドーの一本は飲んじゃったと思います。
 でもねえ、ふつうはそこまで飲むと「お客様、よくお飲みになりますねえ。」くらい言えば良いのに、あの”氷の微笑み”は全く変化せず。
 まるでアンドロイドに応対してもらっているようだった。本部長様、、、ホントにお好きですかあ???
091108c 084

091108c 085

◎画面では”トランスフォーマー”の最新作を上映中。ああ懐かしいなあ。子供に山ほど買ってやったんだよなあ。
091109c 013

◎ふと窓の外を見ると、シベリアの大地が凍えています。あの川の蛇行の仕方なんか芸術的じゃあないですか。
091108c 088

◎着陸2時間前にはスナックのサービスがあります。今回もコリアンな”鮑のお粥”で行ってみましょう。
 最初に出されたカボチャのスープに驚嘆。この味が機内食で出てくるとは、、、、参りました。
091109c 006

◎鴨肉のサラダも美味しかったし、、、
091109c 002

◎ごま油と醤油で自分なりに味付けをするお粥はお腹に優しくてとてもグッド。
 いつもの胃もたれも感じないので体調は良い状態で飛行機を降りることができます。

 今回のフライトでアシアナへの満足度はかなり上がりました。これで荷物のロストさえなければ良いんだけど、前科一犯やからなあ、、、
091109c 008

◎ぜんぜん眠れなかったので、ほとんど朦朧としながらフランクフルト空港内を移動。
 記憶にあるのは、このターミナルCからターミナルAへ移動する長~いトンネルだけですわ。

091109c 015
スポンサーサイト



ドイツ出張日記 -インチョン空港のアシアナラウンジで食べすぎる-

インチョン空港も久しぶりですが、風景は変わっていませんね。むしろ、あの静かな関空からここに来ると”田舎の駅から電車に乗って東京駅に来た”位の差を感じます。
大阪の橋下知事は関空をアジアのハブ空港にしようと言ってはいますが、この目の前の状況や9月に立ち寄った北京空港を考えるとその差は歴然。
どうやって巻き返しを図るべきなのか、、、もう手遅れじゃあないんでしょうか?

アシアナ空港のラウンジも変わっていませんでしたが、スナック類も飲み物も充実しているし、ネット環境は言うこと無いし、ソファーの間隔も広いし、、、
言うことはございません。

◎ターミナルビルのコンコースの天井のデザインはあまり良くないなあ。工事現場みたい。
091108c 031

◎ターミナルビルを二分するように大韓航空とアシアナ航空が住み分けています。
 向こうは大韓航空のテリトリー。
091108c 041

◎ずらっと”デンデン太鼓マーク”が並んでいるのは壮観です。
091108c 045

◎ラウンジでは大画面テレビでゴルフ番組を流していましたが、どうやら韓国人のゴルフ熱は相当ヒートアップしているようですね。
091108c 044

091108c 043

◎お腹が一杯なのに、しかも次のフライトでも食事は出てくるのに、こんなに食べてしまう、、、太るわけだわ。
091108c 037

091108c 038

◎ワインはこの3種。あまり赤ワインに手が出ないのは韓国料理との相性がよくないと思うから。
 でも、白ワインがドイツだったのは驚きです。韓国料理にドイツワインねえ、、、、あるかもしれませんねえ??
091108c 033

091108c 034

 | HOME | 

Calendar

« | 2009-11 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!