FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

シャトー・スータール 1954 -奇跡の一本が登場-

私の生まれ年は1954年。昭和で言うと29年です。
その年の日本は、戦後の復興がようやく本格的になってきた頃ですよね。

私もすくすくと育って大人になったのですが、大人になって気がついたことがあります。
それは、私の生まれ年のワインが全く無いということ。

ネットには”バッド ヴィンテージ クラブ”というサイトが有るのですが、試しに私の生まれ年を確認してみると「おめでとうございます!!ようこそ、バッド ヴィンテージ クラブへ!!」と招待されてしまう有様です。
そんな状態ですから、私の生まれ年のワインなんか無いし、あっても飲めたもんじゃあ無いや、、、なんて思っていたのですが、、、

◎そんな私の生まれ年の”シャトー・スータール1954”です!!
 このワインは、カーヴ・ド・Kでよくご一緒いただくWさんが、わざわざ山口県から持ってきてくださいました。

 いやあ、大感激です!! こんな一本に出会えるとは、、、まさに奇跡です。

 66年という私と同じ年齢ですが、その味わいは、まさに”清楚”。曇ったところは一切なし。
 もちろん、パワーという点では若いものにはかないませんが、”柔よく剛を制す”のたとえどおりの佇まい。

 私もかくあるべし、、、と教えられた気がしました。
200301r1.jpg

◎また、店長の田端くんが同じワインのヴィンテージ違いを探し出してくれていましたよ。
 ”シャトー・スータール1982”です。こちらはボルドーのグレート・ヴィンテージです。

 サンテ・ミリオンのグラン・クリュですね。メルロー主体の甘みと酸とタンニンのバランスが素晴らしい。
 まだまだ元気な壮年です。少し、獣の皮のニュアンスがあって、深みを感じます。
200301r2.jpg

◎こんな垂直、、、素晴らしい経験ができました。Wさん、本当にありがとうございます。
200301r3.jpg

◎お返しと言ってはなんですが、私からはこんなワインを。スーパータスカンの”ティニャネッロ1988”です。
 サンジョベーゼ種主体ですが、少しフランス品種が混ざっているスタイルで、キャンティのような酸っぱさをうまく消し去った傑作ですね。

 黒スグリ、黒チェリー、シナモン、甘草、、、、どんどん開いてきますね。素直に美味しいです。
200301r4.jpg

◎Wさんとは、食事もご一緒させていただきましたよ。カーヴ・ド・Kのシェフの小泉さんの腕の見せ所です。
200301r5.jpg

200301r6.jpg

200301r7.jpg

200301r8.jpg

200301r10.jpg

◎この日のメインのワインは、ハーラン2001を。言わずとしれたカリフォルニアの逸材です。
 ハーランのカベルネって、全然押し付けがましいところがなくって、スルスルと喉を流れていくのが気持ち良いですね。

 Wさんは主にフランスのワインがお好きなようですが、イタリアやアメリカも好きになっていただいたようで嬉しかったです。
200301r9.jpg

◎そして〆には、私の大好きなグラッパをカクテルで。
200301r11.jpg

◎ソムリエの井口くんはカクテルも得意ですよ。リクエストすれば、ササッとオリジナルを作ってくれるんです。
 ただ、そのカクテルのネーミングが下手くそなところが要改善点ですが、、、
200301r12.jpg
スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2020-03 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!