FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

インドカレーへの道 -ニュー・デリー空港 国内線ターミナル-

今日はこれからインド第二の都市ムンバイへ移動です。約2時間くらいかかる空の旅です。
現在のところ、空港周辺は大規模な工事の真っ最中。新しいターミナルや都心と結ぶ地下鉄などを同時進行でやっています。

今回利用する航空会社は国内線大手の”ジェット・エアウェイズ”ナント!ANAと提携しているそうです。(ヒヒヒ、マイルをゲットだわい。)

インドでは、去年のムンバイ同時テロ以来の警備強化がすごくてホテルやショッピングセンターでは機関銃を持った兵士がゴロゴロいるのですが、特に空港は標的にされる可能性があるということで厳しくチェックされます。
基本的に、許可証か航空券を持っていないとターミナルにすら入ることが許されません。

また、機内持ち込み手荷物もいちいち中身を確認するなど徹底的に検査をする、、、、ハズなんですが、、、、
ペットボトルの水やライターがすんなりとスルーしちゃってるじゃあない!! いったい、コイツらどこに目をつけてるんだよ!?

◎時間を気にしながらのターミナル到着です。なにしろ渋滞がひどくって時間が全く読めない状態ですから。
100203s 005

◎こぎれいなターミナルです。チェックインは比較的スムーズ。
100203s 008

◎手荷物検査はすべてが軍隊の仕事。一見ものものしくって日本人ならビビリますが、、、
100203s 010

◎手荷物にも全てタグをつけることが要求されます。そしてそのタグにはんこを押してチェック完了。
 でも、いったいどこを見たんだよ??
100203s 019

◎出発ロビーはけっこう混んでいました。
100203s 014

◎でも、無料のWI-FIが飛んでいるとのことなのでチャレンジをしてみると、、、
100203s 016

◎簡単に接続完了。ただし、一旦携帯電話の番号を送って、そこに返信されるIDとパスワードを使うというやり方でした。
 これは初めての経験です。
100203s 015

◎窓の外には見慣れない垂直尾翼が、、インドにもたくさんの航空会社があるようですね。
100203s 017

◎その中でも目を引いたのが、この”IndiGo”と言う会社。名前がシャレてますよね。ボディカラーも名前に合わせてインディゴブルーなんて。
100203s 023
スポンサーサイト



インドカレーへの道 -ホテルの朝食-

毎日辛いものを食べているせいか、胃の調子が非常に良いんです。それとも、毎日の移動に使っている車の中で飛び跳ねているから(道路事情は非常に悪い)運動していることになるのかな?←同行者が万歩計をつけているのですが、車に乗っているだけでゴルフを2ラウンドくらいまわった歩数になるそうです。

ですから、ホテルで食べる朝食も朝からガッツリいけます。インド人があんまり食べない肉系はこの時に取らないとねえ。

◎ニュー・デリーでの宿泊は、メトロポリタンホテルです。
100203s 004

◎一見軽そうに見えますが、これを3回転くらい食べてます。
100203s 001

インドカレーへの道 -再度 インドカレーinアグラ-

アグラと言えば”タージ・マハール” 数ある世界遺産の中でも絶対にトップ5には入ると言われているお墓です。

ムガール帝国第5代皇帝のシャー・ジャハーンが、愛する后のために作ったお墓なんですが、どう考えても子供を生ませすぎ。14人もの子供を生んでは身体が持ちませんわな。
それはさておき、やはりと言うかさすがと言うか、遠くから眺めたその景観は圧倒的でした。特に、尖塔のミナレットは全て外に向いて傾いて作られていると聞くと、当時の建築技術の高さがうかがい知れます。

また、国費を使いすぎたとして、シャー・ジャハーンが息子に幽閉されたアグラ城の前も通りましたが、幽閉されたわりには中には広大なハーレムが作られているそうで、この皇帝の趣味は死ぬまで変わることは無かったんでしょうね。

さて、そんなアグラでの昼食はこれまたカレー。なにしろ本場に来ているわけだから、それを堪能しないわけにはいきません。
向かった先はアグラ城の近くにある高級ホテル。そこの昼食のカレーが美味しいそうなんです。

全部で5種類のカレーを堪能しましたが、辛いものもあり、辛くないものもありそれらのミックスを楽しむことが本場のやり方なのかなあ?
それと、ライスにヨーグルトかココナツミルクをかけるということもはじめて知りました。こうすればカレーの辛さをかなり和らげることができます。
今度からはこの作戦で行こうっと。

◎圧倒的な存在感のタージ・マハール。きらめく白大理石に包まれています。
100202s 092

◎皇帝の住居であったアグラ城は見るからに戦うための建物。美しさと言うよりは質実剛健なイメージがします。
100202s 144

◎ジャイピー・パレスホテルは五つ星の高級ホテル。
 宿泊費は”最低でも”5万円だとか!! インドのホテルはどこも高すぎますね。
100202s 142

◎野菜のカレー。辛さは☆☆。
100202s 137

◎チーズ入りグリーンカレー。辛さは☆。
100202s 138

◎キノコのカレー。辛さは☆☆☆。
100202s 139

◎ジャガイモのカレー。辛さは☆☆☆☆☆。
100202s 140

◎豆のカレー。辛さは☆☆☆。
100202s 141

◎ヨーグルトと言う援軍の存在を知ったからには、もうカレーがそんなに怖くなくなりました。これでいくらでも食えるわい。
 あ~、嬉しい。
100202s 128

100202s 131

◎のどの渇きはインドビールで癒しましょうって、、、オイオイ、午後から仕事なんだぜ!?
100202s 130

 | HOME | 

Calendar

« | 2010-02 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!