FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

泡盛 泡波 -寒い京都で、南国の波音を思ふ-

今日は、休日モードなので、ショートバージョンで。

正月休みに帰省していた友人から沖縄みやげをいただきました。
彼は私の好みをよく知っているので、もちろん”酒の肴”でございます。

ひとつは、生の海ぶどう。もうひとつは、豆腐よう。
どちらも、お酒の名脇役ですね。

こうなったら、やっぱり飲むのは泡盛しかありますまい。
ストックの中でも珍品の部類に入る、波照間島の”泡波”でいってみましょう。

色は、もちろん無色透明。粘度もなく、サラサラしてます。
30度ですからねえ。

香りは、少し甘さを感じますが、泡盛のクースーのようなヒネ香は全く無く、素直です。

飲んでみると「あれっ!?」と言うくらいスルリと飲めます。喉に引っかかるものもなく、むしろ清涼飲料水のような爽快感。
後味に、少し塩気を感じるのは、波照間の海風を含んでいるからでしょうか?

それにしても、海ぶどうにも、豆腐ようにもスゴク合いますねえ。
どちらも海を感じさせる味なので(豆腐ようはまさに練雲丹です)こうなるのでしょうが、久々のグッドチョイスに、自然と私の頬もゆるみます。

この泡波が、なぜ私のセラーにあるのかは記憶が無いのですが、多分どなたかからの頂き物だと思います。
ネットで価格を調べた時には、その高価格にびっくりしたのですが、どうやら生産量が極端に少ないからそうなるらしく、波照間で1000円で売られているボトルが本土では10000円。

でも、実際に味わってみると「そこまでする必要があるんかいな?」
いっそのこと、波照間島まで出かけていって、民宿で晩御飯のお供で頂いたほうが、こんな京都で飲むよりも”3倍美味しい”ような気もします。

ヒヒヒ、これで旅にでる理由がまた一つできました。
今年は、南の島へレッツゴーですわ。

生産者-波照間酒造所 
生産国-日本
購入店-頂き物
購入価格-現地なら1000円以下

◎テーブルの上だけですが、太陽が燦々と輝く沖縄の景色になりました。
 心なしか、この周囲だけポカポカしているように感じます。←ネが単純なもので、、、
IMG_9183.jpg
スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2013-01 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!