まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

日本酒とワインと炭火焼 なかむら -秋の夜長にぴったりの新店-

ある人から紹介されて伺った新しいお店なんですが、よくよく話を聞いてみれば、お店のご主人は以前に”うずら屋”におられたそうなので「もしかしたらあの人かなあ?」なんて思っていたんですが、、、

恐る恐るお店のドアを開けて中をうかがってみると、、、「ああ、やっぱりアンタかいな!?」
あの人なつっこい笑顔がそこにありましたよ。

夜の10時までは、メニューは”おまかせ”のコース料理のみ。
それ以降はアラカルトにも対応してくれると言うことで、次回は夜中の訪問もしてみなくてはいきませんね。

私としては、炭火焼に合わせてみたいワインがあったのでそれを持参。最初からアルコールを持ち込むと言う非常識なことをしてしまいましたが「もしご主人が彼ならこんな我儘も聞いてくれるはず、、、」と言う期待があったもので、、、
結果的には、そのマッチングは微妙でしたが、、、

日本酒の品揃えが面白く、主にそちらを楽しんでいましたが、一度ここでワイン会なんぞをやってみたくなりました。
こういう”和”の料理ってワインも合うそうですし、このお店でもワインをそろえているんですから。

◎縄手通りのセブンイレブンの向かいのビルの2階に、そのお店はあります。
111015ss 002

◎当日のおまかせはこんな内容で、、、
111012ss 001

◎軽くビールを飲んで心を落ち着けて”おつまみ”からスタートです。
111012ss 004

◎「コレはやっぱり日本酒やな。」と神亀を常温で。
111012ss 005

◎前菜盛り合わせ
111012ss 007

◎ここで持参したワインを抜栓。例の加熱熟成の白ワインですが、こちらは1995年のもの。
 「料理に合いますか?」と聞かれれば「これはちょっとねえ、、、」と答えてしまいそうです。
111012ss 009

◎鶏レバーのパテ
111012ss 013

◎淡海地鶏の筑前煮
111012ss 018

◎ここで不老泉のひやおろし。これはやっぱり日本酒の勝ちやなあ。
 この筑前煮にどんぴしゃですわあ!
111012ss 020

◎本日の炭火焼
 新れんこん、イタリア種秋茄子、小芋、安納芋、紅はるか、長芋、台湾タケノコ、ししとう
111012ss 023

◎ここからは竹鶴で。
 コレも隅に置けんわあ。
111012ss 025

◎焼き場でじっくりと鶏に火を通すなかむらさん。
 アレッ!?私のワインに手を伸ばすのは★★のお鮨屋のご主人さん??
111012ss 027

◎やってきました”地鶏 天草大王(熊本)”
 噛み応えが満点やなあ。噛めば噛むほど味が出てくるんですよ。
111012ss 028

◎牛肉 尾崎牛(宮崎)
 尾崎さんが育てる牛だから尾崎牛。この味には、、、
111012ss 032

◎ブルゴーニュのピノを出していただきました。う~ん、ワインにも合うなあ。
 ピノ・ノワールのワイン会をここでしたいなあ。
111012ss 036

◎汁ビーフン
 高まった高揚感を少しずつ収めてくれます。
111012ss 037

◎土鍋ごはんと焼海苔
 パリパリに焼かれた海苔とツヤツヤのご飯。日本人に生まれてよかったなあ。
111012ss 042

111012ss 044

111012ss 047

◎思わず「純米の竹鶴くれます?」 どこまで飲む気なんや???
111012ss 045
スポンサーサイト

 | HOME | 

Calendar

« | 2011-10 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad