FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

鯛ラバフィッシング -真鯛を食べ尽くそう! 後編-

さあ、それでは後編です。真鯛をどんな調理で堪能したのか、、、
御覧ください。

◎”塩締め”以外に、柔らかい身を締める方法は”昆布締め”もありますよ。
 今回は”がごめ昆布”で半日ほど締めてみましたが、昆布から出てくるトロトロした粘りが面白いですね。

 皮付きも、身が崩れなくて良いものです。
191205r1.jpg

◎”塩締め”しなかった半身の一部は”カルパッチョ”で。少し強めにビネガーを効かせれば、それだけで身が締まってくるのがわかります。
 白身魚全般に使える調理法ですね。これはワインがススムくん。
191204r12.jpg

◎さて、”塩締め”した本来の目的は、、、やっぱり”お刺身”
 どうです? このテカリ具合、、、 前編での”宇和島鯛めし”とは脂の出方が違うんですよ!

 刺身醤油とボルドーのアルカッションから持ち帰った赤ワイン風味の海塩で食べてみましたが、このボルドー海塩、、、なかなかエエ仕事しまっせ。
 この味なら、明石鯛にも負けないかも????←菊乃井さんと勝負してみるか?
191204r13.jpg

◎ここらで焼き物もご紹介しましょう。”鯛のグリル ヴェルデソース”です。
 しばらくオリーブオイルに漬けておいてから焼いてみましたが、失敗しなくて私のような素人は助かります。

 また、このヴェルデソースですが、庭に生えていたバジルやイタリアンパセリを使った自家製です。
 松の実の代わりに中国から持ち帰った山栗を使ってみたのですが、これも悪くないですね。
191204r14.jpg

◎鯛のお頭は”酒蒸し”と”兜煮”にしてみましたが、これは甲乙つけがたい出来栄えでしたよ。
 特に目の周りは、、、ジュルジュルと啜ってしまいますね。

 今回、兜煮に添えたのは丹波産の”大黒しめじ”ですが、これが良いんですよ。
 まさに”香り松茸、味しめじ”ですねえ。
191204r15.jpg

191204r18.jpg

◎鯛のアラは”塩ゆで”に。昆布を一片入れるのがコツかなあ?
191204r9.jpg

◎もちろん、骨の周りもしゃぶり尽くしますよ。
191204r10.jpg

◎〆には、やはり”鯛飯”でしょう。じっくりと土鍋で炊き上げます。
191204r16.jpg

◎う~ん、これには言葉が出ませんね。今回、いろいろな料理をやってみましたが、やはり、この”鯛飯”がベストかなあ?
191204r17.jpg

◎おまけです、、、ある日の朝食は”鯛の醤油漬け丼”です。結構日持ちもするので、こんな調理法もありですよね。

 こうやって、一匹の鯛を、鱗と骨と鰓以外は食べつくしましたよ。これこそ釣り人の特権、、、みなさんも是非どうぞ。
191204r19.jpg

スポンサーサイト



鯛ラバフィッシング -真鯛を食べ尽くそう! 前編-

しばらく海が荒れて出られなかったのですが、とうとう堪忍袋の緒が切れて会社を休んでまで日本海に行ってきました。
もちろん、乗せていただく船は西舞鶴の”トップス ジャパン”さん。

マイボートは23ftのプレジャーなので、、冬の日本海は厳しいですし、森船長はディープ鯛ラバというジャンルを開拓したパイオニアでもあります。
頼っちゃっても良いと思いますよ。

幸いなことに、当日は結構楽しく釣りができました。私も4匹の真鯛をキャッチです。
さあ、これを食べ尽くさねば、、、←釣った魚は食べる、、というのが私の基本です。

◎かなりコンディションの良い真鯛がどんどん釣れましたよ。
191204r21.jpg

◎流石に4匹全部は食べ切れないので、3匹はお嫁に行ってもらいました。
 我が家には、少し小ぶりの調理しやすい個体を確保です。
191204r3.jpg

◎まずは”肝の甘煮” 湯通しをした内臓を、すき焼きのタレを使って甘く仕上げます。
 日本酒にぴったし!!
191204r4.jpg

◎次に”皮の湯引きポン酢”とっても簡単で、しかも美味しいんですよ。
191204r11.jpg

◎主食は”宇和島鯛めし” 玉子を溶いたお出しを回しかけて、ワシワシと掻き込みます。
 海藻サラダとすり胡麻がポイントですね。
191204r1.jpg

191204r2.jpg

◎カマの部分は”潮汁”に。 程よい油が浮いてきて美味しいなあ。
 できるだけ薄味に仕上げるのが私の好みです。
191204r7.jpg

◎ただ、少し身が水っぽく感じたので”塩締め”をやってみました。
 半身を適当な濃さの塩水につけること数時間。
191204r5.jpg

◎使ったお塩は、先日沖縄でゲットしてきたこんなお塩です。
 サラサラとすぐに溶けてくれるのが嬉しいですね。
191204r8.jpg

◎その後は、ラップもせずに冷蔵庫で乾燥させます。
 その後、ラップでくるんで2日ほど寝かしましょう

 さあ、これがどうなるのか、、、楽しみだなあ。
191204r6.jpg

銀座のバー巡り -酒向バー-

次に向かったのは”酒向バー”。前回の台湾訪問でお世話になった酒向さんのお店です。
台湾では二回訪問したのですが、ちょうどそのときにお会いした荒川さんがおられたのでご挨拶。

7月のカクテルコンペティションでも優勝されたそうで、これからの有望株ですよね。

◎新橋に近いところにあるのが嬉しい”酒向バー”です。
191128r1.jpg

◎銀座のバーでは必ずと言ってよいほど出てくるコンソメスープ。
 確かに、胃袋には優しいですよね。
191128r3.jpg

◎荒川さんは相変わらずスタイリッシュですね。
191128r12.jpg

◎ここでは、ジントニックに、、、
191128r2.jpg

◎ちょっとクールダウンでモヒート。
191128r4.jpg

◎更には、ファークラスを。東京バーショー2018の特別ボトルですぜ。
191128r5.jpg

◎そうこうしていると、酒向さんが台湾からご帰国です。
 ちょっとお疲れ気味なので、イジメるのは止めておきましょうかね。
191128r6.jpg

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-12 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!