FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

讃岐うどん行脚七軒目 -元祖”かまたま”の聖地へ-

今ではどこのうどん店でも名前が出てくる”かまたま”(釜あげしたうどんに、卵を乗せて醤油で食べるヤツね)ですが、実は、この食べ方の元祖は、この”山越うどん”です。
基本的に”釜揚げうどん”でなくてはいけませんから、自家製麺をしていないお店では作れないんですよねえ。
でも、最近どの街にでもあるような感覚になってしまっている”丸亀製麺”(本社は兵庫県。これっておかしくないかい?)が、その名前を広めてくれたんでしょうねえ。

以前にも書いたことはありますが、私が山越うどんに通い始めたのは40年以上も前のこと。その当時は、向かいの駐在所(今はありません)のおまわりさんが、うどん鉢を持ってうどん玉を買いに来ていましたねえ、、、(遠い目)

それが今では、飛ぶ鳥を落とす勢いで、お店は拡張に次ぐ拡張。とってもゆったりとした半オープンの環境で、うどんをすすれるんですから、、、これはこれで嬉しいことではありますね。

◎なんと立派なエントランスが道に向かって広げられていました。大びっくり!!
200513r5.jpg

◎でも、うどんを受け取るにはここから入ってはいけません。右の路地からお店に入りましょう。
 そこでうどんを注文して、天ぷらなんかもよろしければ、どうぞ。
200513r1.jpg

◎今日の私はプチ贅沢。いつもの”かまたま”ではなく、一つグレードの高い”かまたま山”でいってみましょう。
 この専用のかけ出汁のキャラクターは、いつもうどんを手渡ししてくれるおばちゃんとよく似ていますね。今回は、マスクをしてはったのでよく比較はできませんが、、、
200513r2.jpg

◎このお出汁、結構濃いんです。注意しながら回しかけます。これでおわかりですよね。”かまたま山”の”山”は”山芋”のことなんですよ。
200513r3.jpg

◎グルグルかき回すと、山芋がまるで淡雪のようにふわふわに膨らんできます。そこに卵を絡めて一気に啜ると、、、
 ああ、ここまで来た甲斐があったと言うもんですわ。
200513r4.jpg
スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!