FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

今年最初のワイン会 -ちょっぴり寂しいスタートです-

1月のワイン会は荒神口のアルチザンで。通いなれたビストロです。
でも、集合したのはたったの5名。いつもの半分以下です。

まあ、新しい年が始まって皆さんお忙しいんでしょうね。私も暇ではありませんが、この会はできるだけはずさないようにはしています。
だって、自分が選ぶわけではないので、人任せの知らないワインに数多く出会えますからねえ。

ただ、これだけ人数が少ないとワインもそんなにたくさんは開けることができません。しかも、主宰も気持ちが萎えちゃったのか、予定していたブラインドも行わず。
まあ、自分としてはハードルが下がった分だけ余裕ができて楽しめたのは事実でしたけど、、、

◎場所は我が母校、鴨沂高校のすぐそばなんです。
110122s 072

◎最初の泡はこの2本。シャルル・ブノワはシャンパンを名乗っているのに2000円を切る価格だと言うことで注目していたんですが、お味は価格並みで残念。
 もう一方のジロー・グラティオはさすがにマグナムだけのこともあって爽快でした。ちょっと冷えすぎていたけれど、、、←冬場には要注意ですね。
110122s 002

110122s 004

◎白はこの2本。フランス対イタリア。同じ葡萄品種でもこれだけの違いになると言うのがある意味ですごいことではあります。シャルドネって適応能力が高いんですねえ。
 私の好みはシャブリだったなあ。特級クラスのシャブリともなると樽香の溶け込みがすごくスムーズなんですが、それが好きなんだわ。
110122s 017

110122s 021

◎赤はこの3本。主宰のもくろみは”男読みの名前”と言うことにあったようですが、、、←フランス語はよう分からんけど、、、
 この中ではルイ・ラトゥールが頭ひとつ上だったかな?でも、これがブラインドだったら絶対にわからなかっただろうなあ。
110122s 038

110122s 039

110122s 042

◎色からの識別は無理です。まったく同じ色調だったからねえ。
110122s 044

◎最後はこんなソーテルヌが登場。惜しいのは若かったこと。少しトゲのある甘みがちょっと辛い。
 やっぱり20年は置いておきたいですねえ。
110122s 067

◎当夜のワイン達の集合写真。良く飲んだなあ。
110122s 070

◎私が持ち込んだベルタのパオロ・ベルタ90を皆さんに味わっていただきました。
 へへへ、スゴイやろ!?←俺がスゴイんじゃあないけど、、、
110122s 065

◎最近はアルチューハイマーがますますひどくなってきて料理の名前が覚えられなくなってきたので森井シェフに書いてもらいました。
 こうすれば間違いもなくなるし、私も楽だし、、、、
110122s 001

◎そしてその料理の写真がこちらです。
 メインの蝦夷鹿の二種類の調理がブルゴーニュの赤ワインにバッチグーのはまり具合でよろしゅうございました。
110122s 008

110122s 022

110122s 024

110122s 030

110122s 033

110122s 046

110122s 050

110122s 052

110122s 056

110122s 062
スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2011-01 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!