FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

うどんや ぼの -讃岐じゃあないんだけど、、、美味しいうどん-

下鴨本通にある”うどんや ぼの”さんに久しぶりにインです。最近は外待ちも当たり前になっているほど流行っていますねえ。
私は、ここの大将がお店を開店した直後にはよく訪れていたんですが、人気が上がるにつれて足が遠のきました。

だって、美味しいうどんを皆さんに食べてもらいたいですから、、、、でも、たまには大将の顔を見たくなったりするんですよ。

◎下鴨本通。下鴨神社を少し北に上がった東側にお店はあります。
191025r10.jpg

◎一人だったので、かろうじて空いていたカウンター席をゲットです。大将に挨拶をしてから、まずはこれですよね。
191025r5.jpg

◎メニューはこんな。ぼのさんの夜の顔”よるぼの”は美味しいお酒と肴でかなりの人気ですよ。
191025r4.jpg

191025r1.jpg

191025r2.jpg

191025r3.jpg

◎私は”ちくわ天半熟卵天ぶっかけ”をチョイス。しばらくして着弾です!
191025r6.jpg

◎うどんの上に載ったトッピングがなかなかの迫力ですよね。
191025r7.jpg

◎少し優しめの味がするぶっかけ出汁を回し入れて、、、さあ、食うぞう!!
191025r8.jpg

◎うどんですが、讃岐のような剛麺ではありません。どちらかといえば京風を感じる腰の柔らかさ。
 でも、噛みしめると中から出てくる塩味が良い感じですね。 やはり。、定期的に来なければいけないなあ。
 反省です。

 ここで、またまた業務連絡です。明日から、また中国出張を命じられてしまいました。
 一月に二回の海外出張はかなりキツイですが、我が本部長様のご命令とあれば逆らえません。

 このブログですが、しばらくお休みをいただきます。
191025r9.jpg
スポンサーサイト



アレッシェ -久しぶりの森井節を堪能-

森井シェフにお届け物があったので、松原通弓矢町の”アレッシェ”さんへ。
この日は遅めの訪問だっったので、ゆったりとした時間を過ごすことができました。

まあ、このゆったりとした時間がなかなかのものでして、森井シェフとの会話やスペシャルなお皿など「これが”森井節”だ!!」というものを堪能することができましたよ。

◎弓矢町の交差点の近くにあるお店です。荒神口から移転して、もう10年かあ。
191022r2.jpg

191022r1.jpg

◎お届け物を渡したら、お返しということで、こんな即興のオードブルを作ってくれました。
 エスカベッシュですね。
191022r3.jpg

◎さてさて、ゆっくりとメニューを拝見です。なるほど、なるほど、、、
191022r4.jpg

191022r5.jpg

191022r6.jpg

◎まずは、グラスの白ワインと”ツブ貝とタコのソテー 香草バター”
 相変わらずのボリューム!これこそビストロならではですね。
191022r7.jpg

◎思わず、添えられたパンでお皿をピカピカにしてしまいましたよ。←ホントは、舌で舐め舐めしたかった
191022r8.jpg

◎メインはお肉料理でおまかせ。シェフが厨房でゴソゴソし始めました。これは要注意です。
191022r10.jpg

◎その間にワインを選びましょう。今夜はこれです! ドメーヌ・ド・ラ・ジャナスのヌフ・パプ2012。
 グルナッシュの古木主体の奥の深さ。黒果実の重さ。そして、滑らかな舌触り、、、良いワインですねえ。←このブログで久々にワインのコメントを書いたような気がする
191022r9.jpg

◎シェフは私が選んだワインを見て、何やら作戦を変更したみたいです。そして出されたのがこんなお皿。
 ”牛鞍下肉のステーキ バルサミコソース”煮詰められた赤ワインとバルサミコのソースが抜群の働きをしていますね。
191022r11.jpg

◎このソースの、酸味と甘さのバランスが全てを物語ります。森井シェフ、さすがです。
191022r12.jpg

◎「まなゆうさんは熟成チーズが好きやったんやなあ?」と、出してくれたのがこれです。
191022r13.jpg

◎う~ん、こんな色のエポワス、、、好きですやんかあ! 森井シェフには何もかも見透かされていますわ。
 楽しい時間を、遅くまでありがとうございました。
191022r14.jpg

赤垣屋 -40年の思ひ出の場所-

ある休日の土曜日。いつものように一人出社して雑用を片付け、帰宅した直後に私の主治医からLINEが。
「今、赤垣屋の前で開店を待ってるから来る?」

もちろん、速攻で駆けつけましたよ。赤垣屋のカウンター席は予約ができず、そのために開店前から店の前に行列ができるので有名です。

そういえば、私もしばらく暖簾をくぐってないなあ。でも、このお店に初めて入ったのは、私が公にお酒を飲めるようになってすぐの頃ですから40年以上前ですねえ。
ああ、私も歳を取ったもんですわ。

お店も歴史を積み重ねて、いろいろな情報源から京都の居酒屋でナンバーワンのような名前ももらってしまいましたが、私にとっては今まで通りの印象ですね。
先代から今の代には代わったけれど、この味わいはいつまでも保ってもらいたいものです。

◎昔はお店の前に並ぶなんてなかったんだけど、、、まあ、これも時代の流れでしょうか?
191021r11.jpg

◎席は指定されます。カウンターの角の席をゲットです。
191021r10.jpg

◎まずはビールと枝豆で先生と乾杯。今日だけで4例の手術をこなされたそうです。人の命を預かるなんて、、、私にはとてもできるもんじゃあありません。
191021r1.jpg

◎さて、酒の肴は山ほどあります。どれにしようかなあ?
191021r8.jpg

◎マグロの山かけ
191021r2.jpg

◎きずし
191021r4.jpg

◎鴨ロース どれも外れのない、由緒正しい居酒屋の肴です。
191021r5.jpg


◎眼の前のおでんの角鍋の横にあるのが燗つけです。
191021r6.jpg

◎私はお燗の日本酒をチョイス。赤垣屋はやっぱり燗酒ですよね。
 でも、今日はちょっと温度があかんなあ。昔はぴったし決まっていたもんやけど、、、(42度が私の好み)
 次回は、お燗番の若者に説教ですね。
191021r7.jpg

◎お酒とくれば、おでんでしょう。目の前のこの光景には、舌なめずりをしてしまいます。
191021r3.jpg

◎二人でシェアするのはこんな感じでしょうか?二次会はケラーですから、少し抑えておかないと、、、、
191021r9.jpg

ウイビアメッセ 2019 -国産ジンの躍進-

毎年開催されるようになったリカマンさん主催の”ウイビアメッセ”。今年も岡崎のみやこメッセで開催されました。
我が家からは歩いて5分。ここは本当にエエところですねえ。

ところが、私はかなり遅れての会場入りです。午前中はちょっと仕事があったもんで、、、
そこで見てしまったんですが、もうすでにかなり酔っぱらってしまった人が数人。救急車も来ていますねえ。

この調子だと、、、来年はどうなるんだろうねえ?

◎私は、当然ながらビールよりもウイスキー志向ですね。
191020r1.jpg

◎会場内はすごい人です。こんなに熱気があるとは、、、
191020r2.jpg

191020r3.jpg

◎K6さんのブースでは西田さんと長谷川さんが頑張って張りましたよ。
191020r6.jpg

◎ソサイエティのブースでは彼が、、、早くマグロ漁船に乗れば良いのにねえ。
191020r4.jpg

◎今回すごく目についたのは日本のクラフトジンがすごく作られ始めているということ。
 そのきっかけは、地元の京都で作られ始めたこれですよね。国産ジンの草分けですが、今回も内容的にも突出していましたね。
191020r5.jpg

◎私の大好きなジンも当然ありましたよ。これはもう、王道でしょうか?
 きゅうりが似合うのよねえ。
191020r7.jpg

◎さてさて、来年のこのメッセはどうなるんでしょうか?なんとか開催継続、、、お願いしたいですねえ。
191020r8.jpg

手打ちそば 阿国庵 -孫に受け継がれた名店-

私の記憶が定かなれば、以前に訪れたのは25年位昔。長男が小学生になった頃のことです。
記憶に残っているのは、おそばの美味しさ、それと同時に、注文から配膳までの時間が永遠に長くて、嫁さんがキレちゃったこと。

その後すぐにお店は閉まってしまって、人の住んでいる気配もなくなってしまいました。
「ああ、もうかなりの高齢やから辞めはったんやなあ。」  なんて思っていたのですが、、、

最近、お店の前を通るとどうやら営業を再開したみたいです。でも、誰か別の人が居抜きでお店を買ったのかなあ??

どうも引っかかるものがあったので、時間を作ってお店に突入してみました。
すると、そこで見たものは、、、

◎外観は、昔と全く変わっていませんね。名前も昔のままです。
191017r9.jpg

◎とりあえずテーブルに腰を落ち着けて”そば前を”、、、お酒は”英勲 本醸造”。
191017r1.jpg

◎常温でチビチビやりながら店内を見渡すと、、、昔はこんなに明るくなかった。仕切りを取り払って開放感が出ていますね。
191017r5.jpg

◎酒の肴は、、、”板わさ”で行ってみましょう。
191017r4.jpg

◎眼の前に現れた板わさのボリュームにびっくりです。これだけでお腹は充分。
191017r8.jpg

◎実は、おそばはこれに決めていました。夏だけの限定品ですからね。
191017r3.jpg

◎うどんでも”ひやかけ”が好きな私ですが、このルックスは、たしかに夏のスペシャルですねえ。
191017r7.jpg

◎すだちの酸味、、、大好きです。
191017r6.jpg

◎お店の人が若い人だったので聞いてみると、おじいちゃんがやっていたおそば屋さんをお孫さんの若夫婦が引き継いだのだとか。
 おじいちゃんはもう亡くなられたそうですが、お店を引き継がなかった息子さん(お孫さんのお父さん)がおそばの味は引き継がれていたそうです。

 お店の場所は平安神宮の東の通り。あの洋食で有名な”小宝”とうどんの名店”山元麺蔵”の間にありますよ。
 閉店時間が少し早いように思いますが、ぜひ皆さんも訪れてみてくださいませ。
191017r2.jpg

通しあげ そば鶴 -やはり、ここは王道-

めったに休めない休日。今日は、皮肉なことに台風のおかげで自宅待機です。何しろ、築数十年の旧家ですから、どこが壊れるかわからないので、、、
でも、そっと家人の目を盗んで、こんなお店に行ってきましたよ。

◎有名なラーメンストリートにあるお蕎麦のお店です。
191012r1.jpg

◎まずは、ビール。とりあえず、、、には必須ですよね。
191012r3.jpg

◎酒肴はこんな感じ。このレパートリーを見ただけでも、このお店の実力がわかりますよね。
191012r2.jpg

◎私は鱚の天ぷらをチョイス。万願寺さんも甘くて美味しいです。
191012r8.jpg

◎お酒はこんな青森のお酒。八戸で初めて出会って、好きになりました。
191012r6.jpg


191012r7.jpg

◎さてさて、お蕎麦は何を選ぶべきか、、、、、
191012r4.jpg

191012r5.jpg

◎熟考の結果はこれですね。
191012r9.jpg

◎”鬼”とは言っても、辛いわけではありません。荒っぽい擦りかた、、と言う意味ですね。
191012r10.jpg

◎鰹出汁の旨味、、、身体に染み込みます。
191012r11.jpg

◎ああ、美味しかったです。

 明日から、またまた我が本部長様からのご下命で中国出張です。いつまでこんなことが続くのかわかりませんが、言われたことには従わないと、、、
 このブログ、、しばらくお休みをいただきます。
191012r12.jpg

夏の思ひ出 2019 -K6釣り部 例会-

もう時系列がむちゃくちゃになっているブログ記事ですが、この夏の思ひ出を。

毎年の夏に開催しているK6釣り部の例会ですが、今年は”夏の夜遊び”として人気の高いイカ釣りに行ってきました。←7月のことです
毎年波乱があるこの例会ですが、果たしてこのときにはどんなことが起きたのでしょうか?

お世話になったのは、西舞鶴から出船しているトップスジャパンさん。私がいつも釣りを教えてもらう森船長の船です。
TOPSJAPANせんちょのブログはこちら

◎今回のメンバーはこんな顔ぶれです。この中で、二人が初参加。
191008r1.jpg

◎マスターの西田さんは早速自前のキッチンで調理開始。私達に酒のおつまみをササッと作ってくれましたよ。
191008r2.jpg

◎早速、みんなで宴会、開始です。
191008r3.jpg

◎誰もが一回はやってみたいタイタニック。でもねえ、、、男同士でねえ、、、
191008r4.jpg

◎前回の釣りで、最初から最後まで撒き餌をしていたK君ですが、今回はどうかな?
 出船前はこんな。
191008r5.jpg

◎途中ではこんな状態に。
191008r6.jpg

◎そして、とうとうこうなって、、、←これ、全てヤラセですからご心配なく。前回の再現をしてもらいました。
191008r7.jpg

◎西田さんが鍋の用意をはじめましたよ。
191008r8.jpg

◎隣では、焼き鳥も始まったようです。
191008r9.jpg

191008r10.jpg

◎そうこうしている間に日も暮れてきて良い雰囲気に。波もなく、これなら船酔いの心配もなさそうです。
191008r11.jpg

◎よ~し、スタートフィッシング!!
191008r16.jpg

◎初参加のIくん。釣りそのものが初めてということで、最初は戸惑っていたようですが、すぐにこんな笑顔に。
191008r12.jpg

◎こちらも初参加のSさん。船長からは「安モンの雨具やなあ。」なんて冷やかされながらも、こんなダブルもあったりして、釣果はそこそこあがってましたね。
191008r13.jpg

◎私はもっぱら皆さんの世話係を。西田さん謹製の煮込みうどんが美味しかったなあ。しかも、釣れたイカを速攻で捌いて具に入っているんですよ。
191008r14.jpg

◎船上のウイスキー。格別です!!
191008r15.jpg


◎結局、西田さんは全くこの場から動かず。〆の焼き飯までずっとフライパンを振ってはりました。
 この人は、心底”飲食の人”なんですねえ。

 そんな西田さんの横には、必ずウイスキーのマイボトルが付き添っていたのは言うまでもありません。
191008r17.jpg

台湾・中国最新事情 08/19 -台湾は、麺よりも果物の国ですね-

さあ、ようやくこの出張記も最終回です。途中で中断もあったから長かったよなあ。でも、その中断の間も中国出張だったし、来週あたりには、また我が本部長様から無謀な出張命令が出そうな気配ですから、一体このブログはどうなることなんでしょう?
全く、私の日常の記事が書けませんやん!?

◎帰りは、中華航空のCI152便です。午前中には関空に着くので、残りの半日は有効に使えるのが嬉しいですね。←どうせバー・ケラーに直行して酒浸りやろ?
191005r1.jpg

◎機材は、お決まりのA330-300。案外、席は空いていますね。まあ、連休最終日だからかなあ?
191005r5.jpg

◎ウェルカムドリンクは、これまたお決まりの梅ジュース。アルコールが無いのがかえって新鮮です。←これ、嫌味?
191005r2.jpg

◎機内の楽しみのミールサービスですが、こんな洋食中華風と、、、
191005r4.jpg

◎こんな和食が。さて、どっちを選ぼうかなあ?
191005r3.jpg

◎少しの間、音楽を聞きながらのカクテルタイムです。
191005r6.jpg

◎そして、私のご飯が登場。やっぱり和食を選んじゃいました。
191005r7.jpg

◎中華航空の和食はレベルが高いと思います。よく研究されていますよ。ANAもうかうかしてられないねえ。
191005r8.jpg

191005r9.jpg

191005r10.jpg

191005r11.jpg

191005r13.jpg

191005r12.jpg

◎食後のデザートは、こっちもお決まりのハーゲンダッツ。そしてフルーツプレート。

 台湾の果物はどれも美味しいですねえ。今回は麺で大失敗をしてしまいましたが(まだ言うか)、果物はハズレ無しです。
191005r14.jpg

台湾・中国最新事情 08/19 -今回の台湾出張、、最後まで麺をハズしてしまった-

帰国直前の桃園空港、中華航空のラウンジで、最後の麺チャレンジを試みたのですが、結果はやっぱりダメでした。
私もあちこち海外に出ていますが、そんな出先(台湾)で食べる麺がことごとく外れだったのは、今回の出張が初めてです。

そもそも、今回の出張は台風のおかげで予定が狂いまくり。きっと美味しい麺はあったのに違いないのですが、そのチャンスがなかった、、、ということなんでしょうね。
次回こそ、、、次回こそ、、、

◎中華航空のラウンジです。二回目の訪問ですから、迷いはしませんでしたよ。
191003r1.jpg

◎早朝だと言うのに、結構お客さんは居ますねえ。
191003r5.jpg

◎早速、麺コーナーへ。人気ありますねえ。
191003r4.jpg

◎今日のメニューはこんな四種。
191003r3.jpg

◎私が選んだのは左下の、豚肉の汁なしまぜ麺です。
191003r2.jpg

◎自分の席に持ち帰って、麺をよく見てみれば、、、
191003r6.jpg

◎やはり、湯で置きの麺がすでに乾いてきています。
191003r7.jpg

◎頑張って食べてみましたが、、、残念でした。このリベンジは絶対に日本でするぞ~!!←なんでやねん?
191003r8.jpg

台湾・中国最新事情 08/19 -KAVALANのビールが登場です-

台湾でウイスキーを作り始めたのがKAVALANと言うブランド。バー・K6のマスターの西田さんがそのレベルアップに関わったのは、一部の人だけの秘密ですけどね。

そのKAVALANが最近はビールにも手を出したのだとか。早速、ホテルの隣のセブン・イレブンでゲットです。
果たして、そのお味は???

◎台湾はコンビニが多くて便利ですね。ホテルの隣の店内をウロウロしていたら、こんなココイチとのコラボのカレーを発見。
 チキンカツ・カレーうどんですかあ!?
191002r2.jpg

◎温めてもらってからのお持ち帰り方法が面白い!!こんな網目のコンビニ袋ですぜ!!
191002r11.jpg

◎蓋を取ってみればこんな感じ。
191002r4.jpg

◎至極マイルドなカレーでしたね。辛いのが苦手の私ですが、もう少しスパイシーでも大丈夫ですよ。
191002r5.jpg

◎肝心のビールのブランドは”Buckskin”。ドイツ系のビールが3種類、コンビニにリリースされているそうですが、ここで在庫していたのはこの2種類でした。
191002r3.jpg

◎中でも、このピルスナーは美味しかったなあ。台北市内の直営店では、ナント! 10種類ものビールがあるそうですよ。
 次回は、そこにも足を伸ばしてみましょう。
191002r6.jpg

台湾・中国最新事情 08/19 -酒向バー・台北再びと思いがけない出会い-

ようやく、疲れ切った身体で日本の土を踏むことができました。今回の出張は本当にしんどかったです。
何しろ、ほとんどが工場のラインで品質チェック。一日中、立ちっぱなし。

まあ、そのレポートは機会があれば、、ということで、前回の出張記事を再開いたしましょう。

台中での仕事を夕方までかかって片付けたあと、私はみたび台北へ。翌日の帰国便の時間が早いので、台北宿泊が必要だったのです。
そして、夜になったら、再び酒向バーへ。

酒向さんはすでに帰国されていたのですが、その代わりに酒向バースタッフの荒川さんがおられましたよ。
彼は、今年の7月に開催されたロンドンドライジンのカクテルコンペティションで優勝された、現在最も脂が乗っているバーテンダーさんです。

そんな彼の華麗なテクニックを見せてもらいながらお酒を楽しんでいたら、、さらなる驚きが生まれたんですよ。
それはね、、、

◎まずは、定番のジントニック。ジンはヘンドリックスですよね。キュウリがなかったのは残念です。
191001r3.jpg

◎そして、荒川さんと挨拶を交わしたあとは、おまかせでカクテルをリクエスト。
 こんな、テキーラベースのマンゴーカクテルを作ってくれましたよ。
191001r4.jpg

◎荒川さんのシェイクも美しいですねえ。
 酒向さん譲りのリズミカルなショートシェイク。東京スタイルとでも言いましょうかね?


◎あとは、こんなものを肴に、、、
191001r5.jpg

◎モーレンジや、、、、
191001r6.jpg

◎ファークラスを楽しんでしたんですが、、、
191001r2.jpg

◎お隣に来られた若いご夫婦の会話が耳に入ってきたんですが、それが「京都の、、」だとか「西田さんが、、、」だとか。
 「えっ!? これは聞き捨てれんぞ!」

 思い切ってお声をかけてみれば、ご主人は台湾の方で、奥さんは滋賀県の方だとか。
 しかも、関西に住んでおられるときに、よくバー・ケラーでお酒を飲んでおられたそうです。

 もちろん、マスターの西田さんもよく知っているということで、スマホの写真も見せてくれましたよ。
 奇遇だなあ、、、
191001r1.jpg

◎このあとは、三人で意気投合。荒川さんも交えて、西田さんの悪口に花が咲いたのは言うまでもありません。
191001r8.jpg

◎酒向バー・台北、、、また一つ、海外で立ち寄れる港ができましたね。
191001r7.jpg

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-10 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!