FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

讃岐うどん行脚 -東かがわ市で3連発- 

この前は、京極スタンドでハイボールの3連発をしましたが、今回は東かがわ市でうどんの3連発です。
ちょうど、徳島と香川の県境付近で出張の仕事があったもので。

ところが、私の出張の話を知った我が本部長様から「俺もうどん食いたいから、一緒に行くわ。」とのお言葉が、、、
めんどくさいなあ。しかも、私はうどんを食べるために香川に行くんじゃあなくて、仕事で行くんですけど、、、

仕方がないので、朝の6時に京都を出発。ちょうど8時に開店する製麺所を目指して淡路島経由で向かうことにしました。
それにしても、香川県はうどん県ですが、東部地区にはあまり名前のあるお店が少ないんですよねえ。

でも、なんとかしなくっちゃあ。本部長様はすぐに顔を真赤にして怒るからなあ、、、

◎8時開店の”吉本食品”さんです。ここはれっきとした製麺所ですよ。
200228r1.jpg

◎店内は湯気がもうもうと立ち込めています。一番忙しくて、一番美味しいうどんが食べられる時間帯ですね。
200228r5.jpg

◎ナニにしようかなあ?この悩む瞬間が好きです。
200228r4.jpg

◎私は”かけ(小)”とナス天。今日は食べ歩きをするわけじゃあないので、ゆっくりと味わいましょう。
200228r2.jpg

◎アップで。外見は普通ですが、やはり噛み締め具合が違うよなあ。お出汁のいりこも良い感じ。
200228r3.jpg

◎ちょっと予定が狂ってしまいましたが、回り回って吉本食品のすぐ近くの”元匠 東かがわ店”へ。
200228r9.jpg

◎ここはセルフの一般店です。
200228r8.jpg

◎日も昇って暖かく感じたので”冷かけ(小)”とおでん。讃岐の定番セットですね。
200228r6.jpg

◎冷たく締められたうどんが良いですねえ。生姜との相性もバッチシです。
200228r7.jpg

◎そして、お昼ごはんに取引先さんに連れて行ってもらったのは、現場からもほど近い”うどんや”。
 店名が”うどんや”のうどん屋ですぜ。←ややこしいわ!
200228r12.jpg

◎ここでは、鶏天と”冷たいぶっかけ(小)”ですね。”大”といきたかったんですが、取引先さんに遠慮しました。 
 我が本部長様は、平気な顔をして「俺は大やあ!!」と叫んでおられましたが、、、
200228r10.jpg

◎ぶっかけには大根おろしがよく似合いますね。ああ、久しぶりの讃岐のうどん、、、堪能させていただきましたよ。
 仕事はどうだったかって??? まあ、それは良いじゃあありませんか。
200228r11.jpg
スポンサーサイト



けしからんワイン会@ヴェーナ -ミシュラン★の実力-

ヴェーナのソムリエの池ちゃんからワイン会のお誘い。もちろん、速攻で参加表明をしましたよ。
だって、いまやヴェーナはミシュラン★ですからね。

当日は、ようやくソムリエ試験に合格した若手を誘っての参戦でしたが、やはり池ちゃんのイタリアワインにおける知識の深さには圧倒されていましたね。
これを刺激として、もっともっと精進してもらいたいものです。

本日は余計なコメントは差し控えさせていただいて、写真館でどうぞ。
お皿の説明はしっかりとさせていただきますが、、、

◎ヴェーナです。少し早く着いたので、、まだ静かな雰囲気ですね。
200226r1.jpg

◎メンバーが揃ってからのスタートです。なにか泡が出てくるみたい。
200226r2.jpg

◎マイオリーニのフランチャコルタです。ビンテージ違いが二本。
200226r3.jpg

◎スタートは、”ホッキ貝と生うにと天然クレソン バターを乗せてクロスティーニ”
200226r4.jpg

◎その間に、池ちゃんは赤ワインをテイスティング中。
200226r5.jpg

◎食べ放題のグリッシーニ
200226r6.jpg

◎”短角牛トリッパとシャンピニオン・ド・パリ ピエブルーカルドンチェッロのグラタン仕立て”
200226r7.jpg

◎最初の赤ワイン。ジャコーザのドルチェット・ダルバ1978です。
200226r8.jpg

◎”長崎産天然マグロの軽い燻製 リコッタチーズのムースとピエモンテ産ヘーゼルナッツ、ホウレンソウのソース”
200226r9.jpg

◎そして、パンも、、、
200226r10.jpg

◎ブライダのウッチローネ1993。とてもバルベーラ種とは思えない味わい。
200226r11.jpg

◎”北海道産アスパラガスのバターソテー ザバイオーネ”
200226r12.jpg

◎同じく、ブライダのビゴッタ1985
200226r13.jpg

◎”牛タンの赤ワイン煮込み キャベツのグリル”
200226r14.jpg

◎なにか、重そうな赤ワインが登場です。
200226r16.jpg

◎プルノットのバローロ・ブッシア1964
200226r15.jpg

◎畳み掛けるように、カッペラーノのバローロ1964
200226r17.jpg

◎この二本には悶絶です。
200226r19.jpg

◎”イカスミのリゾット モンコイカのティエピダ”
200226r24.jpg

◎心を落ち着かせるために、カッペラーノのキナートなども。
200226r20.jpg

◎”自家製プリンとミルクジェラート みつのか苺”
200226r21.jpg

◎もちろん、消化薬は欠かせませんね。今回は二発いただきましたよ。
200226r22.jpg

200226r23.jpg

◎いやあ、ワインのセレクトは完璧でしたね。でも、やはり早川シェフの料理の切れ味はさすがです。
 ミシュランの実力満開でしたね。また、次回も絶対参加させていただきますよ。
200226r18.jpg

京極スタンド -ハイボール3連発-

雨の休日。特にすることもなく、誰もいない会社へ出社。
たった一人で溜まっている雑用を片付けること数時間。

そろそろ仕事にも飽きちゃったので、フラリと街の喧騒に身を置きに行きましょうか、、、
と、たどり着いたのは四条の新京極。ここまで来たら行くところは、、、、スタンドですよね。

◎アーケードがあるので雨の心配は無用です。この”スタンド”のロゴが大好きなんです。
200224r3.jpg

◎さあ、何を頼むべきか、、、
200224r4.jpg

◎スタートはすじ肉煮込みとビールから。
200224r1.jpg

◎相変わらずの意味不明のお勘定書。でも、だんだんと絡繰がわかってきましたよ。
 飲み物は、角ハイにチェンジです。
200224r2.jpg

◎うざくにはジム・ビームのハイボール。
200224r5.jpg

◎ぶたてんにはI.W.ハーパーのハイボールですね。
200224r6.jpg

◎昭和(大正?)レトロな店内ですが、最近目につくのは若い女子比率がすごく上がったこと。
 昼から豪快に飲む女性って、、、素晴らしいことですよね。←とっても惹かれます
200224r7.jpg

スポット中国最新事情 -山東省名物は”麦餅皮”-

最近良く訪れる山東省ですが、ここはもう中国東北地方の玄関のようなものです。
ですから、食べるものも、私の中国の故郷である浙江省とは大違い。

その一つに”餅(ビン)”というものがあるのですが、それは小麦粉やトウモロコシ粉を水で溶いて薄く焼いたもの。
すごく種類が多いのも特徴で、お店によって味が全然違います。

ある日、”餅”で有名なお店に連れて行ってもらいましたよ。

◎まず最初に目に飛び込んできたものは”犬の煮込み”。まあ、コロナ、コロナと叫んでいる昨今ではありますが、中国では当たり前の光景です。
200222r1.jpg

◎このお店の”餅”は薄く伸ばしたクレープ状のもの。このお店では”麦餅皮”と言うそうです。


◎ それが、こういうセットで出てきますよ。手前の四角く折りたたまれているのが餅で、その上にあるのが、餅を麺状にして揚げたものです。
200222r2.jpg

◎まずはお手本を見せてもらいましょう。なるほどなるほど北京ダックと同じやり方ですね。
200222r5.jpg

◎そして、丸く包んで出来上がりです。
200222r6.jpg

◎早速私もやってみたのですが、、、包むのが結構難しいです。乗せる具材の量を加減しないとうまく包めませんね。
 でも、それをひとカブりするのはとても楽しい。
200222r12.jpg

◎”犬”もやってきましたよ。こちらでは香辛料をつけるようです。
200222r3.jpg

◎ただ、このジュレがかなり塩気が強く、犬本来の旨味が感じられませんでしたね。はっきり言って”ハズレ”です。
 私の田舎の徳島の山奥のほうが、犬の処理はうまいですね。←今は食べてませんよ。子供の頃の話です。
200222r4.jpg

◎その他には、魚の皮の炒めものとか、
200222r7.jpg

◎湯葉の辛味炒め、、
200222r8.jpg

◎最近、日本でもよく食べる野菜(名前を失念、葉っぱに水滴のような模様があります)のサラダ、、
200222r9.jpg

◎定番のA菜の炒めもの、、、
200222r11.jpg

◎ナント!! アイスクリームのフライ!まで。←中国もここまで来たか!?
 行くと、必ず新しい発見がある中国です。いやあ、奥が深いわ。
200222r10.jpg

カラヴァッジョ展 -狂気と天才-

大阪のあべのハルカス美術館へカラヴァッジョ展を見に行ってきました。
皆さんは御存知でしょうが、ルネサンス以降の絵画の世界で新しいバロック様式を最初に始めた画家です。

そのタッチは極めて写実的で自然。陰影の表現力はまさに”天才”と呼ぶにふさわしい力量です。
絵の中に引き込まれるような錯覚さえ覚えるほどに、、、

ところが、この画家は絵筆を持っていない時は剣を携えて街なかを放浪し、見境なく喧嘩をするという不埒な側面も持っていたと言うから驚きですよね。
今回の展示会で知ったのですが、彼の絵の大半は、彼が犯した数々の罪を許してもらおうと、ときの権力者に取り入る道具として描かれたと言うんですから、動機が不純だわあ。

そして、最後にはローマに免罪を願い出るためにナポリから旅をしている途中に、熱病に冒されて死んでしまうという結末です。
その時、彼は38歳。

今、こうして彼の作品を見直してみると、やはり心の奥の暗黒面が垣間見えてしまうからゾッとしますね。
でも、同時に、これだけ私達を夢中にさせる力量も感じてしまうんですから、、、恐ろしい人物ではありますねえ。

そんな興奮を覚えたあとは、クールダウンするために飲まなければ。←どうせ、そう言うと思もたわ
大阪で、イタリアワインの伝道師を自認する”にしのよしたか”さんに教えてもらって訪れたのは”明治屋”です。

◎あべのハルカスの16Fにある美術館でカラヴァッジョ展です。
200220r1.jpg

◎あべのウォークのアーケード内にある”明治屋”です。
200220r2.jpg

◎昼酒を楽しんでいるのは3名。ゆったりとした時間が流れていますねえ。
 さてさて、何を頼もうかなあ?
200220r5.jpg

◎壁にもメニューがありますね。
200220r6.jpg

◎瓶ビールを頼んだあとキョロキョロしてると、お店のおばちゃんが「ニイチャン、湯豆腐美味しいでえ。」
 「ほな、それを頼んます。」
200220r3.jpg

◎気さくな大阪のおばちゃんですわ。すぐに仲良くなってよもやま話を。
 お酒は”七本槍”をぬる燗で。そして”きびなごからあげ”。
200220r4.jpg

◎”うなぎきも”はタレ焼きで。お酒がすすみますねえ。
 写真の奥に見えている燗つけ機がエエ仕事してますわ。
200220r7.jpg

フィッシングショーOSAKA 2020 -新型コロナウイルスの影響はここにも-

毎年、この時期に開催される”日本最大”のフィッシングショーが、今年もインテックス大阪で開催されました。
数年前から、この業界に片足を突っ込んでいる私といたしましては、当然ながらの”業者日”にエントリーでございます。

一般開放の日とは違って、少しは参加者も少ないですから、いろいろな新製品を見て回るのはこの日に限りますよね。
「よ~し、各社の新製品をしっかりと見てやるぞ!!」と、勇んで大阪まで行ったのですが、、、

どう見ても例年のような熱気が感じられません。参観者もすごく少ないんですよね。
どうやら、例の中国で発生した新型コロナウイルスを警戒して、参加を取りやめた人が多かったみたいです。

私がよくお世話になる遊漁船の船長さんたちも顔を見ませんでしたから。
私としては、皆さんにお会いできるのをすごく楽しみにしていたんですけどねえ。

◎いつもの場所に、いつものように飾られている看板です。
200218r1.jpg

◎受付周辺がこんなに閑散としています。いやあ、こんな光景は初めてだわ。
200218r2.jpg

◎まあ、気を取り直して会場を彷徨ってみましょう。業界最大手のシマノや、、、
200218r3.jpg

◎業界第二位のダイワ、、、
200218r10.jpg

◎ロッドやフックの名門、がまかつ、、、
200218r4.jpg

◎毎年、新製品を繰り出す数ではナンバーワンのジャッカル、、、
200218r8.jpg

◎去年、各社から新製品が目白押しだった”鯛ラバ”は影を潜め、今年の目玉は”ライヴベイト”
 つまり、本物そっくりなルアーですね。
200218r7.jpg

◎ボディが分割されていて、クネクネと動くジョイント系のルアーが花盛りでしたよ。
200218r6.jpg

◎しかも、巨大なものは30cmオーバーまで。こんなルアーを食ってくる魚って、、、
200218r9.jpg

◎その真逆を行くデフォルメ系も少数でしたが健在でした。私としては、こういったアバンギャルドなルアーで魚が釣れたほうが嬉しいかなあ?
200218r11.jpg

200218r12.jpg

◎そんな中で、私の一押しはコイツ!! 鯛ラバのネクタイとルアーの融合です。
 こういう発想って、今までなかったですね。
200218r5.jpg

タコとケンタロー -マラソン難民の行くところ-

昨日は京都マラソンの日でした。たくさんのランナーが都大路を駆け抜ける日ですね。
でも、残念ながら朝から冷たい雨が降っていました。大きな事故などはなかったようですが、参加されたみな様はお疲れさまでした。
バー・K6からは、例年のようにガッツ店長が参加されたようですが、結果はどうだったのでしょう?

実は、私と言えば右膝が人工関節ですので走ること自体ができません。まあ、この歳では周りに迷惑を掛けるだけでもありますからね。
ところが、毎年この日には困ったことが起きるのですよ。それは、時間帯によっては自宅に軟禁させられてしまう、、、ということなんです。

それというのも、私の自宅は平安神宮の直ぐ側なんですが、その平安神宮に隣接している岡崎公園グランドがマラソンのゴール地点でもあるんです。
しかも、コースを良く見れば、岡崎周辺をくるくると走り回るんですよね。

ということは、交通規制の時間が長く、しかも広範囲に実施されるということ。
その時間に自宅を出ようとしても、車、バイクは当然ながらシャットアウト。自転車も歩道を手押しで移動。歩いてでも、あちこちで横断歩道が寸断されてしまうんです。

過去に何度も痛い目にあったので、今回は少し早めに自宅を脱出。どこかで昼飲みをしてマラソンが終了する4時ころまで時間をつぶすことにしました。
その結果、たどり着いたのは岡崎錦林小学校北の学生街にあるたこ焼き屋さん”タコとケンタロー”です。

どうやら、私と同じ思いをしたような人が数人、腰を落ち着けて昼酒を楽しんでおられました。私も、仲間に入れてもらおうっと。

◎小雨が降る、少し寒い冬の昼過ぎ。
200216r1.jpg

◎メニューはたこ焼きの種類が豊富です。よく見れば、飲み物も面白そうなものがありますね。
200216r7.jpg

200216r6.jpg

◎まずは”たこせん”から。大きなたこ焼きが2つ、挟まっていますねえ。
 かぶりつけば、あちこちからソースが飛び出してきて、手はベトベト。でも、それをペロペロと舐めるのが気持ち良いんですわ。
200216r2.jpg

◎最初からハイボールで飛ばしていきましょう。
200216r5.jpg

◎ご近所さんの他愛もない会話にチャチャを入れたりしながらのわたしのたこ焼きは”たこ明太れんこん”。
 これにはビールでしょうなあ。
200216r3.jpg

◎明太マヨネーズが少しピリ辛で、たこ焼きの中のれんこんの食感との相性も良い感じ。
200216r4.jpg

◎店内のカウンター奥の壁はこんな雑多な雰囲気です。まあ、こういったアバウト感が学生街のお店っぽくて、、、好きですねえ。
200216r8.jpg

レストラン AMI@島津プラザ -腑に落ちない結末-

昨年の末頃から、どうも胃に違和感が、、、そう言えば、食欲もそれほどわかないしなあ、、、
なんて、思っていたところに、定期健康診断の通知が。

丁度良い機会だったので、なにか身体の不調の原因がわかるんじゃあないかと思って受診したのですが、、、
「まなゆうさん、相変わらずきれいな胃壁ですねえ。食道にあった逆流性胃炎のあとも消えていますよ。」

えっ!? そんなはずはないんだけどなあ? その後、必死に先生に食いさがって私の思いを伝えたのですが、実際の胃カメラの写真を見せられてはどうすることもできませんでした。

ええ~い!! ままよ!! こうなったら救急車で病院に運び込まれるまでこのまま行って、そのときに、先生に「ざまあみろい!!」と、言ってやるからなあ!!←支離滅裂ですな

◎素晴らしい検査機器が揃っている医院です。ただ、本人の言うことをまともに受け取らないのは、良くないと思うんですけどねえ。
200214r8.jpg

◎検診のあとは、いつもの一階のレストラン”AMI”でランチをいただきます。前夜からの絶食で、お腹はペコペコです。
200214r7.jpg

◎今日の雰囲気は”自家製ハンバーグ シャスールソース”かな?
200214r1.jpg

◎一時期は首を傾げたこともあったのですが、最近では安定の美味しさですね。
 それにしても、今日のお医者さんの見立ては腑に落ちないなあ、、、、←まだ言うか?このランチも、軽くペロリと食べちゃったくせに
200214r2.jpg

200214r3.jpg

200214r4.jpg

200214r5.jpg

200214r6.jpg

ボッカ・デル・ヴィーノ -ここにも野生が、、、-

久しぶりに、木屋町団栗下がるの”ボッカ・デル・ヴィーノ”さんへ。
野宮シェフと会うのも年末の御節以来ですねえ。

まあ、いつもの挨拶を交わしていると、彼の口から「今日は、野生の熊がありますぜえ、、へへへ。」
アッチャー!! ここでも野生かいな。

でも、、、ほな、いかせてもらいまひょか。

◎レンガ作りの建物なので、すぐに分かりますよ。
200212r1.jpg

◎泡を一杯いただいた後で、まずはアスパラガスから。もう春の気配ですね。
 昔、イタリアを旅しているときに、街道筋で売っていた太い白アスパラガスを思い出します。
200212r2.jpg

◎ブルスケッタは鰯ベースで。これはもう、、、白ワインでしょう。
200212r3.jpg

◎「シェフ、おまかせで白をお願いします。」なんて言っちゃったもんだから、テーブルにはこんな野郎が。
 う~ん、平日のなんでもない日に開けるワインやおまへんでえ。
200212r4.jpg

◎当然ながら、ズッパははずせまへん。甘鯛の濃厚すぎるくらいのスープです。
 これはもう、飲むんじゃあ無くて、”噛みしめる”スープですね。
200212r5.jpg

◎そして、熊はしゃぶしゃぶで。大原の”野生”のセリとともにいただきます。
 冬の熊はやっぱりこの脂ですよね。この組み合わせこそ”野生の証明”ですぜ!!
200212r6.jpg

◎当然ながら、ワインは赤へ。シェフからの贈り物(お金は私が払いますが)は、コンテルノのブッシア1985。
 熊にはベストマッチですね。まだ、若いとさえ言える酸の強み。そして、ネッビオーロの深み。素晴らしいバランスです。
200212r7.jpg

◎本来はプリモで食べるパスタですが、何故かここでは日本風に”〆”としていただきます。
 こんな二品をシェアして、、、
200212r9.jpg

200212r10.jpg

◎そして、最後にはいつもの消化薬を。ああ、相変わらず大満足の夕べでした。
200212r11.jpg

◎自分だけの世界に浸れる空間、、、私のようなハグレモノには必要不可欠な存在なんですよ、このお店は。
200212r8.jpg

スポット中国最新事情 -野生と天然の違いとは?-

最近、世間を騒がせている”新型コロナウイルス”。
巷では、中国軍の細菌兵器が流出したとか、コウモリの糞を食べた豚から生まれたとか、いろいろなデマ(?)が飛び交っていますよね。

でも、私も度々中国へ出張して(させられて?)いますけど、日本の報道って、ちょっと偏っていると思います。
なぜなら、”野生”と”天然”と言う文字の使い方。

報道では「中国人って、野生のものを食べてるんやって。」みたいな言い方で、さも汚いものを食べているような印象を与えていますが、それなら日本人はどうなのよ?
みんな、「これは天然物やから値段も高いのよ。」なんて平気で言っているでしょ?

では、この”野生”と”天然”の違いってナニ? なんにも無いでしょ? 私は日本のこんなところが嫌いです。

でも、今回の問題で苦境にある中国への日本からの支援で素晴らしいものがありましたね。
それは、日本からの支援物資の箱に書かれていた「山川異域 風月同天」と言う漢詩。

こういう事ができる日本こそが、私が好きな日本です。

◎最近では、食器もこのように消毒されて衛生面に気を使っているというアピールをよく見ます。
 でも、こちらの人は、このビニールを破いたあとで、もう一度お湯をかけて自身で熱湯消毒をやり直していますけど、、、
200211r3.jpg

◎中国では、”野生”生物は普通に食べられていますよ。←日本も一緒やね
 ただ、食べるものの範囲はすごく広いですけど、、、

 これは野生のサンショウウオ。
200211r1.jpg

◎野生のウサギや、、
200211r2.jpg

◎蚕の蛹も。
200211r4.jpg

◎これは野生かどうかは知らないけれど、雄鶏のタマタマとか。
200211r5.jpg

◎もちろん、その持ち主のお顔もきちんと添えられていますから、トレーサビリティもバッチシです。
200211r6.jpg

◎市場でこんな光景を見ると、ちょっとセクシーに感じて顔が赤くなりますが、、、←ナニを想像してんねん?
200211r7.jpg

酒処 奴 -クールダウンにもってこい-

大阪で、関係している会社の取締役会。いつもヒートアップする会なのですが、今回はさらにヒートアップ。
もう、爆発寸前までいきましたわ。

でも、会議が終われば喧嘩腰だった役員もサバサバしたもので、最後は握手をして解散です。

さて、このまま京都に帰ろうかなあ???なんて思っていたのに、足は勝手に梅田方面に。
気がついたら、新梅田食堂街にある”酒処 奴”の前に立っている自分がいました。

こうなったら、暖簾をくぐって、居並ぶお客さんの間に身体を滑り込ませます。
まあ、ここでクールダウンしましょうかね。

◎気がついたら、こんなところに立っていました。
200209r6.jpg

◎昔あった大きな樽がなくなったので、センターが少し広くなりましたね。
200209r2.jpg

◎早速、生ときずしです。この鯖、、、本当にトロトロですね。相変わらずのボリュームで大満足。
 頭に上っていた血が、スーッと落ちていくのを感じます。
200209r1.jpg

◎大将は、どこかのマスコミの取材を受けていて大忙し。注文が入ったら、インタビューを遮って厨房へ。
 これ以上、この店を流行らせてほしくないんやけどなあ、、、
200209r3.jpg

◎大将のインタビューを邪魔するために、カキの天ぷらを。麦のお湯割りと合いますわあ。
200209r4.jpg

◎この大ぶりの牡蠣がまた美味しいんです。生でも食べられるということで、ギリギリの火入れです。
 よしっ!! 頭の切り替えもできました。京都へ帰っていつものバーへ行こうっと。←やっぱり飲むんかい!?
200209r5.jpg

大甚本店@名古屋 -歌舞伎鑑賞のあとは-

どうしてこうなったのかははっきりしないのですが、急遽、名古屋の御園座で歌舞伎鑑賞。
しかも、その演目を演じるのは”市川海老蔵”。

彼のお父さんの團十郎さんには、今までに何回もお会いさせていただいて、その演じ方、人柄、、、全てに感じ入ったお人でした。←遠い目
でも、その息子の海老蔵には全く関心は無し。クラブで同席の人を灰皿で殴るつけるなんて、、、最低やん!?

ですから、今までも何回もお誘いがあったのですが、そのたびにお断りをしていたのですが、流石に今回は、、それができませんでした。

今回の特別公演の演目は”勧進帳”です。市川家の歌舞伎十八段。まあ、極めて冷たい目で観劇させていただきましたよ。

◎御園座です。改修工事が済んで、きれいになりましたねえ。
200206r1.jpg

◎今回は、こんな特別公演でした。5月には團十郎を襲名すると言う海老蔵の最後の舞台となります。
 まあ、海老蔵が頑張って演じているのはよくわかりますが、富樫を演じた右團次の器量がちょっとねえ。初めての役だということなので、今後に期待しましょう。
200206r2.jpg

◎観劇を終えて、御園座のすぐ近くにある居酒屋”大甚本店”へ。名古屋で一番好きな居酒屋です。
200206r8.jpg

◎店内はまるで”カオス”。大混乱ですが、何故か空気が温かいのですよ。酒飲みは、酒飲みを知っているんですね。
 早速、店内に並んでいるアテを勝手に取ってきましょう。
200206r6.jpg

◎まあ、こんなアテですが、その殆どが200円台。安いです。
200206r3.jpg

◎ビール以外は、こんな”賀茂鶴”の樽酒を。このお店には、残念ながら焼酎がないのです。
 日本酒が苦手な我が本部校様は、しばしビールで我慢していただきましょう。
200206r7.jpg

◎そして、お支払いはテーブルの上に並んだお皿をパチパチとそろばんで計算してもらいます。
 5人で8700円なり!安いわあ!!
200206r5.jpg

◎歌舞伎のせいなのか、かなり混んでいる店内ではありましたが、やはり名古屋に来たなら必ず来たい場所ですね。
 次回も頑張って来るぞう!!
200206r4.jpg

スポット中国最新事情 -若者文化に触れてみる-

ある中国の取引先に行ったときのこと、いつも接待してくれる海外部のマネージャーが別件で昼から移動だそうです。
その代わりと言って、お昼ごはんに連れて行ってくれたのは、そのマネージャーの秘書のオネーチャンでした。

「まあ、いつもの地元料理の店だろう。」なんて思っていたのですが、彼女が案内してくれたのは市内の洒落たレストラン。
内容は中華料理だったのですが、お店の雰囲気がここまで違うと、食べ慣れた中華の味も、一味違ってくるのが不思議でした。

人間って、舌だけで食べ物を味わっているんじゃあないんですねえ。

◎外観は、何処にでもあるようなビルの一階の喫茶店。五星紅旗が大きくはためいているのが中国っぽいんですが、なかなかきれいですね。
 名前は”林評餐庁”といいます。
200204r12.jpg

◎内部は、まさにフルーツパーラー。果物の香りがすごいです。カウンターでは生搾りのジュースが何種類も売られていますよ。
200204r1.jpg

◎食事の内容はすべて彼女におまかせ。
 で、、、最初のお皿を見てびっくり。サンドイッチやんか!!←中国名”三明治”
200204r2.jpg

◎しかも、カツサンドです。
200204r3.jpg

◎でも、驚いたのはここまで。あとは例の大皿料理ですね。ターンテーブルではないのに、ちょと違和感が、、、
200204r8.jpg

◎味は極めて薄味なので、昼から白酒を飲む気にはなりませんね。
200204r4.jpg

200204r5.jpg

200204r6.jpg

200204r7.jpg


◎まあ、こんな中華の定番もあるのがご愛嬌かな?
200204r9.jpg

200204r10.jpg

 ◎小さなことですが、白飯に胡麻がかかっているのって、、、中国で見るのは初めてかも?
 日本では、ちょくちょく見ますけどね。
200204r11.jpg

◎周りのテーブルは若い人たちばっかりで、店内も明るく開放的。こういう食の体系が、これからの流れなのかなあ?
 餐庁(レストラン)とだけ書かれた入り口にも、なにか斬新さを感じてしまいます。
200204r13.jpg

井口くん、ソムリエ合格 -岩田渉に続け-

一昨年末にカーヴ・ド・Kを卒業した岩田渉くんの後任にバー・K6からやってきた井口くん。
彼も岩田くんと同じようにソムリエを目指していたのですが、この度ようやく(?)ソムリエ試験に合格しました!!パチパチパチ!!

まあ、私も少し力が入ってしまって、岩田くんのときと同じようにブラインドテイスティングの特訓をやったのですが、ちょっとはそれが役に立ったのかなあ?
更に、店長の田端さんのいじめに耐えれたのが良かったのかも?

いずれにしても、こんな良き先輩たちの特訓が、彼のやる気を引き出したのだと思います。
でも、これで終わりではありません。岩田くんのように、世界を目指しましょうゼ!!

◎井口くん、田端店長にいじめられる、、、の図。コルクの抜栓で四苦八苦です。
200203r1.jpg

◎結果はこのとおり。コルクは木っ端微塵に粉砕。大丈夫かあ、井口くん????
 まあ、ご覧のように、ややこしい変形ボトルではありましたけどね。
200203r2.jpg

◎でも、結果は合格でした。試験前日には、私からのテーブルサービスの実技を押し付けられたりして冷や汗のかきっぱなしだったんですけどね。
200203r3.jpg

◎合格の報告で乾杯したシャンペンです。いやあ、特別に美味しかったですねえ。
200203r4.jpg

 | HOME | 

Calendar

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!