FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

レスプリ・ド・シュバリエ 2007 -ヘンな人から”馬鹿ヤローカレー”-

いつも、何処かからヘンなものを探してきてくれるヘンな人。ヘンな人だからヘンなものが寄ってくるのかもしれませんが、今回頂いたものも無茶苦茶ヘン!!

なんですか? この”馬鹿ヤローカレー”とは???  パッケージ自体が凄いインパクトです。
まるで、楳図かずおの”漂流教室”のようなデザイン。手に取るのも恐る恐る。

コピーがまたスゴイ!「思わず馬鹿ヤロー!と叫びたくなるウマさ。食べた者にシカわからない味わいをお楽しみあれ。」ですと。
馬鹿をウマとシカで表現するこのオヤジギャグ的な背筋も凍る寒さ。

説明をよく読むと、馬肉とエゾ鹿の肉が入ったカレーにすぎないのですが、こんなものが福井県で作られているとは、、、今の今まで知りませんでした。(知らなければいけないわけではない。)

いやあ、不景気な世の中をパッと明るくしてくれるものはこんなものかもしれないですねえ。

◎このパッケージには参ります。夢にまで出てきそうなこの顔は怖い、、、、
100119 001

◎このコピーが泣かせます。←感激したんじゃあないよ。イタイんだよ。
100119 003

◎カレー自体は極めて普通。その肉はレトルト特有のパサパサ感で、どれがウマでどれがシカかなんて到底分からず。
100119 006

今日のワインは、ボルドー・ペサック・レオニャン地区の白ワインです。私の大好きなジャンルのワインですね。
このワイン自体はドメーヌのセカンドワイン。看板ワインとはセパージュがちょうど反対のソービニヨンが70㌫、セミヨン30㌫。
価格もほとんど四分の一ですからねえ。

でも、これで美味しければ儲けモンじゃあないですか。気になるのは2007年と言う若さなんですが、、、、、

色は、かなり薄い緑色。色は無いなあ、、とも言えなくも無いくらいです。

香りは、ユリのような白い花、金柑の砂糖漬けのような甘酸っぱさ、昆布茶のミネラル香、みかんの皮の苦さ。

飲んでみると、シャープなのに甘くマスクされた酸が気持ちよいですね。尖ったところが無く、スムーズに喉を通って行きます。
それにしてもバランスが良いですねえ。この若さですから樽の存在が強いのかと思ったらそうではなくて、果実の甘味がうまく包み込んでいるのが印象的。
この段階で完成されているのではないでしょうか?

あえてセカンドクラスの役割を若飲みだと割り切ったワインの作りかたがピッタシ飲み手の気持ちに合っているようです。
少なくとも、私としてはこのワインに充分満足できます。CPもきわめて高いですね。(C)

生産者-ドメーヌ・ド・シュバリエ 
生産国-フランス
購入店-キタザワ
購入価格-2300円

◎”ボルドーの定番”に沿ってデザインされたラベル。正直に言うと、全く面白くも無いです。
100118 002
スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2010-01 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!