FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

アメリカ出張日記 -ターボプロップの音も轟々と-

関空で預けた荷物は一応最終目的地のサンディエゴまでとなっていますが、ここロスの空港で税関検査を受けなければなりません。
ですからイミグレーションで指紋や顔写真をとられた後は、ターンテーブルまで行って荷物を一旦ピックアップし、検査後はもう一度預けなおすと言うややこしい作業が必要です。

そしてその後は広い空港をトロトロ歩いて国内線のカウンターまでたどり着き、身体のほうも再チェックインするというわけです。
ああ、ややこしい。めんどくさい。時差ぼけでボーってしてる頭では考えがまとまりませんわ。特に私は、まだ身体の中にインドとの3.5時間の時差が残っているものですから全部で20.5時間の時差かあ。
あれっ??よく考えたらほとんど一日遅れになるわけで、こっれて”時差”じゃあなくて”日差”になるんじゃあないのかなあ???

ブツブツ独り言を言いながら次のフライトの搭乗ゲートの82番に着いてみると、チケットに書かれている搭乗時間だと言うのに、まだ前の機材が搭乗中。
「ああ、これはディレイだわい。」と思って地上職員のおばちゃんに聞いてみると「オンタイムだわよ。」だって。
へえ??私の乗る機材もまだ到着していないのに、たった15分でどうするわけ????

結果から言いますと、私の乗るUA6329便はちゃんとオンタイムにロス空港を飛び立ったのでした。
アメリカでは飛行機はバス感覚やね。

◎預けた荷物は全てがターンテーブルに出てきます。この時間はJAL、ANA、アシアナのアジア3便がほぼ同時到着。
 周りは同じような顔のオンパレードです。一瞬「ここは伊丹か?」と思いました。
100208s 138

◎税関へは自己申告です。私なんか、職員は顔も上げずに「サンディエゴね。バイバイ。」だけでしたけど、、、
100208s 141

◎荷物を預けなおして、、、、
100208s 142

◎ターミナル間をトコトコ歩きます。
100208s 143

◎ロス空港の顔でもある空中レストランは工事中だなあ。
100208s 145

◎再度手荷物検査を潜り抜けてターミナル内に入ります。
100208s 147

◎ターミナル8はユナイテッド航空の専用ターミナル。
100208s 149

◎国際線のような華やかさはありません。バスターミナルといったほうが良いかな?
100208s 152

◎チケットに書かれたボーディングタイムが来たんだけど、、、
100208s 155

◎モントレー行きの便がまだ居座ってるし、、、
100208s 157

◎入れ替わりに入ってきた機体がすごく小さいので、まだ遠くにいるのかと思っていたらそこに停止。
 アリャリャ!? プロペラじゃんか!!
100208s 160

◎預けられたであろう荷物は機体の横に放置されます。それをお客が自分で取って移動していきます。
 ふ~ん、ターンテーブルまでも行かないわけかあ。
100208s 165

◎するとすぐにアナウンスがあって私たちの搭乗開始。
 もちろんテクテク歩いてですけど、、、
100208s 166

◎タラップがドアなんだあ。
100208s 167

◎別会社の運行なんですね。子会社なのかな?
100208s 168

◎そうです。この機体はエンブラエル社の”EMB120ブラジリア”確かジェット版はJALも導入してたと思うけど、、
 私の座席が11Bだったのですが、それが最後部でした。全員で34人しか乗れません。
100208s 171

◎YS-11にも似たターボプロップの鈍いうなりを響かせながら雲の中を飛行です。
 よく揺れたなあ。
100208s 177

◎何とか目的地のサンディエゴに到着です。さてさてお仕事が待ってるぜ!!
100208s 185
スポンサーサイト



アメリカ出張日記 -色々な思い出がよみがえる懐かしのB747-400-

インチョン空港の46番ゲートに行ってみると、そこに静かにたたずむのはかの懐かしのB747-400。まだ現役で飛んでいるんですねえ。
この機材にはそれこそ幾多の思い出があります。なにしろ、私が一人でアメリカに飛び立った30数年前もB747だったですから、、、
そう考えると基本設計はかなり古いことになります。これでは最新型のB777やエアバスA380なんかに太刀打ちすることは無理でしょうねえ。

お世話になった機材ではあるけれど、正直に言ってあまり乗りたくはないなあ、、、なんて思いながら搭乗してみると、ぎょっ!!アッパーデッキがビジネスのキャビンなのね。
ああ、あの狭い、低い、暗い空間です。面堂君なら「暗いよ~!狭いよ~!怖いよ~!」と泣き叫ぶところではありましょうが、、、

幸いなことにシートそのものはシェルシートになっていましたから腰痛は発症せずに済みましたが、BOSEのノイズキャンセリングホンのありがたみを思い知った時間でもありました。
そう考えると、最近の飛行機は静かなんですねえ。

◎雨のインチョン空港で私を待っていたのは巨鯨B747-400。アンタ、まだいたのね。
100208s 062

◎アメリカ行きの搭乗の前には再度手荷物検査が行われます。厳しいんだなあ。
100208s 063

◎ああ、このアッパーデッキの空間。九ちゃんが乗っていたのも確かアッパーデッキだったような、、、
100208s 064

◎シートは幸いなことにシェルタイプ。そしてコマンダーはこんな形。ちょっと古臭いね。
100208s 068

100208s 069

100208s 070

◎窓側の席にはこんな足置きもあります。
100208s 084

◎機内で早々に配られたイミグレーションの質問書。この中には「あなたは過去に、もしくは現在も継続的にテロリストの活動を行っていますか?」と言う内容の質問があるんだけれど、これに「ハイ!」と答えるヤツがいると思いますか?
 どうしてこんな質問をするのかねえ。
100208s 066

◎ウェルカムドリンクはシャンパンです。一口飲んで「あれっ!?これはチャールズ・エドシックやん。」
 ああ、ここしばらく飲み続けているおかげで、このシャンパンはブラインドでも当てられるようになったぞ。TGとOZに感謝です。
100208s 065

◎食前酒は軽めのジン・トニック。
100208s 083

◎アミューズはこんなスナックから。でも、これって食べにくかったなあ。楊枝に刺してあるのは良いとして、どうやったらソースをつけることができるわけ?
100208s 081

◎アミューズが続きます。これは野菜のクレープ包み。
100208s 086

100208s 089

◎選べるメインは韓国料理にしました。なぜなら以前に食べたことのあるサンバプだったから。これは辛くなく食べることができるんです。
 食べ方の説明書もあって、なかなか楽しい食事タイムでした。
100208s 100

100208s 098

100208s 099

100208s 094

100208s 108

100208s 107

100208s 103

100208s 102

100208s 101

100208s 095

100208s 114

100208s 110

100208s 116

100208s 120

100208s 119

100208s 121

◎ワインはオー・メドックのボルドーで通しました。
100208s 085

◎着陸1時間前には朝食のサービスが。ここでも韓国料理のお粥を選択。キノコの入ったやさしい味でお腹にもグッド。今回はずっと韓国料理を続けましたぞ。
 このお魚の醤油入れですが、もしかして日本製?それとも韓国のコピー?「プラ」って書いてあるんやけど??
100208s 123

100208s 127

100208s 132

100208s 128

100208s 133

◎アメリカンや遠くにはデルタも駐機するロス空港。アメリカやなあ。
100208s 134

 | HOME | 

Calendar

« | 2010-02 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!