FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

伊太利国出張日記⑪ -ボローニャでフィオレンティーナ!?-

前日に会うことがかなわなかった本部長様とも仕事先で合流に成功しました。ああ良かった。
でも、飛行機で1時間少々の距離のフランクフルトからボローニャに来るのにほとんど丸1日も使うとは、、、、

恐ろしくて道中に何があったのかは詳しくは聞かなかったのですが、フランクフルトには有名な飾り窓の通りもありますから楽しい夜を過ごされたのではないでしょうか?
私なら病気が怖くて近寄ることもできないのですが、本部長様は怖いもの知らずだからなあ、、、

さて、何はともあれ無事に再会できたし、私としてはウォークマンの充電コードも持ってきてもらえたのでひと安心。
夜は取引先の方も同伴でボローニャ料理を食べていただきましょう。

、、、と訪れたのは”トラットリア ダ・ピエトロ”
ここも通いなれた料理屋ではあります。

ただ、このお店で注意しなければいけないことは調子のりのおばちゃんが仕切りたがること。
この夜もマグナムのトスカーナワインは飲まされるわ。白トリュフに続いてセコンドにはビステッカ・ア・ラ・フィオレンティーナを押し付けられるわ、、、
地元のボローニャ料理を堪能したかったのになあ、、ただ、プリモでボロネーゼソースのラザニヤがあったことだけが救いではありました。

イタリアの肝っ玉母さん、、、おそろいしい存在ではあります。

◎中心街であるインディペンデンツァ通りを少し入ったところにあります。
101112s 042

◎ホントに小さなお店なので予約は必須。
 当日もずっと立って待っているお客さんもいました。
101112s 030

◎プリモ1皿目は白トリュフのタリアテッレ。
 トリュフ少な過ぎ。 まあ、私は週末にはピエモンテに行くからエエけどね。←本部長様、ごめんなさい。
101112s 012

◎ボローニャソースのラザニヤ。当日ボローニャ料理はこのお皿だけでした。
101112s 019

◎フィレンツェ風ビフテキ。
 すっごいボリュームです。一枚を大人四人がかりです。
101112s 021

◎キアーナ牛の赤身が主体の肉質は噛み応えが充分。ある意味で日本のステーキの対極にあります。
 でも、その美味しさは噛めば噛むほど出てくるんですよねえ。
101112s 024

◎おばちゃんに押し付けられたワインはトスカーナ。しかもマグナム。
 まあ、セコンドのお肉には合った味ではあったなあ。
101112s 015

◎メルロー主体なのがスーパータスカンなんやねえ。
101112s 017

◎このお店のお皿にはこんな顔が描かれています。
 まるで551の豚マンのようです。
 これがある時、、、
101112s 029

◎ひっくり返すと、、、
 こっちが無い時、、、←関西ローカルかな?
101112s 028
スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2010-11 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!