まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

中国最新事情 12/17 -地獄の双椒攻撃-

映画を見終わったら、お腹を空かせて彼女のおすすめのお店へ。
「どんな美味しいモンを食べさせてもらえるんやろう?」なんてしっぽを振り振りついていったのですが、、、

なんと!!激辛料理を食べさせられてしまいましたよ。ああ、ひどい!!
私が辛いのが苦手なのは十分知っているというのに、、、

◎クリスマスシーズンだったからなのか、なかなかポップなお店の外観に油断をしていたのが甘かった。
171221g 223

◎お店の名前はこんな。私、、、全く読めません。
171221g 234

◎このお店は魚料理で有名なんだそうですが、その料理とはこんなに赤い(辛い!)魚料理だそうです。
 黒と緑の二種類の胡椒のソースなんだそうですが、、、この写真を見ただけで脂汗が、、、
171221g 235

◎そう聞いて周りを見渡してみれば、、、どこのテーブルにもこの料理がありますがな。
 みんな、頭がおかしいんとちゃうの?
171221g 225

◎とりあえず前菜でなんとかお腹をいっぱいにしようと努力したんですが、、、
171221g 226

171221g 227

171221g 240

171221g 238

◎ついにやってきてしまいました。この料理が。
171221g 232

◎よく見れば、胡椒だけでなく色鮮やかな唐辛子もてんこ盛りですやん。ああ、もうアカン!!
171221g 231

◎とりあえず、ビールをがぶ飲みをしながら対抗してみましたが、、、無駄な努力でしたね。
 汗だくでホテルに退散です。今夜は風邪をひかないように注意しなければ、、、
171221g 228
スポンサーサイト

中国最新事情 12/17 -新デートスポット発見-

杭州市の中心街は、今や人と車で満杯状態です。ああ、こんなことになるとは10年前には想像すらできなかった光景ですよ。
そこで、今回は市内ではあるものの少し中心から離れたホテルに宿泊です。

「ああ、郊外だからなあ、、、晩飯は街角の屋台かなあ?」なんて思っていたのですが、近くの地下鉄の駅前には巨大なショッピングモールがありました。
でも、私が最初に来た19年前には何にもなかった場所です。中国の変貌のすごさをまたまた実感した瞬間でした。

ここなら、かわいいオネーチャンとの待ち合わせにも良いと思いますよ。

◎5層吹き抜けになっている巨大なショッピングモールです。
171221g 221

171221g 249

◎スケートリンクもありますよ。今はちびっこ相手のスケート教室開講中ですね。
171221g 252

◎こちらでは、絵画教室もやってます。
171221g 243

◎ジューススタンド併設の花屋さんがあったので、、、
171221g 246

◎私の中国でのパートナーにお花のプレゼント。気に入ってくれたでしょうか?
171221g 250

◎これから一緒に見る映画のチケットですが、これもスマホで予約済み。中国での生活に、スマホは必需品ですね。
 現金はほとんど必要ないです。
171221g 244

◎上映時間にはまだ少し時間があったので、そのあとの食事のレストランを探索。
 いろいろあって、選ぶのに困るわあ。←なぜかかわいい娘に目がいってしまう私
171221g 222

171221g 253

171221g 254

◎京風の抹茶感満載のお店もありましたけど、、、どうなんでしょう?
171221g 255

171221g 256

中国最新事情 12/17 -NH929便 こっちも新機材やあ!!-

成田空港到着は9:05AM。トランジットの時間は計算上では55分間です。
でも、その間には移動時間とイミグレーションの時間がありますからけっこうタイト。チャッチャと進んでいきましょう。

まあ、その経路は何回も経験済みですから別に戸惑うこともなくコンコースに到着完了。あんまり時間はありませんが、ラウンジへ行って朝ごはんでも食べましょうか。
そして、次の便NH929に乗り込んだところ、その機材がまたまた最新機材だったので超ラッキー!

同じ杭州便なのに、成田と関空でここまで差をつけるなんて、、、ANAさん、怒るで!ホンマ!!

◎いつものANAラウンジですが、今回はファーストではないので、左側の”普通の”ラウンジへ。
171221g 182

◎スナック類ですが、それほどの差は感じなかったですね。
171221g 179

◎今回は麺類はパス。まだかなりのお酒が身体内に残っていたもので、軽い軽食を二皿ほど。
171221g 181

171221g 178

◎実質的にラウンジにいた時間は30分ほどです。そう考えたら、あんまり余裕はないですね。
 55番ゲートから搭乗しましょう。
171221g 183

◎あれれ? 見慣れない機体だなあ。エアバスかな?
171221g 185

◎そうです。エアバスA320の最新バージョンでした! もちろん、私にとっては初搭乗。
 いつもの癖で、非常口横の座席を選んでしまいましたが、確かに足元は少し広いように思いましたね。
171221g 190

◎でも、なんと言っても素晴らしいのはシートテレビ。
171221g 193

◎機内のエンターテインメントは満載されていますわ。これなら、たとえ朝早く起きなくてはいけなくても、搭乗時間が2時間長くても、成田経由便をこれからは選んでしまうような気がします。
 だって、関空便のB737-700にはテレビはついてないですから。バイバイ、、関空。
171221g 209

171221g 191

◎杭州までは3時間50分もありますから、ゆっくりと機内で最新の映画を堪能できます。
 今回選んだのは、トランスフォーマーシリーズの最新作です。

 なんと! オプティマスプライムがダークサイドに落ちてしまうというハラハラの展開。でも、、、、最後には、、、ね。
171221g 196

◎さて、機内食も余裕で堪能できますね。ただ、この夜は少し大きな宴席が用意されているので、少し自重しましたが、、、←それでも完食したよな
 今日のメインは”とろとろ玉子の鰻玉丼”です。
171221g 198

◎内容自体はボリュームも関空便と変わりなし。まあ、いつものANAの味わいです。
171221g 200

171221g 201

171221g 202

171221g 203

171221g 204

◎夜には白酒の攻撃を受け流さなくてはいけないので、ここはビールで我慢です。
171221g 206

◎ホテルにチェックインして気が付いたんですが、スーツケースに、こんな青いタグがついていました。
 これ、どういう意味かご存知ですか?

 そうです。トランジットの時間に余裕がない預かり荷物につけられるタグです。”要注意”のような意味なんでしょうけれど、それが”HOT”とはねえ。
171221g 210

中国最新事情 12/17 -今回は成田経由で-

ここからは、年末の中国出張記を書いてみることにいたしましょう。あまり時間が経つと忘れてしまうことが増えてしまうもので、、、

今回の出張ですが、我が総経理様からの命令で成田経由で杭州に行くことになりました。その方が、関空からよりも杭州到着が2時間ほど早くなるのだそうです。
それにしても不思議なのは航空運賃。当然ですが、成田経由ということは伊丹→成田→杭州ですから、距離としては関空→杭州よりも長い距離を飛ぶことになります。

それなのに、運賃はこっちの方が安いのですよ。いったいどういう計算なのでしょうか?
まあ、私としてはマイルを稼ぐことができるのでうれしいことではありますが、、、

伊丹からの便はNH2176です。そうです。この前のアメリカ出張で、我が本部長様がもう少しで乗り遅れることになりかけたあの便ですよ。
でも、実は私も同じことをしかけたんですよ。

いつものように前日は飲み歩いていましたので、家に帰ったのは夜中の3時過ぎ。少し眠って目を覚ましたのはいつもの朝5時。
「え~と、今日は、、、そうそう中国出張だわさ。」なんて気軽に考えていたのですが、、、

「あれっ!? そういえば、成田って言われたっけ、、、」とチケットを確認してみると、NH2176便の伊丹出発時刻は7時50分。
全然時間の余裕はないではないですか。大急ぎで飛び起きて荷物をパッキング。ぎりぎりで伊丹行きのバスに乗り込むことができました。

ああ、やばかった。もう少しで我が本部長様を馬鹿にできなくなるところでした。

◎前回とは機材が変わっていました。今回はB767-300です。座席は非常口横のCAさんと向かい合わせに座れる足元の広いところを選択したはずなんですが、、、
171221g 160

◎なんと、CAさんとの間には衝立が、、、あとで、我が本部長様に報告をしたところ「そんなん、ずっと前からやでえ。知らんかったんか?」ですと。
 足元も全然広くなかったです。
171221g 161

◎機材自体は最新式のB767-300でした。ウイングレットもついてます。
171221g 165

◎前方のビジネスクラスも最新式みたい。乗りたいなあ。
171221g 177

◎いつものようにリンゴジュースを飲みながらキョロキョロしていたら、、、
171221g 163

◎窓の外に見えてきたのは、、、
171221g 173

◎きれいな富士山ですねえ。ちょっと航路がいつもと違うのかなあ?
 こんなにすっきりと見える富士山は久しぶりですね。
171221g 169

手打ちそば 花もも -これがホントの年越しそば-

うどんのことばっかり書いている私ですが、年末には年越しそばも食べているんですよ。
お店は御所南の”手打ちそば 花もも”さん。

このお店は通し営業をされていますので、ねらい目は午後4時くらいかな?
開店直後から満員のお店ですが、その時間帯は、何とか席にありつけそうなんです。

この日も、そんな時間帯に訪問です。そして、チャッチャっとそば前とおろしそばを堪能。
本当のそば通は店に長居は禁物。あっと言う間にお店をあとにするもんですわ。←ナニを偉そうに

ご主人の百瀬さんのおそばを食べて、一年をうまく終えられますように。

◎愛車のフェラーリで師走の市内散策。その後向かったのは、、、
171110g 207

◎御所南の裁判所のおとなり”手打ちそば 花もも”さんです。
171110g 208

◎まずは”そば前”を。そば味噌に合わせたのは広島の純米酒”亀齢”。
 私、このお酒大好きなんです。
171110g 212

◎そして、今年最後に選んだおそばは”おろしそば”。950円なり。
171110g 215

◎大根は辛味大根。長野かなあ?
171110g 219

◎さらに大盛(+250円)でいってみましょう。
 二八の正統派のおそばですね。
171110g 220

◎越前そば風にぶっかけでいただきました。
 おそばの香りが満開ですね。美味しいわあ。
171110g 221

◎そば湯を堪能して完食です。来年は、また百瀬さんとも一緒に釣りができますように。
171110g 225

ROKU GIN by SUNTORY -ROKUはK6で?-

去年に行ったヨーロッパも、目的はジンのお勉強だったのですが、いまや日本はクラフトジンの生産が大流行になって来ています。
京都でも、”季の美”と言うジンが作られています。

そんな流れをトップウイスキーメーカーのサントリーが指を咥えて見ているはずはないですよね。

きっちりと日本固有のボタニカル(ハーブ、スパイス)を6種類選び出して作ってきたのが、この”ROKU”なんですと。
それを教えてくれたのはバー・K6の長谷川君なんですが、お店の名前の”K6”とジンの名前の”ROKU”が被るので、それを売り文句にしているそうです。

まあ、なにはともあれ飲んでみましょうか。

◎ボトルも凝ってますよ。6種類のボタニカルがエッチングのように浮き上がっています。
180111g 011

◎”桜の花””柚子皮””煎茶””山椒””桜の葉””玉露”という6種類のボタニカルなんで”ROKU”なんだそうです。
 まあ、そのどれもが日本的なのは確かですが、飲んだ味は優しすぎるというような、、、はっきり言ってインパクトに欠けますな。
180111g 012

◎やっぱり、私はこのヘンドリックスがええなあ。特徴は、この胡瓜の香り。
 胡瓜のスティックも入れてもらって、私のベストジンはこいつで決まりでしょう!!
180111g 013

銀座でバー行脚 -いつものお店へ新年のご挨拶-

新橋は、ある人に言わせると「銀座9丁目でしょ?」と言われる立地ですから、銀座の6丁目や7丁目へは徒歩圏内です。
そんなことで”新ばし しみづ”さんを出た後は、フラフラした足取りで銀座方向へ。

以前もこのブログでご紹介したバー三軒。新年のご挨拶をしてまいりました。

◎銀座のバーの特徴でしょうか?席に着くなりコンソメスープが出てきたりして、、、
180111g 089

◎そのバーは”バー・耳塚”さん。C.C.のソーダ割りです。
180111g 093

◎耳塚さんのシェイクは一見スタンダード。でも、手首の捻りがちょっと違う。
180111g 091

◎次のお店は”バー・セブンシーズ”。ここでは軽く、ジン・トニック。
180111g 096

◎でも、イベリコがあったのでちょっとだけ切ってもらいました。
180111g 101

◎最後は、ここ”バー・東京”。
180111g 111

◎今夜の〆は、こんなオンザロックはいかがでしょうか?
180111g 110

新ばし しみづ -私の新橋の原点-

私の帝都での起点は新橋駅周辺であることは、このブログでもたびたび書いていますが、その原因となった理由は、ここに”新ばし しみづ”さんがあるから。
祇園の江戸前鮨の名店”鮨 まつもと”のだいちゃんの修行先でもあります。

何しろ人気店ですから、なかなか予約が取れません。この一年に何度もトライしているけれど、すべて肩透かしを食らわされてきました。
ただ、新年を迎えるにあたって、最初の帝都の食事にはなんとしてもここへ行きたい。

無理やり話をねじ込んで、何とか一席確保です。

大将は相変わらずの恰幅の良さとにこやかな笑顔で迎えてくれました。そして、新しい弟子も増えていて、それほど広くない店内は人でいっぱい。
すごく活気のある、よい雰囲気で大将から繰り出されるネタを次々といただきましたが、やはりその美味しさは格別でしたね。

やっぱりここは、私にとっての聖地のひとつでもありますね。 また来よう。

◎私が新橋が好きな理由、、、ここでは、カレーは飲み物なんか、、、
180111g 042

◎指定された時間に、ようやく暖簾をくぐることができました。テンション、アゲアゲです!
180111g 043

180111g 045

◎ビールの小瓶をいただいて大将に挨拶を済ませてから、、、←ほとんどの常連はこの流れ
180111g 047

◎いつものようにつまみからスタートです。最初は青森の”ひらめ”。
 活〆だそうですが、ねっとりとした肉質が艶めかしい。
180111g 049

◎ここからは、一気呵成に”しみづワールド”です。”かき”。
180111g 050

◎”さわら”
180111g 051

◎”たこ”
180111g 053

◎”くもこ”
180111g 055

◎大将にお任せで白ワインを出してもらったのですが、ブラインドで試してみたら、これは絶対にソーヴィニヨン・ブラン。
 
 「これ、シャブリですか?」
 「残念でした! アルザス。 リースリングです。ただし、少し混ざってるけどね。」
 
 やられました。
180111g 056

◎さて、ここからが真骨頂。握っていただきましょう。最初は”さより”。
180111g 057

◎”すみいか”
180111g 058

◎”まぐろ(赤身)”
180111g 059

◎”まぐろ(中とろ)”
180111g 060

◎”こはだ”
180111g 062

◎なんと言っても、この赤酢の鮨飯が美味い! ”鮨 まつもと”はもう少し優しいな。
180111g 064

◎”はまぐり”
180111g 065

◎”ぶり”
180111g 068

◎大将は相変わらずバスフィッシングにはまっているようですね。今年は、もっと琵琶湖に来るんだとか。
 バス自体の個体数は減っているそうですが、来ればデカいんですと。
180111g 069

◎”あかがい”
180111g 071

◎”さば”
180111g 073

◎”小ばしら”
180111g 074

◎”あお柳”
180111g 076

◎”えび”
180111g 079

◎”はまぐりのお吸い物”
180111g 081

◎”うに”
180111g 082

◎”あなご”
180111g 085

◎ああ、、、堪能いたしました。お茶をいただいてホッコリです。
 やはり来なければ駄目ですねえ。自分の舌というのか、味に対する感性をもっと高めなければ、単に「美味しかった。」という言葉だけで終わってしまうような気がして、、、

 次回の東京でも、ぜひここに帰ってきたいものです。
180111g 086

北山 権兵衛 -熟女とのデート-

最近、女性にモテモテのまなゆうです。 女性と言っても、私よりもお歳が上の方々ですが、、、

この夜も、そんな方からのお誘いを受けて北山へ。本当は”通しあげ そば鶴”さんを考えていたのですが、あいにく定休日だったものでデートの場所を急遽変更。
北山通りにある”北山 権兵衛”さんに集合です。

お店が移転する前には何回か来たことがあるのですが、この新しいお店への訪問は今回が初めて。
以前の和風の雰囲気に対して、新しいお店は結構モダンですね。

ただし、来られているお客さんは年季の入った方ばかり。常連さんに好かれているお店だということが良くわかります。

最初は「一緒にお蕎麦でも食べようか?」ということから始まったデートなんですが、蓋を開けてみれば彼女が予約していたのは”うどんすき”。
まあ、、、美味しければなんでもエエかなあ?

◎新しいお店は当然ながらピカピカ。気持ちは良いものですね。
171005g 055

◎彼女よりも一足早く着いちゃったので、ビールと板わさでほっこりです。
171005g 057

171005g 062

◎ようやく合流。天気が悪いと、なかなかタクシーもつかまらないようです。
 彼女が予約してくれていたのはこんなお鍋。蕎麦とちゃうやんか!!
171005g 056

◎基本的にはお蕎麦のお店ですから”蕎麦まえ”はそろっています。
 穴子焼きに、、、
171005g 063

◎玉子巻き、、、
171005g 064

◎それに焼き鳥まで。
171005g 070

◎さて、お鍋の用意もできたようです。なかなか豪勢な中身やなあ。
171005g 059

◎早速投入。どんどん行きましょう。
171005g 068

◎具も美味しいし、、、
171005g 071

◎うどんも京風の滑らかなのど越し。
171005g 073

◎お出汁も結構でございました。久しぶりのはんなりとした、うどんならぬ”おうどん”を堪能しました。
 Kさん、今度はどこ行こかな?
171005g 075

糸井シェフのフレンチ弁当 -新しいステージへ-

去年まで舞鶴のほのぼの屋さんで腕を振るっていた糸井シェフが自身の年齢が古希を迎えられたのを境に退任されました。
「まだまだ引退する歳でもないのになあ。」なんて、その後のことをちょっと心配していたのですが、全く予想もできない形で復活です。

その形とは”駅弁”。こう来るとは思わなかったなあ。でも、私としては大歓迎ですよ。
売っている場所は京都駅の新幹線のコンコース内の売店です。

皆さんも、新幹線で移動されるときには、ぜひこの駅弁を車内で楽しんでいただきたい。
よろしくお願いいたします。

◎コンコース内には何カ所かの売店がありますが、売っているのは在来線との接続口横の”古都みやび”です。
180111g 112

◎たくさん並んでいるお弁当の中から、フランス国旗風のパッケージを見つけてくださいね。
180111g 114

◎この絵は、、、正直言ってもうすこし男前ですよ、、、現物の糸井シェフは。お値段は1080円なり。
180111g 027

◎糸井シェフの紹介文もありますね。シェフの歴史が簡単に紹介されていますよ。
 私はミレイユ時代からの付き合いですから、、、もう30年以上になるのねえ。私も歳を取ったもんだわさ。
180111g 029

◎それでは、さっそくいただいてみましょう。サントリーの角ハイ”濃いめ”がお供です。
 できればワインの方がよくマッチするとは思うのですが、気に入った銘柄が構内では売っていないんでねえ。次回からは、家からワインをペットボトルに入れて持ち込みますわ。
180111g 041

◎メニューはこんな。ボリュームはそれほどでもありませんので、ブランチ感覚でちょっと摘まんでみる、、、ような雰囲気でどうぞ。
180111g 030

◎パスタグラタン オーソドックスな味です。少し海の香りがするのが糸井流?
180111g 036

◎キャロットラペ シャキシャキ感が歯に心地よい。適度な甘さがあってグッドです。
180111g 037

◎野菜のキッシュ これまたオーソドックス。万人受けのする味ですね。
180111g 039

◎鶏肉と野菜のトマト煮 ゴロンと鶏肉が入っていてボリュームがあります。
180111g 035

◎サンドイッチ、ピクルス添え 軽食感覚で摘まめます。ピクルスの酸っぱさが刺激的。
180111g 038

山元麺蔵 -年越しうどん-

普通は年越しと言えば”蕎麦”なんでしょうが、私の場合はそれがうどんに代わります。
やっぱり四国の人間なもので、、、

そして、京都でうどんと言えば、やっぱりココ。麺蔵君へ少し遅めの突入です。
私の場合、お店の行列の長さでタイミングを計るのですが、年末の忙しい時期はそんなことは言ってられませんよね。

大体30分の待ち時間だったかなあ?一人客だと優先的にカウンターへ通してもらえるので、案外早く席につけるんですよ。

麺蔵君をはじめ、スタッフの良く知った連中にもご挨拶をして私が選んだ”鶏ささみ天みぞれうどん”を堪能しました。
今年は訪問回数は伸ばせなかったけれど、来年はもう少し積極的に顔を出すようにしますわ。

また、うどん談議に花を咲かせましょうね。

◎愛車のフェラーリと麺蔵君の巨大提灯とのツーショット。
 この提灯も、だいぶくたびれてきたな。
171221g 075

◎ここのスタッフのキビキビ感は、お客にエネルギーを注入してくれますね。
171221g 077

◎麺蔵君は鍋の前から動かず。(忙しくて動けず?)くるりとこちらを向いてあいさつをくれました。
 また少し、粉の中身をいじっているそうですよ。
171221g 090

◎ビール(中瓶)を飲みながら待つことしばし、、、(この間が楽しい麺蔵君との話の時間)
171221g 078

◎私の”鶏ささみ天みぞれうどん”が着丼です! 冬の名物”みぞれうどん”はやっぱり外せませんわ。
171221g 080

◎まずはお出汁を、、、う~ん、かつお出汁の香りとコクがたまらんなあ。
171221g 081

◎麺は温かくてもグミ感たっぷり。少し細めが最近の流れですね。
 大根が絡んで、ホカホカと身体が温かくなっていくのを感じます。カイロを飲んでいるみたい。
171221g 086

◎大ぶりのささみ天はすごいボリューム。優しいスタッフ君からは「お持ち帰りもできますよ。」と言われましたが、エ~イ、ここは四国男児、頑張って完食です。
171221g 082

◎最後はこれまたお決まりのひとくち杏仁豆腐。 
 この冬の間の観光客が少ない時間帯がねらい目やね。でも、外国人比率がますます高くなっているなあ。

 それはそれで、日本の食文化を知ってもらう良い機会だし、麺蔵君ならそんな役目もばっちりとやってくれると思いますよ。
171221g 091

釣り 第一戦 -試練、、それとも修行? そしてリベンジへ-

1月4日は日本海へ釣りを予定していたのですが、天気予報がどんどん悪い方へ変化していって、当日は大荒れの予報に。
「こりゃあ、出船は無理やろなあ。」と勝手に思い込んで、前日は昼から友人を自宅に招いて酒浸り。

ところが「どうせだめだよな。」なんて思いながら、乗せてもらうことになっていた西舞鶴の”トップス・ジャパン”の森船長に電話を掛けたところ、
「出船しますよ。朝は波が高いけれど、昼からは落ちていく方向ですから、、、ああ、無理だと思ったらやめてもらっても結構ですよ。」

そんなこと言われたら、こちらから断るわけにはいかないじゃあないですか。「もちろん、行きますから!」なんてカラ元気を出してしまいました。

波の関係で、出船時間が2時間ほど遅れたのはありがたかったのですが、前日の酒の飲みすぎで船酔いする前にもうへべれけです。
こんなことで釣りになるんやろか?

あんのじょう、海上は3メートルを超えるうねり、低気圧の通過による大雨、強風。
さらに、それに追い打ちをかけるように大粒の雹まで降ってくるというむちゃくちゃな状況ですが、こんな天気をものともせずに乗り込んで来たつわもの達からは弱音の一つも出てきません。

どんな状況でも釣り竿を離さずにリールを巻き続ける根性はとてもついていけません。私だけは座り込んでじっと耐えるのみでしたが、、、

まあ、そんな試練、、、もしくは修業の場ではありましたが、何とか真鯛を釣ることはできました。
ただ、サイズが気に入らない。本当はリリースするサイズだったんですよ。一応今年最初の魚だということでキープはしましたけれど、、、

そんなもやもやを吹き飛ばすために、三日後に再チャレンジ。今回はまあまあ満足できる結果を出すことができました。
ところが、今度は我が家のキッチンでは手に余る巨大サイズのナナマルオーバー。

仕方がないので、こちらは大きなキッチンのあるお家へもらわれて行ってしまいました。
まあ、エエや。 次回こそは、我が家に最適サイズを釣りたいと思っています。 今年も頑張るぞ!!

◎西舞鶴から出船している遊漁船の”トップス・ジャパン”さんです。
 森船長は、ディープ鯛ラバという釣法で鯛を釣らせる日本での第一人者です。HPはこちら
180044g.jpg

◎試練、、、それとも修行なんでしょうか?雹が痛いのなんのって、、、
 一人だけうずくまっているのが私です。(トップスさんのHPより拝借)
[広告] VPS


◎何とか釣れた真鯛は34センチ。40センチ以下はリリースが鉄則だったのですが、、、、(トップスさんのHPより拝借)
1801042g.jpg

◎三日後に何とかリベンジ成功。でも、、、今度は大きすぎちゃった。
 こうなると、我が家では対応できません。(トップスさんのHPより拝借)
1801041g.jpg

大みそかの平安神宮 -チーム西田大活躍-

大みそかのカウントダウンにやって来たのは平安神宮。我が家から歩いて5分です。

でも、本当の目的はそれじゃあないんです。今年から、K6のマスターの西田さんが甘酒を売るというもので、そちらを冷やかしに。
正直言って、甘酒は苦手です。あんなに甘いものって、、、しかも、酒とは言いながら全然アルコールも無いし、、、

ところが、境内の左側にある甘酒売り場に行ってみると、チケット売り場にも、配膳にも、裏の大鍋周りにもK6のスタッフやお客さんがいて万全の態勢。
みんなボランティアだそうですが、大みそかだというのに、何か他にやることはなかったのでしょうか? みんな、暇なんやなあ。

かく言う私も、よく似たものなんですけどね。

◎夜の平安神宮です。なぜかピントが来てませんが、、、
180104g 0011

◎この看板が目的地です。
180104g 007

◎チケット売り場には美人の売り娘や、、、それにファビオまでいますやん。
180102g 066

◎西田さんと多麻さんのまさみさんという最強コンビから甘酒を受け取ります。
180102g 065

◎そして、そのまま裏の調理場へ。そこには小坂君が鍋当番をしています。
180102g 069

◎さて、その甘酒ですが、、、
180102g 068

◎こんなもので酒精強化。これで美味しくなる、、、はずはないなあ。
 こりゃあ、カウントダウンまで待ってられん。どこかで飲み直しやなあ。
180102g 070

アマゾン エコーがやってきた -これからはAI?-

今年は理由があって正月三が日はおとなしくしていたまなゆう家です。
本当は元旦から釣りに行きたかったんだけれど、流石に今年は正月からの殺生は自重しました。←海が荒れて、結局船は出せなかったんだけどね

まあ、そんな時間の暇つぶしに役に立ってくれたのが、アマゾンで購入したAIスピーカー。
「アレクサ・・・・」と話しかければ、いろいろな言葉を返してくれます。頓珍漢な返事も多いですけどね。

この玩具と遊びながら新年に感じたことは「これからはこんな身近なAI技術が購買と言うものを変えていくんかなあ?」

正直言って、世の中には物が溢れていますよね。どこを見ても、よく似たもののオンパレード。
しかも「どうしても、これがほしい!!」というようなものは稀です。

こんな世の中で、どんな企業が生き残っていくんかなあ? どうやって、人に物欲を掻き立てさせて、財布の紐を緩めさせるんだろう?
そう考えたときに、このアレクサちゃんはもしかしたらアマゾンから、我が家に送り込まれてきた秘密工作員かもしれませんね。

聞けば、このAIスピーカーと会話を重ねれば重ねるほど、私の嗜好がクラウド上のAIに蓄積されていって、いつの間にか、私が考えていることを口に出す前に、アレクサちゃんから提案してくれるようになるかもわかりません。
「まなゆうさん、あなたが気にしているのは***ではないですか? ハイの言葉で簡単にアマゾンマーケットから買えますよ。」、、、なんてね。

クロネコヤマトや佐川急便が音を上げるくらいにボリュームが増えてきた通信販売。我が家でも、かなりのものをそのルートで購買しています。
なにしろ、家の前まで重いものでも運んできてくれるんですから、これからの老人社会では必須になるでしょうね。

そんな流れとアマゾンの商魂をうまくマッチングさせた、このアマゾンからの秘密工作員。今もリビングの酒棚で、一生懸命情報収集をしています。
もしかしたら、恥ずかしい会話も聞かれちゃうかも? くわばら、くわばら。

◎中国銘酒の白酒に囲まれて酔っ払わないか心配なアレクサちゃんです。
180102g 082

◎天気予報はこんな感じで、、、
[広告] VPS


◎歌のリクエストもバッチリです。
[広告] VPS

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-01 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad