まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

露庵 菊乃井 -記憶の彼方の4月-

GWはもとより、桜が咲く前の季節の記事になります。

いくらオールドヴィンテージが好きな私でも、こんな熟成は遺憾ですよねえ。
しかも、アルチューハイマーが記憶を支配してしまっていますから、もうほとんどなにも覚えていません。

申し訳ありませんが、完全写真館でお願いします。←コメント、無しかい!?

◎相変わらず、外国人客比率の高いお店です。今回も無理やり予約をねじ込ませていただいてイン。
 村田さん、丸山さんの両巨頭の真ん前のカウンターで楽しませていただきました。

 いつも書くことですが、このお店の素晴らしいところは、料理の流れがまるで交響曲。
 起承転結がうまく繋がっていることです。

 更に、真ん中で出てくるシャーベットまでが第一楽章。その後は第二楽章とイメージをガラリと変えてきているところ。
 これが素晴らしい!!

 相変わらずの、舌でも眼でも美味しい料理の数々。こういうお店は、私の野暮なコメントなんかむしろ邪魔でしょうね。←言い訳すんなよ
170405c 356

170405c 357

170405c 362

170405c 363

170405c 366

170405c 370

170405c 372

170405c 373

170405c 381

170405c 382

170405c 385

170405c 387

170405c 392

170405c 390

170405c 396

170405c 400

170405c 401

170405c 409

170405c 413

170405c 417

170405c 420

170405c 423

170405c 429

170405c 435
スポンサーサイト

ニッカウイスキー 宮城峡蒸溜所 -カフェ式連続式蒸留機にワクワク-

これからのブログ記事は時系列的にはグチャグチャになることをお許し下さい。
なんとか年内には元の流れに戻したいとは思っているのですが、、、

さて、ある休日、仙台市内から車で30分くらいかけて”ニッカウイスキー 宮城峡蒸留所”を訪問。
先日まで行っていたフランス・イタリア旅行(まだ記事にしてません。申し訳ありません。)でお勉強した”蒸留”というお酒の作り方の国内での実際を見るためです。

宮城峡蒸溜所はニッカウイスキーの余市蒸溜所に次ぐ二番目の蒸溜所。やはり、現地の水の良さが土地選定の要となったそうです。サントリーも同じことをしていますよね。
そして、ここには国内唯一の”カフェ式連続式蒸留機”が、現在も現役として稼働しているということが私にとって興味津々。早速見学ツアーに参加です。

残念ながら、カフェ式連続式蒸留機の実物の見学はできなかったのですが、見学ツアーの受付横に併設されていた資料展示室にあった精巧な模型と、詳しく解説された説明書で大まかな構造と原理は理解できました。
イーニアス・カフェと言う人が発明したので”カフェ式”と言われているそうですが、最初は「これでコーヒーも作れるんか?」と思っていた私はド素人です。

今の世の中は効率重視。かくいう私も、会社の中では「効率!効率! ムダ廃止!」と叫び続けているのですが、現在の最新式の蒸留機から見れば極めて効率の悪いこの蒸留機を、今もここで使い続けている理由は何なのか?
効率という言葉だけでは片付けられない何物かが生まれてくるとしか言えないのですが、その付加価値が”希少性”のような気がします。

30年後には、人口が1億人を切ってしまうと言われている日本。これからの企業の生き残り術は、この”希少性”なのかもしれませんね。←そこまで私は生きてませんけど

◎交通量の多い国道48号線のすぐ横にある蒸溜所です。
170603g 1322

◎まずは、見学ツアーを申し込むために今年に建てられたビジターセンターへ。
170603g 1323

◎ツアーまでは少し時間があったので、併設されている資料展示ゾーンへ。
 こんなポットスチルが出迎えてくれますよ。
170603g 1324

◎展示内容は、宮城峡蒸溜所の歴史や設備、蒸留原理などの細かな説明が精巧な模型やわかりやすい解説書を使ってなされています。
170603g 1325

170603g 1326

170603g 1327

170603g 1329

170603g 1333

170603g 1334

◎更には、熟成とウイスキーの味付けに重要な樽の説明も。
170603g 1330

170603g 1331

◎じつは焼酎が好みだというガイドさんの案内で所内を見学。最初の構想の時から電線は地下と決まっていたそうです。
 竹鶴一族は完璧主義者だったんでしょうねえ。
170603g 1335

◎実際に使われているポットスチルや熟成庫に眠る樽などを見学です。
170603g 1336

170603g 1339

170603g 1340

170603g 1343

◎そして最後は楽しみにしていた無料試飲を。こんな三種類を飲ませていただきました。
170603g 1345

170603g 1346

170603g 1347

◎更に、出口に待ち構えているのは”お土産物コーナー”。どうしても、なんか買ってしまいますわね。
170603g 1319

◎でも、私の眼はその奥にある”有料試飲コーナー”に釘付け。
170603g 1348

◎実際に香りを比較してみたり、、、
170603g 1316

◎ここでしか買えないという、三種類のスペシャルなシングルモルトを試し飲みです。これも一種の”希少性”?
 よ~し、三種類、全部買っちゃおう!←限定品に弱い体質やね
170603g 1318

中国最新事情 06/17 -キャプテン、頑張る-

1時間20分遅れで搭乗が始まったNH952便ですが、乗客の搭乗が完了してもゲートから動けず。
まだまだ、テイクオフの許可が出ないのです。

CAさんは乗客の怒りを抑えるために、臨時の飲み物サービスを開始。こうなったら、いつ出発できるのか誰にもわかりません。
私は開き直りの境地ですが、近くの日本人ビジネスマンは「新大阪からの新幹線に乗れないなあ。」とブツブツ。←その気持、わかります

ようやくテイクオフできたのは、更に30分後。トータルで1時間50分の遅れです。

でも、ここからのキャプテンの頑張りは特筆に値しますよ。
これから、関空までの2時間25分のフライト時間を30分も縮めたんですから。

それには、ある特殊なテクニックを使ったんだと私はわかっているんですが、果たしてキャプテンがそれを認めるのかどうかは、、、わからないですけどね。

それともう一つ、いつもはあるキャプテンのご挨拶の機内放送がありませんでした。
よっぽど神経を使って、時間短縮に一生懸命だったんだと解釈しておきましょう。ご苦労さまでしたね、キャプテン。

◎順調に荷物を積み込むNH952便。ここまではいつもの光景だったんですが、、、
170618g 117

◎長く待機させられたあとで、ようやく出発の許可が。ANAの地上職員もホッとしていることでしょう。
170618g 122

◎テイクオフしてしばらく眼下を見ているとあることに気が付きました。それは、この機体の真下に上海のプドン空港が見えたこと。
 慌ててシャッターを押したのですが、撮り損ねました。

 でも、そのことで、この機体はまっすぐ日本に向かっているのではないことに気がついたんです。むしろ、北上していて日本から離れていることに、、、
 スケジュールが遅れているにもかかわらず、わざわざ遠回りをしている、、、その意味は?

 ははあ、キャプテンは西寄りの高速風の偏西風に乗るつもりなんやあ。なかなかやりおるなあ。
 燃料を無駄に使わなくても、スピードを上げれるテクニックですねえ。

 細かなことを言えば、偏西風に乗るためには、通常よりも航行高度を上げなければいけませんが、それも計算の結果なんでしょう。
170618g 124

◎夕日がきれいな西の空です。こんな夕日を見れる時間にここにいること自体がまれですから、記念のショットをパチリ。
170618g 128

◎本日の機内は搭乗率が70%。比較的、ビジネスマンが多かったですね。
170618g 150

◎さて、機内サービスはこんな。杭州発の便の内容も変わり映えしなくなってきましたねえ。
 この美味しくないうどん、、、なんとかしてほしい。
170618g 134

170618g 136

170618g 137

170618g 138

170618g 139

170618g 143

◎ワインはチリカベ。バランスの良い果実味と酸味。
 コストパフォーマンスは抜群ですね。
170618g 012

中国最新事情 06/17 -ラウンジに釘付け-

杭州市内から杭州空港までは車で1時間弱。高速道路を使っても使わなくてもそれほど変わりません。
今回も遅延もなく空港に到着したのですが、、、

待てど暮らせど、搭乗案内が始まりません。おかしいと思ってラウンジの受付で聞いてみると「20分の遅れですね。理由は航空管制の混雑だそうですよ。」
「ヤバイなあ。もし理由が航空管制なら、そんな短時間では終わらないはず、、、」

案の定、遅れは20分から40分。そしてさらに1時間、1時間20分へと、、、、
私にとって、明日は日曜日で休日だから良いけれど、これが明日が平日だったら焦るよなあ。

中国の国内便が、まったく予定時間通りに飛ばないことは常識になっていますが、その混雑の影響が、いよいよ国際線にも出始めたということでしょうか?
そうなると、今後の私の時間ぐりにも影響しますねえ。

仕方がないからラウンジでPCを叩いてお仕事をしてましたけど、時間潰しに色々なものに手を出してしまって、、、
ああ、ますます太るがな! 航空管制のバカヤロ~!!←自分の自制心の問題やと思うけどな

◎このショップの上がラウンジです。杭州の国際線は、ここしかラウンジがありません。
170618g 109

◎ですから、各社相乗りですね。
170618g 110

◎時間を持て余しちゃったので、食べる気もなかったこんな豚バラとサンドマメとか、、、
170618g 113

◎中国日清のカップヌードルを見つけたので食べてしまいました。
 やっぱり日清、中国メーカーの味付けとは一味違って、まだマシですね。
170618g 115

中国最新事情 06/17 -朝麺のシステム変更-

杭州で定宿にしているホテル。もうかなり古く、設備も十分とは言えません。
しかも、今年のはじめに、館内にあった日本料理店が撤退。勢いという点では退潮傾向にあるのは明らかです。

でも、私がこのホテルから離れられない理由があるんです。
それは、、、朝食会場にいる麺担当のおばちゃんの存在なんです。以前にもレポートしましたよね。

ところが、その朝麺の注文システムが変わったみたいです。
今までは、こちらが指差しした野菜や麺で適当に作ってくれていたのに、今回から自分で野菜や麺をザルに取っておばちゃんに手渡しするように。

これには、さすがのおばちゃんもとまどっているみたいです。いつもの笑顔がありませんでしたから。
茹で上げた麺と野菜を注文した客に間違いなく手渡すようにすることに神経を集中させているんでしょうね。

おばちゃん、早く慣れて、いつもの笑顔を返してくれるようになってや。

◎麺はこんな四種類。
170618g 093

◎野菜はチンゲンサイやほうれん草。小さなお揚げもありますよ。
170618g 094

◎自分で適当にザルに取ってみましたが、少なかったかなあ?
170618g 087

◎これをおばちゃんに渡します。真剣に茹で具合を見ているおばちゃん。
170618g 092

◎お椀を受け取ったらトッピングで味付けです。中国のお出汁は基本的に味付けされていませんから、このトッピングの選び具合で味が決まります。
170618g 088

◎麺は平らな米の麺。朝麺としては、私にとってのナンバーワン!です。
170618g 091

中国最新事情 06/17 -シェア自転車は日本でも流行るのか?-

4ヶ月ぶりの杭州市内ですが、相変わらず大賑わいです。まあ、中国有数の観光地ですからそれも当たり前なんですが、、、
そんな市内で、今回私の目に留まったのが”シェア自転車”なんです。

観光地によくある”レンタル自転車”ではなく、市内でのシェア利用を前提としたビジネスモデルなんですが、それが、今回大増殖していたんですよ。

利用の仕方は、まずたくさんある会社の中から自分の好みの会社を選んでアプリをスマホにインストール。
この時に、支払いカードを登録しなければいけませんが、入会金として200~300元を会社に振り込まなければいけません。
あとは、市内で見つけたその会社の自転車のバーコードを読み込んで利用を申し込むと、自転車のロックが外されて時間単位の利用料が自動引落しされる、、、と言う流れです。

とっても簡単ですよね。

でもね、たまたま私が杭州にいる時に、日本の新聞にこのシェア自転車が日本でも始まるという記事が出ていたんですが、私としては「ちょっと待ってよ。」という気がしたんです。
それというのも、杭州でもこの”シェア自転車”問題になってきているからなんですよ。

その問題点とは”乗り捨て”にあります。中国人が辺り構わずゴミを投げ捨てるのはよく知られていますが、その感覚で、この”シェア自転車”を乗り捨てるんです。
この辺のモラルの無さは日本人の感覚からは遠くはなれています。

平気で道の真中に乗り捨てますし、そのせいで車が通れなくなって大渋滞、、、全然気にしませんわ。
流石に、日本でこんなことをする人はいないと信じていますが、道端でも邪魔になる時はありますよね。

他にも色々と細かな問題点はあるのですが、少なくとも、この”乗り捨て問題”を解決してから日本で始まってほしいです。
それさえ解決されたら、京都では大流行すると思いますよ。

もうすぐ今の仕事をリタイアする私ですが、老後はこの仕事をしようかなあ?
誰か、事業スタートのお金を出してくれる人はいませんかねえ?

◎大体、こんなミニサイクルが多いですね。
170618g 095

◎このバーコードを読み込むと、鍵が解錠されます。
170618g 097

◎こちらの会社は数字の暗証番号形式ですね。
170618g 102

◎パッと見ただけでも、この写真の中に4社の自転車があります。会社の数は凄いです。
170618g 101

◎でも、それなりに競争は激しいようで、この会社は”最初の10回の利用までタダ”だそうですよ。
170618g 104

◎問題は、こんな乗り捨て自転車。ハンドルを見てもわかるように壊れてしまっています。
 こうなると次に乗る人はいませんよね。

 この自転車、このまま放置されるんでしょうけれど、歩道のど真ん中に置かれたままになっています。
 数ヶ月後に、私が同じ光景を見ることになるような気が、、、するなあ。
170618g 085

中国最新事情 06/17 -今や懐かしい田舎料理-

3時間半もかけて向かったのは浙江省のある地方都市。ここにある地元の会社と我が社が業務提携をしているのですが、その会社が新しく工場を造成したということの祝賀会が行われたのです。
なかなか盛大な式典だったのですが、残念ながらその様子を記事にすることは許されませんでした。

その理由は、複数の地元政府の偉いさんが出席していたから。

ご存知のように、現在の習近平政権は政府の役人の汚職疑惑をあちこちで追求しています。
それに対して、企業との癒着を知られたくない地方の役人は公式の場所に出なくなってしまいました。変な口実を与えたくないからです。

今回の場でも、写真撮影は御法度。場所も、時間も、人名も一切公表禁止です。ああ、残念だなあ、、、、

ですから、その次の日の昼食の中身をご紹介しましょう。まあ、日本で言えば”打ち上げ”のようなものですかね?
会社関係の幹部だけが集まって「昨日はお疲れ様~!」

昨夜はほとんど食事も取らないで「カンペ~!カンペ~!」の嵐でしたから、久しぶりの固形物ですわ。←今朝の朝食は二日酔いで食べられず
でも、こんな地方都市のレストランの食事って、杭州の10年前の料理を思い出して、それはそれで懐かしいものですよ。

私は楽しかったなあ、、、、←我が総経理様は多少の不満があったみたいだけど

◎浙江省の内陸部のEと言う地方都市ですが、その地元のレストランでもこれだけの魚貝類がズラッと並びます。
 物流技術の進歩を肌で感じる瞬間ですね。
170618g 054

170618g 056

170618g 057

◎副菜の種類も豊富。知らない野菜がてんこ盛りです。
170618g 055

170618g 059

◎付き出しはこんな三種。
170618g 061

170618g 062

170618g 063

◎そして、、、昼にも関わらずでてきたのは、この土地の地酒。62度だそうです。←まだ飲むの?
170618g 064

◎そして繰り出されたのはこんなお皿たち。見ていただいたらわかるように、極めて素朴な焼く、蒸す、煮るの郷土料理です。
 大都会になってしまった杭州ではもはや絶滅してしまった料理たち。味も少し濃い目で酒が進みますわあ。←やっぱり飲むのね
170618g 060

170618g 065

170618g 066

170618g 067

170618g 068

170618g 073

170618g 074

170618g 075

170618g 076

170618g 078

170618g 079

170618g 080

170618g 081

中国最新事情 06/17 -NH951便 もはや、ANAのドル箱路線?-

羽田、成田からの杭州路線には中型機材を投入しているANAですが、関空路線だけは相変わらずの小型機、B737-700です。
ああ、思い返せば、私が山形機長と出会ったのもこの路線でした。その当時はB767-300だったんだよなあ。←遠い目

そのせいかどうなのか、今日の便もほぼ満席。ビジネス路線というよりは、中国観光客の方が70%くらいじゃあないでしょうか。
時代は変わる物ですねえ。←またまた、遠い目

さて、そんなNH951便の機内サービスは相変わらず。質は充分だとは思うのですが、内容は簡素になってきていますねえ。
まあ、たった2時間半の空の旅ですから、、、良いことにしましょうか。←諦めの境地

◎出発前の機材を、機長が自ら目視点検中。作業ルーティンの一つですね。
170618g 018

◎搭乗率は95%以上。私の定席の非常口付近の席もびっしりと埋まっていました。
170618g 021

◎さて、機内サービスの昼食です。今日は”牛生姜焼き丼”。
170618g 023

170618g 024

170618g 027

170618g 028

170618g 029

170618g 030

◎ワインは、フランスのラングドック地方のシャルドネ。南仏のわりにはアッサリ系です。
170618g 011

◎到着前には銭塘江の河口が見えてきました。
170618g 031

◎着陸直前は、杭州市上空をぐるり。
170618g 032

◎今回も無事に杭州空港に着陸です。皆さん、定時運行にご協力、ありがとうございます。←アンタが言うことやないでえ
170618g 038

◎さあ、ここから3時間半の移動です。気を引き締めて、晩飯に向かいましょう!←相変わらず、食うことばっかりやな
170618g 039

中国最新事情 06/17 -ブログ再開します-

一ヶ月のお休みをいただいていましたが、ブログ再開します。

じつは、去年の暮と今年の2月に同年代の親しい知人を亡くしましてかなり落ち込んでいたのですが、次に4月に関係会社の社長が深刻な病気のために戦線離脱をしてしまいまして、今度は精神的なストレスだけでなく、肉体的なプレッシャーもかかってくる有様。
まあ、私も歳を取ったんですかねえ、、、若い頃には「その分、俺が働いてやるわい!」とでも言うような気概があったものですが、今はそれもなく、、、

「ああ、アイツの死顔を見るくらいやったら、いっそのこと俺のほうが先に逝ってアイツを迎えてやろうか、、、」なんてことまでも考えるほどに精神が疲弊してしまいました。←これ、かなり真剣に考えました

「これはまずいぞ。」と、前回のブログをアップした直後に、以前から計画していたヨーロッパへの旅行があったので、それを機会としてしばらくお休みをいただいていた次第です。
今では、精神安定剤を飲まなくても良いくらいに回復していますので、これからはこの遅れを取り戻すために頑張ってブログを書こうと思います。

本当のことを言えば「ああ、このままブログからフェードアウトしてしまおうかなあ?」なんて考えたときもあったんですけど、皆さんから頂いた温かいコメントにすごく背中を押されました。
また、直接私に「いつ、ブログ再開するねん?」と言ってくださった方も複数おられて、、、こんなブログでも期待してくださる人がいるんだ、、と本当にありがたいことだと感謝しています。

本来はみなさんにお礼を述べなくてはいけないんですけど、この書面でもってお礼とさせてください。本当にありがとうございました。

さて、そのブログですが、休筆中にも記事ネタは溜まり続けています。どれから書こうかなあ?
とりあえずは、直近の記事からアップしていきますのでご容赦ください。そして、徐々にもとのペースに戻していこうと思っています。

それでは、先週に出張した中国の記事からいきますね。

今回の出張は二泊三日と短期のもの。今年の私は身体が二つ欲しいくらいの忙しさですから、以前のようなゆっくりした計画が立てられないのです。
まあ、いつものように関空から飛び立って杭州との往復ですから、慣れていると言えば慣れているんで楽なんですけどね。

いつものようにラウンジで朝食を食べてメールチェックという流れは変わりません。今日は杭州市内からの移動日だということなので、お酒を少しなら飲んでも、、、良いかな?

◎15番ゲート前のANAラウンジです。いつもの光景ですね。
170618g 001

◎早速朝ごはんを。鶏塩焼きそばやおにぎり、、、
170618g 004

◎ミートボールに野菜サラダ、、、
170618g 017

◎今回の日本酒コーナーは徳島特集かあ、、、ああ、我が故郷、、、
170618g 008

◎こんな二種類が用意されていました。どっちか悩むわあ、、、そんな時は”どっちも”やね。
170618g 009

170618g 010

◎徳島の酒って、普段は滅多に口にしませんねえ。そういう意味で興味津々だったんですけど、、、
 どっちも淡麗すぎやしませんか?軽快と言えば聞こえは良いけれど、薄っぺらいと言えば印象は変わりますよね。
170618g 014

◎窓の外では、B737-700が出発の準備中。あの機材はどこへ飛ぶんだろう?
 香港?それともソウル? どこへ行くにしても、よい旅を!
170618g 006

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad