FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

スポット中国最新事情 -若者文化に触れてみる-

ある中国の取引先に行ったときのこと、いつも接待してくれる海外部のマネージャーが別件で昼から移動だそうです。
その代わりと言って、お昼ごはんに連れて行ってくれたのは、そのマネージャーの秘書のオネーチャンでした。

「まあ、いつもの地元料理の店だろう。」なんて思っていたのですが、彼女が案内してくれたのは市内の洒落たレストラン。
内容は中華料理だったのですが、お店の雰囲気がここまで違うと、食べ慣れた中華の味も、一味違ってくるのが不思議でした。

人間って、舌だけで食べ物を味わっているんじゃあないんですねえ。

◎外観は、何処にでもあるようなビルの一階の喫茶店。五星紅旗が大きくはためいているのが中国っぽいんですが、なかなかきれいですね。
 名前は”林評餐庁”といいます。
200204r12.jpg

◎内部は、まさにフルーツパーラー。果物の香りがすごいです。カウンターでは生搾りのジュースが何種類も売られていますよ。
200204r1.jpg

◎食事の内容はすべて彼女におまかせ。
 で、、、最初のお皿を見てびっくり。サンドイッチやんか!!←中国名”三明治”
200204r2.jpg

◎しかも、カツサンドです。
200204r3.jpg

◎でも、驚いたのはここまで。あとは例の大皿料理ですね。ターンテーブルではないのに、ちょと違和感が、、、
200204r8.jpg

◎味は極めて薄味なので、昼から白酒を飲む気にはなりませんね。
200204r4.jpg

200204r5.jpg

200204r6.jpg

200204r7.jpg


◎まあ、こんな中華の定番もあるのがご愛嬌かな?
200204r9.jpg

200204r10.jpg

 ◎小さなことですが、白飯に胡麻がかかっているのって、、、中国で見るのは初めてかも?
 日本では、ちょくちょく見ますけどね。
200204r11.jpg

◎周りのテーブルは若い人たちばっかりで、店内も明るく開放的。こういう食の体系が、これからの流れなのかなあ?
 餐庁(レストラン)とだけ書かれた入り口にも、なにか斬新さを感じてしまいます。
200204r13.jpg
スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!