まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

オリビエ・クリュッグ@祇園 多麻 -宴のあとはしっとりと-

めったに京都に来ないオリビエですから、この機会を逃す私ではありません。
メーカーズディナーが終わってホッコリしているオリビエを拉致して、祇園の多麻さんへ。

聞けば、今回の出張でも休日というものはまったく取れないスケジュールだそうです。
いまやクリュッグの広告塔になってしまった感のあるオリビエですが、身体には気をつけてほしいなあ。

せめてこの夜は羽根を伸ばしてもらおうと、多麻のお母さんにお願いして綺麗どころを揃えてもらいました。
数年間は日本で生活したことのあるオリビエですから、京都の文化にも充分造詣が深いのですが、やはりリアルな舞妓や芸姑の立ち振舞には感心した様子。

次回も是非、こんな場を作ってもらいたいと切に願って、彼をホテルへと送り出したのでした。

◎口開けは”まめ鈴”さんの笛から。彼女の笛の音色の切なさと激しさは心に刺さりますねえ。
170405c 327

◎恵里葉もすっかり立派な芸姑になりましたね。あの泣き虫だった娘がねえ、、、←完全に父親目線です
170405c 329

◎モエ・ヘネシーの社員さんにも遠慮してもらっての、完全プライベートな時間でした。
 楽しい話もいっぱいできたし、お互いの健康を祈って場は終わりましたが、少し切なさが残ったのは、、、どうしてなんだろう?

 お母さん、多麻の皆さん、ありがとうございました。お付き合いくださった我が本部長様にも感謝です。
 そして、、、また私のダブルマグナムを使ってしまった。そろそろストックが切れかけているので、補充をしておかなくっちゃあ。

 ここで業務連絡です。このブログはしばらくお休みをいただきます。すり減った心を癒やすための充電期間を少しだけください。
 再開日程はまだ未定ですが、一ヶ月以内にはなんとかしたいと思っています。それまで、みなさんもお元気で、、、
170405c 330
スポンサーサイト

クリュッグ・メーカーズディナー@カーヴ・ド・K -ヨーゼフ・西田登場-

かなり頻繁に日本に来ているらしいオリビエ(第六代目当主)が京都でメーカーズディナーを開くという噂を聞きつけた私は、一瞬にしてリアクションバイト。
しかも、場所が勝手知ったるカーヴ・ド・Kならなおさらですよね。

久しぶりに会ったオリビエはお腹周りがかなり成長したみたいだけれど、相変わらず人懐っこい笑顔でチャーミングです。
私は彼の趣味が釣りなのを知っていますから、今回もシーバスフィッシング用のアイテムをプレゼント。

すると、今度は彼が凄い勢いでバイトしてきたものですから、もう少しで会そのものをぶち壊してしまうところでした。
シャンパーニュの説明をしなければいけないのに、私との釣り談義に夢中になっちゃったんですから、、職場放棄するんですよね。

まさか、ここまで食いつくとは、、、
参加されていた皆様方、、、申し訳ありませんでした。

更に、クリュッグを創設した初代当主のヨーゼフも現れるというハプニングも有り、今までの肩肘張ったワイン会ではない和気あいあいとした雰囲気で終始できたのはとっても良かったですね。
「夏休みにフランスに来いよ。一緒に釣りしようぜ。」と言ってくれたので、半分真剣に予定を立てようかなあ、、、なんて思っている今日このごろです。

◎カーヴの玄関にこんな装飾が、、、クリュッグのコーポレートカラーの野菜ですかあ。
170405c 267

◎店内もイメージカラーが溢れています。
170405c 269

170405c 271

170405c 272

◎そして、テーブルには初代当主ヨーゼフ・クリュッグの肖像画も置かれていました。
170405c 273

◎すると、どこからかヨーゼフ・西田が登場。やっぱり、この人は変なおっさんやったんやわ。
170405c 276

◎これには、オリビエも苦笑するしかないご様子。
170405c 278

◎でも、このへんなおっさん、よく働くんですよね。これには感心です。
170405c 280

◎今回のテーマは”クリュッグと音楽”。クリュッグがアプリを作ったそうなんですが、音楽によってシャンパーニュの味が変わるという面白い提案でした。
170405c 282

◎さっそく私のスマホにダウンロードしたのですが、うまく動きません。「こんなアプリ、デキが悪いわ。」とブーイングすると「オマエのスマホがおかしいんじゃあないの?」なんて言い返されてしまいました。
170405c 303

◎まあでも、会そのものは大成功でしたね。世界中を飛び回っているオリビエですが、今度はいつ来てくれるのかなあ?
170405c 326

◎それでは、シャンパーニュと御料理は写真館でどうぞ。グラン・キュベの写真がありませんが、私はグラン・キュベをチェイサーとして、他のシャンパーニュを飲んでいたもので、、、
170405c 284

170405c 287

170405c 285

170405c 293

170405c 296

170405c 298

170405c 299

170405c 300

170405c 302

170405c 304

170405c 311

170405c 312

170405c 314

170405c 316

170405c 320

蛯名三奈さんとの出会い@麦家 -コンペティション優勝者のジンに酔う-

九州男児と言えば、イメージは豪放磊落な酒豪。なにしろ、九州のどこに行っても美味しいお酒が出てきますからねえ。
ところが不思議な事に、我が社の現地社員は下戸揃い。一体どうしてなんでしょう?

仕方がないので、私が九州に出張した時は一人で飲み歩くことにしています。知らない街を彷徨いながら、新しい出会いを期待した一人飲みも悪くはないですよ。
「寂しくないか?」って? 案外、私は孤独を愛する男なんです。←単なる強がりやな

でも、私が食事を終えてまず初めにすることは、、、リーガ大阪の古澤くんに電話をすることなんです。
彼のコネクションは全国津々浦々にまで行き渡っていますから、私がその町の名前を言っただけで「ああ、それなら***がお薦めですよ。」と、必ず返事を返してくれるのですよ。

この宮崎でも対応は一緒。「橘通西3丁目の”Wine&Bar 麦家”へ行って、蛯名と言う女性バーテンダーに挨拶をしてこい。」
では、さっそくそこへ向かいましょう。

そしてそこで、私は素晴らしい人とジンに引き合わされたのです。こんな出会い、、、私は大好きです。
古澤くん、、、感謝しま~す!!

◎商業ビルの2階にある”Wine&Bar 麦家” カウンターは7席くらい。他にはテーブル席が4卓くらいの小さなお店です。
170510g 058

◎そこで私を迎えてくれたのが蛯名三奈さんです。古澤くんが連絡を入れてくれていたので、こんな見ず知らずのおっさんにもこの笑顔。
 一瞬で惚れました。
170510g 061

◎まずはお手並み拝見ということで、ハーパーのハイボールをダブルで。
170510g 059

◎古澤くんとのお互いの出会いなんかを酒の肴にして会話は弾んでいたのですが、カウンターにおいてあったこんな記事を見つけてしまいました。
 なになに、、、BOTANISTと言うジンメーカー主催のカクテルコンペで優勝したんですかあ。

 公式ページはこちら。彼女が作るカクテルの動画も見れますよ。
170510g 060

◎早速、そのジンでジントニックを作ってもらいました。う~ん、美味しい。和風を感じるジンだと言えばよいのでしょうか?
 柚子の香りが鼻をくすぐります。さらに、ボトルの底に沈んでいるのは、、、、おっと、これ以上は言えませんね。

 どうぞ、ここ宮崎に来て、彼女に作ってもらってくださいませ。そうすれば「おおっ!? これかあ!!」と感激することを請け合いますよ。
170510g 063

◎お店は蛯名さんと、もうひとりの女性バーテンダー緒方唯さんが皆さんをお待ちしていますよ。
 こんなツートップの女性バーテンダーがいるお店なんて、、なかなかないですよね。是非どうぞ。
170510g 066

みやざき料理 わおん -宮崎地鶏は宮崎焼酎にピッタシ-

鹿児島で二件の得意先訪問のあと、宮崎市へ強行移動です。次の日の行動を楽にするためですわ。
宮崎市、、、私にとっては13年ぶりの訪問になりますね。←空港からゴルフ場への直行は結構あるんですけど、、、

少し遅いチェックインになったので、荷物を部屋に放り込んですぐに市内へ。目指すは一番街です。
飲食店が集まっているのはこの周辺だそうですよ。

お目当ての有名店は定休日ということでおやすみ。仕方がないので、その周辺を散策すると、あるわあるわ”宮崎郷土料理”の看板を掲げたお店が軒を連ねています。
未知の土地でのお店選び、、、こうなったら、自分の嗅覚を信じるしかありませんね。

結局選んだお店は、定休日で休みだった有名店の真向かいのお店。有名店に対抗しているかのような店構えにちょっと惹かれたもので、、、
ここで、宮崎名物の宮崎地鶏をいただきましょう。

◎一番街にはたくさんの鯉のぼりがかかっていました。なかなかきれいですね。
170510g 017

◎”みやざき料理 わおん”というのがそのお店の名前です。なかなかの大箱でしたよ。
170510g 049

◎とりあえずは、いつもの一杯。K君、長時間の運転、お疲れ様でした。←アンタは横で寝てばっかりやったな
170510g 019

◎付き出しで出てきたのは、こんな小鉢と”メヒカリの天ぷら”と”トマト”。
 トマトにマヨネーズって、我が家では絶対にない組み合わせですが、九州では当たり前だそうです。
170510g 020

170510g 022

170510g 023

◎最初は”宮崎牛のたたき”。流石に美味しいですね。でも、今日は地鶏の方に興味が、、、
170510g 025

◎”地鶏の刺身 三種” ささみ、肝、胸肉です。正直言って「これは!!」と言う特徴なし。新鮮でしたけどね。
170510g 039

◎まずは定番の”地鶏の炭火焼” 硬さが凄い!思い切り噛み締めなくては、、、でも、そこから出てくる滋味は”名物”と名乗るのに不足はありませんね。
170510g 029

◎こうなったら地元の焼酎を。黒木本店の”山猿”をお湯割りで。
 同じ黒木本店の麦焼酎”中々”よりも一段濃く感じますね。美味いわあ。
170510g 032

◎ここで”チキン南蛮”登場。同じ鶏とは思えない柔らかさ。この素材はいろいろな顔を持っているようですね。
170510g 026

◎”地鶏のももたたき” あっさりとした味が意外です。柚子胡椒が好相性。
170510g 034

◎”地鶏のせせり炭火焼き” せせりのコリコリ感が好きやわあ。首ってかなり運動してるんですねえ。
 それにしても、焼酎に合うような味の作り方、、、さすがに九州ですね。
170510g 036

◎〆には、これまた宮崎名物料理の”冷や汁”。冷たい味噌汁をご飯にかけるなんて、、、ねこまんまやんかあ!
170510g 043

◎ところが、これが予想外に美味しいんですわ。少し味も濃いところが特徴かな?
 それに、胡瓜が良い仕事をしてますねえ。この青臭さがやみつきになりますわ。
170510g 047

御用づとめで九州へ -鹿児島までひとっ飛び-

ゴールデンウィークが終わったと思ったら早速の出張命令が。今回は南九州です。

伊丹空港から鹿児島空港へはたったの70分。
東京へ行くよりも早く移動できるのが飛行機の利点です。今回もANAのマイルを貯めるために全日空で。

◎鹿児島ではすぐに客先訪問ですから、搭乗前のアルコールは御法度。
 それなら、ビール以外に大したものがないANAラウンジよりはスタパのほうがよっぽどマシです。

 最近の出張で使っている軽量タブレットでニュースを読みながら、カウンターでコーヒーを一杯。
170510g 008

◎機材はB737-500。”スーパードルフィン”の愛称がある機体ですね。
170510g 011

◎ANAは今日も定時運行。これも理解ある乗客のおかげ、、、のはず。
170510g 012

◎この機材では10番のシート列が狙い目ですよ。非常口の横なので、他のシートよりは足元のピッチが広いのですよ。
 私にとっては、この足が伸ばせるのがありがたいんですよね。
170510g 072

◎今日の搭乗率は80%位かな?殆どがビジネスマンです。
170510g 016

◎デコポンジュースを飲みながら、今日の仕事のシミュレーション。
 ドジを踏まないようにしなくっちゃあ。
170510g 014

聖護院 嵐まる -桜まつりもひと段落の頃-

岡崎、平安神宮近辺は桜の時期は大勢の観光客でごった返しています。
私なんか、その雑踏を避けるために、わざわざ今出川通にまで一旦北上してから西に向かうことにしているほどです。

ですから、聖護院にある嵐まるさんもお客さんが一杯。
満席で入店できない日々が続きます。

そんな時は、私はじっと我慢。お店がなくなってしまうことはないんだし、こちらはいつでも行けるんだから、、、
なんて思って、4月の月末の桜が散ってしまうまで待ってからの訪問です。

◎お店の前にはももの花が咲いていましたね。
170426g 005

◎まずはいつものレモンチューハイ。その後は”孤独のお湯割り”と言う定番の流れで。
170426g 009

◎おおっ! 鯉のぼり。もうすぐ5月かあ。
170426g 010

◎まずは、先だって届けておいた舞鶴での釣りモンの”オニカサゴ”をお刺身で。
 上品な白身ですねえ。
170426g 012

◎しかも、下のお皿の色がきれいに見えるほどの透明感。船上で見た時は、そのグロテスクな姿にびっくりしたのですが、この美味しさには脱帽です。
 次回の釣行からは、もっと積極的に狙うことにしましょう。
170426g 020

◎次にお願いしたのは”尾鷲ひと粒牡蠣(直送品)”と”活ホッキ貝(北海道)”。
 尾鷲の北村さんが送ってくれたそうですが、小さいのに味の濃さは一級品ですね。
170426g 022

◎ピントがずれて写ってしまったので、アップでホッキ貝を。
 ”特大”というだけのことはある食べごたえ。
170426g 025

◎ヒモは焼きにしてもらっています。甘さが増して美味しいねえ。
170426g 028

◎”オニカサゴの煮付け”登場。
 カサゴ系の煮付けはテッパンの美味しさですね。特に頭が好き。
170426g 035

◎”桜海老と九条葱の和風ちぢみ” あっさりとポン酢で食べるのが好きです。
170426g 038

◎〆には”和牛いちぼステーキ丼(ご飯少なめ)”を。
 やっぱり、このお店はホッコリしますわあ。
170426g 048

桜鯛@バー・K6 -やっぱりプロにはかなわない-

なにしろ釣れすぎちゃった桜鯛。我が家だけではとっても手におえません。
でも、まったく心配無用なのは喜んで引き取ってくれるところがあるからですよ。

その中の一つが”バー・K6”。バーなのに、ちゃんと修行を積んだシェフがいるので、立派なディナーも食べることができると言う貴重な存在です。

一旦家に帰ってお風呂で疲れを取ったあと、ホッコリしようとお店に行ってみると、、、
さっそく”桜鯛のカルパッチョ”が登場。

流石に仕事が速いなあ。しかも、きれいにビネガーの風味が乗っているところが凄い。
どうやってるんだろ?

いずれにせよ、やはりプロの仕事は大したものですね。
私が居酒屋をやる夢は、、、当分の間は封印しておきましょう。

◎私の席は”K6グループのNO.1釣り師”の長谷川くんの前と決めています。
 なにしろ、彼女はプロ漁師からお墨付きをもらっていますからね。この日も、釣り談義に花が咲きます。

 飲み物は私の好きなC.C.から。
170426g 063

◎すると、シェフからこんなお皿の差し入れが、、、
170426g 060

◎ピチットシートを使える時間はなかったはずなのに、どうしてここまで身が締まっているんでしょう?
 多分、ビネガーの使い方なんだと思うんですけどねえ。私では無理だわ。
170426g 059

◎あとは、歯医者さん系のモルトをいくつか。珍しいボトルも長谷川くんが勧めてくれましたよ。
170426g 064

まなゆうクッキング@桜鯛 -お料理紹介編-

それでは、私が作った桜鯛ベースのお料理を紹介いたしましょう。

◎まずは、一番最初に作りたい”お酒のお供”です。
 ★肝の甘辛煮 ナンプラーを隠し味に入れています。生姜との相性も抜群
170501g 043

 ★鯛の子煮 オーソドックスな醤油、酒、味醂の組み合わせ
170501g 054

 ★鯛皮ポン酢 私の定番”旭ポンズ”でバッチリです
170501g 062

 ★鯛の生ハム ピチットシートとご覧の調味料で一晩寝かしましょう
170504g 007

◎他にはおかずになる数種類を。
 ★鯛のお刺身 これもピチットシートで2時間寝かしています
170501g 070

 ★かまの塩焼き オリーブオイルとレモンで食べるのが我が家の流儀
170503g 044

 ★潮汁 塩だけでなく、少し白出汁を足しています
170501g 079

 ★鯛兜の酒蒸し 鯛の頭からは良いお出汁が出ますねえ スープも最高
170503g 040

 ★鯛兜の甘煮 適当な味加減で作るのですが、いつもうまくいくのが不思議
170503g 049

 ★鯛ご飯 鯛の子を煮たお出汁で炊きました ちょっと色が濃いかな
170501g 090

◎鯛の鯛
 ああ、この一匹で十分満足ですが、冷蔵庫から全てがなくなってしまうと、、、
 また、釣りに行きたくなっちゃうよ。
170501g 087

まなゆうクッキング@桜鯛 -GWはのんびり過ごしましょう-

どうやら、世の中はGWに突入したみたい。私的にはあんまり関係ないですけど、、、
それというのも、月末にちょっと予定があるもんで、今は動けないんですよね。

多分、、、ゴルフ、バイクツーリング、釣りで終わるかなあ???←それで充分やと思うけど?
まあ、今週はゆっくりしようと思います。←どこが?

そこで、今週は先月からよく釣っている桜鯛のまなゆう流クッキングをご紹介しましょう。
今年はなかなか調子よく釣れているんですよねえ。

◎この釣行での四匹目。ちょうどよい大きさの雌の鯛ですね。今回はこいつを私が、、、
o0540096013918484609[1]

◎凄いべっぴんさんの雌です。この時期独特のきれいな色をしていますよねえ。
 大きさは53センチ。我が家での限界サイズです。←台所、小さいもんなあ
170501g 001

◎お腹はパンパン。これは、、、
170501g 003

◎やっぱり、、、お腹の中は卵がぎっしり。これが”のっこみ”の証です。←産卵直前と言う業界用語です
170501g 007

◎鯛って、鱈と同じでほとんど捨てるところがないです。
 捨てるのはこのエラと、鱗と、胃腸の内容物くらい。
170501g 013

◎ちなみに、このお嬢さんは私に釣られる直前にこんなカニを食べていたみたいです。
170501g 021

◎鯛の子だけでなく、こんな臓物もしっかりいただきますよ。
170501g 011

◎三枚におろして、白身は刺身用にこれだけゲット。さあ、どんな料理に使おうかなあ?
170501g 017

◎アラも、頭の先から尻尾まで捨てませんぞ!!←頭割るときはヒヤヒヤやけどなあ
 でも、我が台所は硬い鱗が飛び散って悲惨なことに。みんなが帰ってくる前にそうじをしておかなくちゃあ。

 次回はお料理紹介編です。
170501g 014

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad