まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

手打ちそば 花もも -2日かけて、ようやく完食-

お盆休みの”麺行脚”のラストは御所南の”手打ちそば 花もも”さんへ。
ご主人とは、嵐まるの大将を通して釣り仲間と呼ばせていただける関係です。

このお店の良い所は11時から18時半までの通し営業なところ。
中途半端な時間でもフラッと立ち寄れるところが好きなんです。

もちろん、出して頂くお蕎麦は言うことなし。
小淵沢の名店”翁”で修行されたということですから、私も少しは面識がある高橋名人の孫弟子さんになるんですねえ。

この日も「ちょっとは空席ができたかなあ?」と言うような14時過ぎに入店。
ご主人と挨拶を交わした後「いつもの田舎そばを、、、」
「すみません! 田舎、、、終わっちゃいました。二八ももう無いんです。今から看板を外すところで、、、」

ええっ~!! まだ午後の2時過ぎでっせ~!! こんな時間に麺切れなんてなにかおかしくない?
どうやら、お昼の時間帯に怒涛のラッシュがあったようですね。

しかたがないので、軽くお酒でも飲んで帰ることにいたしましょう。これは仕切りなおしやね。
なんて思っていたのですが、、、さすがはご主人だったのですよ。

◎地方裁判所の隣と言ったほうがわかりやすいかな?ご主人のカッチョエエロードバイクも目印ですよ。
150828c 073

◎とりあえずはそば焼酎をロックで、、、、麺切れというショックのあまり銘柄を失念。
150816c 058

◎酒肴には”にしん棒煮(520円)”お蕎麦屋さんの楽しみは、この蕎麦の前に飲むお酒タイムですよねえ。
150816c 066

◎すると、ご主人から「一人前はないのでサービスですが、、、」と、こんな差し入れが。
 おおっ!! 私の大好きな田舎そばがほんの数本ですが、、、、これだけでもうれしいわあ。
150816c 060

◎そば湯もいただいて、ここからはご主人とずっと釣り談義。ロッドやリールや仕掛けなどを「ああでもない。」「こうでもない。」と、、、
 お店を閉めちゃいましたから、誰に遠慮をする必要もありませんからね。
150816c 068

◎しばらくすると「まなゆうさん、お蕎麦は食べはらへんのですか?」
 「だって、もう無いと言うたやんか。」
 「違いますよ。まなゆうさんでもう無いと言うたんで、一人前残してあるんですよ。」
 「ウヒョ~! それはうれぴー! 夏の定番”すだちそば(930円)”を頼んます~!!」

 すだちのさわやかな酸味が喉を通ると、まさに一服の涼やかな風が吹き抜けるようです。
 お出汁の塩梅も優しくて、気持ちのよい一杯ですねえ。
150816c 073

◎本来ならこれで充分なはずなんですけど、食い意地の張ってる私はどうしても田舎そばが食べたくってすぐにお店に再訪。
 「今日は、田舎そばはあるじゃろか?」
 「ありますよ~!」
 「ほな、大盛りでお願いね~。」

 今日は日本酒”夜明け前(620円)”でスタートです。
150828c 077

◎酒肴は”焼きみそ(310円)”で。
150828c 079

◎これを少しだけお箸につけて、舐め舐めしながらお酒を飲むのが好き。
150828c 084

◎そして、念願の”田舎そば 大盛り(1080円)”が登場です!コレよ!コレを待ってたのよ!
150828c 087

◎太打ちの噛み締め応えのあるお蕎麦です。その荒々しい風貌に似合わないスベっとしたお肌。
 ああっ! 我がふるさと徳島の”祖谷そば”を思い出すなあ。
150828c 090

◎お塩で食べるのも一興です。蕎麦っぽさが強調されて、これも酒肴になりますね。
150828c 091

◎ああ、大満足です。足掛け二日間の蕎麦食べでしたが、それだけのことはする価値があると思いますね。
 今度は、もう少し涼しくなった時に温かいお蕎麦にチャレンジしてみようかなあ?
150828c 095
スポンサーサイト

戸隠流 手打ちそば処 實徳(みのり) -久々にぼっち盛りを堪能-

今年のお盆休みは家でブラブラ。特段の用事もなく過ぎて行きました。
でも、何もすることがないというのも寂しいもので、我が愛車のフェラーリをコキコキ漕ぎながら市内散策。

そして無理やり作ったテーマは「麺道を極める」です。要するに食べ歩きですわ。
この前の記事の白醤油らーめん屋さんが一発目だったのですが、、、、

そして第二弾は銀閣寺の近くにある”實徳(みのり)”さんです。昔良く通っていたのに最近ではとんとご無沙汰。
この機会に再度訪れてみることにしました。

◎我が家からは上り坂で結構きついのですが、お蕎麦を食べる前の腹ごなしとしては調度よいかも?
 それでも、ものの10分で到着ですが、、、
150828c 030

◎開店と同時にお店に飛び込みます。おばちゃんが「アンタ、よっぽど暇なんやなあ?」というような顔をして出迎えてくれましたよ。
 でも、直後に競馬新聞を持ったオッサンが二組登場。やっぱり、みんなも暇を持て余してるんやねえ。
150828c 004

◎「どれどれ?」とメニューを見てみれば、、、、アレっ?!ここもトッピングのようなシステムに成ってるやん。
 これって流行りなんかなあ? この前の白醤油らーめん屋さんもそうやったし、、、

 私は十割そばの”5ぼっち(980円)”にしましょう。←”ぼっち”に関する解説もメニューに書かれていますよ。
 それに”鴨つゆ(980円)”を追加で。
150828c 025

◎お蕎麦を待つ間はそばの実なめこ(270円)と天山戸隠 そば焼酎(450円)をロックで。
 この酒肴はなかなか良いですねえ。今度、自宅でもやってみよう。
150828c 009

◎二杯目の焼酎を飲み終えた頃にお蕎麦が登場です。う~ん、7ぼっちにしたほうが良かったかな?
150828c 011

◎十割のお蕎麦はつややかできれいです。太さも見事なくらい揃っていますねえ。
150828c 013

◎お蕎麦のルックスに感心していると鴨つゆが登場。なるほどねえ。こういうシステムなのかあ。
 でも、これでは最初に来た薬味やつけつゆが余るやん? なんか納得いかへんなあ。
150828c 015

◎まあエエやあ、、と、鴨つゆにお蕎麦をくぐらせて頂いてみると、、、やっぱりこの食べ方は王道ですねえ。
 温かい汁に浸かって少し柔らかくなったお蕎麦ののどごしの良さ! か・い・か・ん、、です。
150828c 021

◎最後はお決まりのそば湯を。こうして食べてみると5ぼっちでも充分でした。
 おしぼり、くるみ、ごま等、まだまだ試してみたいトッピングもあるので、次回の訪問が楽しみですわ。
150828c 024

聖護院 嵐まる -そろそろ海は秋色に?-

今年も猛暑の8月でしたが、お盆を過ぎると朝晩が少し過ごしやすくなってきましたね。
この調子で早く秋が来てほしいものです。秋になれば美味しいものがわんさかと食卓に出てきますからね。

そんな秋の便りは一足早く海からやってきているようです。嵐まるさんのブログで新さんまの初入荷の記事を発見。
さっそくお店に駆けつけるのが、、、当たり前のことですよね?

◎見慣れたお店なんですが、何かが入口の横に、、、
150816c 003

◎これはひょうたんですね。 食用にでもするんですかね?
150816c 001

◎夏の酎ハイレモン。 グビグビと2杯。一気にいただきます。
150816c 007

◎つき出し三種盛りの下は、もみじとカワセミですかあ。過ぎ行く夏の装いですねえ。
150816c 008

◎本日は迷いなくコレです! 新さんま(根室)です。
 今年の漁はかなり低調なスタートだそうです。原因は台湾や韓国船が日本沿海に近づくさんまを沖で捕ってしまうからだとか。
 でも、そのおかげでスーパーに並ぶ外国産のさんまの値段は安いという、、、なんか意味がよくわかりませんね。
150816c 012

◎まだハシリですから脂も本格的に乗っているわけではありませんが、こうやってお造りで食べるには充分の脂質ですね。
150816c 018

◎お酒は夏の定番”中々”のロックを。もう他のお酒に浮気はする気はありません。
150816c 019

◎メニューの中に”琵琶マス”の文字を発見。確か、琵琶湖でめったに捕れない魚だと聞いていますから直ぐに注文です。
 こういうものは食べれるときに食べておかなくてはね。

 最近は養殖のサーモンばっかり食べているからそう思うのかもわかりませんが、かなり淡白な味ですね。
 でも、これが野生の味。つまり本物の味なんだよなあ。こういう味を忘れてはいけませんね。
150816c 021

◎もう目的は達したので帰ろうと思ったのですが、ショーケースの中に松茸を発見してしまったものですからまたお尻に根が生えてしまって、、、
 ”ハモと松茸のフライ”です。 あまり松茸の香りはしませんでしたが、まあハシリということで、、、
150816c 027

オステリア オギノ@東大路二条 -荻野シェフの自家製シリーズVS変態系イタリアワイン-

私はこれでも人を見る眼がある方だと自分では思っているんですよね。←ウソやろ?
やはり、人間でもワインでも、その第一印象って大きなファクターだと思いますし、今までの経験もそれを裏付けていると思うんです。

でも、時々はその第六感も大ハズレ。「ああ、そういうことやったんかあ。」と認識を改めなければならい事態も時々はあるんですよ。←時々かね?
実は”オステリア オギノ”の荻野シェフもその一例なのです。

最初の印象は「ああ、この容姿、風体ならデカ盛り系のボリュームパンパンの料理もよく分かるわ。フライパン振り回しスタイルやね。」と思っていたのですが、、、
だんだんとお店に通うに連れ「あれえ? 案外この人はデリケートな神経のネチネチ系なのかも?」と、考えが変わってきたんですよ。

その理由は、メニューによく登場するようになった”自家製”の文字がついた料理の数々。
ボリュームは相変わらずですが、それに手の入れ方がハンパない事に気づいたのです。

この夜も、私の眼は”自家製”の文字を探してこんな構成の食事になりました。
しかも、シチリアのビオっぽい変態系ワインまで勧めてもらって、、、

◎嵐まるさんもそうなのですが、私が聖護院界隈のお店に行くのは午後の9時前後。
 お店が一段落する時間帯を狙っています。
150816c 121

◎フムフム、自家製は、、、ああ、これとこれやね。
150816c 032

◎ちなみに、ドリンクメニューはこちら。カクテルが色々あるのは知らなかったなあ。
 次回のアペリティーボはこっちから行ってみましょう。
150816c 033

◎まずは”自家製の鶏ハムとトマト、きゅうりのサラダ” 巨大な丸皿に載っていますから少なめに見えますが、それでも普通のお店のサラダの倍くらいあります。
 淡白に仕上げられた鶏肉がオリーブオイルで妖艶に変身してますねえ。
150816c 035

◎次は”自家製オイルサーディン” 安い!お酒のツマミに最高。
 缶詰とはひと味もふた味も違う生っぽさ。立派な魚料理になってますねえ。
150816c 040

◎メインに選んだのは”豚肉の自家製ソーセージ” このルックスはイタリアンと言うよりはビストロフレンチですね。ブションみたい。
 大きなソーセージがゴロリと。その横にはフレンチフライですよ。
150816c 045

◎マスタードマヨネーズをつけて食べれば、、、いやあ、荻野シェフの外見っぽくないわあ。←アンタの認識が間違っていただけ
 芸の細かさというのか、シャルキュトリーの手間がいっぱい詰まっています。
150816c 050

◎この夜に荻野シェフが勧めてくれたのがシチリアの白ワイン、COSのRAMIです。
 ラベルを見た途端「これって、あの変態ワインが大好きなEさんのところから?」
 「そのとおり、こんなワインを勧められるのはまなゆうさんくらいやから、、、」

 土着品種ブドウのインツォニアとグレカニコの混醸です。作り方の細かな情報は知らないのですが、飲めばわかるビオ系の臭さ。
 色もまるで熟成シャルドネのような黄金色です。さすがにEさんの選ぶワインだけのことはありますなあ。

 でも、いつも決まった味のワインを飲み続けるんじゃあなくって、勉強のためにはあえて虎穴に入ってみなければいけないことも、、、あるんですよね。←結果については責任は持てませんが
150816c 029

白醤油らーめん まあち@出町柳 -高齢化日本の将来をここに見る-

最初は「グェッ! これはババを引いちゃったなあ。」と思ったんですよ。久々のやっちゃった感に背筋がスー(寒)。
だって、12時を過ぎた昼食タイムに客はゼロ。店員の女性は客席で小さな子供をあやしながら掃除をしてたんですから。

できればこのまま後ずさりして、何事もなかったかのように出て行きたかったんですけど、その女性と目があってしまって「どうぞ~!カウンターへ~!」
同時に奥のキッチンからは「やっと今日の獲物が飛び込んできたか。」と言わんばかりにご主人も顔を見せるし、、、

しかたがないので、カウンター中央のテレビの正面席へ。高校野球の歓声が、なにか私を励ましてくれるような気がしたものですから。
ここは心を落ち着かせましょう。

でも、そのあと頂いた看板メニューの白醤油らーめんにはいろいろ考えさせられるところがありましたよ。
結果的には良い経験ができたかも?

◎店先に自転車が置かれていたので、まさか客が誰もいないとは考えもしないで飛び込んでしまいました。
150816c 151

◎まずは時間稼ぎにとビール(550円)を注文。ついでに”塩ゆで枝豆”(290円)も。
 この枝豆ですが、レンジでチンしたらしく生温かい。できれば冷やしたままのほうが良いのでは?
150816c 135

◎さて、白醤油らーめんですがこんな構成になっているようです。トッピング方式なんですね。
 私は異様に値段の高い”めんま”に注目。肉よりも高いんですぜ!
150816c 133

◎更にこんなPOPも見つけてしまっては避けて通ることはできません。←初めての店ではやらんほうが良いのに
150816c 134

◎と、言うことで、白醤油らーめん+めんま(大盛り)が着弾です。おおっ!!めんまの存在感が!!!
 しかも、懐かしいナルトも乗ってるがな!!
150816c 138

◎なにしろ巨大ですごいボリュームのめんまです。味もよく染みていて美味しいですねえ。
150816c 145

◎麺は固めの縮れ麺。「カタメはできません」とメニューには書いてあったけど、普通で充分固いです。
 でも、噛んでみると単に茹で方だけで固いんじゃあないですね。独自製麺で材料にもこだわりを感じますね。
150816c 143

◎そして白醤油のスープです。透明で、魚感も豚感も全く無し。例えがなかなか出てこないんですが、あえて言えば京懐石のお吸い物かな?
 最近流行りの背脂系や魚と肉のダブルスープなんかとは対極の存在感。

 若い人はこんなラーメンをどう捉えるんだろう? 頼りない、、とか味がない、、とか?
 でも、もうオジイの私としては安心できるこんな味のラーメンがあっても良いと思いますねえ。

 北白川にも同じようなコンセプトのお店があったと思いますが、高齢化社会が目の前の日本のラーメンのトレンドはここにあるんじゃあないでしょうか?
150816c 149

アレッシェ@宮川町 -森井シェフの新しいお城-

我が母校である京都府立鴨沂高校のそばで営業していたアルチザンを閉めてから、なかなかレストランを再開されなかった森井シェフですが、ようやく重い腰を上げて新店開店の案内を頂いたのが去年の冬。
今度はこちらが出不精になってしまって訪問することも延び延びになっていたのですが、とうとう森井シェフから召集命令が届いたのでコキコキと我がフェラーリを漕ぎながら宮川町へ。

お店は松原通りに面しているのですぐに分かりました。森井シェフにしては結構洒落た外観やん。←ゴメンネ
店内もすごく明るくて、アルチザン時代の穴蔵的イメージから180度の転回ですねえ。

聞けば、この場所は森井シェフのご実家だそうで「好きにやれるし、家賃の心配をせんでもエエのが気が楽やわあ。」とのこと。
頂いた料理の数々もスケールの大きさはいつもどおりやし、味もワインにぴったし合うものばかりで私は一瞬でツボに嵌ってしまいましたがな。

私にとってはこの辺りには知ったお店がないのでちょうどありがたい立地でもありますし、自転車ならそう遠くもないし、、、
帰り道で祇園のど真ん中を通り抜けなければならないということだけが、、、ああ、誘惑が多くて困るわあ。←意志の弱いやっちゃなあ

◎実は、最初はお店の前を通りすぎてしまいました。だって、こんなに明るくてきれいなイメージは森井シェフに似合わないもの。
150802c 006

◎こんな店名看板なんて、、、おしゃれ過ぎますやん?←ホンマに怒られるで
150802c 010

◎店内はテーブル席だけで、椅子の数は10脚。小さなお店です。
150802c 017

◎まあ、しばらくぶりの再会だったので話は山ほどあります。口が乾けばこんなビールで、、、
150802c 012

◎メニューはこんな手書き風。なかなか品数豊富です。
150802c 015

150802c 016

◎ドリンクメニューはこんな。
150802c 013

150802c 014

◎とりあえずはハウスワインをカラフェで。南仏の旨安系ですね。お店のカジュアルな雰囲気にもぴったしですね。
150802c 020

◎初めての訪問だったので、今回はシェフのお勧めで行ってみましょう。
 ”北海道産ツブ貝のソテー エスカルゴバター風味”

 新鮮なツブ貝のコリコリ感が良いですねえ。聞けば、このプチトマトも自家農園産だとか。
 「物干しでプランター栽培やけど、、」そんなことを言わなければ良いのに。
150802c 025

◎バゲットも美味しいねえ。どこのパン屋さんなのか聞くのを忘れちゃったけど、、、
150802c 030

◎実は、メインに森井シェフが選んだのは”国産スペアリブのソテー 赤ワイン煮風ソース添え”
 でも、調理に時間がかかるということで「これでも食べて待っとって。」

 すんごく美味しい仔兎のテリーヌですわあ。付け合せのじゃがいもとサワーソースもバッチグー!
 でも、、、これって立派なメインですけど?
150802c 032

◎もうたいがいお腹がいっぱいになってきたところで、ようやくメインが登場、、、って、スペアリブがエベレスト盛りですやん!!
こんなにぎょうさん、食えってかいな!!??
150802c 040

◎脳みそは「危険やからこれ以上は食べたらアカン!」と言う情報を発信し続けているのですが、目の前でニコニコしながら私が食べるのを見ている森井シェフがいる限りは手を止めることは許されません。
 半分泣きべそをかきながら完食すると「シャンベルタンも入ってるソースやから美味しいやろ?それにしても相変わらずよう食べるなあ。」
 あんたが食べさしてるんと違うんかい!!(怒)
150802c 045

◎更に「まなゆうさんの好きそうなチーズもあるでえ。」と、出してくれたのがもうトロトロで茶色く変色した、世間では「食べてはいけません。」と言われているように魅力的な色合いのチーズ。
 自然と手が動いてしまいました。←アカンやん
150802c 046

◎最後はこんなアイスを出してもらいました。ああ、明日から痩せなくっちゃあ。
 でも、夜中の1時までお店は開けているそうですからなにかと使い勝手は良さそうですねえ。

 ただ、ポーションには気を付けることを忘れずに、、、
150802c 053

鮨 水暉@リッツ・カールトン京都 -財布のことは忘れましょう-

「どうしてもお鮨を食べたいねん~!!」と目の前で駄々をこねるオバハンを見ていると、このまま襟首を掴んで橋の上から鴨川に投げ落としたくなるのですが、ここはグッと我慢。
「なんとかするから泣かない、泣かない、、、ネ?」

こうなったらお助けマンに電話するしかありません。彼の名前は”田端@カーヴ・ド・K”
彼は私の切羽詰まった状況をすぐに読み取って各方面に連絡。返って来た答えは、、、
「リッツ・カールトンの水暉に射場(イバ)と言う料理人を尋ねなさい。」

ナンカようわからんけど、そうすればこの窮状から脱出できるのかとまるで葬祭場の入り口のようなリッツのエントランスをくぐります。
そして、水暉で待ち受けていたものとは、、、以下の写真館でご覧ください。

◎なんか暗いイメージのリッツです。もう少しトーンをあげたらアカンのやろか?
150719c 006

◎名前を告げると、そのまま鮨カウンターへ。昔懐かしいホテルフジタ時代の石滝が見えますね。
 その風景を見ながらカンパ~イ。 こうやって落ち着ける場所があって嬉しい。
150719c 009

◎「お料理は田端様から伺っております。」、、て、、、あいつめ!一番高い”おまかせ”で予約しやがって~!!
 私ができることといえば「あの~、できればお酒の肴を多めにお願いします。」ということだけ。そして、厳かに宴は始まったのでした。
 
 担当してくださるのは射場智紗紀さん。女性の鮨職人さんです。私は女性が握るお鮨を食べるのは初めてかも?
150719c 025

◎わたしが選んだお酒は二種類。黒龍”しずく”と神亀です。なかなか渋い選択でしょ?
150719c 016

150719c 022

150719c 039

◎それに対して射場さんが繰り出してきた酒肴の数々。どれもが盛り付けが極めて美しい。色使いも女性のきめ細やかさが良く出ていますねえ。
150719c 014

150719c 018

150719c 028

150719c 030

150719c 031

150719c 033

150719c 041

150719c 044

150719c 049

◎そしてお鮨へと場は流れていきます。射場さん、、気合入ってますなあ。
150719c 052

◎ネタに不満があろうはずはありません。優しく、柔らかく握られた鮨はどれもが口に入れた瞬間にホロリと崩れます。
 鮨飯は色は赤酢っぽいけど酸味ははるかに大人しく、その点が少し不満ではありました。聞けばバルサミコを使っているとか。
150719c 056

150719c 060

150719c 063

150719c 066

150719c 068

150719c 071

150719c 075

150719c 076

150719c 081

150719c 087

150719c 082

◎二本頼んだお酒はアッと言う間に消え去り、追加で頂いたのが純米大吟醸”鷹勇”。
 鳥取県大山の伏流水で磨かれたスケールの大きな酒です。ナンカ気持ちも大きくなってきたあ。
150719c 089

◎特別にチーズのお漬物も出してもらっちゃった。これが美味かったなあ。
150719c 090

◎こんな甘いモノをいただいて〆です。ここでは財布のことは忘れましょう。
 美味しかったから全ては「これでいいのだ!」←そんなことを言って、あとで泣きを見るぞ
150719c 091

