FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

中国最新事情 -ガラクタ市も発見しましたよ-

散策を終えてホテルへの帰り道。今まで通ったことの無い路地を歩いているとヘンな市を発見。
どうやら地元の人たちばっかりのローカルな市のようですが、道端に広げている商品を見るとわけの分からないものばっかり。

その道のマニアにとっては喉から手が出るほど欲しくなるものなのかは分かりませんが、部外者から言わせると「ゴミ箱にほかしたほうが良いんじゃあないの?」
良い声で鳴く小鳥も売っていたりして、杭州市街の街歩き、、、絶対退屈はしませんね。

◎並んでいるものはその全てが中古品であることは間違いありません。
110310s 076

◎水牛の角に、欠けたお皿に空き瓶に、、、
その全てがホコリまみれ。
110310s 072


◎良く見るとその空き瓶は高級白酒のもの。これに安酒を入れなおして高く売れば儲かるなあ、、、
110310s 074

◎文化大革命時代の紅衛兵が表紙の小冊子など。毛沢東語録かなあ?
 思わず買いそうになってしまいます。でもここで疑問が、、、本物だろうか?
110310s 075

◎中には小鳥を売る老人も。
110310s 080

◎なかなか良い声で鳴きますねえ。これは本物だろうなあ。
 テープレコーダーが隠してあったりはしないだろうなあ。
110310s 081
スポンサーサイト



中国最新事情 -河坊街を散策しましょう-

すでにこのブログでは何回も紹介している河坊街ですが、前出の南宋御街と繋がることによってますます人の往来が増えそうです。

ただ、店のバリエーションの豊富さや規模の違いから、河坊街のほうが圧倒的に人が多い。
特に若い人たちが目立ちますね。

私が最初にここを訪れた時は、歩いている人たちは圧倒的に観光客が多かったのですが、今では地元の若い人たちのデートスポットになったような気がします。
つまり、それだけ若い人たちも裕福になったということなんでしょう。

中国の消費傾向は劇的に変化してきていると思います。
中国がこのまま発展を続けるのか、ドンドン広がっている格差問題があるとき爆発するのか、、、どっちなんでしょう?

◎南宋御街より通りも広いし、店の数も多いですね。
110310s 068

◎この通りには有名な漢方薬の老舗が集まっているのも特徴のひとつです。
 ここは我が総経理様ご用達の”回春堂”
110310s 046

◎店内はごった返しています。
 やはり漢方薬人気は中国社会では不滅です。
110310s 047

◎”北京同仁堂”の黄色い垂れ幕。
110310s 052

◎北京の本店に比べて店は小さいですが、杭州支店のようなものでしょうか?
110310s 053

◎言わずと知れた”胡慶余堂”
 以前に詳しく内部を紹介しましたよね。
110310s 060

◎露店を覗いて歩くのも楽しいものです。
 ガラス細工のお兄ちゃん。
110310s 057

110310s 056

◎飴細工のおっちゃん。
110310s 061

◎何の商売かは知らないのですが、私が行くと必ずいる昔の格好をしたお兄ちゃん。
 私は勝手に彼をここのランドマークだと思っています。
110310s 062

◎胸像を粘土で作るオネーチャン。すんごくそっくりに出来上がります。
 今度作ってもらおうかなあ?
110310s 064

 | HOME | 

Calendar

« | 2011-03 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!