FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

シャブリ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2002

今年の目標の一つに「ゴルフの腕を上げる」と言うことがあるのですが、なかなか実行は厳しそうです。
と言うのも、周りの仲間が悪いからです。今日も所属クラブの月例の競技会の日だったのですが、本人は前日から早く寝て体調を整える気構えでいたにもかかわらず、夜の10時ころに携帯電話が鳴りはじめます。
まあ、月例は日曜日にあるのが当たり前ですから前の日といえば土曜日。土曜日の夜の10時ころといえば、外に飲みに出た連中が二件目のバーかクラブに落ち着いて、誰かいないやつの話題で盛り上がり、挙句の果てにはそいつを呼び出そうと言う話が出てくる時間帯ですよね。
そんな誘惑の電話をピシャリと拒否できるだけの精神力が備わっていなければいけないのに「どこにいるの?それじゃあちょっとだけ顔を出すわ。」なんて言ってしまって、結局家に帰ったのは午前2時。
目覚まし時計でなんとか起きて、ゴルフ場にたどり着いても、まともなスイングなんてできるはずがありません。結果的にスコアは散々です。
これを周りの仲間のせいにしてもだめなので、所詮は自分の心構えしだいなんですよね。どうしよう?携帯電話の電源を切っても家の電話にかかってくるし、、、土曜日は市内のホテルにでも泊まることにしたほうが良いかなあ?

今日はシャブリ。シャルドネ種のキリッとしたやつですね。風呂上りのポカポカした身体をシャキッとしてくれるんじゃあないかと思って栓を抜きました。
色は薄い黄緑。すごく透明感が強いです。まだ若いせいか、粘性はあまり高くありません。香りはまだ青いみかん、ちょっと揮発香、麦わら、ビニール。
口に含むと、酸味と喉に突き刺さるようなエグミがあります。結構不快です。なんていうのかなあ?ミネラル感とでも言うのでしょうか?「古木」を意味する「ヴィエイユ・ヴィーニュ」と書いてありますから根が深く入っていて、地面から下の養分を良く吸い取る、、、、なんて説明書に書いてあるんでしょうが、おいしいミネラルなら良いけど、おいしくないミネラルをいくら吸い上げても意味が無いんじゃあないでしょうか?
粘性は無いのにネットリ感は結構あります。味の濃いブラッドオレンジをかじったような甘みがありますね。このワインは熟成に向いているのかどうかはわかりませんが、少なくとも栓を抜いた直後はあんまり飲みたくないです。
このまま一晩置いてみます。
追申-翌日になると、青いみかんの酸味から少しは黄色くなり始めたみかんの酸味に変化。喉に突き刺さるエグミも少なくなりました。、(まだ感じるけど)でも、ここまでかなあ?
チョット辛いワインですね。
追追申-三日目までボトルの底に2センチほど残っていたのですが、そこまで行くとエグミも消え去り、非常に飲みやすいシャブリになりました。でも、ここまで待たなければならないと言うのもどうなんでしょうねえ?(D)


生産者-ダニエル・エチエンヌ デュフェ
生産国-フランス
購入店-ヴェリタス
購入価格-2180円
◎高い塔のある教会が描かれているラベルです。
20060113222707.jpg

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/101-dc73533a

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!