150719c 094

◎流石は京都でもトップクラスの高級ホテルですねえ。あまり他のお客さんと顔を合わすこともなく、公共スペースでもプライベート感があるのが、ある意味での本当の贅沢なのかもしれませんね。
150719c 095

バローロ ブリッコ・ロッケ プラポー 1988 -自宅ワインは避難中-

今年も夏い暑、、、イヤイヤ暑い夏ですねえ。京都でもあと少しで40℃と言う日もありましたね。
こんな日が続くと身体が保ちませんわ。

でも、こんな暑さは人間だけでなくワインに凄いダメージを与えてしまいますよね。特に体力の弱っているビンテージワインには大敵です。
ところが、我が家のセラーはとっくに満杯なわけで、かなりのワインが玄関、廊下、更にはトイレの中にまで放置されている状況なんですよ。

そんな時に、K6の西田さんがセラーを拡張したという話を盗み聞き。早速お願いして、我が家のセラーに入りきらないワインの一部を避難させてもらうことにしました。
ついでに、そんなワインをカーヴ・ド・Kで飲ませてもらうという交渉も成立。ヒヒヒ、、これからはワインテイスティングも楽になりますわ。

◎ある日の夕方のカーヴ・ド・Kです。珍しく小腹が空いていたのでエスカルゴを頼んでみました。
150726c 219

◎なかなか大ぶりのエスカルゴですね。大蒜の効き具合もバッチリ。
150726c 221

◎この日のハウスワインはこんなフランスの赤で。ダニエル・リオンのニュイ・サン2005です。
 前日抜栓ということで、充分こなれた味わいでラッキーでした。
150726c 223

◎このお店でチーズを避けては通れません。できるだけ熟成の進んだものをリクエストしたらこんな色合いに。この不健全そうな茶色が食欲をそそります。
150726c 226

◎こんなチーズを見たら、思わず「田端さん、なにか合うようなワインを飲みたいなあ。」
 「じゃあ、ストックからなにか探してきましょうか?」

 ということで、セラーから下ろしてきた私のワインを抜栓中。彼はかなり真剣な顔をしてますが、この時点で私はこのワインの正体を知らず。
150726c 228

◎なんとまあ!! チェレット社のバローロ ブリッコ・ロッケ プラポー1988ではないですか!?
 こんなワイン、、、私持ってたのね!?

 セッラルンガ・ダルバ地区のブドウで作られる単一畑のワインです。しかも優良年しか作られないという逸品。
 27年の古酒ではありますが、ネッビオーロはやはり強いんですねえ。まだまだ元気。

 果実の甘さも十二分に残っていて、過熟気味のチーズの舌に突き刺さるような過激な味にも真っ向勝負してくれました。
150726c 231

◎これだけ長熟が可能な理由のひとつがこのコルクではないでしょうか? 密度が濃いし長い。
 まだまだ弾力があって、後10年はOKですね。
150726c 235

聖護院 嵐まる -相談事の夜-

私もこんな歳になると人から相談事を持ち込まれることがあります。内心では「こんなええかげんな男から何を聞いても役にはたたんで。」、、なんて思っているのですが、、、

この夜もそんな話が舞い込んだので「晩飯でもつつきながら話を聞こか、、」と嵐まるさんで待ち合わせ。
ご主人の釣り物の魚を肴に”身の上相談室”を開いてみました。

ところが、相談事の内容は結構シリアスなもので相談を持ちかけてきた本人は極めて真剣なのはよく分かるのですが、私の眼は目の前に出される料理の方に釘付け。
話の内容もよく理解できずに聞き返すこともしばしばで全然集中できませんでした。

ああ、俺ってやっぱりダメな男やなあ。これだけ俺を頼って来てくれてる人の心配事よりも、目の前の嵐まるさんの料理の方に心が動かされてしまうんやもんなあ。
次回からは、どこか喫茶店でコーヒーでも飲みながら話を聞くことにいたしましょう。 今回はごめんね、、、Aちゃん。

◎相談事を聞くには良い場所だと思ったんですけどねえ、、、
150726c 063

◎奥の座敷でとりあえずの一杯。
150726c 066

◎この場所はカウンターよりは少し暗いですね。
150726c 069

◎今回は先方のチョイスが主体なので最初は”ずいきと湯葉のあんかけ”
 初めて食べるなあ。私も、もっと違うものを食べてみないといけませんね。メニューは山ほどあるんですから。
150726c 073

◎蓮根まんじゅうあんかけ
150726c 076

◎宮崎の米焼酎”やませみ” かわいいラベルですね。
 でも、このあたりから相手の話が頭に入らなくなり、、、
150726c 078

◎お造りは”特大ボタン海老”と、、、
150726c 083

◎天然鯛の昆布締め。ご主人の釣り物です。
150726c 084

◎わら焼き鰹のタタキ
150726c 085

◎鯛のかぶと焼き
150726c 088

◎活ハモ落とし、、、などなど。
 Aちゃん、、、またどこかで話を聞き直すわね。
150726c 094

蕎麦いざか屋 田衛門 -佐久に来たなら鯉料理-

次の日は早朝から仕事だという友人とはJR佐久平駅でバイバイ。私はここで一泊し、明日は東京周りで京都へ帰ることにいたしましょう。
では、どうして佐久で泊まるのか? その訳は、、、モチロン!! 鯉料理ですがな!!

駅前の”蕎麦いざか屋 田衛門”で、本日お初となる本物のアルコールを頂きながら、登山の疲れを癒やしましょう。

◎新幹線効果なのか、この新しい駅周辺の発展ぶりはたいしたものです。
150726c 187

◎駅の浅間口すぐにあるこんなお店へ。建物も新しく見えますね。
150726c 188

150726c 189

◎店内は結構盛況。サラリーマンが目立ちました。
150726c 214

◎まずは生ビールを。グビッとやれば、、、た、たまりまへんなあ!
150726c 193

◎メニューの中から鯉料理を探せば、、、あった! この”鯉御膳”にいたしましょう。
150726c 190

◎しばらくして、その”鯉御膳”が着弾。当たり前と言えば当たり前なんですけどメニューそっくり。
 お皿の並び方が逆なだけですわ。
150726c 197

◎それぞれをアップ画像でどうぞ。
 この中で感激したのは鯉こくでしたね。鯉のアラの旨味、脂味が味噌汁に溶け込んでなんとも重厚な味わいに。
 お替わりしたかったなあ。
150726c 198

150726c 199

150726c 201

150726c 202

150726c 203

150726c 205

◎小鉢ですが、蜂の子が無いとのことでハヤの南蛮漬けに代わっていました。
150726c 209

◎そんなお料理に合わせたいのは、、やっぱり地酒やね。
150726c 191

◎千曲錦です。最近のモダンな日本酒に慣れているとちょっとびっくりするくらいのキレの悪さ。
 でも、これはこれで良いんですわ。 だって、そうでなければ濃い目の味付けの鯉料理に負けてしまいますもんね。
150726c 208

名代 十石そば 福寿庵 本店 -群馬県人はいぐさを食べるらしい???-

今回の慰霊登山は群馬側から上野村に入ったのですが、その道中で見つけたお蕎麦屋さんで慰霊後の精進落としを。
上野村道の駅の向かい側にある大店です。

どんなお蕎麦があるのかとお店の人に「オススメは?」と聞いてみると、
「いぐさそばはここらの名物です。」

へぇ~! 群馬の人はいぐさを食べるんかい?、、、なんてびっくりしたんだけど、メニューを良く見ると「いぐさとは上野村の方言でえごまのことです」
なんだあ、それなら安心です。早速挑戦してみましょう。

◎福寿庵 本店です。(支店があるのかどうかは不明) なかなか立派な作りの建物ですよ。
150726c 184

◎店内はほぼ満席。こんな山間の村では他に食事処も限られますしねえ。
150726c 175

◎私は、その”いぐさ汁そば”に挑戦決定。
150726c 152

◎まずは最初に小さなすり鉢にえごまが入って登場。そばが来るまでに擦っておくんだそうです。
150726c 151

◎そうこうするうちに本題のお蕎麦が登場です。
150726c 157

◎不思議だったのは、このきゅうり。多分、つけ汁に入れるものなんでしょうが、、、
150726c 177

◎香りはそれほどしないのですが、なかなかのルックスですね。田舎そばにしては細打ちです。
150726c 159

◎小さなすり鉢につけ汁を流し込んで準備完了。
150726c 163

◎えごまって、普通の胡麻とは全く違うものだったんですねえ。知らなかった。
 胡麻の香りはするんですが、油分が少ない感じです。
150726c 171

◎最後はそば湯を飲んで完食です。 素朴な田舎の味を堪能しました。
150726c 180

◎ちなみに、今回は群馬の友人と彼の車で移動したのですが、私のほうがこの辺りの土地に詳しいということで私が運転担当。
 お昼の一杯も私だけがこんなノンアルで。トホホ、、夜まで我慢ですわ。
150726c 172

再掲 ”九ちゃん情報”です。
8月12日午後7時からBS-TBSで坂本九 追悼番組”上を向いて歩こう”が放送されます。
ぜひご覧ください。

御巣鷹山 2015 夏 -30年目のあの日が、、、-

日本にとって、8月と言う月はなにか重苦しいイメージが有りますよね。
それは、季節が夏だということ以外に、原爆、終戦、、、そして日航機事故。

その現場の御巣鷹山に、今年は少し早めに慰霊登山です。秋は台風などで登山道の閉鎖が頻繁に起きてきていますから。
過去2年間はそんな理由で慰霊ができていなかったのです。

そして久しぶりに登山道を歩いてみると、、、かなり道路が傷んでいますねえ。やはり30年と言う年月は過酷なものなんですね。
8月12日に向けて補修工事はされているようですが、これからはますます厳しいことになるのではないかと心配です。

私ももう歳だし、あと何回慰霊に来ることができるのかわかりませんから、今まで以上に心をこめてお参りをさせていただくことにいたしましょう。

◎まずは最初に慰霊の園に。掃除もされて”その日のその時”を待っているかのようです。
150726c 103

◎私も慰霊塔に習って、天に向かって合掌。
150726c 098

◎さあ、次は御巣鷹山へ。旧登山道の観音様にもご挨拶。旧道は完全閉鎖のようですね。
 何回、ここから登ったのだろうか、、、
150726c 110

◎いよいよですね。心を引き締めて登りましょう。
150726c 111

◎スゲノ沢の水音が涼やかです。でも、私は汗だくに。
150726c 115

◎事故調査委員会のジム・バーネット氏もこんな碑を残していますね。
150726c 150

◎時にはこんな鐘を叩くことも。
150726c 114

◎今日は登山者も多そうですね。あの日が近いからなあ。
150726c 148

◎でも、道はあちこちで崩れ始めています。仮設の階段で回避。
150726c 146

◎いまだに123便の機体の一部は散乱しているんです。このような破片があちこちに、、、
150726c 145

◎ようやく”昇魂之碑”に到着。日テレのテレビクルーもいて、結構混雑しています。
 私はそんなグループを避けるようにお参り。
150726c 120

◎振り返れば、あの”V字溝”が。でも、木が伸びてきてVからWになってきていますねえ。
150726c 123

◎九ちゃんの墓標にお参り。どうですか?相変わらず、連夜のコンサートは盛況ですか?
150726c 129

◎墓標の前の木々も大きくなったなあ。ちょっと見通しが悪くなりましたかねえ?
150726c 133

◎いつも風鈴を鳴らして私を呼んでくれる健ちゃんにもご挨拶。あれあれ、風鈴が鳴らないなと思ったら、、、
150726c 135

◎ありあわせの段ボールで応急修理。すると、健ちゃんはすぐにカランコロンと鳴らしてくれましたよ。
 健ちゃん、、また来るからね。
150726c 136

◎焼け焦げた巨木の切り株から生えてきた新木もこんなに大きくなりました。
 そうだよなあ、、、30年なんだよなあ。
150726c 141

◎山肌にひっそりと咲くこんな花を見て思いを馳せていると、どこからか「オマエもそろそろこっちへおいでよ。」と囁きが、、、
 もうちょっとだけ時間をくれへん? そんなに待たせるつもりはないから、、、
150726c 144

ここで”九ちゃん情報”です。
8月12日午後7時からBS-TBSで坂本九 追悼番組”上を向いて歩こう”が放送されます。
ぜひご覧ください。

ぎをん 遠藤 -祇園で困った時の駆け込み寺?-

ある土曜日の夜、祇園界隈で食事をしようと、知った処へ電話するもことごとく満席。
そりゃあそうだよねえ。最近の京都は観光客で溢れかえっているんだもの。名の通ったところは何週間も前から予約でいっぱいなんでしょう。

困りに困って「こうなりゃあダメモトで、、、」と電話したのが”ぎをん 遠藤”さん。以前の印象がなかなか良かったもので、、、
ところが、やっぱり日頃の私の行いがよっぽど良かったんでしょうねえ。「お二人ならOKですよ。」との嬉しい返事。

後から聞けば、私の電話の直前まで満席で、私の電話の直後に席の問い合わせの電話があったそうで、まさに危機一髪だったようです。

このお店のウリは魚。なにしろ、遠藤さんのお父さんは有名な担ぎの魚屋さんだそうで、高級料亭へ卸しているのと同じ魚が手軽に食べられるのが魅力ですね。
それともう一つ。夜中の2時までお店は開いているそうですから、最後の〆に美味しいお魚という贅沢もできる点もあります。

今回はラッキーが重なって利用することができましたが、次回は、、、また困ったときに電話してみようかなあ?

◎祇園北の楽園小路の入り口のこの看板が目印です。
150718c 127

◎とても書体のきれいなメニューが一枚。品数はそれほど多くないのですが、目移りして困るほどそそられるものばかり。
150718c 147

◎こうなったら「とりあえずに、、、」のビールで時間稼ぎ。作戦を考えましょう。
150718c 134

◎その間に出されたつき出しはこんな。
150718c 131

◎「今日は一人なんですよぅ。」と言いながらもテキパキと注文をこなしていく遠藤さん。鱧の骨切りの音が夏ですねえ。
 でも、私の眼は彼の後ろに並んでいる日本酒の一升瓶たちに釘付け。エエもん、あるがなあ。
150718c 135

◎最初のお皿はその”鱧の落とし”から。
150718c 139

◎梅肉の強めの酸味が心地よいですねえ。
150718c 149

◎スタートの日本酒は”獺祭 磨き三割九部” この程度の磨き具合が私好みです。
150718c 141

◎明石の鯛を頂きましょう。たしかに、舞鶴沖の鯛と違ってコリコリしてますね。
150718c 144

◎次のお酒は”十四代 本丸 秘伝玉返し” 本醸造酒でこのきれいな味わい。その辺の吟醸酒なんか蹴散らかしますね。
150718c 157

◎「今日はエエ鮪が入ってますよ。」ということで、、、
150718c 152

◎醤油、山葵をたっぷりつけて、、、脂がそれを弾く弾く。
150718c 155

◎更に”純米吟醸 磯自慢”を。十四代と飲み比べをやってみましょう。
150718c 160

◎そんな時の酒肴に最適なものを見つけました。”干しこのこ”です。酒飲みなら避けては通れない品ですよね。
150718c 162

◎そろそろ焼き物を。”甘鯛塩焼き”を選んでみました。 若狭物はやっぱり外れなし。
150718c 165

◎その甘鯛の骨でお吸いものを作ってもらいましたが、これが正真正銘の絶品でしたね。
 遠藤さん自身が「これは上手くできましたわ。」と胸を張っていましたほどの。
150718c 169

豚足、蒸し豚が我が家に着弾 -鶴橋の実力を家で味わう喜び-

イタリアワインの伝道師を自認する大阪の西野嘉高さんにムリをお願いして豚足と蒸し豚を送ってもらいました。
先日の鶴橋ツアーで西野さんの地元を紹介してもらったのですが、その時に食べた豚足とつけダレのチョジャンが忘れられなかったからです。

しかも、豚足だけでなく、肺、胃袋、舌などのモツ系の蒸し豚も同梱してくれていたので思わずテンションMAX!!
自宅には韓国焼酎の在庫が切れていたので中国の白酒でカンパ~イ!!

モチロン、京都でも豚足は売ってはいるのですが、茹で方や蒸し方のレベルが違うことはひとくち食べてみればすぐに分かります。
なにしろ、全く臭さが無いですし、火を入れなおさなくてもそのままムシャムシャかぶりつけますから。

ホンマに西野さん、、、おおきにね。次回は、、、ナニしよう?

◎今夜の食卓は”豚づくし” それに白酒が加われば、、、家族は白酒の匂いでどこかへ行っちゃったあ。
150802c 056

◎今夜の白酒はこんな顔ぶれで。なかなかの高級品でしょ?
 家飲みですから記憶が無くなっても心配ご無用。
150802c 062

◎モツ達をスライスしてみました。美味しそう。肺のポツポツした穴がヨダレを誘います。
150802c 066

◎チョジャンをつけて食べれば天国にも昇る気持ちに。このチョジャン、辛さの奥にある滋味が素晴らしい。
 これだけをご飯に乗せてもOKじゃあないかなあ? 本物ってこれなんですねえ。
150802c 068

◎豚足は半分に割って、、、
150802c 074

◎この皮が全くの臭みなし。もちろん毛の処置も完璧です。
150802c 083

◎チョジャンだけでなく、ハーブソルトでもどんどんイケますね。明日の私のお肌はツルツルよ!
150802c 082

聖護院 嵐まる -やっぱり白飯を食べなくっちゃあ終われない-

大阪では軽く一杯のつもりが十杯くらいになってしまって大きな計算間違い。しかも結構遅くなっちゃった。
これでは家に帰ってからの晩御飯は望み薄です。さあ、どうしよう?

こんな時には、私の灰色の脳細胞が異様なくらい高速回転をしてあらゆる状況を計算。←仕事で使えよ
その結果として導き出された答えは「聖護院 嵐まるに行け。」でした。

と、言うことで、少し遅がけではありましたが嵐まるさんで美味しい白飯をかきこんで、この長い一日が終わったのでした。
ああ、たった1時間の打ち合わせの結果がほとんど日にち変更線をまたいでのご帰宅になっちゃったんだなあ、、、、ちょっと反省。

◎京阪京都線の神宮丸太町駅から歩いて10分。そんなに遠くはないですね。
 とりあえずの酎ハイで、、、
150718c 104

◎〆の御飯だけ頼むのもちょっと考えてしまいます。
 そこで、いつもの様に突き出しをつつきながら作戦を立てます。
150718c 105

◎美味しそうなシマアジがあったのでそのお造りを。
 お酒はいつものむぎ焼酎”中々”です。
150718c 108

◎立派な太刀魚があったので焼いてもらいました。これくらいの大きさの太刀魚を釣りたいなあ。
150718c 114

◎さあ、ようやく白飯にたどり着きましたよ。ちりめん山椒をエベレスト盛りで。
150718c 116

◎フハフハ言いながら一気にかきこみます。
 ああ、美味しい。これがなくちゃあ一日を終われませんわ。
150718c 122

◎この自家製お漬物も名脇役ですねえ。
150718c 124

リーチ・バー → みおつくし → セラー・バー -すぐに帰るはずだったのに-

最近では大阪へ出ることが多くなった私。単に飲み歩くのが目的なのではなく、れっきとしたお仕事でございます。←偉そうに言うな

ただ、ひと仕事を終えて京都に帰るにしても駅前の飲み屋でジョッキを傾けている連中を見ると何故か無性に腹がたちます。
「よ~し、こうなったら俺もどこかで一杯、、、」

ただ、西野さんみたいに土地勘のある人が横にいてくれるわけもなく、大阪の怖いおばちゃんの店に飛び込むだけの勇気を持っていません。
そんな時には中之島のリーガ大阪へ。京都に帰るにしても京阪電車で便利に帰れますからね。

ここには1階にリーチ・バーと言う歴史のあるバーが有ります。ロビーに面していて入りやすさも充分です。
美味しいカクテルをいただいて、そろそろ帰ろうかと思っていたら、、、

「まなゆう様、地下で古澤がお待ちしておりますよ。」
「影山さん、、、アンタ俺のことをチクったなあ、、、、」

ああ、、そうなんだ。ここでは俺のメンが割れているんだったんだ。こうなったら古澤さんに挨拶してから帰らなくっちゃあ、、、
あとで何を言われるかわからんもんなあ。

結果的に、みおつくしだけでなく、おとなりのセラー・バーでもピアノのライブ演奏を聞いて帰る事になってしまいました。
やっぱり、オレって意志が弱いのよねえ。 たった一杯のつもりが、、、

◎リーチ・バーです。ホテルのバーって、格式と歴史がマッチしているところは魅力がありますねえ。
150718c 080

◎ここでは必ず頼むジントニック。グラスじゃあないっていうところがニクイですね。
150718c 076

◎そしてマンハッタン。黄昏時の時間帯のバーって、なにか今夜の期待感のようなものが充満していますねえ。
150718c 079

◎このまま帰るわけにも行かず、みおつくしへ。古澤くんの元へ、、、、
150718c 082

◎よく似た写真ですが、、ここはいつもの嵐まるさんじゃあありませんよ。”カウンター割烹 みおつくし”のカウンターです。
150718c 083

◎メニューには今夜も涎が出そうなものがズラリと並んでいるのですが、、、
150718c 085

◎今夜は軽く飲むだけにいたしましょう。酒肴には”澪づくし”という季節の前菜五種盛り合わせを。
150718c 084

◎お酒はねえ、、、、どれにしようかなあ?
 最初は”菊姫”にしよっと。
150718c 086

150718c 087

◎「酒飲みのために何か一品。」とお願いしてみると、サザエのキモの蒸し物が。
 いやあ、私の気持ちをよく理解してくれていますねえ。
150718c 094

◎次のお酒は”満寿泉”。磨きに磨いた味ですね。
150718c 092

◎今日はとてもよいとうもろこしが入ったということなので、”海老ととうもろこしのかきあげ”です。
 いやあ、異常とも言える甘さですね。
150718c 098

◎みおつくしからはこれくらいの軽い食事で退出。後はセラー・バーで古澤さんと歓談して時間を過ごしました。
 モチロン、古澤さんが他の社員から隠れられるように一番奥の柱の陰の席をわざわざ選んだのは言うまでもありません。←オマエもサボリの手を貸したと言うこっちゃな
150718c 101

 | HOME | 

Calendar

« | 2015-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad