FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

スポット中国最新事情 -クリスマスなんて無いじゃん-

初めて過ごした中国でのクリスマス期間。お調子者の中国人ですから、さぞや盛り上がっているんだろうと思っていたんですが、ホテルのロビーにクリスマスツリーがポツンと飾られている以外はなんの変化も無し。
完全に拍子抜けしちゃいました。

こちらの人間に聞いてみると、やはり興味はその先の正月にあるようで、そのためにエネルギーを温存しておくんだそうです。
そのかわり、正月にはハッチャケちゃって三日三晩飲み続けるそうですよ。そりゃあ、そっちのほうがエエわね。

◎宿泊したホテルにはきれいなクリスマスツリーが飾られていたんですが、あまり関心も持たれていないようで、、、
191229r1.jpg

191229r2.jpg

◎町の教会を覗いてみても、特別なことは何もやってませんねえ。
191229r3.jpg
スポンサーサイト



スポット中国最新事情 ー高鐵がチケットレスにー

外国人にはなかなかハードルが高い高鐵(中国高速鉄道)のチケット購入ですが、そのシステムが大幅に変更されていました。
それは”チケットレス化”です。

今までのようにチケットを窓口で購入(実際には受け取るだけ)する必要がなくなり、身分証明書(パスポート)だけで乗ることが可能になりました。
これって、一見は便利なように見えますが、その実態は、、、

◎チケットを購入するには、まずネットで購入してしまうことが必要です。もちろん、当日の窓口で買うこともできますが、1時間以上も並んだ挙げ句に、「その便は満席です。」と言われたらショックですからね。←全席指定ですが、裏技として”立ち席”を買うという手もありますけどね

 例を上げれば、これが私が購入したある日のチケットです。ここで重要なことは、この画面には座席番号が書かれていること。
 その理由は、あとでまた、、、
191226r6.jpg

◎駅構内に入るには荷物検査とチケット検査がありますが、このチケットはすべて身分証明書(パスポート)が役割を担っています。
 そして、実際にプラットホームへ降りる改札口はこんな。

 いままではここにチケットを差し込むスロットがあったのですが、それが全廃されています。中国国民は全員が身分証明書を持っていますからタッチするだけでオーケー。
 では、パスポート組や香港、マカオ組はどうするのか?

 その答えは写真の一番左端を見てください。
191226r2.jpg

◎そこには、こんな看板と、、、
191226r4.jpg

◎パスポートスキャナーが備えられています。係員もいますからマゴマゴしても対応してくれますよ。
 ここを通って列車に乗り込むわけです。
191226r3.jpg

◎では、領収書の必要な人はどうすればよいのか?
 今までと同じように、窓口に行って発行してもらうことができます。それがこれ。←使用後、30日間の間は発行してくれます

 一見、今までのチケットと同じように見えますが、座席番号の表示が消えてしまっています。
 つまり、ネットで購入したチケットの画面を見なければ、どこに座って良いものかがわからないのです。

 微信、もしくは支付宝で支払い能力がないと、チケットを買うことができない、、、これって外国人にとっては結構高いハードルだと思うんですけどねえ、、、
191226r1.jpg

◎なにはともあれ、無事に席につけました。配られたお菓子とお茶でホッコリしましょう。
191226r5.jpg

スポット中国最新事情 ーポケトークSの実力やいかに?ー

限定色の発売と同時に購入した”ポケトークS”。さんまがTVコマーシャルをやっている自動翻訳機の新型です。
新型の特徴はカメラが付いていて、外国語の文書を写せば、それを自動的に翻訳してくれるというもの。

早速、中国での実力を試してみましょう。

◎メタリックグレーの限定カラー。クールですよね。
20191217_080719.jpg

◎早速、この文書を写してみると、、、20191225_073548.jpg

◎こんな翻訳文が出てきました。う~ん、なんだかなあ、、、、
 
 すでにポケトークをお使いの方はご存知でしょうが、中国で使用する場合は、”使用エリア”を”中国”にする必要があります。
 これは、中国独特のWi-Fi制限があるためですが、この使用エリアを中国にした場合、カメラ翻訳は使えないことになってしまうんです。

 仕方がないので、使用エリアを一般に変更して撮影したわけですが、やはり、こんな事になってしまいました。ちょっとガッカリ。
 まあ、普通の音声翻訳は使えるので、そちらは問題ないんですけどね。
20191225_073823.jpg

スポット中国最新事情 ーNH951便 ビジネスクラスー

いつもの関空→杭州へのANA NH951便ですが、今回は期限が切れるマイルがあったのでビジネスクラスにグレードアップしてみました。
たった2時間半のフライトで貴重なマイルを使うのはもったいないのですが、消失させるのも嫌だったんです。

機材は最新型のA320ですから、装備は充実しているんですが、大型モニターがポップアップ式というのは、、、
テイクオフやランディングで、いちいちシートサイドに収納しなければいけないのって、時代遅れだと思いませんか?

◎16番ポストで待っていたのは、いつもの機影ですね。
191224r1.jpg

◎この路線でビジネスクラスに乗るのはすごく久しぶりです。山形キャプテンのB767以来じゃあないかなあ?
191224r2.jpg

◎ウェルカムドリンクは、さっぱりとビールで。テイクオフ後は早速モニターでチコちゃんに叱られましょう。
191224r3.jpg

◎本日の機長からは、盛んにタービュランスの警告が出ているので、この先どうなることやら、、、
191224r15.jpg

スポット中国最新事情 ーANAラウンジ@関空ー

関空は中国ではないんですが、まあ、その関連ということで、、、
いつものANAラウンジです。

ANAも、各地でラウンジの改装は色々とやっているようですが、この関空のラウンジは全く変わっていませんね。
ほとんど、目を閉じていてもどこに何が分かるくらい慣れ親しんでいます。

ただ、私のほうが少し変わってきています。何しろ、会社の定年年齢を超えてしまったんですよ。
本来ならばお役御免になるはずなんですが、上司の我が本部長様が私を解き放ってくださいません。
ですから、今日も、こんなところにいるわけで、、、本当なら、こんな日曜日は孫の世話をして、のんびりと過ごしたいんですけどねえ。

さて、そのANAラウンジですが、いつものように朝食兼昼食をいただきましょう。
まず最初はサラダから。←ここが変わったんですよ

私の弟は医者なんですが、彼から「お兄さんはもっと野菜を食べないとだめですよ。」なんて言われちゃったもんで、、、

◎ファーストレーンが速いかというと、、、そうでもないような気がする、、、
191222r1.jpg

◎提携航空会社がどんどん増えてきているような気がするなあ。
191222r2.jpg

◎いつものANAラウンジです。
191222r3.jpg

◎まずは、ビールとサラダからスタートします。
191222r4.jpg

◎ガスコーニュのシャルドネ。さっぱりとしていながらキレの良い飲み口。
 見直しました。
191222r5.jpg

191222r6.jpg

◎〆は、以前にフィリピーナちゃんに教えてもらった”鶏塩そばのチキンカレー掛け”
 これは最強ですね。私以外に、やってる人を見たことはないですけど、、、
191222r7.jpg

スポット中国最新事情 -中国は電動自動車先進国-

最近、とかく話題に出てくる電動自動車ですが、日本ではまだまだマイナーな存在ですよねえ。トップメーカーのトヨタですら、まともな電動自動車は一種類もありませんから。
ところが、これが中国になると大違い。

今や、電動自動車は中国のどこの街ナカにも溢れています。とっくの昔に、市バスなどの公共交通機関は電動化してしまっているほどですからねえ。
経済規模でも、アメリカをどんどん追いかけている中国ですが、トランプ大統領がいらつくほど、その距離は詰まってきています。

日本なんかは、どんどん置いてきぼりになってしまう気がして、、、心配だなあ。

◎街のどこでも目に入る充電ステーション。すごい数ですよ。中国では、電動自動車は国内メーカーが主役。
 日本では全く知られていないブランドが目白押しです。
191219r1.jpg

191219r4.jpg

◎10年くらい前の超小型電動自動車はこんなレベルだったのですが、、、
191219r2.jpg

◎今ではこんなデザインに。日本の軽自動車よりもっと小さいんですが、キビキビ走っていますよ。

 相変わらずの我が本部長様からのご下命で、年末だと言うのに中国出張です。
 クリスマスは、中国でお祝いしてきます。

 ただ、”スポット中国最新事情”は現地から配信できるかもわかりません。がんばってみま~す。
191219r3.jpg

聖護院 嵐まる -恒例のクリスマスツリー-

この時期になると必ず飾られるクリスマスツリー。嵐まるさんの場合は蟹ツリーですが、、、
そんなツリーに引き寄せられるように訪問です!!

◎これを見るとクリスマス、、、じゃあなくって蟹のシーズンを感じてしまいますねえ。
191216r1.jpg

◎いつもの付き出し三種盛り。
191216r3.jpg

◎まずはビールをグビッといきます。
191216r2.jpg

◎メニューはこんな。いやあ、もう冬だなあ。
191216r8.jpg

◎この日はお腹はそれほど空いていなかったので、こんなものとか、、
191216r10.jpg

◎こんなものをつまみながら、、、
191216r9.jpg

◎避けては通れないお刺身の五種盛り合わせ。
191216r6.jpg

◎当然ながら、お酒はまつもとの守破離。
191216r4.jpg

◎コッペガニには、、、
191216r5.jpg

◎私の定番、百年の孤独。
191216r11.jpg

◎”殻付き牡蠣グラタン”なんか、、、言うこと無いじゃあないですか!!
 いつもいつも、満足度100%のお店です。

 この冬の時期は、特にお魚が美味しいのでお薦めですよ。
191216r7.jpg

アフィナージュ -久しぶりの訪問-

祇園白川のほとりにあるビルの一階にある”アフィナージュ”さん。最近は、トンと祇園に足を運ばなくなっていたのですが、この夜はたまたま近くで会合があったので、その帰り道にフラッと立ち寄ってみました。

マスターの小嶋さんは相変わらずのジェントルな物腰。クープ時代から腕を磨いたキッシュも完成形になっていましたね。
「もう少し、頻繁に顔を出さなくてはいけないなあ、、、」なんて思ってしまった夜でした。

◎ピントが、、、
191215r1.jpg

◎小嶋さんは女性客にモテモテですね。
191215r2.jpg

◎こんな付き出しを出してもらったので、、、
191215r4.jpg

◎まずは、ブルゴーニュのパストゥグランから。
191215r3.jpg

◎注文しないわけには行かないキッシュにはジブレイ・シャンベルタン。
191215r6.jpg

◎今日のキッシュは”ほうれん草とベーコン”でございました。
 ほんわりと柔らかい食感は、まさに小嶋さんそのものですね。
191215r5.jpg

スポット中国最新事情 -杭州蕭山国際空港-

今までは”中国最新事情”という名前で出張記を書いてきたのですが、これを始めてしまうとほぼ半月はその記事で占められてしまいます。
その間の他の記事はどんどん遅れてしまうし、今年のように中国出張自体が非常に多くなると(この年末もあります)、その記事自体も遅れてしまうし、、、

そこで、今回から、名前を”スポット中国最新事情”として、スポット的な内容を書いていこうと思います。
しばらくやってみて、、、気に入らなければ変えますけどね。


◎非常によく利用している杭州の空港ですが、正式名称は”杭州蕭山国際空港”と言います。
 その空港も20年前と比べると3倍位に拡張されているのですが、市内への移動手段が車だけという不便さでした。

 そこで、今回それを改善するために、高速道路、高速鉄道、地下鉄の工事が始まったのですが、、、
 それを同時にやってしまうというのが中国式のすごいところ。

 空港までの道路にはこんな壁が作られてまして、、、
RIMG0816.jpg

◎その向こうは広大な工事現場。
20190929_132725.jpg

◎何本クレーンが立っているかわかりますか?実際にはこの写真の5倍位は立っています。
 空港の管制塔も霞んでしまっています。完成は2021年だそうですが、中国ならやるでしょうね。
RIMG0817.jpg

蛸焼物語 タコとケンタロー -蛸焼の百貨店やあ!!-

我が母校”第一錦林小学校”から京大の時計台に向かう間にある学生食堂街にある蛸焼屋さんです。
夕方のまったりとした時間の散歩の途中にやってきました。

やはり私も関西人、なぜか粉モンを無性に食べたくなる時があるんですよ。

この店が面白いのは、なんと言っても蛸焼の種類がすごく多いこと。
以前にご紹介したことのある”たこ坂東”なんか、蛸焼の中にゆで卵が入っているんですよ。←板東英二、、、懐かしいなあ。

さあ、今回はナニを選ぼうかなあ??? 悩みますわあ、、、

◎時々閉まっているので、期待半分、不安半分でやってきました。今回は開いていてよかったわあ。
191210r1.jpg

◎まずはビールを。たこせんがおつまみです。
191210r2.jpg

◎このたこせん、、、食べ放題ですぜ。
191210r4.jpg

◎じっくりと悩んでメニューを眺めるのも良いもんです。
191210r3.jpg

◎結果的に選んだのは”たこイタリアン”。チーズが乗っかっていますね。
191210r5.jpg

◎味も和風ではないイタリアン。ソースじゃあない、胡椒とバジル風味というのも面白いなあ。こういう感じもアリですね。
191210r6.jpg

◎飲み物ですが、手作りっぽい梅酒や、怪しげなレモン風味の飲み物もあるようです。ジャックダニエルを割ってもらうのも良いかも?
191210r8.jpg

◎軽く小腹が空いたときにお手頃なお店です。次回は、持ち帰りにも挑戦してみましょう。
191210r7.jpg

京極 スタンド -昼飲みの聖地-

久しぶりにゆっくりとできる日曜日。家の用事もササッと片付けて、昼からは散歩がてらに繁華街を徘徊。
でも、勝手に足が向いてしまうお店があるのが少々難あり、、、ですねえ。

そんなお店の一軒が新京極商店街にある”スタンド”。以前は市内に何件か同じ名前のお店があったそうなので、今はここだけになってしまったにもかかわらずみなさんの呼び名は”京極 スタンド”ですわ。

まあ、その道の人達の間では有名店ですから、みなさんもその名前はご存知でしょうが、昭和レトロ満載の設えは、私のような年齢の人間からすれば”聖地”といっても良いんじゃあないでしょうか?
今日も軽~く一杯、やってみましょうかねえ。

◎この字体を見ただけで、、、昭和へタイムトリップ!!
191209r1.jpg

◎この意味不明の勘定書。どうやって計算するのかは、、、わかりません。 
 しかも、そろばんを使うのね。
191209r2.jpg

◎今日のアテは”ぶた天”ですな。
191209r3.jpg

◎ほとんど満席ですが、一人なら、なんとかねじ込めますね。
 それにしても、カレーライスから中華そばから、、、何でもありますよ。
191209r4.jpg

◎こういった大衆に紛れての一人昼酒、、、言うことおまへんね。
191209r5.jpg

鯛ラバフィッシング -真鯛を食べ尽くそう! 後編-

さあ、それでは後編です。真鯛をどんな調理で堪能したのか、、、
御覧ください。

◎”塩締め”以外に、柔らかい身を締める方法は”昆布締め”もありますよ。
 今回は”がごめ昆布”で半日ほど締めてみましたが、昆布から出てくるトロトロした粘りが面白いですね。

 皮付きも、身が崩れなくて良いものです。
191205r1.jpg

◎”塩締め”しなかった半身の一部は”カルパッチョ”で。少し強めにビネガーを効かせれば、それだけで身が締まってくるのがわかります。
 白身魚全般に使える調理法ですね。これはワインがススムくん。
191204r12.jpg

◎さて、”塩締め”した本来の目的は、、、やっぱり”お刺身”
 どうです? このテカリ具合、、、 前編での”宇和島鯛めし”とは脂の出方が違うんですよ!

 刺身醤油とボルドーのアルカッションから持ち帰った赤ワイン風味の海塩で食べてみましたが、このボルドー海塩、、、なかなかエエ仕事しまっせ。
 この味なら、明石鯛にも負けないかも????←菊乃井さんと勝負してみるか?
191204r13.jpg

◎ここらで焼き物もご紹介しましょう。”鯛のグリル ヴェルデソース”です。
 しばらくオリーブオイルに漬けておいてから焼いてみましたが、失敗しなくて私のような素人は助かります。

 また、このヴェルデソースですが、庭に生えていたバジルやイタリアンパセリを使った自家製です。
 松の実の代わりに中国から持ち帰った山栗を使ってみたのですが、これも悪くないですね。
191204r14.jpg

◎鯛のお頭は”酒蒸し”と”兜煮”にしてみましたが、これは甲乙つけがたい出来栄えでしたよ。
 特に目の周りは、、、ジュルジュルと啜ってしまいますね。

 今回、兜煮に添えたのは丹波産の”大黒しめじ”ですが、これが良いんですよ。
 まさに”香り松茸、味しめじ”ですねえ。
191204r15.jpg

191204r18.jpg

◎鯛のアラは”塩ゆで”に。昆布を一片入れるのがコツかなあ?
191204r9.jpg

◎もちろん、骨の周りもしゃぶり尽くしますよ。
191204r10.jpg

◎〆には、やはり”鯛飯”でしょう。じっくりと土鍋で炊き上げます。
191204r16.jpg

◎う~ん、これには言葉が出ませんね。今回、いろいろな料理をやってみましたが、やはり、この”鯛飯”がベストかなあ?
191204r17.jpg

◎おまけです、、、ある日の朝食は”鯛の醤油漬け丼”です。結構日持ちもするので、こんな調理法もありですよね。

 こうやって、一匹の鯛を、鱗と骨と鰓以外は食べつくしましたよ。これこそ釣り人の特権、、、みなさんも是非どうぞ。
191204r19.jpg

鯛ラバフィッシング -真鯛を食べ尽くそう! 前編-

しばらく海が荒れて出られなかったのですが、とうとう堪忍袋の緒が切れて会社を休んでまで日本海に行ってきました。
もちろん、乗せていただく船は西舞鶴の”トップス ジャパン”さん。

マイボートは23ftのプレジャーなので、、冬の日本海は厳しいですし、森船長はディープ鯛ラバというジャンルを開拓したパイオニアでもあります。
頼っちゃっても良いと思いますよ。

幸いなことに、当日は結構楽しく釣りができました。私も4匹の真鯛をキャッチです。
さあ、これを食べ尽くさねば、、、←釣った魚は食べる、、というのが私の基本です。

◎かなりコンディションの良い真鯛がどんどん釣れましたよ。
191204r21.jpg

◎流石に4匹全部は食べ切れないので、3匹はお嫁に行ってもらいました。
 我が家には、少し小ぶりの調理しやすい個体を確保です。
191204r3.jpg

◎まずは”肝の甘煮” 湯通しをした内臓を、すき焼きのタレを使って甘く仕上げます。
 日本酒にぴったし!!
191204r4.jpg

◎次に”皮の湯引きポン酢”とっても簡単で、しかも美味しいんですよ。
191204r11.jpg

◎主食は”宇和島鯛めし” 玉子を溶いたお出しを回しかけて、ワシワシと掻き込みます。
 海藻サラダとすり胡麻がポイントですね。
191204r1.jpg

191204r2.jpg

◎カマの部分は”潮汁”に。 程よい油が浮いてきて美味しいなあ。
 できるだけ薄味に仕上げるのが私の好みです。
191204r7.jpg

◎ただ、少し身が水っぽく感じたので”塩締め”をやってみました。
 半身を適当な濃さの塩水につけること数時間。
191204r5.jpg

◎使ったお塩は、先日沖縄でゲットしてきたこんなお塩です。
 サラサラとすぐに溶けてくれるのが嬉しいですね。
191204r8.jpg

◎その後は、ラップもせずに冷蔵庫で乾燥させます。
 その後、ラップでくるんで2日ほど寝かしましょう

 さあ、これがどうなるのか、、、楽しみだなあ。
191204r6.jpg

銀座のバー巡り -酒向バー-

次に向かったのは”酒向バー”。前回の台湾訪問でお世話になった酒向さんのお店です。
台湾では二回訪問したのですが、ちょうどそのときにお会いした荒川さんがおられたのでご挨拶。

7月のカクテルコンペティションでも優勝されたそうで、これからの有望株ですよね。

◎新橋に近いところにあるのが嬉しい”酒向バー”です。
191128r1.jpg

◎銀座のバーでは必ずと言ってよいほど出てくるコンソメスープ。
 確かに、胃袋には優しいですよね。
191128r3.jpg

◎荒川さんは相変わらずスタイリッシュですね。
191128r12.jpg

◎ここでは、ジントニックに、、、
191128r2.jpg

◎ちょっとクールダウンでモヒート。
191128r4.jpg

◎更には、ファークラスを。東京バーショー2018の特別ボトルですぜ。
191128r5.jpg

◎そうこうしていると、酒向さんが台湾からご帰国です。
 ちょっとお疲れ気味なので、イジメるのは止めておきましょうかね。
191128r6.jpg

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-12 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!