FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

ゴッホと浮世絵 -そして、、、山元麵蔵へ-

3月の初旬、あるお休みの日に家から近くの京都国立近代美術館へ。
目的は、私の大好きなゴッホの展示会があったから。

ゴッホと言えば、去年の5月に訪れたパリのオルセー美術館でも特別展を鑑賞していますから「まあ、大体見たんじゃあないの?」なんて思っていたのですが、今回の展示会ではゴッホと日本の浮世絵の関係性をテーマにした展示。
それを知ってしまえば、行かないわけには、、、いきませんよねえ。

内容はお見せできませんが(日本の展示会は写真撮影禁止が多すぎるんじゃあないの?)、なかなか鑑賞する価値のある展示会でしたね。
規模は大きくなかったですが、大変満足できましたよ。

そして、次にいくところは、、、山元麵蔵でしょう。

幸いなことに、最初のクールに流れ込むことができましたので、待たずにインです!
これはラッキーですなあ。

◎近所なんですけど、なかなか中に入る機会は無い京都国立近代美術館です。
 10年ぶりくらいにイン。
180223g 003

◎それと言うのも、こんな展示が開催されていたから。
 浮世絵が当時のヨーロッパの画家たちに与えた影響はハンパ無いことが良くわかりました。ゴッホも盛んに描いていますよねえ。
180223g 004

◎そんな展示を見て心が満腹した後は、、、、お腹も満腹にさせたいなあ。そうなると、やっぱりここを狙ってしまいますよねえ。
 朝早くに動ける地元の強みを最大限に生かします。愛車のフェラーリをコキコキ言わせながら開店直後の突入に成功です。
180223g 024

◎顔なじみのスタッフの皆さんに「まなゆうさん、こんな時間からですか?」なんて言われながらカウンターに着席です。
 そして言う私の言葉は「いつものようにビールね。」
180223g 008

◎すると麺蔵君からこんなアテが速攻で出されます。いつもいつもすんまそん。
180223g 011

◎麺蔵君からの最初の一言は「少しお待ちくださいね。」
 これはうれしい一言ですね。湯がきたてを一気に絞めて出してくれるということなんですから。

 彼は相変わらず真剣そのものでうどんと向き合っていますよ。
180223g 016

◎そしてしばらくしてやって来たのは”牛のホルモンのつけ麺(冷たいバージョン)”です。
 990円なり。
180223g 018

◎最近の傾向は少し細めの剛麺。北海道の粉だそうですが、寝かせ方が決まったのか、安定の食感を保っていますね。
 この艶々のうどん、、、これを見ただけで昇天しそうですわ。
180223g 017

◎つけ出汁も濃厚そのもので美味しいですよ。牛のホルモンの脂とかつおのお出汁が二重奏を奏でています。
180223g 019

◎最後は割出汁を足して完食、完飲です。
180223g 021

◎サービスの杏仁豆腐はお決まりで出されます。
180223g 023

◎大満足してお店を出れば、、、この行列ですよ。私が過ごした時間はホンの20分くらい。
 これがお昼になると、、、この3倍くらいにはなるよなあ。

 皆さんも、早めのお出かけをお勧めしますわ。
180223g 025
スポンサーサイト

ボッカ・デル・ヴィーノ -コジュケイはかわいい-

基本的に”動物は食べるためにある”と思っています。

ですから、食べる動物はとってもかわいい。私の役に立ってくれるんですから。
それに対して、食べられない動物はいくらルックスが良くてもかわいくありません。

ですから、最近の動物愛護と言う考えでも、私と世間一般とは微妙にずれているんですよね。
まあ、そんなことは個人の主観ですから、お互いが住み分けができればよいと考えています。

ところが、自分の考えをグイグイと私に押し付けてくる輩が増えてきているんですよねえ。
日本はもっと自由な国にならなければいけないと思う今日この頃です。

さて、今回も珍食材ご紹介のコーナーです。
その食材とはコジュケイ。皆さんはご存知ですか?→説明はこちら

時々面白いジビエを案内してくれる”ボッカ・デル・ヴィーノ”の野宮シェフから「コジュケイが手に入りました。小さな個体ですからお早めにどうぞ。」とのLINEが入電。
こんなことを聞いたまなゆうはそれを無視できるでしょうか? 絶対に無理ですよね。

早速予約のLINEを返して、さるグルマンな女性とともにお店に突入です。
さあ、食べるぞう!!

◎最近、こんな灯りがつきました。これでお店を探してウロウロすることもなくなりそうですよね。
180205g 074

◎お店の一番奥のテーブル席に陣取って、、まずはスプマンテ。
180205g 011

◎ここからは壁のメニューボードもよく見えます。
 そして、手元には本日のメニューも。 さあ、どれを頼もうかなあ?
180205g 029

180205g 012

◎前菜としては、”天然平目のカルパッチョ”
180205g 014

◎”タコとグリーンオリーブ”
180205g 020

◎”ホンモロコのフリット”
180205g 027

180205g 018

◎それらに合わせたのは、こんなにメルヘンチックなラベルのヴェネチア・ジューリアの白を。
180205g 023

◎私の知らない造り手ですが、さすがに”野宮コレクション”。99年と言う熟成感もしっとりと口の中で広がっておいしゅうございました。
180205g 024

◎調子が出てきたのでドンドン行きます。
 ”ホタテ貝のオーブン焼き”
180205g 038

◎”サルシッチャとカチョカバロチーズのクロスティーニ”
180205g 039

◎”タラ白子のオーブン焼き”
180205g 033

◎ここで赤ワイン。ヴィエッティのバローロ1970です。ヴィエッティにも、こんな官能的なラベルの時代があったんですねえ。
 それにしても、40年以上も経ったネッビオーロの美味しさ、、、格別です。
180205g 041

◎まだまだ行きます。”野兎のフリット”
180205g 051

◎”天然平目のスープ”飲むんではなく、食べるスープです。
180205g 055

◎そして、いよいよ本日の主役が登場。”コジュケイのカチャトーラ”
 もう、見た瞬間によだれが滝のようにあふれ出してきます。身体の割には、結構大きな脳みそですねえ。
180205g 057

◎こうなったら、手掴みでワシワシと食らいつきます。骨まで愛する、、、とはこのことですね。
 「ジビエを食べてるんやあ!」と、幸福感に浸れる瞬間。
180205g 059

◎〆パスタは、私の大好きな手の込んだ”アニョロッティ”と、、、
180205g 061

◎彼女は”松葉ガニのスパゲッティ”
180205g 066

◎ああ、よく食べた。よく飲んだ。
 食後の消化薬はいつもの”カフェ・コン・グラッパ”今夜はバルベーラ・ダスティのグラッパでした。

 野宮シェフ、相変わらずのキレキレのお皿の数々、美味しかったです。
 一人ですべてをこなすスーパーマンなのには本当に恐れ入ります。また、次回もよろしくね。
180205g 071

幻の魚”アラ”を食らう -美味しさはホンマもんです-

2018年に入ってから、私の釣行は全然ダメ。海況と私のスケジュールが全く合わず、悔しい思いをして何度枕を濡らしたことか、、、
仕方がないので、出れそうだというある晴れた日、わざわざ会社に休暇届を出して西舞鶴からトップス・ジャパンさんに乗り込んで出航です。

いつものように鯛を狙ってタイラバを落としては上げ、落としては上げ、、、
すると、ちょっと鯛とは違うバイオレンスなアタックが。

「こりゃあ、なんじゃあ!?」慎重にやり取りをして船べりに上がってきた魚影を見た船長が「おおっ!! アラやあ。まなゆうさん、これって、幻と言われている超高級魚ですよ!」
「そんなん知らんがなあ! 初めて釣ったわあ!!」

船長が、盛んに「美味しい!」「幻の!」を連呼するもんですから、これは一丁気合を入れて調理してみましょうかね。

◎全長74センチ。大きなものはメーターを超えるらしいですが、我が家にはこれでも十分すぎます。
 大きくなればなるほど美味しくなるそうですよ。
o0960072014115702986[1]

◎一番大きなまな板を使っても、、、、これこの通り。
180124g 033

◎九州ではクエのことをアラとも呼ぶそうですが、全くの別種だとか。→こちらに詳しい解説が
 結構頭は尖っているんですよ。
180124g 038

◎さばくのにはすごく時間がかかりましたが、何とかやっつけることができました。
 頭を割るのに使ったこんな押切包丁ですが、、、、少し問題がありますねえ。鯛の頭は無理だと思うので、少し改良するつもりです。
180124g 047

◎きれいにさばき終わりました。この後のビールが美味い!
180124g 051

◎アラの内臓も捨てずに取っておきます。
180124g 041

◎それでは、ここからお料理編。まずは、お決まりのお刺身です。
 白身ですが、脂のネットリ感がすごく出ています。三日おいて食べました。
180205g 094

◎我が家の刺身醤油はこれ。九州の甘口系ですが、おだし感も強くてくどくない。
 どんな魚の刺身にも合いますよ。お勧めです。
180205g 110

◎皮は湯引きポン酢で。グミ感すら感じるほど肉厚ですね。
180205g 104

◎少し厚めに切って、炙り。
180205g 084

◎皮と身の間の脂が半端ないくらいに湧き出してきます。これがこの魚のキモでしょうねえ。
180205g 007

◎レモンバターソテー。身の弾力がすごいですね。まるで牛肉ステーキを食べているみたいです。
180205g 089

◎こちらは、これまた定番の魚すき。市販のお出汁で作ったのですが、アラのアラ(ややこしい)からのうま味と皮目からの脂で最後はコテコテに。
 魚感があまりしないという、不思議な魚すきでした。
180205g 002

◎お頭の酒蒸し。食べ応え、あります。この料理でも感じたのですが、魚と言うよりは四つ足系の身質ですね。
180205g 099

◎内臓は生姜醤油で少し煮ます。酒の肴にピッタンコ。
180124g 144

◎最後は潮汁。アラのアラで取ったお出汁を使いましたが、表面一面に細かな脂がびっしりです。←見えますかね?
 
 この時期に少し浅場にやってくるというアラ。狙って釣れる魚ではないのでしょうが、なんとかもう一度。もう一度だけお願いします。
 私のタイラバに食いついてきてください。
180205g 117

フィッシングショー大阪 2018 -情報収集、そして美味しいうどん屋へ-

今年も開催されましたフィッシングショー大阪。場所は例年通りのインテックス大阪です。
いやあ、釣り好きにはたまらないイベントですねえ。各社の新製品がてんこ盛りですからね。

かく言う私は、今年も一般公開日の前日の業者デーに参戦。じっくりと、今年のトレンドをキャッチしてまいりましたあ!

そして、帰り道の梅田界隈では、大阪駅前第三ビル地下の”うどん棒”さんで、美味しい讃岐うどんをしっかりと堪能。

やるべきことが見えてきたような気がするショーでしたねえ。よ~し、今年も釣りまくりまっせ~!!

◎今年のキャッチは渓流釣りですねえ。色の使い方やキャラクターは毎年一緒やけど。
180205g 143

◎館内は業者デーだというのに熱気がムンムン。これじゃあ、一般デーと変わらんがな。
 相変わらずの、シマノとダイワの2強のブースを中心に各社各様の新製品が”これでもか!!”状態です。
180205g 147

180205g 153

◎ルアー(疑似餌)はカラーがどんどん増えてきていて、ますます目がまぶしい。
 こんなん、お魚はどう思って食いつくんやろうか?
180205g 150

180205g 152

◎今年の展示で一番びっくりしたのが、この巨大な鮎。すさまじい迫力ですわ。
180205g 146

◎ショーの詳しい内容は専門誌の記事を読んでいただくとして、私は欲しい情報をピックアップしてすたこらさっさと退散です。
 そうそう、ひとつだけ言えば、今年のキーワードは”フォール”ですよ、、、皆さん。

 そして、梅田へ出たならかなりの確率で訪れるのが、大阪駅前第三ビル地下の”うどん棒”さんです。
180205g 166

◎本店は四国にあるそうですが、私は行ったことがないなあ。今度、探してみようかなあ?
 このお店は、自宅の近所の山元麵蔵くんのお店と同じくらい活気がありますね。店員さん(おばちゃん主体)もすごく元気で気持ちがエエです。
 
 お店に入れば、お決まりの泡からですね。
 今日も展示会場をかなり歩いたのでヘトヘトです。ビールが美味い!!
180205g 156

◎そして、私が選んだのは”温玉おろしうどん”。ルックスはおとなしめですけどね、、、
180205g 159

◎うどん棒さんの冷たい麺はかなりの剛麺ですよ。噛み締めても、ドドン!と押し返してくる力はハンパやおまへん。
 これこそ、本物の讃岐うどんの底力ですわ。梅田で感じる讃岐、、、言うことないですね。
180205g 161

3年熟成のモンドールはいかが? -あくまでも自己責任でお願いします-

私が”熟成”好きなのは、私の周りのみんなもよく認めてくれています。
ワインで言えば、70年代以前が好みです。お肉で言えば、最近巷で流行っている熟成肉も良いですね。

ですから、我が家の冷蔵庫の中は”熟成品”だらけ。調味料なんか3年、4年物がごろごろしてます。
この前なんか、奥の方から出てきた”ほぐし鮭”は8年前に賞味期限が切れていました。←もちろん、美味しくいただきましたよ。

そんな熟成品の中でも一番好きなのが”熟成モンドール”でございますよ。

モンドールはみなさんご存知ですよね。スイスとフランスの国境付近で作られるウォッシュタイプのソフトチーズです。
期間も、秋から春先までの限定品。ちょうど、今頃が最終ですね。

基本的に、モンドールはその年のうちに食べられます。何しろ、そのフレッシュさが命だといわれていますから。
確かに、その真っ白なとろみのあるチーズはとっても美味しいものです。

でもねえ。私の私見ですが、フレッシュで美味しいものは熟成させても美味しいものが多いのですよ。
そんな思い込みから始めたのが、モンドールの長期熟成。

これが良かったんですよねえ。すんごく美味しいんです。

ただ、これはあまり大っぴらに宣伝できるものではないですよね。
熟成と言う言葉の真横には腐敗と言う言葉が付き添っていますから、、、

私のように美食を求めるのならば、それはあくまでも自己責任でお願いしますね。

◎名前は明かせませんが、あるバーへ持ち込んでみたのはこんなモンドール。賞味期限は15年1月16日。
 3年は経過していますね。 これは期待度、マックス!!!!!
180124g 006

◎う~ん、ええルックスやんかあ。上部の黒い部分の周辺はヘンに乳化し始めています。
180124g 007

◎上皮を剥がしてみると、内部には鍾乳洞のような空間が。そして、その周囲にはグランドキャニオンのような深い断裂層が、、、
 しかも、真っ白いはずのモンドールはすでに茶色くなって、、、
180124g 014

◎スプーンですくって香りをきいてみると、何故か甲殻類があふれ出てきます。
 なぜ牛乳から作られるチーズが海の物に変わるのでしょうか? この辺りが熟成の不思議ですねえ。

 すでに、本来のフレッシュなモンドールからは全くの別物。 お店でお客様に出すわけにはいかないでしょうが、マニア(いるんだろうか?)にとっては垂涎の味であるのは確かです。
180124g 013

◎ただし、いくら美味しいからと言ってたくさん食べるのは禁物ですね。 適当に押さえておきましょう。

 そのあとは、このお店の名物のキッシュを口直しに。
180124g 008

◎ワインは、私には珍しくムーラン・ナ・ヴァン。ボジョレー系は好んで飲まないのですが、日本一ソムリエが勧めてくれたもので、、、←場所がばれるやんけ!?
180124g 011

ターゲットロックオンギネス@K6 -イッちゃえ!! 365杯!!-

ある日、いつものようにカーヴ・ド・Kに行ってみると、店長の田畑君が「まなゆうさんはもう行かはったんですか?」
「はあ、なんのこと?」
「K6でやっているギネスのイベントのことですよ。」

どうやら、バー・K6の店長のガッツさんのアイデアで、1パイント(568cc/英パイント)を600円と言う破格値で提供する代わりに365杯の売り上げをするというものだそうです。
なんと大胆な!!

でも、そんなイベントができるのもバー・K6の良さでもありますよね。
早速、二階のK6へ、レッツらゴー!!

◎K6への階段。上るときは問題ないですが、酔っ払って降りる時には緊張しますね。
 私、いつか転がり落ちる気がします。
180320g 066

◎店内へ入ってみると、こんなボードが!! すでに119杯? こりゃあ、365杯はアッと言う間にイッちゃうねえ。
20171229[1]

◎私もさっそく一杯です。少し時間がかかりますが、正しいやりかたでサーバーから注がれたギネスの美味しさは格別ですねえ。
180102g 040

◎ただ、ギネスだけだと、ちょっと口が寂しい。仕方がないので、ビフカツサンド。
 このサンドイッチはお勧めですぜ。祇園の舞妓ちゃんにも大人気。
180102g 041

◎ついでに、ローストビーフ。K6で本格的に食事をするのは久しぶりだけど、相変わらず美味しいねえ。
 充分、そのあたりの本格的レストランとも張り合えますぜ。
180102g 042

◎席はいつものように長谷川君の前です。これはお決まり。
180102g 046

◎彼女のお勧めのビーフカレーもイッちゃいました。お勧めするだけのことはありますねえ。
 私でも食べられる辛さ。どちらかと言うと欧風カレーのジャンルですね。
180102g 045

◎さあ、もう1パイントイッちゃいましょう。2/365の力しか発揮できませんでしたが、ガッツさんの目論見が達成されますように。←その後、軽くイッちゃったそうですよ。
180102g 047

寿司幸 本店@銀座 -貫禄で負けました-

祇園甲部で大変お世話になっているお茶屋さんの多麻さんのおかあさんと銀座デートです。
向かうはおかあさんのなじみのお店”寿司幸 本店”。

私にとっては初めての訪問でしたが、私がなじみの銀座のバーの目と鼻の先であることを発見。
今夜顔つなぎができれば、次回からはここも選択肢に入りそうですね。

二階席もカウンターだというお店の造りに少しびっくりしましたが、その二階の席でとっても美味しい江戸前をいただくことができました。
これは、、、やっぱりおかあさんに感謝することしかないですねえ。

◎周りの喧騒とは切り離されたようなお店の雰囲気です。
180124g 073

◎初めてのお店は、、、やはりちょっと緊張しますよね。しかも、そこがおかあさんの馴染みだとなおさら、、、
 180124g 074

◎おかあさんの「なにかええもん食べさせておくれやす。」の一言で出されたつまみはこんな。
 小柱、煮鮑、鰺たたきです。びっくりするような味ではないのですが、サラリと出してくるところが憎いねえ。
180124g 075

180124g 079

180124g 084

◎偶然なのかどうなのか、今日のお相手はおかあさんも馴染みの支店の大将だそうでした。
 話も弾みますよね。
180124g 119

◎この後続いて、細魚、、甘鯛の刺身、鯛の塩焼き、玉子など。飲ませてくれますねえ。
180124g 085

180124g 087

180124g 088

◎たまたま隣に座っていたオーストラリアからのいとこ同士の兄ちゃん達とも和気あいあいに。
 彼らは、これからニセコへスキーに行くそうです。そういえば、オーストラリアは夏やんなあ、、、
180124g 090

◎さあ、ここからは握っていただきましょう。きれいな鮪のプレゼンからスタート。
180124g 091

◎中トロと漬けです。江戸前と言えば鮪なんでしょうねえ。私はあまり感激しないのですが、さすがに銀座で食べる鮪は特別な味がしました。
 銀座と言う貫禄に負けちゃったんだなあ。
180124g 092

180124g 095

◎大将の流れるような指先に、目が釘付けです。
180124g 096

◎そのあといただいたお寿司はこんな。どれも言うことなしですね。
180124g 097

180124g 099

180124g 103

180124g 113

180124g 117

180124g 121

◎ただ、シャリはそれほどお酢が効いているわけでもなかったですね。この点は、やはり”新ばし しみづ”の赤酢が好みかなあ?
180124g 122

れーずんばたーbyももてる -いまだ未訪問の名店の作品は-

四条烏丸の近くにある”ももてる”さん。バー・ケラーでよく会うももちゃんのお店です。
噂によれば、ホッコリとした家庭料理を楽しめるのだとか。

お店の雰囲気も和気あいあいとしたものだそうで、ももちゃんには「今度、行かせてもらいますわ。」と言うんですが、「まなゆうさんみたいな人には来てほしい無いわ。」と、いつも拒否されます。
なんでだろ?

そんな悔しい(?)思いをしていたところ、取り寄せてもらったワインを受け取りに行ったワイングロッサリーさんで”れーずんばたー”なるものを発見。
なんと! あのももてるさんが作っているレーズンバターだそうではありませんか!

早速買って帰って実食です!

◎なぜかパンダのキャラ。ももちゃんに似ているような、、、
180312g 002

◎バゲットを買ってきて、さっそくパクリ!
180312g 004

◎食べてみた最初の印象は「これで酒が飲めるな。」です。けっこうアルコール感が強いのですよ。
 その理由は、多分ドライレーズンを焼酎を使って戻しているからではないでしょうか?

 ですから、例えばこれから会社に出勤するような朝食の時に食べるモノではないように思います。
 やはり、ホッコリした夜のお酒の時に、ウイスキーの隣にそっと置かれるのがベストマッチだと思うんですが、いかがでしょうか?

 みなさんも、ぜひお試しあれ。
180312g 008

をりかみ@西院四条 -福村さんの新しいお店-

ワイングロッサリーさん関連のバーで腕を振るっていた福村さんが新しくお店を出されたということで、去年のクリスマスの時期に覗きに行ってきました。

お店はビルの2階。トントンと正面の階段を上がっていくと、そこにカウンター8席の小さなお店がありました。
名前は”をりかみ”。福村さんらしい、ちょっと捻りの入った名前ですねえ。

考えてみれば、私が福村さんと再会したのは6年ぶりくらい。私の外見はかなりくたびれてきていますが、福村さんは全く変わりませんね。
おっとりと、丁寧な物腰。

福村さんのスペシャリテである(と勝手に思っている)田舎風テリーヌをはじめ、キッシュ、大根と豚肉白ワイン煮、エゾシカや牛肉赤身などをつまみながら、昔談議に花が咲きました。

そして、かわいいトナカイさんからはクリスマスプレゼントまで、、、ああ、こんなしっとりとした聖夜も良いものですねえ。

◎お店の看板はこんな
171230g 009

◎まずはビールを。実はお店を探してかなり歩き回ったものでのどが渇いて、、、
171230g 013

◎スタートは泡から。ブルーチーズの効いたポテサラです。
171230g 012

◎懐かしいなあ。田舎風テリーヌは昔を思い起こさせてくれますね。
171230g 019

◎そしてキッシュ。火の入れ方がさすがですね。
171230g 024

◎ほかに出してもらったものを写真館でどうぞ。
171230g 028

171230g 034

171230g 038

171230g 044

◎そして、〆にはモンドール。
171230g 051

◎飲んだワインたちです。少し脈絡がなかったかなあ?
171230g 016

171230g 022

171230g 031

171230g 036

171230g 042

171230g 046

171230g 054

◎カウンターの片隅では、かわいいトナカイさんが、なぜかエゾシカを食べています。
 それって、共食いちゃうノン?
171230g 048

◎そんなトナカイさんが私にくれたクリスマスプレゼント。いやあ、うれしいなあ。
171230g 049

中国最新事情 12/17 ?いつもの帰り便 NH952?

杭州からの帰り便はいつものNH952です。もう、ずっとこの便で中国から帰っています。
ところが、最近ではすごく遅れるんですよねえ。

機材の到着が遅れているわけではないんです。単に出発が遅れているだけ。
アナウンスを聞いていると、たいていは航空管制の指示によりの遅れとのことですが、これって空の上がすごく混んでいて調整が取れないということなんでしょうねえ。

まあ、それでも、今までこれが理由で帰れなくなったということはありませんから我慢するしかないんでしょうかねえ?
ちなみに、上海からの帰国は眼中にありません。

◎搭乗時間がすでに30分遅れています。いったんゲートから離れるんですが、それでエプロンで待機が約1時間。
 これで、1時間半の遅れは確実です。
171221g 734

◎機材はいつものB737?700。狭い機内ですから閉塞感も強いんです。
171221g 735

◎この時間を過ごすために、私が使うのはこれ。WH?1000XM2とウォークマン。
 この前も書きましたが、このワイヤレスヘッドフォンのノイズキャンセリング機能は素晴らしい!!
171221g 737

◎ANAの地上職員さんたちも機体が動くまで滑走路で立ちっぱなし。お疲れ様です。
171221g 741

◎そうは言っても、いったん上空へ上がればいつものように機内サービスが開始されます。
 今日のお食事はこんな。
171221g 743

◎ビーフストロガノフとペンネのパスタがメインですね。
171221g 753

◎あとはこんな副菜たち。ゆっくりといただきましょう。

今日から台湾、中国への出張です。
次のレポートは。。。2週間くらいお待ちください。
171221g 746

171221g 747

171221g 745

171221g 750

171221g 751

171221g 748

171221g 755

171221g 749

中国最新事情 12/17 -少しづつ改善の兆しあり? 杭州空港ビジネスラウンジ-

さあ、お仕事も一段落。年末の混乱(主に日本路線だけだけど)が起きる前に帰国の途に。

いつも立ち寄ってメールチェックをする杭州空港のビジネスラウンジなんですが、少しづつスナック類が増えてきていますね。
特に、温かい軽食が加わったのはうれしいことです。

ただ、まだまだ問題点も多くてねえ、、、これからもそのたびにアドバイスをしていこうと思います。←単にうるさい客やと思われてるだけ

◎すべてのキャリアが相乗りのラウンジです。
171221g 727

◎温かいものは白飯を含めて6種類。まだまだ少ないですが、なかったことを考えると進化でしょう。
171221g 730

◎適当に中華丼を作って食べてみれば、、、まあまあ悪くはないね。ネコ飯みたいだけど、、、
171221g 729

◎でも、相変わらずビールは冷えていません。仕方がないから氷をイン。これって結構危険な行為なんですよ。←これでおなかを壊す人、多いです
171221g 733

◎さらに、相変わらずのネット環境の悪さ。繋がらないことではなくて、セキュリティが皆無。
 皆さんも利用されるのなら、二重三重のファイアーウォールのご準備をお忘れなく。
171221g 731

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-03 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad