まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

ぎおん 川柳 -蟹三昧 あの手この手-

先日は、三國さんのお世話で”献上蟹”をいただいたのですが、今回はその復習を兼ねて、再度越前蟹に挑戦です。
場所は、大和大路四条をほんの少し上がった鴨東ビル2Fの”ぎおん 川柳”さん。美人女将で有名なお店ですね。

一応前もって「その日に市場に揚がる一番エエやつをお願いね。」とお願いしておいたのですが、幸いにも新潟の良い蟹が手に入ったということでウキウキです。
例によって、期待で胃袋をパンパンに膨らませてお店にイン!

お店の板長さんもあらゆる食べ方を考えてもてなしてくださいましたが、やっぱり蟹は確かなところで食べるに限りますねえ。
自宅でここまでの事はとてもできません。

もうシーズンも終わりですが、来年もまたこの味を求めてあちこち彷徨うことになる予感がヒシヒシとするまなゆうなのでした。

◎いわゆる雑居ビルの2階にあるお店なのですが、ドアの向こうは至福の場所なのです。
170210c 285

◎まずは本日の主役のプレゼンから。エエサイズの蟹が三杯。こちらも三人ですから、一人一杯の勘定ですね。
170210c 286

◎蟹はこれから調理に入るということで、しばらくは酒の肴で時間つぶし、、、とは言っても出されるお皿はどれも一級の出来具合です。
 最初は”ワタリ蟹河豚白子”
170210c 288

◎”鮑やわらか煮雲丹のせ”
170210c 295

◎”鴨のつくね餡ばちこタラの芽”
170210c 301

◎”カワハギのお造り”
170210c 308

◎そしてここからはまさに”蟹三昧”です。生、蒸し、茹で、焼き、炊き込み、、、、、本当にあの手この手で押し寄せてくる蟹の旨味、、、、
 言葉ではとても表現しきれないので、写真館でどうぞ。
170210c 306

170210c 317

170210c 323

170210c 329

170210c 321

170210c 330

170210c 336

170210c 350

170210c 354

170210c 360

170210c 365

170210c 373

170210c 371

170210c 379

◎それに合わせたお酒はこんな顔ぶれで。やっぱり、この蟹には日本酒、、、絶対の組み合わせですねえ。
 女将さん、板長さん、、無理を言ってゴメンね。でも、、、本当に堪能させていただきました。また次回もよろしくお願い致します。
170210c 304

170210c 315

170210c 332

170210c 363

170210c 352

170210c 341
スポンサーサイト

聖護院 嵐まる -才女との初デート-

私が嵐まるさんに行くときは大抵がソロ。だって、風呂上がりに突然思い立って「行ってみよ~!」となるからです。

でも、今回は違いました。嵐まるさんにもよく通っているというMさんが「今度、ご一緒しません?」と誘ってくださったからです。
う~ん、ちょっとドキドキするわあ。

なんと言ってもMさんは稀代の才女。あらゆるお酒に詳しいし、お茶に関しては「なんでそんなことまで知ってんの~!?」と言うくらい博学です。
更に、自分の知識欲を満足させるためには、たった一人でミャンマーの山奥にまで乗り込んで行くくらいの行動力も併せ持っているんですから脱帽です。

まあ、いろいろな話が飛び交ったんですが、ジンの原材料のジュニパーベリーから中国の臨安名産の山クルミの醤油漬けまで多種多彩。
私はMさんの話にいちいち頷くしかできなかったんですが、なんだか頭の中が新しい知識で満腹状態になったのを感じましたよ。

ところが、そんな状態だったものですからなかなか箸が動きません。せっかく大将が出してくれた料理に手がでないのです。
これには申し訳なかったなあ。

しかも、頭が満腹状態になってしまうと、お腹も満腹感を覚えるのでしょうか?
いつもよりも遥かに少ない注文で終わってしまいました。やっぱり、才女とのデートはバーでお酒を飲みながら、、、というのが一番良さそうですね。

◎いつもの嵐まるさんです。でも、今日はここで人との待ち合わせ。ちょっとドキドキするわあ。
170225c 044

◎ほどなくしてMさんと合流。突き出し三種盛りの下には、もう桜が咲いています。
170225c 046

◎一人では決して注文できない”造り盛り合わせ(二人前)” サワラ、太刀魚、活くるま海老、よこわ、のどぐろです。
 豪勢やなあ。
170225c 047

◎今回の大将が釣ってきた魚は”舞鶴産太刀魚” それを塩焼きでいただきました。脂ノリノリ!
 太いねえ。指4.5本クラスですね。舞鶴湾の太刀魚はほんとに貴重品ですよ。
170225c 051

◎私はいつもの”百年の孤独”をお湯割りで。これは冬の定番です。
170225c 054

◎更に”春野菜の天ぷら” よく見れば、大将が”しらうお天ぷら”を付けてくれていますね。
 おおきに!!
170225c 057

◎あとは”うどのてっぱい”や”イイダコ煮”などのおつまみ系を。
 今日はMさんのお話で満腹、満腹でございます。
170225c 062

170225c 059

おすなば -麻尾さんの新しいお店-

最初に出会ったのはもう何年前のことだろうか? 西田さんが祇園で開いた”クレープ”と言うお店ででしたよねえ。
その後、クレープが閉店し、しばらく顔を見なかったのですが、しばらくぶりに再会したのが三國さんのお店”祇園 MIKUNI”ででした。

そして最近聞いたニュースが「祇園でお店を始めたんだって、、、」
これは応援に突撃しない訳にはいきませんよね。

◎そのお店の名前は”おすなば”と言います。場所は四条花見小路を北に上がった花見会館の3階。
170216c 143

◎小さなお店です。実質的にカウンターで6席かなあ?
 祝開店のお祝いということで、景気付けにシャンパンを一本。美菜子さんがんばってね。
170216c 147

◎それにしても、ブルーノ・パイヤールは流石に美味しいわ。コクがとっても深いですね。
170216c 150

◎祝い事の昆布が粋ですねえ。末永く、このお店が皆さんに愛されて続いていきますように。
170216c 156

中国最新事情 02/17 -帰り便 NH952-

さて、いつものように慌ただしかった今回の出張も予定終了。出来具合は、、、イマイチだったなあ、、、
帰ったら、我が本部長様にどやしつけられるだろうなあ、、、でも、ベストは尽くしたから自分的にはOKです。

帰り便はいつものように杭州→関空のNH952便。乗り慣れた機材です。
定席の非常口前座席に陣取って、脚を伸ばしてゆったりとしながら、明日からの日常業務に備えましょうか。

◎杭州空港のラウンジでちょっとほっこり。軽くビールを飲みながら、メールチェックや日本のニュースを読んでみたり、、、
170303c 219

◎それにしても、中国では自分のPCへのファイヤーウォールは完璧にしていなくてはいけませんね。
 このラウンジでも市内のホテルでも、いろんな攻撃がビシバシ飛んできますから。

 この地では、自分を守るのは自分しかいないんですよ。←PCだけじゃあないけどね
170303c 218

◎さあ、機材の用意もできたようだし、そろそろかなあ?、、、なんて思っていたら40分のディレイのアナウンスが。
 航空管制からの待機指示だそうです。北京-上海の空はいつも大混雑のようですね。
170303c 222

◎ようやくテイクオフ。ANAの地上職員の皆さん、今日もお仕事ご苦労さまです。
170303c 228

◎姿勢が安定してからの機内サービスはこんな内容でした。
170303c 230

◎麺類のうどんがついているのは嬉しいんですが、これが美味しくないのがちょっと問題だよなあ。
 以前のように、素麺にしても良いと思いますよ。
170303c 234

170303c 236

170303c 235

170303c 243

170303c 237

170303c 238

◎機内の混み具合は85%かな?週末便はやはり搭乗率は高いようですね。
170303c 248

中国最新事情 02/17 -携帯決済 花盛り-

最近ではあまり聞かなくなりましたが、中国は偽札大国です。まあ、パッチモン、、、いわゆるコピー品がどこにでも横行していますから、お札のコピー品があることも、ある意味ではアタリマエのことなんでしょうけどね。

そんな中国で、若者を中心にどんどん広がっているのが”携帯決済”です。スマホでサラッと支払っちゃうやつですわ。
日本ではアップルが”Apple Pay”を始めましたし、”楽天PAY”、”LINE Pay”も出現していますよね。

これなら現金を触ることがないので、根本的に偽札問題とは無関係でいられます。小銭を持ち歩く必要もないのでお財布も軽く済みますよね。
更に、中国での最高額紙幣は100元。日本円で1600円ですから、ある程度のお金を持ち歩こうとすればすごくかさばるんですよ。

今回の出張で、高速鉄道の列車待ちにケンタッキーでコーヒーを飲んだのですが、同行してくれた中国スタッフもサラッと”WeChat Pay”でお支払い。
あまりにも簡単そうに見えたので、次回は私もチャレンジしてみることにしようかなあ?

◎一見、日本にもあるようなKFCに見えますが、、、、
161211c 165

◎こんな看板に注目です。この左端のLINEぽいマークが「WeChat Pay使えます。」の印。
161211c 166

◎スマホでかんたん決済。なかなか便利で安全です。特に中国ではね。
161211c 164

◎ああ、あと30分。コーヒーでも飲みながら待つことにしましょうか。
161211c 167

中国最新事情 02/17 -火鍋のフリーダム-

中国へ出張すれば、必ず一度は食べる料理が火鍋です。私が特に好きな具材は羊肉と太い春雨ですね。
スタッフみんなとワイワイ話をしながら、ハフハフと口に頬張る温かい鍋料理は冬の風物詩と言っても良いでしょう。←夏でも食べられますけどね

ところが、ここで問題になるのが火鍋のスープ。まあ、火鍋で一番肝心なことなのですが、真っ赤な辛いスープもあれば、真っ白いスパイスが効いたスープもあります。
ここで意見が別れるんですよ。我が本部長様は「辛ない火鍋なんて話にならん!」と怒り出すし、私は私で辛いのに弱いですから「それじゃあ、別行動で、、、」と逃げ出すわけです。

そんな事情を知ってか知らずか、最近では一人火鍋のお店が増えてきていますね。多分、中国の人でも同じ問題を抱えていたんでしょうね。
今回は、中国会社の女性スタッフCさんがお勧めしてくれた火鍋屋さんに行ってみました。なにしろ彼女は「常州中の火鍋屋を制覇した!」と豪語するくらいの火鍋通。

期待に胃袋はパンパンに膨れ上がってますが、とりあえずは突入してみましょう。

◎お店の名前は”徳天肥牛” このビルの3階ワンフロアがお店になっています。
170303c 147

◎注文はすべてiPadで。スープはこんな5種類から選べます。私は右上の椎茸スープをチョイス。
 他の人達は右下のトマトスープを。辛いスープを選んだ人はいませんでした。
170303c 148

◎タレも自分で作ります。店内にタレのコーナーが有って、そこで自分流に混ぜ混ぜ。
 これが結構楽しいんですよ。
170303c 150

◎私は2種類調整してみました。。左がゴマドレッシング系。右がXO醤系です。
170303c 153

◎さて、私の一人鍋が到着。テーブルに組み込まれている電磁調理器の上に置けばそのまま温められる、、、というスタイルです。
 170303c 168

◎さあ、具材もテンポよく到着し始めました。白酒でみんなと乾杯しながら、自分の食べたい具材を自分流に温めて食べる、、、
 これこそが、火鍋における自由主義、、、「火鍋のフリーダムやあ!!!」と叫びたい気分です。

 大鍋だと、私が投入した肉がいつの間にか誰かに食べられてしまっていた、、、なんてこともありますが、この一人鍋なら「私のものは私のもの。」ですから、変なストレスもありませんしね。
170303c 151

170303c 154

170303c 157

170303c 158

170303c 162

170303c 169

170303c 172

170303c 176

170303c 182

170303c 184

170303c 185

170303c 187

◎気がつけば、お店はとっくに満席に。流石に”火鍋マエストロ”のCさんお勧めだけのお店のことはありますねえ。
 今度は、みんなが美味しそうに食べていたトマトスープに挑戦してみようかなあ?
170303c 186

中国最新事情 02/17 -常州雑景 亀を売る人-

中国の市場では、生きた動物が何種類も売られています。生きていれば腐りませんからね。
腐らないということは冷蔵庫がいらないということで、電気代もかからないですから経済的というわけです。

そんな動物は南に行くほど種類が増えて、広州などでは「ここは動物園?」と間違えてしまうくらいの多くの猿、蛇、熊、、、
魚や鳥なんかは、もうどれだけあるのかさえわかりません。

それらはもちろん食用です。日本では天然記念物に指定されているような雷鳥やカモシカなんかも堂々と売られています。
でも、、、ペンギンはまだ見たことがないなあ、、、ペンギン、、、食べたいなあ、、、

それはさておき、ある昼下がりの国道で亀を売っているオッチャンを見ました。その亀ですが、甲羅だけで50センチはあろうかという大物です。

◎その写真がこちら
170303c 143

なかなか泰然とした売り方ですよねえ。大声を上げるわけでもなく、ただ、木から吊るされた亀を持って座っているだけ。
この亀を見たドライバーが車を停めて降りてきて、そこから価格交渉が始まるんでしょうが一体いくらで売られるんだろう?

興味を持ったので、同乗していた会社の中国人スタッフに話をしてみると「ダメダメ、あんな亀はどこかの養殖池から盗んできたものだから汚いし、臭い。」
「本当に食べる気なら、ちゃんとした市場で買わないとダメだよ。」

通り過ぎたあとも振り返って、誰か買う人はいないかと見ていたのですが、私の視界の中では停まった車はありませんでした。
結局、あの亀に買い手は付いたんだろうか??? その日の午後はずっと気になっていましたよ。

それと、こんな売り方を日本でしたら、動物愛護団体かなにかから訴えられちゃいますよね。

◎私はスッポンだと思いこんでいたんですが、あとで写真をよく見れば、これはスッポンじゃあないですね。
 こんなに太い尻尾の亀は日本にはいないよなあ、、、そう考えると、やっぱりあの時に私が買って食べてみるべきだったなあ、、、惜しいことをしました。
170303c 145

中国最新事情 02/17 -杭州で沖縄料理-

今年最初のブログにも書いたのですが、私の今年は負の連鎖で幕を開けました。
そしてそれは、、、どうやらまだまだ継続中のようです。

そもそも、今回私が中国に来た理由の一つは私自身の尻拭いのため。身から出た錆とでも言うのでしょうか?
私が立案した、あるプロジェクトと言うボールを投げたのですが、そのボールを誰も受け取ってくれずに地球を一周して、私の後ろから私の後頭部に激突した、、、と言うようなイメージです。

まあ、所詮人間なんて最後はひとりぼっち。頼りになるのは自分自身しかいませんからね。←相当いじけてます

でも、その尻拭いにかなり時間がかかりました。当初の予定では午前中に仕事を終わらせて常州へ移動するはずが、仕事にキリが付いたのが午後の5時。
コレではとても常州まで走れないと、杭州でもう一泊することにしました。それでも杭州到着が夜の9時ころになったんですけど、、、

このブログでも度々書いていますが、中国の中華レストランって、ラストオーダーが9時ころなんです。
ですから、夜遅くの食事は結構困るんですよね。

そんな時に頼りになるのが日本食のレストランです。今回は、我が総経理様から教えてもらっていたホテル近くの沖縄料理のお店へ行ってみることにしました。
情報によれば、マネージャーも日本人だそうですから、そう間違った料理も出してこないだろうということで、、、

◎杭州友好飯店というホテルの並びにできた沖縄レストランです。名前がよくわからないなあ。
170303c 098

◎どうやら、店名は”ちばりよ~”と言うらしい。この漢字名はアテ字でしょうか?
170303c 105

◎店内は結構混んでいます。若い人が多いなあ。まあ、遅い時間帯だからね。
170303c 101

◎まずはビールで、今日一日の疲れを流しましょう。おつかれさま~!←あ~あ、肉体的だけでなく、精神的にも疲れたなあ
170303c 103

◎あとは適当な料理と泡盛でお腹を満たしました。味としては悪くはないな。
 ただ、ひとこと言いたいのは、島豆腐が普通の冷奴だったこと。これは許せませんね。
170303c 108

170303c 111

170303c 113

170303c 116

170303c 118

170303c 120

170303c 122

170303c 124

170303c 126

170303c 128

170303c 129

170303c 132

170303c 134

170303c 137

◎実は、定宿にしているホテルの日本料理レストランが撤退したんですよ。ですから、ホテルの外のこんなレストランを知っておくのはとっても大事。
 ここ以外にも、何軒かの新しい日本料理店もできているそうですから、今度来たときにはその探訪もしてみようと思います。
170303c 138

中国最新事情 02/17 -これはマジなんでしょうか?-

杭州市での仕事を夕方に終わらせて、同じ浙江省の金華市にまで約2時間で移動。
ここである会社を訪問です。目的は、最近この会社に勤め始めた日本人技術者に会うため。

まあ、業界の情報収集と言ったところですが、せっかく会ったということで夕食を一緒にすることにしました。
Gさんも久しぶりに日本語を話すのが楽しそうだったしね。

Gさんの情報によれば、ここ金華市には日本人はGさん以外には見たことがないそうです。
日系の会社も無いとか。

そんな金華市ですが、一件だけ日本料理のレストランがあるそうで、私も興味があるので行ってみることに。
そこで「これはマジか?!」というようなものに眼が釘付けになっちゃったんですが、それは、、、、

◎お店の看板は中国漢字で”万歳料理 回転寿司”と書かれています。
 ホンマに日本料理屋なんやろか?
170303c 095

◎店内はセンターに回転寿司のカウンターがあって、その周りにテーブル席が並ぶという一般的な作りだったんですが、何気なくメニューを見てびっくりしました。
 それは、その料理の日本名。どうして刺身の盛り合わせが”ガラスのエビのガラガラ”なん?
170303c 082

◎まだまだあります。これは”ゼリーのプリン” ゼリーとプリンは本来別物のはず、、、
170303c 084

◎日本酒の菊正宗なんて”本物のチュ”ですぜ!! なんで??
170303c 085

◎”ウナギ肉食事” どう考えても牛肉なんやけど、、、
170303c 086

◎私的にサイコ~!!に盛り上がったのがこれ!!”デブ女のミートグラタンご飯”
 このネーミングのセンス、、、脱帽です!!
170303c 088

◎そして、これが一番私が惹かれた料理”イルカ軟骨石料理”
 イルカの軟骨、、、食べてみたい~!!
170303c 089

◎”財ポット食事” もうこうなったら、こんなネーミングでは驚かなくなってしまいました。←感覚的に麻痺したんやね
170303c 090

◎”寒い小麦粉”、、、ざるそばは、、、こうなりますわね。←ホンマか?
170303c 092

◎トドメはコレ! ”風が鮭の頭を焼く” なんて詩的なんでしょうか!!
 絶対にマーケティングのプロが関わっているに違いない!!
170303c 094

◎”万歳寿司” 恐ろしいお店です。もしこのネーミングがマジだとすれば、このままのスタイルで日本に上陸して欲しい。
 案外、最近の日本の若人たちにオオウケするかもわかりませんよ。

 まあ、日本人が住んでいない街でこの日本語を理解している人が何人いるのか知りませんが、、、
 最近ブログネタに困っている中国最新事情なんですが、解決策は地方都市にあるのかもしれませんね。
170303c 093

中国最新事情 02/17 -宴のあと-

久しぶりに”完全二日酔い”を食らってしまった。どうやってホテルに帰り着いたかまったく記憶なし。
でも、中国の場合は運転手さん付きの車がホテル出口で待機してくれていますから、みんなを自宅へ送り届けた後で私をホテルまで連れて帰ってくれたんでしょう。

このホテルも杭州での定宿にしてから10年近く経ちます。日本人スタッフも顔なじみだし、古手の社員たちともにこやかに挨拶を交わす様になりました。
そんな人の中に、いつも朝食を食べる時に挨拶をするキッチンのおばちゃんがいるんです。

彼女の受け持ちは麺類コーナー。今日はいるかなあ??、、、いるいる。朝食は麺に決定です。

彼女との挨拶は「おはよ!!」です。更に、今日は握手までしてしまってテンションはアゲアゲ!
彼女に任せておけば、なんにも言わなくても私の好みの麺を茹でてくれるんです。

さあ、それを食べたあとは、少し頭はボゥ~っとしてるけど、今日も一日市内を走り回りましょう。

◎今日の朝食は、麺、野菜サラダ、納豆、ほうれん草のおひたしです。健康的やなあ。
170303c 069

◎おばちゃんの麺はいつも具がたっぷり。すごいボリュームです。
170303c 071

◎下半分にこんな麺が隠れています。
170303c 073

◎米粉の平打ち麺が私の好み。おばちゃんはきちっと覚えてくれているんです。
170303c 078

中国最新事情 02/17 -思い出話に花が咲く-

今回の出張は単独行動。我が本部長様のお供をする必要が無いので比較的自由に予定を立てれます。
そこで、もう10年以上も前から知り合いになった連中で集まろうということになって、その幹事をMさんにお願いしていたのです。

このMさん、今では杭州市でも超有名な公認会計士になってしまって、いまや飛ぶ鳥を落とす勢いです。
また、それ以外の連中も市の要職についているRさんやCさん。党の大幹部になってしまったKさんやCさんなどのお歴々がズラリ。

みんな偉くなってしまって大したものなのですが、最近の習さんの公務員締め付けによってかなり苦労されているよう。
今晩は、そんなウサを晴らす意味でもドバ~!!っといきましょう。←ただし、顔出しNGね。

Mさんが用意してくれた会場は、最近発展著しい杭州市の南、銭江新城地区にできたホテルの離れ家。
たしかに、みんなに顔を見られずに集合できる秘密の場所です。Mさん、グッジョブ!

いやあ、楽しかったなあ。昔、日本から日本酒を持ち込んでみんなで飲んだところ、この中の誰かが公園の木に登ってずっとセミの鳴きマネをしていたことや、奥さんが交通局に努めていたために、ずっと車の移動を監視されていて浮気がバレたことや、etc、etc、、、、

みんな若かったんだなあ。無茶もやったけど、思い切り仕事もした。みんなで激動の時代を駆け抜けましたねえ。
次回はどんな顔を見ることができるんだろ? いつになるかはわからないけれど、今度会うときまで、皆元気でね。

◎新しいビルが次々と建つ銭江新城地区。このビルなんか、ブルゴーニュボトルを縦割りにした形です。
170303c 020

◎こっちは宇宙船風のビル。最上階は、きっと回転レストランでしょうね。
170303c 030

◎Mさんに指定されたホテルに来てみると、、、このホテル、中国の囲碁の団体が経営しているようです。
 一階には博物館も。
170303c 022

◎私は囲碁をやったことがないのですが、なかなか奥が深い事は理解しています。
 そんな囲碁の歴史を学ぶことができる施設ですね。
170303c 023

170303c 025

170303c 026

170303c 027

170303c 028

170303c 029

◎さあ、宴の始まりです。ここからは写真館でどうぞ。
170303c 033

170303c 035

170303c 039

170303c 040

170303c 042

170303c 043

170303c 044

170303c 046

170303c 048

◎この三品。アヒル、川魚、うなぎはホテルの前を流れる大河、銭塘江の名物料理だそうです。
 確かに美味しい。うまく河の臭みを消しています。
170303c 050

170303c 052

170303c 056

◎特に今回の料理は全体的に色彩が素晴らしかったですね。眼でも味わうことができました。
 Mさん、、次回もよろしくね。
170303c 055

170303c 057

170303c 060

170303c 062

170303c 063

170303c 065

中国最新事情 02/17 -自分につくづく嫌になるとき-

今夜の宴会のために「機内サービスはパスやで。」と自分の心に言い聞かせて機上の人になったというのに、、、
ワゴンが横を素通りしていくのが耐えられなくって、ついつい手を出してしまった意志の弱い私、、、

もうとっくに還暦を越えてしまっているのになあ。まだ大人になれてへんなあ、、
目の前にある美味しそうなプレートを見てため息。でも、こうなったら食べない訳にはいきません。

「お残しは、ゆるしまへんでえ、、、(忍たま)」の精神で行きましょう。

◎トミカの”はたらくくるま”シリーズさながらの光景ですな。
170303c 001

◎搭乗率は70~80パーセント位かなあ?相変わらずの高搭乗率です。ANAのドル箱路線かも?
170303c 018

◎”一路風順” 調子良く飛ばしていきますねえ。これなら15分位のディレイは取り戻してくれるでしょう。
170303c 004

◎さて、問題の機内サービスです。←どこが問題やねん?
本日のメインは”オムライス&ハッシュドビーフ”
170303c 005

◎全体はこうです。なかなか華やかな彩りですねえ。
170303c 007

◎真ん中の玉子でくるまれたオムライスのオイリー感が少しエグいなあ。ハッシュドビーフとのダブル高カロリー感満載。
  これだけで今晩は乗り切れそうな重さ。
170303c 010

◎さらにミートボール付き。今日はどんだけ肉肉しいねん?!
170303c 011

◎生サラダは、レタスの下にしっかり白菜が隠れていてボリュームアップに貢献していますね。
170303c 012

◎いつもある乾き物。ビールには良いでしょうね。
170303c 013

◎そして、私は決して手を出さない意味不明の物体。グラッパがここにあれば、話は別だが、、、
170303c 014

◎サラダにドレッシングを掛けて、その空いたスペースにおつまみを開ければ戦闘態勢完了です。
 ああ、、、今日も食べてしまう、、、、←後悔するくらいやったら最初から手を出すなよ
170303c 017

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-03 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad