FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

中国最新事情 12/17 -中国近代史を真近に見る-

私の中学時代は暗かった。学校に行っても全然勉強なんかせず、教科書を枕に昼寝ばかり。放課後は繁華街へ出て行って不良仲間とつるんでいた。
そして夜中に家に帰ってからは「受験勉強のためや。」と親をだまして買ってもらったラジオで深夜放送ばかり聞いていた。

でも、それもすぐに飽きてしまった。当時人気だったパーソナリティ(DJと言う言葉はまだなかった時代)の諸口あきらや山崎弘士(実は、結婚式で司会をやってもらった)は面白かったのだけれど、何かもの足りなかった。
そこで自然と聞くようになったのは外国の短波放送。なにしろ、買ってもらったラジオは当時のSONYで最強のモデルだったから、世界中の放送が簡単に聞けたんよ。

そんな中でも一番興味を持ったのが中国からの日本語放送。「こちらは、、、北京放送局です・・・・」で始まる定時の番組はなぜかドキドキしながら聞いていたなあ。
当時の中国は毛沢東による紅衛兵運動の真っ最中。ライブの映像は見ることができなかった当時だからこそ、ラジオを聞きながら、かの国の状況を想像することが楽しかったなあ。

ある時間が来ると、突然アナウンサーの口調が変わって、数字の羅列をずっと読み上げるんですよ。あれはきっと、世界中に散らばっているスパイたちに暗号で指令を送っていたのに違いない。

「農業は大寨に学べ。」なんて言われても、なんのこっちゃらわかりませんでしたけれどもね。←当時、何人の人間が思想再教育のために地方に送られたのでしょう?
そんなことで、高校、大学と好きな科目は世界史でしたね。←中国だけでなく、イタリアルネサンスも大好きですよ

前置きが長くなりましたが、そんな私が午後からの深澳村の散策で目にしたものは、私が中学時代に夢に見たそのものだったのです。
これに興奮せずにいられましょうか?

◎さあ、午後からの後半戦です。彼女が言うには、これからの方が私の好みだと言うんですが、、、
171221g 314

◎この造りは、、、まるでベネチアの”ため息の橋”に見えませんか?もちろん、建物は監獄じゃあないですよ。
171221g 348

◎あれっ!? このお店は、、、
171221g 371

◎こんなポスター(?)も。綿の布団屋さん?
171221g 370

◎ちょっと覗かせてもらいました。おじちゃんとおばちゃんが布団に綿を詰めています。こんな光景も昔小さかった頃に見たなあ。
171221g 372

◎巨大な体育館のような建物の前に出ました。中央に輝く星のマーク。上層に書かれている過激なスローガン。
 まさに、毛沢東全盛期の時代にタイムトリップしてしまいます。
171221g 356

◎玄関ホールにはプロレタリアートたちの団結の画が。まさに、当時の”貧農、下層中農”の怒りを表しています。
 ああ、私が夢に見た時代の証がここに!!
171221g 354

◎内部は中くらいの劇場のような作りになっています。当時は、ここで集団思想教育がなされ、中学生だった私くらいの年齢の紅衛兵たちが赤い手帳の毛沢東語録を振りながら、シュプレヒコールを繰り返していたんでしょうねえ、、、嘆息。
171221g 351

◎でも、外観はすごく立派だけど、天井を見上げてみればちょっと怖いくらいの雑な木造の作りです。明日天井が落下しても不思議ではないような気さえします。
 当時の彼らがアメリカ(帝国米)を指さして叫んだ”張り子の虎”とは、実際は自分自身のことだったのではないでしょうか?
171221g 352

◎興奮冷めやらぬうちに次の場所へ。ここも、午前中に訪れた”戴公館”と同じ名前ですが、、、
171221g 339

◎”戴”は”戴”でも、こっちは”戴笠”ですよ!!皆さんはご存知でしょうか?
 抗日戦を戦っていた当時の国民党軍の中で、蒋介石の右腕として諜報機関を統括した凄腕です。

 もちろん、私はその存在は知っていたのですが、その人物がこんな田舎の村で何をしてたの?
 しかも、こんな立派な建物の中で、、、
171221g 341

◎現在、建物の中には家財道具などは一切なし。あるのは、当時のパネルだけなんですが、その中でも特に目を引くのは女性の写真。かなりの数です。
 私のパートナーの説明によれば、彼の諜報活動の成功ポイントは女性を活用したことだそうです。写真の女性はすべてスパイ。

 しかも、彼女たちは高級娼婦として、日本軍や日本政府の高官、中国共産党軍の高官などと親しくなり、機密情報を寝物語に聞き出していたのだそうです。
 ある意味で賢いですよね。男の弱みに付け込むという作戦かあ。←お前も気をつけろよ
171221g 343

171221g 344

◎特に、この女性は、スパイであると同時に戴笠の愛人として、この公館で一緒に過ごしていたんだそうです。
 そして、若い女性スパイ達の教官だったとも。なかなかのベッピンさんやねえ。

 戴笠の生涯はあまり知られていないところもあるのですが、最後には48歳の若さで飛行機事故で死んでしまう(暗殺とも言われている)波乱にとんだ生き様は、本人自身が一番一生を楽しんだのに違いないとも思いますね。
 ああ、それと比べると、私の人生はつまらんねえ。
171221g 345
スポンサーサイト

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-02 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad