まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

中国最新事情 12/17 -深澳村歴史地区散策-

深澳村は今でこそひっそりとした佇まいですが、その期限は南宋時代。一番発展したのは明の時代で、江南地方の交通の要衝として、主に織物の商業集積地として重要な町となりました。
その後、経済の中心が杭州、上海と移り変わっていくに従って徐々に衰退し、いつの間にか歴史の闇の中に埋もれてしまったのです。

それが再評価され始めたのは最近のこと。中国国内の旅行ブームが生まれると、このような昔の佇まいが残っている場所が脚光を浴びるようになった、、、ということなんです。
日本では、まだまだ知られていないスポットですよ。

それにしても、素晴らしい価値のある装飾品に包まれたお屋敷が朽ちているのを見ると、歴史の残酷さがよくわかりますねえ。
でも、修復なんて言う安易な考えに走るよりも、今の状態をそのまま見せていることのほうが、そんなノスタルジーに浸ることができて印象に残るようにも思います。

修復? それとも現状維持?   迷うわあ。←俺が決めることやないけどね

◎街角には散策ルートの案内なんかがあって、親切です。
171221g 264

◎白壁と石積みの壁のコントラストが、なかなか綺麗ですね。
171221g 265

◎旧道のメインストリートに並ぶ昔の商家。
171221g 267

◎見上げれば、素晴らしい彫り物の装飾が満載です。
171221g 269

◎この村の特徴のひとつが、道路の横を流れる水路。
171221g 273

◎街角のあちこちに水汲み場があり、、、
171221g 315

◎洗濯板なんかもありますね。
171221g 274

◎村内で一番有名な”風林堂”へ行ってみましょう。県の歴史保存建物になっています。
171221g 327

◎門をくぐると、そこは客を招く大きな空間。資産家の豪邸だったんですねえ。
171221g 316

◎江南の旧家によく見られる、非常にきめ細やかな彫り物装飾がいたるところに。
171221g 319

◎壁に掘られた物語風の絵巻も彫り物で。なんという美しさなんでしょうか? しばし、見とれてしまいます。
 登場人物の表情の豊かさがなんとも言えません。何か、語りかけてくるような気さえします。
171221g 321

171221g 323

171221g 324

171221g 325

◎更に路を行きましょう。本当にひっそりとして、私達二人以外に人が居ません。
171221g 334

171221g 329

171221g 328

◎次に向かったのはこちら。戴さんというのは、この村で一番多い名字だそうです。
171221g 338

◎こちらも風林堂に負けていないスケールです。装飾も立派。
171221g 336

171221g 335

◎でも、よく見ると、手の届く範囲の彫り物の顔が全て削り取られているのがわかります。
 残念だなあ。多分、毛沢東が指導した紅衛兵が暴れまわっていた時期にこんなことをされたんでしょうが、本当にもったいない。

 彼らのおかげで、中国の歴史遺産のどれ程が破壊されてしまったことか、、、、こんな辛い現実を見るのも勉強なんでしょうけどね。
171221g 337

◎ここにも水汲み場がありますね。この水路のおかげで村の中はきれいなんでしょうね。
171221g 350

◎しばらく歩き回ってみると、この村の人達の生活も垣間見ることができますね。
171221g 376

◎思わず足が止まった床屋さん。私が子供の頃、昭和の時代に近所にあった床屋さんとイメージがぴったりですわ。
171221g 382

◎お店の前でトランプ遊びをするおばちゃんたち。皆さんも、お元気で、、、
171221g 383
スポンサーサイト

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-02 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad